ブラバンソンヌキャットフードのイメージ画像1

ヨーロッパ産の良質な肉や野菜、フルーツが使われていることに加えて、食の好みや年齢に配慮して原材料の内容と成分バランスを調整したキャットフードを取り揃えているブラバンソンヌ。

また、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物は使われておらず、動物性タンパク源がシンプルになっており、複数のタンパク源にアレルギーのある食に敏感な愛猫にも対応しやすいです。

今回はそんなブラバンソンヌキャットフードの口コミ・評判を83件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ブラバンソンヌキャットフードの悪い口コミ・評判

まずはじめに、SNSで調査したブラバンソンヌキャットフードの悪い口コミ・評判をピックアップしてみました!

ブラバンソンヌキャットフードの悪い口コミ・評判は「愛猫の食いつきはいまいちだった」、「サイズの種類が少ない」といった内容のレビューを確認できました。

このような内容のレビューが見られた理由は、ブラバンソンヌキャットフードには人工の香料が使われていないことや、標準的な大きさの成猫が1ヶ月程度でちょうど使い切れるサイズがないことが関係していると考えられます

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(6件)
  • サイズの種類が少ない(3件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2023年8月にAmazon、楽天、X、インスタグラムで調査し、2024年5月にXで追加調査を行いました。

食いつきはいまいち

ブラバンソンヌキャットフードの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

この理由としてまず考えられるのは、ブラバンソンヌキャットフードは原材料そのものの香りで風味が整えられていることです。

一般的には人工の香料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、人工の香料が使われていないフードを食べ慣れていない場合、ブラバンソンヌキャットフードの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、ブラバンソンヌキャットフードの風味はチキンが4種類、フィッシュが1種類となっていますが、単純に風味が食の好みに合わなかった可能性も考えられますね。

サイズの種類が少ない

そのほかに見つかったブラバンソンヌキャットフードの悪い口コミ・評判は、「サイズの種類が少ない」という内容のレビューでした。

ブラバンソンヌキャットフードのサイズ(内容量)は1kgと2.5kgの2種類で、それ以上のサイズや中間のサイズはありません。

2.5kgサイズの方がグラムあたりの価格は安いものの、3〜5kgの成猫1匹だけだと開封後1ヶ月前後で使い切るのは難しく、グラムあたりの価格が高い1kgサイズを購入する必要があります。

ただ、開封後のフードはなるべく早めに使い切りたいと考えている場合や、2匹以上の愛猫たちを多頭飼いしている場合には、気になる要素ではありません。

▼総合評価をチェックする
ブラバンソンヌキャットフードの総合評価

ブラバンソンヌキャットフードの良い口コミ・評判

次に、SNSで調査したブラバンソンヌキャットフードの良い口コミ・評判をピックアップしてみました!

ブラバンソンヌキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して与えられるキャットフード」、「成分バランスが気に入っている」といった内容のレビューがあり、食いつきのよさを評価するレビューが特に多かったです。

このような内容のレビューが目立った理由は、ブラバンソンヌキャットフードは良質な動物性原材料の香りを活かして風味が整えられていることや、成猫用には2種類の風味があることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(58件)
  • 原材料に安心感がある(11件)
  • 成分バランスがいい(5件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ブラバンソンヌキャットフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが6件だったのに対して、「食いつきがいい」というレビューが58件という件数を踏まえても、ブラバンソンヌキャットフードはたくさんの猫たちに受け入れられている、と捉えてよさそうです。

食いつきのよさを評価する声がこれだけ多かった理由として考えられるのは、脱水チキンやサーモン、タラ、スケトウダラなどの良質な動物性原材料が使われており、素材そのものの香りを活かして風味が整えられていることです。

また、成猫用には”チキン”と”オーシャンフィッシュ”の2種類の風味があり、食の好みに合わせてどちらかを選べることも関係していると考えられます。

原材料に安心感がある

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「ブラバンソンヌキャットフードは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われているキャットフードが珍しくない中、ブラバンソンヌキャットフードにはそれらの添加物が使われていないことが安心できる要素と言えるでしょう。

