ロイヤルカナン(犬用)の評判は?ドッグフードの口コミや評価を検証!

【犬を飼っているなら誰もが知っている】・・・と言っても過言ではないメジャーなドッグフードのロイヤルカナン。

今回はロイヤルカナンを愛犬に与えている方々の口コミ・評判を116件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ロイヤルカナン(犬用)の悪い口コミ・評判

ロイヤルカナン(犬用)の悪い口コミ・評判は「市販の国産ドッグフードと比べると値段が高い」、「期待していたけど食いつきはいまいち」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ロイヤルカナンは肉原材料の割合が比較的多いプレミアムフードということや、風味を整えるための人工添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 値段が高い(8件)
  • 食いつきはいまいち(4件)
  • うちの犬には合わなかった(2件)
  • 成分バランスが気になる(2件)
  • 大粒で食べづらそう(2件)
  • 原産国の変更が気がかり(2件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年3月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

値段が高い

ロイヤルカナンの悪い口コミ・評判で一番多かったのが、「値段が高い」という内容のレビューでした。

確かに、市販の激安フードと比べればロイヤルカナンは高額なドッグフードです。

ただ、ロイヤルカナンの3〜4倍以上の値段で販売されているプレミアムフードも珍しくはなく、実際のところは比較的お手頃な値段で販売されているプレミアムフードと言えます。

とは言え、どれだけ品質のいいフードを購入しても継続できなければ意味がないですし、品質・安全性に気を配りつつ無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめします。

食いつきはいまいち

次に多かった悪い口コミ・評判は、「あまり食べない」というレビューでした。

食いつきのよさを評価するレビューの方が圧倒的に多かったものの、どんな犬でも絶対に食いつきのいいフードはまず存在しないというのも事実です。

また、ロイヤルカナンには食いつきをよくするための人工の香料・調味料が使われていないので、それらの人工添加物が使われているフードを食べ慣れている犬の場合、ロイヤルカナンにはあまり魅力を感じない可能性もあります。

うちの犬には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「うちの犬には合わなかったようで、ロイヤルカナンに切り替えたら軟便・下痢気味になった」という内容のレビューです。

軟便・下痢の理由として考えられるのは、餌の急な切り替えや食物アレルギーです。

まず、餌の急な切り替えは消化の負担になってしまうので、ロイヤルカナンに慣れるまで下痢・嘔吐といった消化不良を起こすことがあります。

 

次の食物アレルギーに関してですが、ロイヤルカナンの多くのドライフードには小麦やとうもろこしが使われています。

ただ、小麦は穀物の中でも特に食物アレルギーの原因になりやすい傾向があり、体質によってはロイヤルカナンのフードが合わないこともあります。

食物アレルギーの原因は食べさせてみないことには判断しづらいです。

そのため、小麦が使われているフードがダメならグルテンフリー・グレインフリーのフードを試し、それでもダメなら肉原材料の種類が限定されたフードを・・・といったように、地道に原因を特定していくことになります。

成分バランスが気になる

SNSでロイヤルカナンの口コミ・評判を調査していると、「成分バランスが気になる」といった内容のレビューが見つかりました。

気になって「ミニインドア・成犬用」の成分表を確認してみたところ、タンパク質がかなり控えめなことに加えて、カルシウム・リン・マグネシウムといったミネラル含有量が掲載されていませんでした。

その一方で、犬にとってタンパク質は大切な栄養素ですし、低タンパク・高炭水化物のフードは肉食傾向の雑食である犬の食生活に配慮されたフードとは言いづらいです。

また、各ミネラルのバランスにもしっかりと配慮されたフードを選びたいと考えている場合、ミネラル含有量が分からないフードは手に取りにくいと言わざるをえません。

大粒で食べづらそう

「ロイヤルカナンのドライフードは大粒で食べづらそう」、という悪い口コミ・評判も確認できました。

ただ、ロイヤルカナンは選ぶのを迷ってしまうくらいたくさんのドライフードを製造・販売しており、ラインナップによって粒の大きさ・形が違います。

そのため、粒の形状に関してのレビューはほとんど参考にならないと思っておいた方がいいでしょう。

原産国の変更が気がかり

悪い口コミ・評判の中には、「原産国の変更が気になる」というレビューもありました。

ロイヤルカナンはフランス産のペットフードという印象が強いですが、現在日本で販売されている一部の商品は韓国の工場で製造されており、そのことを不安要素と考えている愛犬家は少なくありません。

