ネイチャーズプロテクションドッグフードの評判は?口コミを徹底検証!

リトアニア産のプレミアムドッグフード「ネイチャーズプロテクション」は、年齢や犬種(サイズ)、体質に配慮して原材料の内容と成分バランスを調整したフードを取り揃えています。

また、白毛の(超)小型犬向けの”ホワイトドッグ”、赤毛の犬向けの”レッドコート”、黒毛の犬向けの”ブラックコート”といった、特定の毛色の犬向けのラインナップがあることも特徴です。

今回はそんなネイチャーズプロテクションドッグフードの口コミ・評判を106件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ネイチャーズプロテクションの悪い口コミ・評判

ネイチャーズプロテクションドッグフードの悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」、「市販の国産ドッグフードと比較するとかなり高い」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ネイチャーズプロテクションには食いつきをよくするための人工の香料・調味料が使われていないことや、ラインナップ別のタンパク源の内容が関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(5件)
  • うちの犬には合わなかった(3件)
  • 値段が高い(3件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年9月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

ネイチャーズプロテクションの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「残念ながらあまり食べない」、「我が家の犬の食いつきはいまいち」といった食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

食いつきが悪い理由として考えられるのは、ネイチャーズプロテクションには人工の香料・調味料が使われておらず、天然由来の原材料の香りで風味が整えられていることです。

一般的には人工の香料・調味料が使われているフードの方が嗜好性が高い傾向にあり、それらの人工添加物が使われているフードを食べ慣れている犬にとっては、ネイチャーズプロテクションの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

うちの犬には合わなかった

次に多かった悪い口コミ・評判は、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューです。

具体的には「軟便・下痢気味になった」、「吐く回数が増えた」という飼い主の声を確認できました。

下痢や吐き戻しといった消化不良の原因として考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

 

ネイチャーズプロテクションはどのラインナップに関しても、比較的アレルギーの原因になりにくい原材料が使われているものの、犬によってアレルギーの原因は様々です。

例えば、”ミニジュニア”には【トウモロコシ(グルテン)】が使われていますが、これらがアレルギーの原因になることがあります。

また、穀物全般にアレルギーのある犬もいますし、大豆や鶏肉などの特定のタンパク源が合わない犬もいます。

もし食に敏感でお腹が弱い愛犬にネイチャーズプロテクションを与えようと考えている場合には、ラインナップ別のタンパク源の種類にも注目しておくといいでしょう。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や吐き戻しが増える可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因も特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

値段が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「ネイチャーズプロテクションは値段が高い」というレビューでした。

実際、ネイチャーズプロテクションの100gあたりの値段は約240円と、ホームセンターやペットショップでよく見かける市販の国産フードと比較するとかなり高いです。
(※ホワイトドッグ ラム・成犬用の1.5kgサイズの最安値を参考にしています)

もちろん値段が高いだけあって、ほぼ全てのラインナップに肉・魚が主原料として使われていたり、どのラインナップにもアレルギーの原因になりやすい小麦が使われていないなどのこだわりがあります。

とは言え、どれだけ品質にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、現実的に無理なく購入できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
ネイチャーズプロテクションドッグフードの総合評価

ネイチャーズプロテクションの良い口コミ・評判

ネイチャーズプロテクションの良い口コミ・評判は「うちの犬には合っている」、「食いつきがいいお気に入りのフード」、「小粒だからか食べやすそう」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ネイチャーズプロテクションには比較的アレルギーの原因になりにくい原材料が使われていることや、様々な風味のドッグフードを取り揃えていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • うちの犬には合っている(46件)
  • 食いつきがいい(29件)
  • 小粒で食べやすそう(13件)
  • お手頃な値段(4件)
  • 原材料に安心感がある(3件)

という結果になっています。

うちの犬には合っている

ネイチャーズプロテクションの口コミ・評判で一番多かったのは、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューでした。

具体的には「涙やけがスッキリした」、「いい便が出るようになった」というレビューがあり、特に涙やけについてのレビューが目立ちました。

この理由としてまず考えられるのは、ネイチャーズプロテクションには犬にとって必要のない人工添加物が使われていないことです。

酸化を抑えるために人工の酸化防止剤が使われていたり、色味をつけるために人工の着色料が使われているフードは珍しくありませんが、それらの人工添加物が涙やけの原因になることがあります。

 

また、食物アレルギーも原因の一つとして考えられますが、ネイチャーズプロテクションはどのラインナップにも小麦が使われておらず、グレインフリー(穀物不使用)フードも取り揃えています。

