ユーカヌバドッグフードを5項目で評価|口コミ・評判も徹底調査!

犬の年齢や大きさ、飼育環境に合わせて成分バランスを調整したドライフードを取り揃えているユーカヌバ。

今回はそんなユーカヌバドッグフードの口コミ・評判を105件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ユーカヌバドッグフードの悪い口コミ・評判

ユーカヌバドッグフードの悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」、「続けていくには値段が高い」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ユーカヌバには食いつきをよくするための人工の香料・調味料が使われていないことや、アレルギーの原因になりやすい原材料が使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(10件)
  • うちの犬には合わなかった(8件)
  • 値段が高い(5件)
  • 大粒で食べづらそう(2件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年4月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで確認しました)

食いつきはいまいち

悪い口コミ・評判で一番多かったのが「我が家の犬の食いつきはいまいち」、「残念ながらあまり食べない」という内容のレビューでした。

一般的には人工の香料・調味料が使われているフードの方が食いつきがいい傾向にありますが、ユーカヌバにはそれらの人工添加物が使われていません。

そのため、人工の香料・調味料が使われているフードを食べ慣れている犬にとっては、ユーカヌバの風味にはあまり魅力を感じられない可能性はあります。

 

また、ユーカヌバは風味の種類も少なく、愛犬の食の好みに合わせづらいこともデメリットと言えます。

それと、「リニューアルされてから食べなくなった」というレビューも確認できました。

うちの犬には合わなかった

次に多かった悪い口コミ・評判は「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューで、その中でも特に目立ったのが「軟便・下痢気味になった」というレビューです。

下痢・嘔吐といった消化不良の原因として考えられるのは、餌の急な切り替えや食物アレルギーです。

まず、餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、ユーカヌバに慣れるまで吐き戻しが増えたり下痢気味になる可能性があります。

 

次の食物アレルギーに関してですが、ユーカヌバのドッグフードには小麦やとうもろこし(粉)といった穀物が使われています。

そして、小麦は食物アレルギーの原因になりやすく、体質によってはユーカヌバが合わないこともあります。

また、特定の肉原材料にアレルギーのある犬もいますが、アレルギーの原因は食べさせてみないことには判断しづらいです。

そのため、小麦が使われているフードがダメならグルテンフリー・グレインフリーのフードを試し、それでもダメなら動物性タンパク源が限定されたフードを・・・といったように、地道に原因を特定していくことになります。

値段が高い

そのほかには、「ユーカヌバは値段が高い」というレビューも見つかりました。

ユーカヌバの100gあたりの値段は約110円ということで、品質よりも安さをウリにしている激安フードと比べればユーカヌバは高額なドッグフードと言えます。
(※「成犬用 全犬種用 ラム&ライス」の2.7kgサイズの最安値を参考にしています)

ただ、ユーカヌバの3〜4倍以上の値段で販売されているプレミアムフードも珍しくはなく、実際にはユーカヌバは比較的お手頃な値段で販売されているプレミアムフードです。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。

大粒で食べづらそう

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していく中で、「ユーカヌバは大粒で食べづらそう」というレビューを確認できました。

ただ、ユーカヌバからは犬の大きさに合わせて成分バランスや粒の形状が調整されたドライフードが販売されており、一概にどのドライフードも大粒で食べづらそうとは言えません。

そのため、粒の形状に関してのレビューはほとんど参考にならないと思っておいた方がいいでしょう。

▼総合評価をチェックする
ユーカヌバドッグフードの総合評価

ユーカヌバドッグフードの良い口コミ・評判

ユーカヌバドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「安心して与えることができるドッグフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ユーカヌバには肉類が主原料として使われていることや、犬の年齢や大きさ、飼育環境に合わせて成分バランスを調整したフードを取り揃えていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(41件)
  • うちの犬には合っている(22件)
  • 小粒で食べやすそう(11件)
  • 原材料に安心感がある(6件)

という結果になっています。

食いつきがいい

今回調査した口コミ・評判で一番多かったのが、「食いつきがいい」というレビューでした。

「あまり食べない」というレビューが10件、「食いつきがいい」というレビューが41件という割合を踏まえると、ユーカヌバは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

