ピュリナワンキャットフード(ドライ)と愛猫1

主原料として新鮮な肉・魚を使用、合成着色料・香料無添加という条件を満たしていることに加えて、子猫からシニア猫までの豊富なラインナップを取り揃えているピュリナワンキャットフード。

また、ドライフードは小分け包装されているので、開封後のフードの保存方法にそれほど神経質にならずに済みます。

今回はそんなピュリナワンキャットフードの口コミ・評判を118件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ピュリナワンキャットフードの悪い口コミ・評判

ピュリナワンキャットフードの悪い口コミ・評判は「残念だけど食いつきはいまいち」、「うちの猫には合わなかった」、「成分バランスで気になることがある」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、単純にピュリナワンキャットフードの風味が好みに合わなかったことや、一部のラインナップのマグネシウム含有量がやや多めになっていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(10件)
  • うちの猫には合わなかった(8件)
  • 成分バランスが気になる(7件)
  • 種類が多すぎて選びづらい(1件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2023年9月にAmazon、楽天、X、インスタグラムで調査しました。

食いつきはいまいち

ピュリナワンキャットフードの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきはいまいち」という内容のレビューです。

この理由として考えられるのは、ピュリナワンキャットフードには香料が使われておらず、原材料そのものの香りで風味が整えられていることです。

一般的には、香料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、香料が使われていないフードを食べ慣れていない猫にとっては、ピュリナワンキャットフードの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、ピュリナワンのドライタイプの成猫用キャットフードには”チキン”、”サーモン&ツナ”、”白身魚”といった3種類の風味がありますが、選んだ風味が食の好みに合わなかった可能性も考えられますね。

うちの猫には合わなかった

次に多かったピュリナワンキャットフードの悪い口コミ・評判は、「うちの猫には合わなかった」という内容のレビューで、具体的には「軟便・下痢気味になった」という飼い主の声や、「吐き戻しが増えた」という飼い主の声を確認できました。

軟便や吐き戻しといった消化不良の原因として考えられるのは、餌の急な切り替えや食物アレルギーです。

例えば、ピュリナワンのドライタイプのキャットフードのほとんどには小麦とトウモロコシが使われていますが、小麦とトウモロコシは穀物の中でもアレルギーの原因になりやすい傾向にあります。

また、特定の動物性タンパク源や豆類、穀物全般が体質に合わないこともあるので、食に敏感な愛猫にピュリナワンキャットフードを与えようと考えている場合には、タンパク源の種類にも注目しておくといいでしょう。

成分バランスが気になる

そのほかに見つかったピュリナワンキャットフードの悪い口コミ・評判は、「成分バランスが気になる」という内容のレビューで、マグネシウムやナトリウム含有量を気にする声でした。

実際、一部のラインナップのマグネシウム含有量はやや多めになっているので、もし気になるなら控えめに調整されたラインナップから選ぶといいでしょう。

次のナトリウム含有量についてですが、成分表には掲載されていませんでした。

種類が多すぎて選びづらい

通販サイトとSNSで調査した口コミ・評判の中には、「ピュリナワンキャットフードは種類が多すぎて選びづらい」という内容のレビューもありました。

確かに、ピュリナワンはドライタイプのキャットフードだけでも16種類あるので、キャットフードを選び慣れていない方にとっては迷ってしまうかもしれません。

ただ、どれも分かりやすい商品名がつけられていますし、原材料・成分にこれといったこだわりがなければ、愛猫の年齢に対応したフードを選べば大丈夫です。

▼総合評価をチェックする
ピュリナワンキャットフードの総合評価

ピュリナワンキャットフードの良い口コミ・評判

ピュリナワンキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの猫には合っている」、「お手頃な値段なのが嬉しい」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、動物性タンパク源が主原料かつ成猫用には風味が違うドライフードがあることや、全体的に高タンパクなドライフードが多いことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(42件)
  • うちの猫には合っている(18件)
  • お手頃な値段(15件)
  • 成分バランスがいい(11件)
  • 原材料に安心感がある(6件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ピュリナワンキャットフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューで、「人間の私が食べても美味しい」というレビューも印象的でした。

そして、「食いつきはいまいち」というレビューが9件、「食いつきがいい」というレビューが42件という件数を踏まえると、ピュリナワンキャットフードは比較的多くの猫たちに受け入れられている、と捉えてよさそうです。

