ピュリナワン(犬用)を調査した口コミも踏まえて5項目で徹底評価!

犬の年齢と飼育環境に合わせて、細かく成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えているネスレのピュリナワン。

今回はそんなピュリナワンドッグフードの口コミ・評判を114件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ピュリナワン(犬用)の悪い口コミ・評判

ピュリナワン(犬用)の悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」、「大粒すぎて食べづらそうにしている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ピュリナワンには食いつきをよくするための人工の香料・調味料が使われていないことや、アレルギーの原因になりやすい原材料が使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(12件)
  • うちの犬には合わなかった(10件)
  • 大粒で食べづらそう(8件)
  • リニューアルの内容が気になる(3件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年4月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

悪い口コミ・評判で一番多かったのが「我が家の犬の食いつきはいまいち」、「残念ながらあまり食べない」というレビューでした。

一般的には人工の香料・調味料が使われているフードの方が食いつきがいい傾向にありますが、ピュリナワンにはそれらの人工添加物が使われていません。

そのため、人工の香料・調味料が使われているフードを食べ慣れている犬にとっては、ピュリナワンの風味にあまり魅力を感じない可能性はあります。

ただ、ピュリナワンの成犬用フードには【チキン/ターキー/サーモン】といった3種類の風味があるので、風味の種類が限定されているフードに比べれば愛犬の食の好みに合わせやすいです。

うちの犬には合わなかった

次に多かった悪い口コミ・評判は「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューで、具体的には「軟便・下痢気味になった」「吐く回数が増えた」というレビューが目立ちました。

下痢・嘔吐といった消化不良の原因として考えられるのは、食物アレルギーや餌の急な切り替えです。

ピュリナワンのドッグフードには【小麦/コーングルテン/とうもろこし】といった穀物が使われています。

この中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすく、体質によってはピュリナワンが合わないことがあります。

 

また、大豆や特定の肉原材料がアレルギーの原因になることもあります。

アレルギーの原因は食べさせてみないことには判断しづらいので、小麦グルテンが含まれているフードがダメなら次はグルテンフリーフードを試し、それでもダメなら次はグレインフリー(穀物不使用)フードをといったように、地道に原因を特定していくしかありません。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、ピュリナワンに慣れるまで下痢気味になったり吐き戻しが増えることがあります。

急な餌の切り替えは消化不良の原因を特定しづらくなってしまいますし、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと餌を切り替えることをおすすめしています。

そのほかには、一気食いが吐き戻しに繋がっている可能性も考えられますね。

大粒で食べづらそう

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「ピュリナワンは大粒で食べづらそう」というレビューでした。

ピュリナワンからは【子犬用/成犬用/シニア犬用(7歳以上・11歳以上)】といったように、年齢に合わせて粒の大きさや成分バランスを調整したドライフードが販売されています。

ただ、【小型犬/中型犬/大型犬】といったような犬の大きさ(犬種)別のフードは販売されておらず、小型犬にとっては大粒すぎると感じるかもしれません。

とは言え、大粒のドライフードが好きな小型犬もいますし、粒の大きさに関してのレビューはあまり参考にならないと思っておいた方がいいでしょう。

リニューアルの内容が気になる

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していく中で、「リニューアルの内容が気になる」といったレビューを3件確認できました。

ピュリナワンは定期的にリニューアルが行われており、パッケージの変更だけでなく原材料の内容や成分バランス、粒の形状が見直されています。

そして、調査したレビューの3件ともに共通していたのが、「リニューアルされてからほぐし粒の割合が減って食いつきが落ちた」という感想でした。

▼総合評価をチェックする
ピュリナワンドッグフードの総合評価

ピュリナワン(犬用)の良い口コミ・評判

ピュリナワン(犬用)の良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「品質と価格のバランスが取れたお手頃なフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ピュリナワンは肉類が主原料として使われている高タンパクなフードということや、プレミアムフードの中では手に取りやすい値段で販売されていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(41件)
  • うちの犬には合っている(17件)
  • お手頃な値段(15件)
  • 原材料に安心感がある(8件)

という結果になっています。

食いつきがいい

今回調査した口コミ・評判で一番多かったのが、「食いつきがいい」というレビューでした。

「食いつきが悪い」というレビューが12件、「食いつきがいい」というレビューが41件という割合を踏まえると、ピュリナワンは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

また、人工の香料・調味料が使われていないのにも関わらず、食いつきのよさを評価するという飼い主の声がこれだけ目立ったのは、天然由来の原材料を使ってしっかりと嗜好性が高められている裏付けにもなりますね。

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は「うちの犬には合っているようで、吐く回数が減った」という内容のレビューです。

また、「軟便気味だった愛犬の便の固さが安定した」、という内容のレビューも見つかりました。

これらの理由として考えられるのは、ピュリナワンは肉類が主原料として使われている高タンパクなドライフードということです。

 

それに対して、安さをウリにした激安フードには肉類よりも安く仕入れられる穀物が主原料として使われていますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手という問題があり、犬によっては穀物が主原料として使われているフードが合わないことがあります。