ただ、ユーカヌバのドッグフードは風味の種類は少ないので、もし心配ならいきなり大袋を購入するのは避け、まずは800gサイズからお試ししてみるといいでしょう。
(※中型犬用と大型犬用は2.7kgサイズが最小サイズになります)

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は「うちの犬には合っている」といった内容のレビューで、その中でも「いい便をするようになった」というレビューが目立ちました。

この理由として考えられるのは、穀物が過剰に使われているフードからユーカヌバに切り替えたことです。

販売価格が安くなるほど穀物の割合が多くなる傾向がありますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、犬によっては穀物が主原料として使われているフードが合わないことがあります。

 

それに対して、ユーカヌバのドッグフードには肉原材料が主原料として使われており、どのラインナップに関しても高タンパクな傾向があります。

そのため、以前に与えていたフードの内容によっては、ユーカヌバに切り替えることで下痢・嘔吐といった消化不良が減る可能性はあります。

 

また、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」というレビューも確認できました。

この理由は、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量が関係していると考えられます。

そこで気になってユーカヌバの成分表に目を通してみましたが、残念ながら2つの脂肪酸の含有量は掲載されていませんでした。

なお、暫定的な情報ではありますが、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1~10:1】くらいがいいのではないかと考えられているので、愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

小粒で食べやすそう

「大粒で食べづらそう」というレビューとは対照的に、「小粒で食べやすそう」というレビューも見つかりました。

ユーカヌバからは子犬(パピー)・成犬・シニア犬といった年齢別だけでなく、小型犬・中型犬・大型犬といった大きさに合わせたドライフードが販売されており、ラインナップ別に粒の形状が工夫されています。

とは言っても、粒の大きさや形の好みは犬それぞれで違いますし、粒の形状についての口コミ・評判はあまり当てにならないと思っておいた方が無難です。

原材料に安心感がある

通販サイトとSNSで調査した口コミ・評判の中には、「ユーカヌバは原材料に安心感がある」というレビューもありました。

一部のドッグフードには人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ユーカヌバにはそれらの人工添加物が使われていません。

もちろん、それらの人工添加物が使われているフードは定められた基準を超えないように使っていますが、人工の酸化防止剤は天然由来のもので代用することができます。

 

また、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

それなのに着色料を使って色味をつけているのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

そして、人工の酸化防止剤と着色料は必ずしも使う必要のない添加物ということもあり、安全性を最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは避けられがちな傾向があります。

ユーカヌバドッグフードの口コミ・評判まとめ

ユーカヌバドッグフードの悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」、「続けていくには値段が高い」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ユーカヌバドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「安心して与えることができるドッグフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ユーカヌバには肉類が主原料として使われていることや、犬の年齢や大きさ、飼育環境に合わせて成分バランスを調整したフードを取り揃えていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • うちの犬には合わなかった
  • 値段が高い
  • 大粒で食べづらそう
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • 小粒で食べやすそう
  • 原材料に安心感がある

ユーカヌバドッグフードの種類

ユーカヌバは年齢別(子犬/成犬/シニア/スーパーシニア)に成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えているだけでなく、さらに犬種別(小型犬/中型犬/大型犬/全犬種)に成分バランスが細かく調整されています。

子犬(パピー)用

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
スモール パピー(小・中型犬用) 30.0% 19.0% 9.0% 422kcal
ラージ パピー(大型犬用) 24.0% 12.0% 11.0% 378kcal
パピー ラム&ライス 26.0% 14.0% 9.0% 393kcal

子犬用(パピー)フードは育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬に配慮して、成犬用フードよりも高タンパク・高脂質・高カロリーな成分バランスになっています。

子犬用フードには【スモール(小・中型犬用)/ラージ(大型犬用)/ラム&ライス(全犬種用)】の3種類がありますが、特にこだわりがなければ全犬種用のラム&ライスを選べば大丈夫です。