ただ、ロイヤルカナンの公式アナウンスを確認してみたところ、韓国の工場もフランスの工場と同じ基準を満たしており、最新の原材料クリーニング設備やパッキングシステムが導入されているとのことです。

もしそれでも気になるようなら、なるべくロイヤルカナンの原材料や成分バランス、販売価格に近い別のブランドを選ぶしかないですね。

▼総合評価をチェックする
ロイヤルカナンドッグフードの総合評価

ロイヤルカナン(犬用)の良い口コミ・評判

ロイヤルカナン(犬用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「うちの犬には合っている」、「安心して愛犬に食べさせられる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ロイヤルカナンは天然由来の原材料の香りでしっかりと風味が整えられていることや、年齢・犬種・飼育環境に合わせて成分バランスを調整したフードを取り揃えていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(62件)
  • うちの犬には合っている(17件)
  • 安心感のあるブランド(12件)
  • お手頃な値段(3件)
  • 粒の形が食べやすそう(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

今回調査した口コミ・評判で一番多かったのが、「食いつきがいい」というレビューでした。

食いつきが悪いというレビューが4件、食いつきがいいというレビューが62件という件数を踏まえると、ロイヤルカナンの嗜好性は一般的なドッグフードよりもワンランク上と捉えてよさそうです。

もちろん犬によっては気に入ってくれない可能性もありますが、ロイヤルカナンは【おいしさ満足保証】という対象製品1袋限りの返金制度を設けており、食べてくれなかった時の金銭的な損失を抑えられることも強みと言えます。

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は「うちの犬には合っている」という内容のレビューで、その中でも特に「いい便が出るようになった」、「吐く回数が減った」というレビューが多かったです。

ロイヤルカナンには消化吸収率の高い原材料が使われています。

そのため、穀物が過剰に使われているような品質よりも安さを重視したフードから切り替えることで、飼い主にも分かるくらい便の固さが変わる可能性はあります。

また、食物アレルギーに配慮された原材料が使われているフードを販売していることも評価できます。

 

そのほかにも、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」というレビューを確認できました。

この原因は毛並み・毛艶に関わるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸が関係していると考えられますが、残念ながら2つの脂肪酸の含有量は掲載されていませんでした。

ちなみに、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1~10:1】くらいがいいのではないかと考えられているので、愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

安心感のあるブランド

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「ロイヤルカナンは安心感のあるブランド」といったレビューです。

やはり、たくさんのペットショップやホームセンターが取り扱っているメジャーな商品ということに加えて、年齢・犬種・飼育環境に合わせたドッグフードを取り揃えていることが安心感に繋がっているのでしょう。

ブリーダーや友人に薦められて子犬の頃からずっとロイヤルカナンを与えているというレビューも見られますし、「原材料や成分のことはよく分からないけどロイヤルカナンなら大丈夫でしょ!」・・・というレビューも印象的でした。

お手頃な値段

良い口コミ・評判の中には、「お手頃な値段」というレビューもありました。

悪い口コミ・評判の項目でも説明した通り、ロイヤルカナンはプレミアムフードの中では比較的手に取りやすい価格帯に収まっています。

もちろん、値段が高ければ高いほど肉原材料の割合が多くなったり、製造工程にひと手間かけられていたりという傾向はあるものの、無理なく購入できる価格帯のプレミアムフードという理由でロイヤルカナンを選んでいる愛犬家も少なくありません。

粒の形が食べやすそう

「大粒で食べづらそう」というレビューとは対照的に、「粒の形が食べやすそう」というレビューも確認できました。

ロイヤルカナンは【柴犬/チワワ/プードル/ラブラドールレトリバー/マルチーズ】といった様々な犬種別のフードを製造・販売していますが、それぞれの犬種に食べやすいよう粒の形状も変えられています。