この理由として考えられるのは、悪い口コミ・評判の項目でも触れた通り、成猫用ドライフードには3種類の風味があり、愛猫の食の好みに合わせて選べることです。

また、主原料には新鮮な肉・魚が使われており、素材の香りを活かして風味が整えられていることも関係していると考えられます。

うちの猫には合っている

次に多かったピュリナワンキャットフードの良い口コミ・評判は、「うちの猫には合っている」という内容のレビューです。

この理由として考えられるのは、ピュリナワンのドライタイプのキャットフードには肉・魚が主原料として使われていることに加えて、適度にタンパク質が含まれているフードと高タンパクなフードで構成されていることです。

対照的に、安さをウリにしたフードのほとんどには穀物が主原料として使われていますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

 

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは、下痢や吐き戻しといった消化不良の原因になりえます。

また、悪い口コミ・評判の項目で触れたように、穀物の中でも小麦とトウモロコシはアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、グレインフリーのドライフードもあるので、小麦・トウモロコシはもちろん穀物全般にアレルギーのある愛猫にも与えられます。

お手頃な値段

そのほかに見つかったピュリナワンキャットフードの良い口コミ・評判は、「お手頃な値段」という内容のレビューです。

参考までに一例を挙げると、”インドアキャット チキン”の100gあたりの値段は約107円と、肉・魚が主原料のドライフードの中ではかなり手に取りやすい価格で販売されています。
(※4.4kgサイズの調査時点の最安値を参考にしています)

値段が高くなるにつれて、肉・魚の割合が増えたり手間ひまのかかる調理方法で作られているなどの傾向があるものの、「愛猫には品質と価格のバランスが取れたフードを与えたい」と考えているなら、ピュリナワンキャットフードは有力候補になるでしょう。

成分バランスがいい

調査したピュリナワンキャットフードの口コミ・評判の中には、「成分バランスがいい」という内容のレビューもありました。

ピュリナワンは、年齢や飼育環境に配慮して成分バランスを調整したキャットフードを取り揃えています。

例えば、”子猫用”は高タンパク・高脂質・高カロリーに、”室内飼い猫用”は脂質とカロリーがやや控えめになっており、そのほかのラインナップの成分値を確認してみた限りでも、きちんと成分バランスが調整されている印象を受けました。

原材料に安心感がある

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると、「ピュリナワンキャットフードは原材料に安心感がある」という内容のレビューも確認できました。

キャットフードの中にはBHA・BHTといった人工の酸化防止剤が使われているものがありますが、ピュリナワンキャットフードにはそれらの酸化防止剤が使われていないことが安心できる要素と言えるでしょう。

また、香料に頼らず原材料の香りで風味が整えられていることや、合成着色料が使われていないことも安心感に繋がります。

そして、必ずしも使う必要のない添加物が使われていないピュリナワンキャットフードは、猫の立場になって作られているキャットフード・・・と捉えることができますね。

ピュリナワンキャットフードの口コミ・評判まとめ

項目 口コミ内容
悪い口コミ 食いつきはいまいち
うちの猫には合わなかった
成分バランスが気になる
種類が多すぎて選びづらい
良い口コミ 食いつきがいい
うちの猫には合っている
お手頃な値段
成分バランスがいい
原材料に安心感がある

ピュリナワンキャットフードの悪い口コミ・評判は「残念だけど食いつきはいまいち」、「うちの猫には合わなかった」、「成分バランスで気になることがある」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ピュリナワンキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの猫には合っている」、「お手頃な値段なのが嬉しい」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、動物性タンパク源が主原料かつ成猫用には風味が違うドライフードがあることや、全体的に高タンパクなドライフードが多いことが関係していると考えられます。