人工の酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために添加されるものの、天然由来のもので代用することもできます。

着色料については見た目を良くするために使われますが、そもそもの問題として猫は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、猫目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありませんからね。

成分バランスがいい

通販サイトとSNSで調査したブラバンソンヌキャットフードの口コミ・評判の中には、「成分バランスがいい」という内容のレビューもありました。

ブラバンソンヌキャットフードには、年齢や飼育環境に配慮して成分バランスを調整したラインナップがあります。

そして、どれも高カロリーなドライフードになっており、運動量が多い活発な愛猫や少食の愛猫向け、と捉えることができます。

ブラバンソンヌキャットフードの口コミ・評判まとめ

項目 口コミ内容
悪い口コミ 食いつきはいまいち
サイズの種類が少ない
良い口コミ 食いつきがいい
原材料に安心感がある
成分バランスがいい

ブラバンソンヌキャットフードの悪い口コミ・評判は「愛猫の食いつきはいまいちだった」、「サイズの種類が少ない」といった内容のレビューを確認できました。

その一方で、ブラバンソンヌキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「安心して与えられるキャットフード」、「成分バランスが気に入っている」といった内容のレビューがあり、食いつきのよさを評価するレビューが特に多かったです。

このような内容のレビューが目立った理由は、ブラバンソンヌキャットフードは良質な動物性原材料の香りを活かして風味が整えられていることや、成猫用には2種類の風味があることが関係していると考えられます。

ブラバンソンヌキャットフードの種類

シリーズ 商品名 主原料 穀物 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
レギュラーダイエット 子猫用(チキン) チキン 32% 20% 9% 447kcal
成猫用(チキン) 魚(サーモン、タラ、スケトウダラ、アカガレイ、ツノガレイ) 玄米 29% 16% 9% 414kcal
成猫用(オーシャンフィッシュ) チキン 玄米 29% 18% 9% 428kcal
881プロフェッショナルダイエット 消化器サポート(オールステージ対応) 白米 白米、トウモロコシグルテン 32% 14% 9% 440kcal
シニア猫用エイジングケア チキン 白米、玄米 30% 22.5% 9% 447kcal

ブラバンソンヌキャットフードには【レギュラーダイエット】、【881プロフェッショナル】という2つのシリーズがあり、前者のシリーズは子猫用が1種類に成猫用が2種類、後者のシリーズは全年齢用とシニア猫用が1種類ずつというラインナップです。

そして、どのフードも動物性タンパク源が鶏肉か魚肉だけに限定されており、「消化器サポート」を除いたフードは肉・魚が主原料として使われているグルテンフリーフードになっています。

また、どれもかなり高カロリーな主食用ドライフードということも共通しています。

▼総合評価をチェックする
ブラバンソンヌキャットフードの総合評価

ブラバンソンヌキャットフードの原材料の評価

ブラバンソンヌキャットフードのイメージ画像2

原材料一覧
チキン、玄米、レンズ豆、動物性油脂(チキン由来)、エンドウ豆、サーモンオイル、加水分解サーモンタンパク質、高消化性エンドウ豆タンパク質、乾燥チコリー(フラクトオリゴ糖、イヌリン)、亜麻仁、ビタミン類(A、D3、E)アミノ酸類(タウリン)、ミネラル類(鉄、銅、亜鉛、マンガン、ヨウ素、セレニウム)、セルロース、ビール酵母、乾燥ニンジン、乾燥リンゴ、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、乾燥ナシ、乾燥ホウレンソウ、乾燥クランベリー、グルコサミン、コンドロイチン、ユッカ抽出物

ここからは、ブラバンソンヌキャットフードの原材料を評価していきます!
(※表は「成猫用 チキン」の原材料一覧です)