そのため、以前に与えていたフードの内容によっては、ピュリナワンに切り替えることで下痢や吐き戻しが減る可能性はあります。

 

そのほかにも、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」というレビューを確認できました。

この理由は、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量が関係していると考えられます。

そこで、ピュリナワン(ほぐし粒入り 成犬用 チキン)の成分表に目を通してみましたが、残念ながらオメガ3脂肪酸の含有量までは掲載されていませんでした。

なお、暫定的な情報ではありますが、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1~10:1】くらいがいいのではないかと考えられているので、愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

お手頃な値段

良い口コミ・評判の中には、「ピュリナワンはお手頃な値段で販売されている」というレビューもありました。

実際、ピュリナワンの100gあたりの販売価格は約70円と、プレミアムフードの中ではかなり手に取りやすい価格で販売されています。
(※”ほぐし粒入り 成犬用 チキン”の2.1kgサイズの最安値を参考にしています)

さすがに市販の激安フードに比較すると高いですが、ピュリナワンの4〜5倍以上の価格で販売されているプレミアムフードは珍しくありません。

そのため、【愛犬には品質と価格のバランスが取れたフードを与えたい】と考えているなら、ピュリナワンは有力候補の一つになるでしょう。

原材料に安心感がある

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していく中で、「ピュリナワンは原材料に安心感がある」といった内容のレビューも見つかりました。

一部のドッグフードには人工の酸化防止剤や着色料が使われていますが、ピュリナワンにはそれらの人工添加物が使われていません。

もちろん、それらの人工添加物が使われているフードは定められた基準を超えないように使っているものの、最近は安全性に配慮して天然由来の酸化防止剤が使われているフードが増えてきています。

 

また、犬は食べ物の見た目で良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば人工の着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

それなのに人工の着色料を使って色味をつけるのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

こういった理由もあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは、人工の酸化防止剤と着色料が使われているフードは避けられがちな傾向があります。

それに対して、犬にとって必要のない人工添加物が使われていないピュリナワンは、人間目線ではなく犬目線で作られたドッグフードと捉えることができますね。

ピュリナワン(犬用)の口コミ・評判まとめ

ピュリナワン(犬用)の悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」、「大粒すぎて食べづらそうにしている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ピュリナワン(犬用)の良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「品質と価格のバランスが取れたお手頃なフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ピュリナワンは肉類が主原料として使われている高タンパクなフードということや、プレミアムフードの中では手に取りやすい値段で販売されていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • うちの犬には合わなかった
  • 大粒で食べづらそう
  • リニューアルの内容が気になる
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • お手頃な値段
  • 原材料に安心感がある

ピュリナワンドッグフードの種類

ピュリナワンドッグフードは子犬用が1種類、成犬用が4種類、シニア犬用が3種類というラインナップになっています。

子犬用

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
ほぐし粒入り 子犬の発育と健康ケア 1歳まで チキン 28% 17% 414kcal

子犬用フードは育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬に配慮して、成犬用よりも高タンパク・高脂質・高カロリーに調整されています。

原材料の内容に関しては成犬用とほとんど変わりませんが、粒の形状は子犬に食べやすいよう工夫されています。

成犬用

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
ほぐし粒入り 成犬用 1〜6歳 チキン 26% 16% 399kcal
ほぐし粒入り 体重ケア 1歳以上 ターキー 27% 8〜12% 334kcal
お腹の健康から体重ケア 室内飼育犬用 1〜6歳 チキン 小粒 28% 12% 370kcal
デリケートなお腹と皮膚の健康ケア 1歳以上 サーモン 小粒 26% 16% 380kcal

成犬用フードのラインナップは4種類と一番多く、高タンパク・高脂質・高カロリーなフードが目立ちます。

こういった成分バランス上、運動量が多い活発な成犬や食が細くてたくさんの量が食べられない成犬向けと言えます。

ただ、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい成犬向けに脂質とカロリーが控えめに調整されたフードも取り揃えており、愛犬の食事量・運動量に配慮してフードを選ぶことができるようになっています。

シニア犬用

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
ほぐし粒入り これからも健康ケア 7歳以上 チキン 28% 13% 379kcal
お腹の健康から体重ケア 室内飼育犬用 7歳以上 チキン 小粒 28% 11% 370kcal
いつまでも健康ケア 11歳以上 チキン 小粒 29% 14% 375kcal

シニア犬用フードは7歳以上が2種類、11歳以上が1種類というラインナップで、成犬用フードよりも脂質とカロリーが控えめです。

ただ、一般的なシニア犬用フードと比較すると全体的に脂質とカロリーが高めなので、歳をとって運動量が落ちたのに若い頃と食事量が変わらないシニア犬用フードとしてのおすすめ度は下がります。

ピュリナワンのお試しサンプルについて

公式サイトと楽天市場、Amazonでピュリナワンのお試しサンプルの販売状況を調査してみましたが、お試しサンプル(試供品)は販売されていませんでした。

そのため、ピュリナワンをお試しするにしても本商品を最低1袋は購入しなければいけません。

ただ、どちらにせよお試しサンプルくらいの少量サイズだと、食の好みや体質に合っているかをしっかりと確認することができないので、当サイトでははじめから1ヶ月くらいは様子見できるサイズ(量)を購入することをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
ピュリナワンドッグフードの総合評価