ピュリナワンの猫用ドライフードの種類

商品名 主原料 穀物 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
1歳までの子ねこ用/妊娠・授乳期の母猫用【チキン】 チキン コーングルテン、小麦、米、小麦たんぱく、大麦 39% 18% 12% 約390kcal
美味を求める成猫用 1歳以上【チキン】 チキン 小麦、米、小麦たんぱく、大麦、コーングルテン 34% 14% 12% 約370kcal
美味を求める成猫用 1歳以上【サーモン&ツナ】 サーモン 米、小麦、コーングルテン、小麦たんぱく、大麦 34% 14% 12% 約370kcal
避妊・去勢した猫の体重ケア 避妊・去勢後から全ての年齢に【チキン】 チキン コーングルテン、小麦、米、小麦たんぱく、ソルガム、大麦 37% 9% 12% 約340kcal
避妊・去勢した猫の体重ケア 避妊・去勢後から全ての年齢に【サーモン&ツナ】 サーモン コーングルテン、小麦、米、小麦たんぱく、大麦 37% 9% 12% 約342kcal
室内飼い猫用 インドアキャット 1歳以上【チキン】 チキン コーングルテン、小麦、米、小麦たんぱく、大麦 34% 12% 12% 約351kcal
室内飼い猫用 インドアキャット 1歳以上【サーモン&ツナ】 サーモン コーングルテン、小麦、米、小麦たんぱく、大麦 34% 12% 12% 約352kcal
下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア 1歳以上【チキン】 チキン コーングルテン、小麦、米、大麦、とうもろこし、小麦たんぱく 34% 14% 12% 約370kcal
下部尿路の健康維持 F.L.U.T.H.ケア 1歳以上【サーモン&ツナ】 サーモン コーングルテン、小麦、米、大麦、とうもろこし、小麦たんぱく 34% 14% 12% 約370kcal
メタボリックエネルギーコントロール/太りやすい猫用 1歳以上【チキン】 チキン コーングルテン、小麦、米、小麦たんぱく、大麦 37% 9% 12% 約340kcal
グレインフリー(穀物不使用)1歳から全ての年齢に【チキン】 チキン 不使用 35% 14% 12% 約413kcal
グレインフリー(穀物不使用)1歳から全ての年齢に【白身魚】 白身魚 不使用 35% 14% 12% 約365kcal
健康マルチケア 7歳以上【チキン】 チキン コーングルテン、小麦、米、大麦、小麦たんぱく 37% 11% 12% 約350kcal
健康マルチケア 11歳以上【チキン】 チキン コーングルテン、小麦、米、小麦たんぱく、大麦 38% 15% 12% 約375kcal
健康マルチケア 15歳以上【チキン】 チキン コーングルテン、小麦、米、小麦たんぱく 38% 17% 12% 約385kcal
優しく腎臓の健康サポート 11歳以上【チキン】 チキン 米、コーングルテン、とうもろこし、大麦 36% 13% 12% 約360kcal

ピュリナワンはドライタイプのキャットフードだけでなく、ウェットタイプのキャットフードも取り揃えていますが、ここではドライタイプのキャットフードに絞って主原料と穀物の種類、主要な成分バランスをまとめてみました。

全部で16種類のラインナップがありますが、どれも主原料に肉・魚が使われていることや、合成着色料・香料が使われていないことは変わりません。

ただ、それぞれのフードごとに細かく成分バランスが調整されていることに加えて、成猫用には「チキン」、「サーモン&ツナ」、「白身魚」といった3種類の風味があるので、年齢や飼育環境、食の好みに幅広く対応しやすいです。

ピュリナワンキャットフードをお試ししてレビュー!

ピュリナワンキャットフードのパッケージ画像(表面)

実際に、ピュリナワンキャットフード「子猫用」をお試ししてみました!

パッケージには原材料一覧や成分値、1日あたりの給餌量の目安やフードの切り替え方の説明が書かれています。

ピュリナワンキャットフードの小袋

今回お試ししたのは2.2kgサイズで、子猫の愛猫が開封してから1ヶ月前後で食べ切れるか心配だったのですが、550gずつに小分け包装されていたので安心しました。

小分け包装された袋を開封してみて思ったのは、想像していたようなキツい臭いがしなかったことです。

粒を手にとって鼻に近づけてみても、あくまで素材由来の自然な香りという印象で、臭いに敏感な私としてはとても助かりました(笑)

ピュリナワンの子猫用キャットフードの粒の大きさ

子猫用の粒の大きさには多少のバラつきはあるものの、平均すると8mm程度の小粒サイズになっています。

これなら固形物を食べ始めた子猫にも食べやすそうと感じましたし、我が家の愛猫も気に入ってくれたようで、フードの切り替えはスムーズに行えました!

▼総合評価をチェックする
ピュリナワンキャットフードの総合評価

ピュリナワンキャットフードの原材料の評価

原材料一覧
チキン、チキンミール、コーングルテン、小麦、食物繊維(ビートパルプ、ライスファイバー、セルロース、可溶性繊維(オリゴ糖源))、米、脱脂大豆、鶏脂(オメガ6脂肪酸源)、小麦たんぱく、大麦、フィッシュミール(オメガ3脂肪酸源)、たんぱく加水分解物、酵母(βグルカン源)、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)
※アレルギーの原因になりやすい原材料、内容が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、ピュリナワンキャットフードの原材料を評価していきます!
(※表はドライフード「インドアキャット チキン」の原材料一覧です)

新鮮な肉・魚を主原料として使用

ピュリナワンキャットフードの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、新鮮な肉・魚が主原料として使われていることです。

中には”チキンミール”と記載されているのを見て、人用の食肉としては出回らない“4Dミール”を連想する方もいるかもしれませんが、ピュリナワンキャットフードには人間向けの食肉加工工程の由来の原料が使われています。