とは言っても、当然全ての犬にとって食べやすいというわけではないので、粒の形状についての口コミ・評判はあまり当てにならないと思っておいた方が無難です。

ロイヤルカナン(犬用)の口コミ・評判まとめ

ロイヤルカナン(犬用)の悪い口コミ・評判は「市販の国産ドッグフードと比べると値段が高い」、「期待していたけど食いつきはいまいち」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ロイヤルカナン(犬用)の良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「うちの犬には合っている」、「安心して愛犬に食べさせられる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ロイヤルカナンは天然由来の原材料の香りでしっかりと風味が整えられていることや、年齢・犬種・飼育環境に合わせて成分バランスを調整したフードを取り揃えていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 値段が高い
  • 食いつきはいまいち
  • うちの犬には合わなかった
  • 成分バランスが気になる
  • 大粒で食べづらそう
  • 原産国の変更が気がかり
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • 安心感のあるブランド
  • お手頃な値段
  • 粒の形が食べやすそう

ロイヤルカナンドッグフードの種類

ロイヤルカナンは犬の年齢や犬種、飼育環境や体質に配慮して原材料の内容と成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えています。

種類が多すぎてどれを選ぼうか迷ってしまうかもしれませんが、【犬種別/お悩み別/サイズと年齢別】といったようにシリーズ別に絞り込めば選びやすくなりますよ。

犬種別フード

商品名 種類
プードル用 「子犬用」、「成犬用」、「中・高齢犬用」、「ウェットフード 成犬〜高齢犬用」
ダックスフンド用 「子犬用」、「成犬用」、「中・高齢犬用」、「ウェットフード 成犬〜高齢犬用」
チワワ用 「子犬用」、「成犬用」、「中・高齢犬用」、「ウェットフード 成犬〜高齢犬用」
柴犬用 「子犬用」、「成犬用」、「中・高齢犬用」
ヨークシャーテリア用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
マルチーズ用 「成犬〜高齢犬用」
シーズー用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
ミニチュアシュナウザー用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
パグ用 「成犬〜高齢犬用」
キャバリアキングチャールズ用 「成犬〜高齢犬用」
フレンチブルドッグ用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
ラブラドールレトリバー用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」、「ステアライズド 成犬〜高齢犬用」
ゴールデンレトリバー用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
ジャーマンシェパード用 「成犬〜高齢犬用」
ポメラニアン用 「成犬〜高齢犬用」
ブルドッグ用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
ボクサー用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
ロットワイラー用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
グレートデーン用 「成犬〜高齢犬用」
アメリカンコッカースパニエル・イングリッシュコッカースパニエル用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
ジャックラッセルテリア用 「子犬用」、「成犬〜高齢犬用」
ビーグル用 「成犬〜高齢犬用」
ビションフリーゼ用 「成犬〜高齢犬用」

そのほかのブランドと比較すると、ロイヤルカナンは特定の犬種別フードのラインナップが非常に多くなっています。

「プードル/チワワ/柴犬」といった犬種別に成分バランスが調整されているだけでなく、食べやすいように粒の形状が工夫されているのが特徴的です。

なお、対象年齢に関しては犬種によってバラつきがあり、「プードル/ダックスフンド/チワワ」の3種類はドライフードだけでなく、1歳以上の成犬向けウェットフードも取り揃えています。

お悩み別フード

商品名 種類
ライト ウェイトケア 減量したい犬用 「超小型犬用」、「小型犬用」、「中型犬用」、「大型犬用」
ステアライズド 避妊・去勢犬用 「超小型犬用」、「小型犬用」、「中型犬用」、「大型犬用」
ダーマコンフォート 皮膚の健康を維持したい犬用 「小型犬用」、「中型犬用」、「大型犬用」
エクシジェント 食事に好き嫌いがある犬用 「小型犬用」
ダイジェスティブケア おなかの健康を維持したい犬用 「小型犬用」
デンタルケア 歯垢・歯石が気になる犬用 「小型犬用」
ユリナリーケア 健康な尿を維持したい犬用 「小型犬用」