成犬用

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
スモール アダルト(小型犬用) 26.0% 16.0% 9.0% 405kcal
ミディアム アダルト(中型犬用) 24.0% 13.0% 9.0% 388kcal
ラージ アダルト(大型犬用) 21.0% 11.0% 9.0% 380kcal
アダルト ラム&ライス 22.0% 13.0% 9.0% 386kcal
スモール(小型犬用)フィット ボディ 27.0% 8.0% 9.0% 366kcal
ミディアム(中型犬用)フィット ボディ 25.0% 7.0% 9.0% 359kcal
ラージ(大型犬用)フィット ボディ 24.0% 7.0% 9.0% 360kcal
プレミアム パフォーマンス 21/13 スプリント 21.0% 13.0% 9.0% 391kcal
プレミアム パフォーマンス 26/16 エクササイズ 26.0% 16.0% 9.0% 392kcal
プレミアム パフォーマンス 30/20 スポーツ 30.0% 20.0% 9.0% 412kcal
プレミアム パフォーマンス 30/28 ワーク 30.0% 28.0% 9.0% 456kcal

成犬用フードは全11種類となっており、犬種(サイズ)だけでなく運動量や食事量に配慮して選ぶことができます。

ただ、ユーカヌバは全体的にカロリーが高めで、一番カロリーが控えめな「ミディアム フィット ボディ」でも100gあたりのカロリーは359kcalとなっています。

このことから、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成犬用フードとしては向いていません。

その一方で、標準的な運動量の成犬から運動量が多い活発な成犬、食が細くてたくさんの量が食べられない成犬用フードとしてならおすすめできます。

シニア用

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
スモール シニア(小型犬用) 27.0% 15.0% 9.0% 401kcal
ミディアム シニア(中型犬用) 25.0% 10.0% 9.0% 375kcal
ラージ シニア(大型犬用) 24.0% 8.0% 9.0% 364kcal
シニア ラム&ライス 25.5% 11.0% 9.0% 377kcal

シニア用フードに関しては、適度にタンパク質を含みつつ脂質は控えめに調整されています。

ただ、一般的なシニア用フードと比較するとかなりカロリーが高くなっており、若い頃よりも運動量が落ちたシニア用フードとしてのおすすめ度は下がります。

スーパーシニア用

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
スモール スーパーシニア(小型犬用) 28.0% 13.0% 9.0% 391kcal

スーパーシニア用フードは小型犬用の「スモール」だけで、シニアの「スモール」と比較するとタンパク質が少しだけ高く、脂質とカロリーはやや控えめに調整されています。

なお、シニアは7歳以上、スーパーシニアは11歳以上を対象にしたフードになっています。

▼総合評価をチェックする
ユーカヌバドッグフードの総合評価

ユーカヌバドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
ラム肉、米、肉類(鶏、七面鳥)、小麦、とうもろこし粉、とうもろこし、動物性脂肪、大麦、ビートパルプ、加水分解レバー(鶏、七面鳥)、酵母および酵母エキス、卵パウダー、魚油(DHA源)、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、ポリリン酸ナトリウム、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、B2、ビオチン、葉酸、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)
※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質・内容が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、ユーカヌバドッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は「成犬用 ラム&ライス」の原材料一覧です)

肉類が主原料として使われているドライフード

ユーカヌバの特徴としてまず挙げられるのは、肉類が主原料として使われているドライフードということです。

安さをウリにした激安フードには肉類よりも安く仕入れられる穀物が主原料として使われていますが、穀物が過剰に使われているフードは肉食傾向の雑食である犬の食生活に配慮されたフードとは言いづらいです。

小麦やとうもろこし(粉)が使われていることから、小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのある犬には対応できませんが、穀物が主原料として使われているフードよりもワンランク上のフードと言っていいでしょう。

内容が不明瞭な原材料あり

ユーカヌバの原材料一覧を見て気になったのは、“動物性脂肪”という原材料です。

動物性脂肪は具体的に何の動物の脂肪が使われているのか分かりませんし、添加されている酸化防止剤が人工のものなのか、それとも天然由来のものなのかどうかも分かりません。