このことから、切り替え前に与えていたフードの原材料の内容によっては、ネイチャーズプロテクションに切り替えることで便の固さが安定したり、目元に変化が出る可能性はあります。

食いつきがいい

次に多かった良い口コミ・評判は、「食いつきがいい」というレビューです。

「食いつきはいまいち」というレビューが5件、「食いつきがいい」というレビューが29件という割合を踏まえても、ネイチャーズプロテクションは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

ここまで食いつきのよさを評価する飼い主の声に偏った理由は、ほぼ全てのラインナップに肉・魚が主原料として使われており、天然由来の原材料そのものの香りでしっかりと嗜好性が高められているからでしょう。

また、【ポートリーミール/白身魚/サーモン/ラムミール】などメインの動物性タンパク源が異なるフードを取り揃えており、食にこだわりのあるグルメな愛犬にも対応しやすいことも強みと言えます。

小粒で食べやすそう

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「ネイチャーズプロテクションは小粒で食べやすそう」というレビューです。

ラインナップによって粒の大きさに違いがありますが、(超)小型犬向けフードの”ホワイトドッグ”を例に挙げると、あまり体が大きくない小型犬にも食べやすい小粒サイズになっています。

そのほかにも、全犬種向けフードや大型犬向けフードもあり、愛犬のサイズや形状の好みに合わせてフードを選ぶことができます。

お手頃な値段

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると、「ネイチャーズプロテクションはお手頃な値段で販売されている」というレビューも見つかりました。

悪い口コミ・評判の項目で説明したように、ネイチャーズプロテクションは決して安いとは言えない価格帯のドライタイプのドッグフードですが、プレミアムフードという括りで見れば平均的な価格帯と捉えることができます。

そのため、【愛犬には品質と価格のバランスが取れたプレミアムフードを与えたい】ということであれば、ネイチャーズプロテクションは選択肢の一つになるでしょう。

原材料に安心感がある

良い口コミ・評判の中には、「ネイチャーズプロテクションは原材料に安心感がある」というレビューもありました。

まず、食に敏感でお腹が弱い愛犬を飼っている方にとっては、どのラインナップにも小麦が使われておらず、グレインフリー(穀物不使用)フードも取り揃えていることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、人工の酸化防止剤・着色料が使われていないことも評価できます。

人工の酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために使われるものの、ネイチャーズプロテクションには安全性に配慮して天然由来の酸化防止剤が使われています。

 

人工の着色料はフードに色味をつけるために使われますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

それなのに着色料を使って色味をつけるのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

そして、人工の酸化防止剤と着色料は必ずしも使う必要のない添加物ということもあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは避けられがちな傾向があります。

ネイチャーズプロテクションの口コミ・評判まとめ

ネイチャーズプロテクションドッグフードの悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」、「市販の国産ドッグフードと比較するとかなり高い」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ネイチャーズプロテクションの良い口コミ・評判は「うちの犬には合っている」、「食いつきがいいお気に入りのフード」、「小粒だからか食べやすそう」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ネイチャーズプロテクションには比較的アレルギーの原因になりにくい原材料が使われていることや、様々な風味のドッグフードを取り揃えていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • うちの犬には合わなかった
  • 値段が高い
  • うちの犬には合っている
  • 食いつきがいい
  • 小粒で食べやすそう
  • お手頃な値段
  • 原材料に安心感がある