食欲旺盛で給餌量の調整が難しい犬や食にこだわりがあるグルメな犬など、特定の悩みに配慮して原材料の内容と成分バランスを調整したフードのラインナップも豊富です。

ここにまとめているのは全て1歳以上の成犬向けの主食用ドライフードで、「超小型犬/小型犬/中型犬/大型犬」といったサイズ別に分けられています。

サイズと年齢別フード

商品名 種類
エクストラスモール(超小型犬用) 「子犬用ミルク」、「子犬&母犬用」、「子犬用」、「子犬用 ウェット」、「成犬用」、「中高齢犬用」、「成犬用 ウェット」、「エイ高齢犬用」、「高齢犬用 ウェット」
ミニ(小型犬用) 「子犬用ミルク」、「子犬&母犬用」、「子犬用」、「インドア 子犬用」、「子犬用 ウェット」、「成犬用」、「インドア 成犬用」、「成犬用 ウェット」、「中高齢犬用」、「インドア 中高齢犬用」、「高齢犬用」、「高齢犬用 ウェット」
ミディアム(中型犬用) 「子犬用ミルク」、「子犬&母犬用」、「子犬用」、「成犬用」、「中高齢犬用」、「高齢犬用」
マキシ(大型犬用) 「子犬用ミルク」、「子犬&母犬用」、「子犬用」、「成犬用」、「中高齢犬用」、「高齢犬用」
ジャイアント(超大型犬用) 「子犬用(前期)」、「子犬用(後期)」、「成犬用」

サイズと年齢別フードに関しては「エクストラスモール(超小型犬)」、「ミニ(小型犬)」、「ミディアム(中型犬)」、「マキシ(大型犬)」、「ジャイアント(超大型犬)」の5サイズに分けられており、さらにそれぞれで年齢別に成分バランスを調整したフードを取り揃えています。

また、「ミニ(小型犬)」には室内飼いで運動量が控えめな犬向けに成分バランスが調整した、”インドア”というフードもありますよ。

それと、サイズごとの成長スピードに配慮して、サイズ別に対象年齢・月齢に違いがあることも特徴です。

例えば、「超小型犬/小型犬」の子犬用(パピー)は生後2〜10ヶ月齢を対象にしているのに対して、「超大型犬」の子犬用(パピー)は生後8ヶ月齢までを対象にしており、さらに「超大型犬」には生後8〜24ヶ月齢までを対象にした”ジュニア”というフードもあります。

▼総合評価をチェックする
ロイヤルカナンドッグフードの総合評価

ロイヤルカナンのお試しサンプルについて

ロイヤルカナンのお試しサンプルの配布・販売状況を調査してみたところ、楽天市場で有料のお試しサンプルが販売されていました。

ただ、数食分くらいの量だと愛犬の好みや体質に合っているかどうかをしっかりと判断できないので、できれば本商品を1ヶ月くらいはお試ししてみて、愛犬の食いつきと変化を時間をかけて確認することをおすすめしています。

幸いなことに、ロイヤルカナンは【おいしさ満足保証】という対象製品1袋限りの返金制度を設けているので、もし愛犬に合わなかったとしても金銭的な損失を抑えることができますよ。

▼ロイヤルカナンのおいしさ満足保証について
おいしさ満足保証-ロイヤルカナン

ロイヤルカナン(犬用)の原材料の評価

原材料一覧
米、コーン、肉類(鶏、七面鳥、ダック)、超高消化性小麦タンパク(消化率90%以上)、動物性油脂加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、ビートパルプ、大豆油、植物性繊維、酵母および酵母エキス、魚油(EPA/DHA源)、フラクトオリゴ糖、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、DL-メチオニン、L-アルギニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ミネラル類(Cl、Na、Ca、K、P、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(コリン、E、C、ビオチン、A、パントテン酸カルシウム、B6、ナイアシン、葉酸、B12、B1、B2、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)
※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質・内容が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、ロイヤルカナン(犬用)の原材料を評価していきます。
(※表は「ミニインドア・成犬用」の原材料一覧です)

穀物が主原料のドライフードがそれなりに多い

ロイヤルカナンのドライフードには、肉類ではなく穀物が主原料として使われているものがそれなりに多いです。

穀物が主原料のラインナップに関しては、品質よりも安さをウリにした激安フードよりは肉類の割合が多いと予想できるものの、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手という問題があります。

それに加えて、食物アレルギーの原因になりやすい小麦が使われているドライフードがあることも気がかりです。

また、とうもろこしは小麦よりはアレルギーの原因にはなりにくいタンパク源ですが、食に敏感でお腹が弱い愛犬には合わない可能性はあります。

内容が不明瞭な原材料あり

そのほかに気になったのは、“動物性油脂”“加水分解タンパク”という原材料です。

動物性油脂に関しては、具体的に何の動物の脂肪が使われているのか分かりません。

また、動物性油脂に添加されている酸化防止剤が人工のものなのか、それとも天然由来のものなのかどうかも分かりません。

 