ミールという表記は”粉末状に砕いた”という本来の意味で使われているだけですし、動物性原材料の品質について神経質になる必要はありません。

ただ、肉・魚が主原料として使われているフードの中では、かなり手に取りやすい価格で販売されていることを踏まえると、肉・魚の割合はそれほど多くはないと推測できます。

合成着色料・香料は不使用

ピュリナワンキャットフードには、合成着色料・香料が使われていないことも評価できます。

口コミ・評判の項目でも説明した通り、これらの添加物は必ずしも使う必要のないものです。

新鮮な肉・魚が主原料、合成着色料・香料は不使用という条件を満たしているピュリナワンキャットフードは、品質面・安全性ともにきちんと配慮されたキャットフードと捉えることができますね。

原材料について気になる点を挙げるとすれば、“たんぱく加水分解物”の製造工程が分からないことくらいです。

ピュリナワンキャットフードの成分の評価

成分表
たんぱく質 34%以上
脂質 12%以上
粗繊維 7%以下
灰分 8.5%以下
水分 12%以下
カルシウム 0.6%以上
リン 0.5%以上
マグネシウム 0.12%
オメガ6脂肪酸 1.2%以上
オメガ3脂肪酸 0.01%以上
タウリン 0.1%以上
エネルギー 約351kcal/100g

原材料の次は、ピュリナワンキャットフードの成分を評価していきます!
(※表はドライフード「インドアキャット チキン」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ピュリナワンのドライタイプのキャットフードのタンパク質は34〜39%以上、脂質は9〜18%以上、水分は12%以下、カロリーは100gあたり約340〜413kcalと、ラインナップによって主要な成分バランスにかなりの開きがあります。

例えば、「1歳までの子ねこ用」は高タンパク・高脂質・高カロリーに調整されており、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫の主食としてぴったりです。

その一方で、成猫用フードは適度にタンパク質を含みつつ、脂質とカロリーがやや控えめなものが多く、室内飼いされていることが多くて運動量が少ない傾向にある日本の飼い猫向け、と捉えることができます。

それに加えて、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成猫向けに、脂質とカロリーがより控えめに調整されたドライフードもあり、年齢や飼育環境に合わせてきちんと成分バランスが調整されている印象を受けました。

▼総合評価をチェックする
ピュリナワンキャットフードの総合評価

ピュリナワンキャットフードの給餌量

体重 体重維持 減量
2~3kg 30~50g 25~45g
3~4kg 50~65g 45~55g
4~5kg 65~80g 55~70g
5~6kg 80~95g 70~85g
6~7kg 95~110g 85~100g

ピュリナワンキャットフード「インドアキャット チキン」の給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップも公式サイトやパッケージに給餌量の目安が掲載されていますが、どれに関してもあくまで“目安”でしかありません。

実際には体質や飼育環境によって適量が変わってくるので、愛猫の体重や便の固さを確認しながら給餌量を調整するようにしましょう。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
2kg(500g×4袋) 1,780円 1,958円
4.4kg(400g×11袋) 4,698円

ピュリナワンキャットフードの販売元のネスレの公式サイトと楽天市場、Amazonでドライフード「インドアキャット チキン」の販売状況を調査してみたところ、公式サイトからは直接購入することはできませんでした。
(※販売状況と販売価格は2024年5月に確認しました)

そして、楽天では4.4kgサイズは販売されておらず、2kgサイズの最安値は楽天という結果になりました!

ピュリナワンキャットフードは店頭でも取り扱いが多いメジャーなキャットフードなので、店頭の価格も参考にしながらご自身の購入しやすい方法でお試しするといいでしょう。

ただ、通販サイトは一定金額以上の購入で送料無料となる販売店も多いので、継続して購入するなら通販サイトでまとめ買いするのがお手軽です。

ピュリナワンキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3.5
成分 5.0
安全性 4.5
食いつき 4.0
コスパ 4.5
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,780円/2kg(500g×4袋)
4,698円/4.4kg(400g×11袋)
※インドアキャット チキン
※2024年5月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 ネスレ日本株式会社

当サイトのピュリナワンキャットフードの総合評価はAランクです。

ほとんどのドライフードに小麦とトウモロコシが使われているものの、新鮮な肉・魚が主原料として使われていることに加えて、合成着色料・香料が使われていないことは評価できます。

また、年齢や飼育環境に配慮して成分バランスを調整した豊富なラインナップを取り揃えていることや、かなり手に取りやすい価格で販売されていることが魅力的です。

「愛猫には品質と価格のバランスが取れたフードを与えたい」と考えているなら、ピュリナワンキャットフードを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。