ネイチャーズプロテクションドッグフードの種類

商品名 対象 主原料 穀物 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
ミニジュニア 小型犬・子犬用 ポートリーミール 米、トウモロコシ、トウモロコシグルテン 32% 20% 394kcal
ミニアダルト 小型犬・成犬用 家禽ミール トウモロコシ、コーングルテン 28% 16% 380kcal
ミニシニア 小型犬・シニア犬用 ポートリーミール ソルガム、米、トウモロコシ、トウモロコシグルテン 29% 15% 369kcal
マキシジュニア 大型犬・子犬用 ポートリーミール 米、トウモロコシ、トウモロコシグルテン 30% 15% 366kcal
マキシアダルト 大型犬・成犬用 家禽ミール 米、トウモロコシ、コーングルテン 25% 13% 358kcal
ホワイトドッグ グレインフリー ホワイトフィッシュ ジュニア 白毛の(超)小型犬・子犬用 白身魚 不使用 26% 15% 353kcal
ホワイトドッグ グレインフリー サーモン ジュニア 白毛の(超)小型犬・子犬用 サーモン 不使用 26% 15% 357kcal
ホワイトドッグ ラム アダルト 白毛の(超)小型犬・成犬用 米、大麦 21% 18% 385kcal
ホワイトドッグ グレインフリー ホワイトフィッシュ アダルト 白毛の(超)小型犬・成犬用 白身魚 不使用 24% 13% 340kcal
ホワイトドッグ グレインフリー サーモン アダルト 白毛の(超)小型犬・成犬用 サーモン 不使用 25% 15% 352kcal
レッドコート 赤毛の成犬用 ポートリーミール 米、大麦 24% 15% 362kcal
ブラックコート 黒毛の成犬用 ポートリーミール 米、大麦 26% 13% 343kcal
ハイポアレルジェニック グレインフリー サーモン アダルト 全犬種・成犬用 サーモン 不使用 24% 14% 348kcal
ライフスタイル グレインフリー ポートリー 全犬種・成犬用 ポートリーミール 不使用 26% 14% 352kcal
ライフスタイル グレインフリー ラム 全犬種・成犬用 ラムミール 不使用 25% 13% 342kcal
ライフスタイル グレインフリー サーモン 全犬種・成犬用 サーモンミール 不使用 25% 15% 350kcal
ライフスタイル グレインフリー ホワイトフィッシュ 全犬種・成犬用 白身魚 不使用 25% 14% 346kcal
ライフスタイル グレインフリー サーモン&クリル 小型犬・成犬用 サーモンミール 不使用 25% 15% 353kcal

ネイチャーズプロテクションドッグフードのラインナップは表の通りで、愛犬の年齢や犬種(サイズ)、体質に配慮してフードを選ぶことができるようになっています。

原材料に関しては、どのラインナップにも小麦が使われておらず、「ホワイトドッグ ラム アダルト」以外には肉・魚が主原料として使われています。

また、グレインフリーフードのラインナップも多く、穀物全般にアレルギーのある愛犬にも対応できるのが強みです。

 

成分については、全体的には適度にタンパク質が含まれているフードが多く、子犬用は高タンパクかつ高脂質・高カロリーに調整されています。

そして、成犬用はカロリーがやや控えめなフードが多く、室内飼いで運動量が少ない成犬の主食としてぴったりです。

ただ、シニア犬用は脂質とカロリーが高めな印象を受けました。

ネイチャーズプロテクションのお試しサンプルについて

ネイチャーズプロテクションの公式通販サイトからは、一人一回限りの無料お試しサンプルを送料無料で取り寄せることができます。

ただ、数食分くらいの量だと愛犬の好みや体質に合っているかどうかをしっかりと判断することができません。

このことから当サイトでは積極的にはお試しサンプルはおすすめしておらず、1ヶ月くらいは様子見できるサイズ(量)を購入して、愛犬の食いつきと変化を時間をかけて確認することをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
ネイチャーズプロテクションドッグフードの総合評価

ネイチャーズプロテクション(犬用)の原材料の評価

原材料一覧
米、ポートリー(チキン、ターキー、ダック)脂肪、大麦、ラムミール(ラム肉を乾燥させて細かく挽いたもの)、大豆タンパク、加水分解チキンレバー、サーモンオイル、亜麻仁、ビートパルプ、乾燥卵、ゼオライト(クリノプチロライト)、フラクトオリゴ糖、乾燥クランベリー、ルリジサオイル、チコリエキス、緑茶、乾燥マリーゴールド、グレープシード抽出物
※アレルギーの原因になりやすい原材料は赤色で記載

ここからは、ネイチャーズプロテクション(犬用)の原材料を評価していきます。
(※表は「ホワイトドッグ ラム・成犬用」の原材料一覧です)

小麦不使用のドッグフード

ネイチャーズプロテクションの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、どのラインナップにも小麦が使われていないことです。

安さをウリにしているフードの多くには小麦が使われていますが、小麦は穀物の中でも特にアレルギーの原因になりやすいという問題があります。

また、一部のフードに【トウモロコシ(グルテン)/コーングルテン】が使われている一方で、「ホワイトドッグ」にはそれらの原材料が使われていません。

それに加えて、穀物が一切使われていないグレインフリーフードのラインナップも多く、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも対応しやすくなっています。

ほぼ全てのラインナップの主原料が肉・魚

ネイチャーズプロテクションは、ほぼ全てのラインナップの主原料が肉・魚ということも評価できます。

販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向にありますが、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、穀物の割合が多いフードは犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

それに対して、ネイチャーズプロテクションの「ホワイトドッグ ラム・成犬用」以外には【ポートリーミール/家禽ミール/白身魚/サーモン(ミール)/ラムミール】のいずれかが主原料として使われており、動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

 

ちなみに、”ミール”という記載をみて“4Dミール(副産物)”を連想する方もいるかもしれませんが、”粉状にした”という意味で使われているだけなので、原材料の品質に関して神経質になる必要はないでしょう。

“家禽”についても、”鶏・七面鳥”と原材料一覧に明記されています。

そのほかの原材料について気になる点を挙げるとすれば、グレインフリーフードの第二原材料にGI値の高いジャガイモが使われていることです。

犬にとって必要のない人工添加物は不使用

ネイチャーズプロテクションには、犬にとって必要のない人工添加物が使われていないことも評価できます。

酸化を抑えるためにBHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤を添加しているフードは珍しくありませんが、ネイチャーズプロテクションにはローズマリーエキス・ミックストコフェロールといった天然由来の酸化防止剤が添加されています。

それだけでなく、人工の着色料や香料・調味料も使われておらず、安全性にしっかりと配慮されたドッグフードと捉えることができます。

ネイチャーズプロテクション(犬用)の成分の評価

成分表
粗タンパク質 21%以上
粗脂肪 18%以上
粗灰分 6.2%以下
粗繊維 1.5%以下
水分 9%以下
カルシウム 0.9%
リン 0.8%
ナトリウム 0.4%
オメガ6脂肪酸 2.11%
オメガ3脂肪酸 0.56%
エネルギー 385kcal/100g

原材料の次は、ネイチャーズプロテクション(犬用)の成分を評価していきます。
(※表は「ホワイトドッグ ラム・成犬用」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ネイチャーズプロテクションのタンパク質は21〜32%、脂質は13〜20%、100gあたりのカロリーは342〜394kcalと、種類によって成分バランスにかなりの差があります。

例えば、小型犬・子犬用「ミニジュニア」は高タンパク・高脂質・高カロリーに調整されており、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬用フードとしてぴったりです。

その一方で、全犬種・成犬用「ライフスタイル グレインフリー ポートリー」はやや高タンパク・高脂質かつカロリーはやや控えめで、運動量が少ない室内飼いの成犬用フードとしておすすめできます。

ただ、小型犬・シニア犬用「ミニシニア」に関しては、歳をとって運動量が落ちたシニア犬用フードにしては脂質とカロリーが高めな印象を受けました。

ネイチャーズプロテクションドッグフードの給餌量

体重 1日あたりの給餌量
1-2kg 23-45g
2-3kg 39-61g
3-4kg 53-76g
4-5kg 66-90g
5-6kg 78-103g
6-8kg 89-128g
8-10kg 110-151g

ネイチャーズプロテクションドッグフードの「ホワイトドッグ ラム・成犬用」の給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップのパッケージにも給餌量の目安が掲載されていますが、どのラインナップの給餌量もあくまで”目安”でしかありません。

そのため、愛犬の体重や便の固さを確認しながら分量を調整するようにしてください。

▼総合評価をチェックする
ネイチャーズプロテクションドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1.5kg 4,180円 3,964円 3,570円
4kg 8,690円 8,600円 6,790円
10kg 16,830円 16,820円 16,327円

ネイチャーズプロテクションの公式通販サイトと楽天市場、Amazonで「ホワイトドッグ ラム・成犬用」の販売状況を調査してみたところ、どのサイズも最安値はAmazonという結果になりました!
(※販売状況と販売価格は2022年11月に確認しました)

ネイチャーズプロテクションは店頭ではあまり販売されていないプレミアムフードなので、ネイチャーズプロテクションを購入するなら販売状況もあわせて確認できる通販サイトを利用することをおすすめします。

通販なら重い袋を持ち運ぶ手間がありませんし、一定金額以上の購入で送料無料となる販売店も多いですからね。

ネイチャーズプロテクションドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.0
成分 4.0
安全性 4.5
食いつき 4.5
コスパ 2.0
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
3,570円/1.5kg
6,790円/4kg
16,327円/10kg
※ホワイトドッグ ラム・成犬用
※2022年11月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 リトアニア
販売会社 Peaker株式会社

当サイトのネイチャーズプロテクションドッグフードの総合評価はBランクです。

どのラインナップにも小麦が使われていないことに加えて、グレインフリーフードのラインナップも多く、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも対応しやすいことが強みと言えます。

また、ほぼ全てのラインナップに肉・魚が主原料として使われていることや、人工の酸化防止剤・着色料が使われていないことも評価できます。

それだけに決して安いとは言えない価格帯のプレミアムフードなので、現実的に無理なく購入できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。