原材料の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になります。

ユーカヌバドッグフードの成分の評価

成分表
タンパク質 22.0%以上
脂質 13.0%以上
粗繊維 2.6%以下
灰分 8.5%以下
水分 9.0%以下
エネルギー 386kcal/100g

原材料の次は、ユーカヌバドッグフードの成分を評価していきます。
(※表は「成犬用 ラム&ライス」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ユーカヌバのタンパク質は21〜30%、脂質は7〜19%、100gあたりのカロリーは359〜422kcalと、種類によって成分バランスにかなりの差があります。

全体的にはタンパク質と脂質は平均的で高カロリーなフードが多く、標準的な運動量の犬から運動量が多い活発な犬、食が細くてたくさんの量が食べられない犬向けの成分バランスと言えるでしょう。

ただ、カロリーが控えめなフードが製造・販売されていないことから、運動量が少ない割に食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある犬用フードとしては向いていません。

▼総合評価をチェックする
ユーカヌバドッグフードの総合評価

ユーカヌバのお試しサンプルについて

公式サイトと楽天市場、Amazonでユーカヌバのお試しサンプルの販売状況を調査してみましたが、お試しサンプル(試供品)は販売されていませんでした。

そのため、ユーカヌバをお試しするにしても本商品を最低1袋は購入しなければいけません。

ただ、どちらにせよお試しサンプルくらいの少量サイズだと、食いつきや体質に合っているかをしっかりと確認することができないので、当サイトでははじめから1ヶ月くらいは様子見できるサイズを購入することをおすすめしています。

ユーカヌバドッグフードの給餌量

体重 給餌量 カップ
2kg 48g 5/8
5kg 95g 1+2/8
7kg 123g 1+5/8
9kg 148g 2
10kg 160g 2+1/8
13kg 195g 2+5/8
15kg 217g 2+7/8
17kg 239g 3+1/8
20kg 269g 3+4/8
24kg 309g 4+1/8

ユーカヌバドッグフード「成犬用 ラム&ライス」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップのパッケージにも給餌量の目安が掲載されていますが、どのラインナップの給餌量もあくまで”目安”でしかありません。

実際には飼育環境や体質によって適量が変わってくるので、定期的に体重を量って分量を調整するようにしましょう。

ちなみに、成犬のご飯の回数は1日2回が目安になりますが、どうしても餌を食べすぎてしまう場合はご飯の回数を増やすことで空腹を感じにくくさせることができるので試してみてください。

▼総合評価をチェックする
ユーカヌバドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
800g 975円
2.7kg 2,831円 3,500円
7.5kg 5,643円 7,700円
13.5kg 8,750円 11,200円

ユーカヌバの公式サイトと楽天市場とAmazonで「成犬用 ラム&ライス」の販売状況を調査してみたところ、公式サイトでは直接購入することはできず、Amazonでは800gサイズが販売されていませんでした。
(※販売状況と販売価格は2023年1月に確認しました)

そして、どのサイズも楽天が最安値という結果になりました!

ユーカヌバは店頭ではあまり販売されていないプレミアムフードなので、ユーカヌバをお試しするなら販売状況も一緒に確認できる通販サイトを利用することをおすすめします。

 

通販なら重い袋を持ち運ぶ手間がありませんし、まとめ買いで送料無料となる販売店も多いですからね。

ただ、どうしても店頭で購入したいというこだわりがあるなら、ユーカヌバの公式サイトで最寄りの取扱店舗を探してみるといいでしょう。
販売店検索-Eukanuba

ユーカヌバドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 2.5
成分 4.0
安全性 4.5
食いつき 4.0
コスパ 4.0
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
975円/800g
2,831円/2.7kg
5,643円/7.5kg
8,750円/13.5kg
※成犬用 全犬種用 ラム&ライス
※2023年1月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ポーランド
販売会社 ロイヤルカナン ジャポン合同会社

当サイトのユーカヌバドッグフードの総合評価はBランクです。

犬の年齢や大きさ、飼育環境に合わせて成分バランスを調整したドライフードを取り揃えているだけでなく、プレミアムフードの中ではお手頃な値段で販売されていることは評価できます。

その一方で、アレルギーの原因になりやすい原材料が使われていることや、内容が不明瞭な原材料が使われていることが気がかりです。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。