そして、加水分解タンパクの製造方法が分からないことも気がかりです。

原材料の具体的な内容や製造方法の詳細はメーカーにしか分からないので、最終的にメーカーをどこまで信頼できるのかという問題になります。

ロイヤルカナン(犬用)の成分の評価

成分表
タンパク質 19.0%以上
脂質 12.0%以上
水分 10.5%以下
食物繊維 6.6%
エネルギー 378kcal/100g

原材料の次は、ロイヤルカナン(犬用)の成分を評価していきます。
(※表は「ミニインドア・成犬用」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ロイヤルカナンの「ミニインドア・成犬用」のタンパク質は19%、脂質は12%、100gあたりのカロリーは約378kcalと、カロリーはやや高めでタンパク質と脂質が控えめなドライフードです。

室内飼いの小型犬用という分類にはなっているものの、決して低カロリーなフードというわけではないので、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい犬用フードとしてはおすすめできません。

それ以上に気になるのは、タンパク質がかなり控えめになっていることです。

 

また、犬にとって大切な栄養素は良質な動物性タンパク質ですが、米が主原料として使われていることを踏まえると、植物性タンパク質の割合がそれなりに多いと予想できます。

このような理由もあり、タンパク質の内容にも配慮して愛犬のフードを選びたいと考えている場合には、良質な肉類が主原料として使われているフードをおすすめしています。

ロイヤルカナンドッグフードの給餌量

体重 グラム カップ
(200ml)
2kg 49g 5/8
3kg 66g 6/8
4kg 82g 1
5kg 97g 1+1/8
6kg 111g 1+3/8
7kg 125g 1+4/8
8kg 138g 1+5/8
9kg 151g 1+7/8
10kg 163g 2

ロイヤルカナンドッグフード「ミニインドア・成犬用」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです・

そのほかのラインナップのパッケージにも給餌量の目安が掲載されていますが、どのラインナップの給餌量もあくまで”目安”でしかありません。

実際には飼育環境や体質によって適量が変わってくるので、愛犬の体重や便の固さを確認しながら分量を調整するようにしましょう。

ちなみに、成犬のご飯の回数は1日2回が目安になりますが、どうしても餌を食べすぎてしまう場合はご飯の回数を増やすことで空腹を感じにくくさせることができるので試してみてください。

▼総合評価をチェックする
ロイヤルカナンドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
800g 1,690円 1,169円 2,000円
2kg 3,490円 2,380円 3,305円
4kg 6,400円 4,420円 5,700円
8kg 12,320円 7,974円 9,400円

ロイヤルカナンの公式通販サイトと楽天市場、Amazonで「ミニインドア・成犬用」の販売価格を調査してみたところ、どのサイズも楽天が最安値という結果になりました!
(※販売状況と販売価格は2022年11月に確認しました)

店頭でもロイヤルカナンを取り扱っている店舗は多いですが、店頭では定価で販売されていることが多いですし、通販サイトはまとめ買いで送料無料となる販売店も多いので、継続して購入するなら通販サイトでまとめ買いすることをおすすめします。

通販なら重い大袋をわざわざ持ち運ぶ手間もありませんしね。

 

ただ、激安価格で販売されている場合は管理状態や賞味期限に問題のある可能性が高いので、値引きされている理由が分からないものは避けた方が無難です。

また、どうしても店頭で購入したいというこだわりがあるなら、ロイヤルカナンの公式サイトで最寄りの取扱店舗を探してみるといいでしょう。
販売店検索|プレミアムペットフードのROYAL CANIN<ロイヤルカナン>

ロイヤルカナンドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 2.5
成分 3.5
安全性 4.0
食いつき 5.0
コスパ 4.0
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,169円/800g
2,380円/2kg
4,420円/4kg
7,974円/8kg
※ミニインドア 成犬用
※2022年11月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 フランス
※一部商品は韓国
販売会社 ロイヤルカナン ジャポン合同会社

当サイトのロイヤルカナンドッグフードの総合評価はBランクです。

年齢・犬種・飼育環境に合わせた豊富なラインナップや、プレミアムフードの中ではお手頃な値段で販売されていることは魅力的です。

また、「食いつきがいい」という口コミ・評判が多いことも評価できます。

 

その一方で、動物性原材料の割合がそこまで多くはなく、内容が不明瞭な原材料が使われていることが気がかりです。

とは言え、どれだけ品質のいいフードを購入したところで継続できなければ意味がないので、品質・安全性に気を配りつつ無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめします。