シーズー向けのおすすめドッグフード7選|口コミのいい餌を徹底検証!

鼻べちゃ・垂れ耳が可愛らしいシーズーは、フレンドリーで遊び好きな小型犬です。

そんなシーズーの餌を選ぶにあたっては、消化不良や涙やけに配慮して選んであげたり、皮膚・被毛に配慮された成分が配合されているかに注目して選んであげることが大切になります。

この記事ではシーズー向けのドッグフードの選び方や、シーズーにおすすめのドッグフードをまとめているので、ぜひ愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

シーズーのドッグフードの選び方

シーズーのドッグフードを選ぶにあたって、いくつか注目しておきたいポイントがあります。

順番に見ていきましょう。

動物性原材料がメインかつ高タンパク

動物性原材料に含まれている動物性タンパク質は、肉食傾向の雑食である犬にとって大切な栄養素です。

そのため、シーズーには動物性原材料がメインに使われているフードを選んであげることをおすすめしています。

原材料一覧には割合が多い順に記載しないといけない決まりがあるので、まずは最初に”鶏肉”や”豚肉”などの動物性原材料が記載されているかどうかを確認しておきましょう。

 

ただ、主原料に動物性原材料が記載されていたとしても、第二原材料以降に穀物の記載が続いており、全体で見れば穀物の割合が多いフードもあることに注意してください。

そして、犬は穀物やイモ類・豆類に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

動物性原材料の割合が増えるほど高タンパクな傾向があるので、第二原材料以降の内容とタンパク質量にも注目しておきましょう。

タンパク源の種類に注目する

原材料の内容を確認する際には、タンパク源の種類も確認しておくべきです。

例えば、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすく、豆類の中では大豆が、肉類の中では牛肉がアレルギーの原因になりやすいという問題があります。

もちろん、犬によってアレルギーの原因は様々です。

そのため、穀物全般にアレルギーのある愛犬にはグレインフリー(穀物不使用)フードを、鶏肉にアレルギーのある愛犬には鶏肉不使用のフードを・・・といったように、体質に配慮してフードを選んであげることが大切になります。

脂質・カロリーが控えめかどうか

タンパク質の割合と内容のほかには、脂質とカロリーにも注目しておきたいところです。

室内飼育のシーズーは運動量が控えめな傾向にあるので、当てはまる場合には脂質・カロリーが控えめなフードを選んであげることをおすすめしています。

ただ、運動量が多くて活発なシーズーには高脂質・高カロリーの方が向いていますし、給餌量さえきちんと調整できれば高カロリーなフードを選んでも問題ありません。

 

また、愛犬の年齢に合わせてフードを選ぶことも大切です。

成分バランスに特にこれといったこだわりがない場合には、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬には高脂質・高カロリーなフードを、歳をとって活動量が落ちたシニア犬には成犬時よりも脂質・カロリーが控えめなフードを選んであげるといいでしょう。

余計な人工添加物が使われていないか

そのほかに注目しておきたいのは、余計な人工添加物が使われていないことです。

具体的にはBHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤であったり、赤色●号・青色●号といった人工の着色料で、これらの人工添加物がアレルギーの原因になることもあります。

酸化防止剤はその名の通り、フードの酸化を抑えるために使われるものの、天然由来のもので代用することもできます。

 

また、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

それと、安さをウリにしているフードには人工の香料・調味料を使って風味を整えているものも少なくありませんが、品質をウリにしているフードは天然由来の原材料の香りを活かして風味を整えているものがほとんどです。

シーズー向けの成分が含まれているか

シーズーの皮膚・被毛に配慮して、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がバランスよく配合されているかどうかも確認しておきたいところです。

暫定的な見解ではあるものの、2つの脂肪酸のバランスは【オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=5:1~10:1】くらいがいいのではないかと考えられています。

魚の割合が多いフードはオメガ3脂肪酸の割合も多い傾向にあるので、愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

シーズー用として口コミのいいドッグフード20種

商品名 主原料 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
カロリー
(100gあたり)
安全性
ロイヤルカナン(シーズー専用フード 成犬〜高齢犬用) 22.0% 18.0% 10.5% 400kcal 動物性脂肪、加水分解タンパク
プロマネージ(シーズー専用 成犬用) チキンミール 24.0% 14.0% 10.0% 365kcal BHA、BHT
モグワン チキン&サーモン 27% 10% 9% 362kcal
シュプレモ(小型犬用 成犬用) チキン 26.0% 17.0% 10.0% 375kcal タンパク加水分解物
サイエンスダイエット(小型犬用 成犬用 チキン) トリ肉 21.0% 13.0% 10.0% 373kcal 動物性油脂
アカナ(スモールブリード 成犬用) 新鮮骨抜き鶏肉 31% 17% 12% 351kcal
ウェルケア(シーズー専用 オールステージ) 肉類 24.0% 10.5% 10.0% 335kcal 動物性油脂
カナガン チキン生肉 29% 15% 9% 376kcal
スタイルズ(シーズー用 成犬用) 肉類 12.5% 3.3% 35.0% 250kcal プロピレングリコール、pH調整剤、エリソルビン酸ナトリウム
ベストバランス(シーズー用 成犬用) 穀類 21.0% 11.0% 12.0% 360kcal 動物性油脂、pH調整剤
ナチュロル 新鮮牛生肉 23〜27% 10% 9% 400kcal
このこのごはん 鶏肉 21.5% 7.5% 10.0% 342kcal
ナチュラルチョイス(小型犬用[成犬用]チキン&玄米) チキン 24.0% 16.0% 10.0% 375kcal タンパク加水分解物
ワイルドレシピ(超小型犬-小型犬用[成犬用]チキン) チキン 32.0% 16.0% 10.0% 375kcal タンパク加水分解物
アランズナチュラル ラム 19.3% 11.0% 9.0% 342kcal
ウェルネスコア(小型犬 成犬用 骨抜き七面鳥) 骨抜き七面鳥 36.0% 5.0% 10.0% 374kcal
馬肉自然づくり 馬肉 27.0% 11.1% 7.0% 399kcal
ピナクル(チキン&スイートポテト) チキン 26.0% 15.0% 10.0% 355kcal
POCHIザ・ドッグフード( ベーシック ワイルドサーモン) サーモン生肉 30% 10% 10% 315kcal
アーテミス(フレッシュミックス スモールブリード 成犬用) フレッシュチキン 25.0% 15.0% 10.0% 368kcal

シーズー用として口コミのいいドッグフード20種類を比較してみました。

比較表に目を通してみると、主原料として穀物が使われているものや、タンパク質に物足りなさを感じるドッグフードがあることが分かりますね。

また、人工の酸化防止剤(BHA・BHT)などの人工添加物が使われているフードもあります。

 

なお、動物性油脂タンパク加水分解物については、使われているからといって必ずしも安全性に配慮されていないというわけではありません。

ただし、ここでピックアップしたフードの動物性油脂には具体的に何の動物の油が使われているのかが分からず、添加されている酸化防止剤の種類が分からないことが気がかりです。

タンパク加水分解物についても、製造工程が分からないことが気になりました。

シーズーにおすすめのドッグフード7選

これまでの内容を踏まえつつ、シーズーにおすすめのドッグフードを7種類紹介します。

なお、販売価格や原材料は調査した時点の情報を参考にしています。

モグワン

通常購入時の価格 4,708円/1.8kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,237円(10%オフ)
2〜4袋:4,001円(15%オフ)
5袋以上:3,766円(20%オフ)
※まとめ買い袋数に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(4袋を定期購入時)
約222円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約191円
穀物 不使用
(グレインフリー)

放し飼いチキン生肉や生サーモン、乾燥チキンや乾燥サーモンといった動物性原材料が贅沢に使われているモグワン。

余計な人工添加物が一切使われていないのはもちろん、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しているので、穀物全般にアレルギーのある愛犬にも安心して与えることができます。

主要な成分バランスについては、高タンパクかつ脂質は控えめでカロリーは標準的な範囲になっており、室内飼いで運動量がそれほど多くないシーズー用の主食としてぴったりです。

それに加えて、1日あたりの餌代が約191円とコスパも悪くありません。

アカナ

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,330円/340g
4,160円/2kg
9,350円/6kg
※2022年9月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(2kgの最安値を参照)
約208円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約156円
穀物 不使用
(グレインフリー)

良質な動物性原材料が主原料として使われているだけでなく、低GIの野菜や果物が使われているアカナ。

また、犬種や年齢、飼育環境や体質に配慮して原材料の内容と成分バランスを調整したフードを取り揃えているのも特徴です。

この記事で取り上げているの「スモールブリード成犬用」は、高タンパク・高脂質かつカロリーはやや控えめに調整されていますが、「ライト&フィット」といった脂質とカロリーが控えめなフードもあります。

その一方で、「スポーツ&アジリティ」など高カロリーなフードもあり、愛犬の運動量や食事量に合わせてフードを選ぶことができます。

カナガン

通常購入時の価格 4,708円/2kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,237円(10%オフ)
2〜4袋:4,001円(15%オフ)
5袋以上:3,766円(20%オフ)
※まとめ買い袋数に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(3袋を定期購入時)
約200円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約160円
穀物 不使用
(グレインフリー)