良質な肉・魚が使われているベルギー産ドライフード

ブラバンソンヌキャットフードの特徴としてまず挙げられるのは、良質な肉・魚が使われているベルギー産ドライフードということでしょう。

原材料一覧を見る限りでも内容が不明瞭な原材料は一切見当たりませんし、動物性油脂にも”チキン由来”といったような補足がされています。

また、チキンについては乾燥チキンではなく、低温でゆっくりと脱水したチキンが使われており、「成猫用 オーシャンフィッシュ」の主原料である”魚”については、【サーモン/タラ/スケトウダラ/アカガレイ/ツノガレイ】が使われています。

そして、徹底した品質管理が行われている工場で製造されていることに加えて、原材料ひとつひとつの生産者まで辿れるトレーサビリティシステムも整っているとのことで、品質面・安全性ともにきちんと配慮されている印象を受けました。

ほぼ全てのラインナップがグルテンフリーフード

穀物の中でも小麦とトウモロコシはアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、ほぼ全てのラインナップがグルテンフリーフードということも評価できます。
(※「消化器サポート」にはトウモロコシが使われています)

また、肉類の中では牛肉が、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、どのラインナップにも牛肉・大豆は使われていません、

さらに、動物性タンパク源がシンプルになっているので、複数のタンパク源にアレルギーのある愛猫にも対応しやすいです。

ブラバンソンヌキャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 29%以上
粗脂肪 16%以上
粗灰分 7.5%以下
粗繊維 3.5%以下
水分 9%以下
カルシウム 1.0%以上
リン 0.7%以上
カリウム 0.5%
マグネシウム 0.1%
エネルギー 414kcal/100g

原材料の次は、ブラバンソンヌキャットフードの成分を評価していきます!
(※表は「成猫用 チキン」の成分表です)

年齢に合わせて成分バランスを調整

種類別の項目でも触れた通り、ブラバンソンヌキャットフードは年齢(子猫/成猫/シニア猫)に合わせて成分バランスを調整したドライフードを取り揃えています。

タンパク質含有量は29〜32%以上と、全体的にはやや控えめな傾向があり、脂質については14〜22.5%以上と、ラインナップによってかなりの差があります。

そして、カロリーは100gあたり414〜447kcalと、どれもかなり高カロリーになっています。

このことから、運動量が多い活発な愛猫や少食の愛猫用フードとしておすすめです。

▼総合評価をチェックする
ブラバンソンヌキャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1.0kg 3,190円 3,190円 3,190円
2.5kg 5,830円 5,830円 5,830円

ブラバンソンヌの公式サイトと楽天市場、Amazonでキャットフード「成猫用 チキン」の販売状況を調査してみたところ、公式サイトの販売価格と楽天・Amazonの最安値は変わらず、という結果になりました!
(※販売状況と販売価格は2024年5月に確認しました)

ただ、公式サイトでは定期コースが導入されており、定期コースを利用すると1kgサイズは5%オフの3,030円で、2.5kgサイズは10%オフの5,247円で購入できるようになっています。

また、公式サイトの定期コースには特に継続回数の縛りはなく、次回配送予定日の1週間前までに手続きすれば何回目からでも解約できるので、お試しで1袋だけ購入するにせよ継続して購入するにせよ、定期コースを利用した方がお得です。

ブラバンソンヌキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.0
成分 3.5
安全性 5.0
食いつき 5.0
コスパ 3.0
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
通常購入時の価格 3,190円/1.0kg
5,830円/2.5kg
※成猫用(チキン)
定期購入時の価格 3,030円/1.0kg(5%オフ)
5,247円/2.5kg(10%オフ)
※成猫用(チキン)
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ベルギー
販売会社 SugaJapan株式会社

当サイトのブラバンソンヌキャットフードの総合評価はAランクです。

肉・魚をはじめとした良質な原材料が使われていることに加えて、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われておらず、徹底した品質管理が行われているベルギーの工場で製造されていることが魅力的です。

また、食の好みや年齢に配慮して原材料の内容と成分バランスを調整したラインナップを取り揃えていることや、割引価格で購入できる定期コースが導入されていることも評価できます。

「愛猫には品質と価格のバランスが取れたフードを与えたい」と考えているなら、ブラバンソンヌキャットフードを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。