鶏肉が全体の5割以上を占めているイギリス産のプレミアムフードであるカナガン。

グレインフリーのレシピを採用していることに加えて、鶏肉と卵以外の動物性タンパク源が使われておらず、食に敏感でお腹が弱いシーズーにも対応しやすくなっています。

成分バランスについては、高タンパク・高脂質かつカロリーはやや高めと言えるくらいの範囲になっており、育ち盛りの子犬や運動量が多い活発な成犬用の主食としておすすめです。

また、食が細くてたくさんの量が食べられないシーズー用フードとしても向いていますし、給餌量の調整さえきちんとできれば運動量が控えめなシーズーにも問題なく与えることができますよ。

アーテミス

価格/内容量 2,310円/1kg
4,620円/3kg
8,250円/6kg
14,960円/13.6kg
※2022年9月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(1kgの最安値を参照)
約231円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約254円
穀物 玄米、黍
(グルテンフリー)

13種類の主食用ドライフードと4種類の主食用ウェットフードを取り揃えているアーテミス。

この記事でピックアップしている「スモールブリード 成犬用」は小麦グルテンフリーのドライフードで、メインの動物性タンパク源として【フレッシュチキン/ドライチキン/フレッシュターキー】が使われています。

成分バランスについては適度にタンパク質を含みつつ、やや高脂質でカロリーは標準的になっており、適度に運動をするシーズー向けと言えます。

このほかにも、グレインフリーのドライフードや低脂質・低カロリーなドライフードもあり、アカナと同じように愛犬の体質や運動量、食事量に配慮してフードを選びやすいのが強みです。

シュプレモ

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,882円/1kg
3,818円/3kg
6,305円/6kg
※2022年10月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(1kgの最安値を参照)
約188円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約169円
穀物 モロコシ、オーツ麦、玄米、粗挽き米、大麦
(グルテンフリー)

シュプレモもアカナやアーテミスのように体質や年齢、飼育環境に配慮して原材料の内容や成分バランスを調整したフードを取り揃えています。

この記事で取り上げている「小型犬用[成犬用]」は、やや高タンパク・高脂質かつカロリーは標準的な範囲になっており、適度に運動をするシーズー向けと捉えることができます。

その一方で、低脂質・低カロリーなドライフードも製造・販売されており、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のあるシーズーにも対応できます。

ただ、“タンパク加水分解物”の製造工程が分からないことは気になりました。

馬肉自然づくり

価格/内容量 通常購入:3,300円/1kg
定期初回:2,310円/1kg(30%オフ)
定期購入:2,970円/1kg(10%オフ)
100gあたりの価格
(定期購入時)
約297円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約242円
穀物 玄米、大麦、黒米、米ぬか、ハト麦
(グルテンフリー)

熊本の馬刺し専門店が作った国産ドッグフードの馬肉自然づくり。

人間用にさばいた馬肉の切れ端を主原料として使いつつ、鶏肉やかつお粉といった動物性原材料が使われており、天然由来の原材料そのものの香りを活かして嗜好性が高められています。

成分バランスについては、高タンパク・高カロリーな一方で脂質は控えめになっており、食が細くてたくさんの量が食べられないシーズーや、運動量が多いシーズー用フードとしておすすめできます。

決して安いとは言えない価格帯の国産プレミアムフードですが、割引価格で購入できる定期コースが導入されており、初回は特に割引率が高いことは良心的です。

このこのごはん

価格/内容量 通常購入:3,850円/1kg
定期初回:3,278円/1kg
定期購入:6,556円/1kg×2袋
※定期購入時は15%オフ
※定期2回目以降は2袋以上のまとめ買いが条件
100gあたりの価格
(定期購入時)
約328円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約305円
穀物 大麦、玄米
(グルテンフリー)

このこのごはんは、日本に多く暮らす小型犬向けに作られているドライタイプのドッグフードです。

このこのごはんに使われている原材料は人間でも食べられる高品質なもので、アレルギーの原因になりやすい小麦や余計な人工添加物は一切使われていません。

成分バランスについては、タンパク質・脂質・カロリーが控えめになっており、歳をとって活動量が落ちたシニア犬用の主食としておすすめです。

ただ、100gあたりの値段が約328円ということで、月々の餌代がかなり高くなってしまうことがネックです。

迷った時にはモグワンがおすすめ

モグワンドッグフードのパッケージ画像

ここまで読み進めたところで愛犬のドッグフード選びに迷った時には、モグワンをおすすめします。

当サイトがシーズー用のフードとしてモグワンをおすすめする理由は下記の通りです。

モグワンをおすすめする5つの理由
  • 高品質なチキンとサーモンの割合が全体の5割以上
  • グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用
  • 高タンパクかつ脂質が控えめ
  • 余計な人工添加物が一切使われていない
  • 無理なく続けやすい販売価格

まず言えることは、高品質なチキンとサーモンの割合が全体の5割以上を占めていることです。

そして、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用していることや、大豆や牛肉といったアレルギーの原因になりやすいタンパク源が使われていないことも評価できます。

また、高タンパクかつ脂質は控えめ、カロリーについては標準的と言える範囲になっており、給餌量の調整次第で子犬からシニア犬にまで対応できることも強みです。

人工の酸化防止剤や着色料といった余計な添加物が使われていないことも安心感がありますし、無理なく続けやすい価格で販売されていることも見逃せません。

シーズーの餌の量と回数

シーズーだからといってほかの犬種と給餌量が違うわけではなく、年齢や体重、体質や飼育環境によって給餌量が変わってきます。

一応、ドッグフードのパッケージには給餌量の目安は掲載されているものの、それらはあくまで”目安”でしかないので、体重や便の状態を確認しながら給餌量を調整するようにしてください。

具体的には、便が柔らかめなら量が多すぎる可能性があり、その逆に便が固めなら量が少ない可能性があります。

ちなみに、1歳以上の成犬の餌の回数の目安は1日2回になりますが、餌の回数の目安もライフステージによって変わってきます。

子犬の給餌量と餌の回数の補足

育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬は、それに比例して1日あたりの給餌量も多くなります。

そして、成長が緩やかになるにつれて、成犬時の給餌量に近づけていきます。

餌の回数に関しては、生後2ヶ月頃までは1日4回、生後3〜4ヶ月頃までは1日3回を目安にしつつ、1日の必要量を食べられるよう調整してください。

なお、生後5ヶ月以降の餌の回数については、成犬と同じ1日2回が目安になります。

シニア犬の給餌量と餌の回数の補足

7歳以上のシニア犬の給餌量は、成犬時の1〜2割程度減らした量が目安です。

ただ、7歳を過ぎたからといっていきなり活動量が落ちるわけではないですし、成犬時と活動量が変わらないようなら量を減らす必要はありません。

シニア犬の餌の回数については、1日2〜3回が目安になります。

例えば、一度にたくさんの量が食べられないシニア犬や、一度にたくさんの量を食べると消化不良を起こしてしまうシニア犬には、1日あたりの餌の回数を多くするのがおすすめです。

シーズーの餌代について

小型犬であるシーズーの成犬時の体重は4〜7kgほどなので、体重が10kg以上の中型犬や30kg前後まで成長する大型犬と比較すると月々の餌代は安いです。

ただ、ドッグフードの種類によって販売価格やカロリーに差があることから、与えるフードによって餌代がかなり変わってきます。

参考までに、シーズーにおすすめの3種類のドッグフードの餌代を比較してみました。
(※どれも5kgの成犬に毎日の主食として与えることを想定しています)

アカナ
(スモールブリード 成犬用)
モグワン このこのごはん
1日あたり 約156円 約191円 約305円
1ヶ月あたり 約4,680円 約5,730円 約9,150円
3ヶ月あたり 約14,040円 約17,190円 約27,450円
半年あたり 約28,080円 約34,380円 約54,900円
1年あたり 約56,160円 約68,760円 約109,800円

全てのドッグフードに当てはまるわけではないものの、一般的には販売価格が高くなるほど動物性原材料の割合が増えたり、人用の食品レベルの原材料が使われていたり、製造工程に手間ひまがかけられている傾向があります。

その一方で、販売価格が安くなるほど穀物の割合が増えたり、品質や内容が不明瞭な原材料が使われていたり、犬にとっては必要のない人工添加物が使われている傾向があります。

とは言え、愛犬の餌代にいくらまでかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。

食いつきがいまいちな時の対処法

餌を食べない時の主な理由として、フードの風味や食感が気に入らないことが挙げられます。

そんな時に手軽に試せる食いつきをよくする方法は、フードを電子レンジで少しだけ温めてから与えたり、ドライフードの場合は人肌程度のぬるま湯でふやかしてから与えることです。

どちらの方法もフードの香りを強めることができますが、くれぐれも温めすぎには気をつけてくださいね。

それと、開封して空気に触れる時間が長くなれば品質だけでなく香りも落ちるので、日頃から高温多湿や直射日光、照明の当たる場所を避けて密閉保存しておくことも大切です。

まとめ

シーズーの餌を選ぶにあたっては、消化不良や涙やけに配慮して選んであげたり、皮膚・被毛に配慮された成分が配合されているかに注目して選んであげることをおすすめします。

また、メインのタンパク源として動物性原材料が使われているか、余計な人工添加物が使われていないかという点にも注目しておくといいでしょう。

現在は何百種類ものドッグフードが販売されていますが、最終的にどのフードを買うのかを決めるのは愛犬ではなく飼い主である人間です。

だからこそ、愛犬のことを第一に考えた上で自分自身も納得のいくフード選びを心がけたいところですね。