ピュリナワン(犬用)の原材料の評価

原材料一覧
チキン、米、コーングルテン、とうもろこし、牛脂、チキンミール、小麦脱脂大豆たんぱく加水分解物、えんどう豆、にんじん、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、グリセリン、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン)、アミノ酸類(リジン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
※食物アレルギーの原因になりやすい原材料、品質・内容が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、ピュリナワン(犬用)の原材料を評価していきます。
(※表は「ほぐし粒入り 成犬用 チキン」の原材料一覧です)

肉類が主原料のドライフード

ピュリナワンのドッグフードの特徴としてまず挙げられるのは、肉類が主原料のドライフードということです。

ホームセンターやペットショップでよく見かける市販のフードの中には、穀物が主原料として使われているものも少なくありませんが、穀物が過剰に使われている低タンパク・高炭水化物のフードは肉食傾向の雑食である犬の食生活に配慮されたフードとは言いづらいです。

それに対して、ピュリナワンのドッグフードには【チキン/ターキー/サーモン】といった肉類が主原料として使われており、高タンパクなドライフードとなっています。
(※3種類の風味を取り揃えているのは成犬用だけで、子犬用とシニア犬用はチキンの1種類です)

犬にとって必要のない人工添加物は不使用

ピュリナワンのドッグフードには、犬にとって必要のない人工添加物が使われていないことも特徴です。

例えば、BHA・BHT・没食子酸プロピルという人工の酸化防止剤を使っているドッグフードもありますが、ピュリナワンは安全性に配慮して天然由来の酸化防止剤を使っています。

また、ピュリナワンには色味をつけるための人工の着色料も使われていません。

 

それだけでなく、人工の香料や調味料も使わず、天然由来の原材料そのものの香りで風味が整えられています。

安全性に関して気になる原材料を挙げるとすれば、“たんぱく加水分解物”の製造方法が分からないことくらいです。

グレインフリー(穀物不使用)フードではない

ピュリナワンからはグレインフリー(穀物不使用)のドッグフードは販売されておらず、【米/コーングルテン/とうもろこし/小麦】といった穀物が使われています。

この中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすく、体質によってはピュリナワンが合わない可能性があります。

また、アレルギーの原因は犬によって様々で、とうもろこしや大豆がアレルギーの原因になることもあります。

こういった理由もあり、食に敏感でお腹が弱い愛犬用フードとしてはあまりおすすめできません。

ピュリナワン(犬用)の成分の評価

成分表
タンパク質 26%以上
脂質 16%以上
粗繊維 3%以下
灰分 9%以下
水分 12%以下
カルシウム 1.0%
リン 0.8%
オメガ6脂肪酸 1.6%
エネルギー 399kcal/100g

原材料の次は、ピュリナワン(犬用)の成分を評価していきます。
(※表は「ほぐし粒入り 成犬用 チキン」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ピュリナワンのタンパク質は26〜29%、脂質は8〜17%、100gあたりのカロリーは334〜414kcalと、ラインナップによって成分バランスにかなりの差があります。

全体的には高タンパク・高脂質・高カロリーな傾向があり、どちらかと言えば運動量が多い活発な犬や、食が細くてたくさんの量が食べられない犬向けのフードと捉えることができます。

ただ、成犬用には脂質とカロリーが控えめに調整された「ほぐし粒入り 体重ケア」というフードがあるので、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある1歳以上の成犬にも対応できますよ。

ピュリナワンドッグフードの給餌量

体重 1日あたりの給餌量
1kg 35g
2kg 55g
3kg 73g
4kg 88g
5kg 102g
6kg 116g
7kg 128g
8kg 140g
9kg 152g
10〜15kg 163〜214g
15〜25kg 214〜301g

ピュリナワンドッグフードの「ほぐし粒入り 成犬用 チキン」の給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップのパッケージにも給餌量の目安が掲載されていますが、どのラインナップの給餌量もあくまで”目安”でしかありません。

実際には飼育環境や体質によって適量が変わってくるので、定期的に体重を量って分量を調整するようにしましょう。

ちなみに、成犬のご飯の回数は1日2回が目安になりますが、どうしても餌を食べすぎてしまう場合はご飯の回数を増やすことで空腹を感じにくくさせることができるので試してみてください。

▼総合評価をチェックする
ピュリナワンドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
2.1kg 1,514円 1,727円
4.2kg 2,098円 2,073円

ネスレの公式通販サイトと楽天市場とAmazonでピュリナワンの「ほぐし粒入り 成犬用 チキン」の販売価格を調査してみたところ、2.1kgサイズは楽天が、4.2kgサイズはAmazonが最安値という結果になりました!
(※販売状況と販売価格は2022年10月に確認しました)

また、Amazonでは”定期おトク便”という定期コースが導入されており、定期おトク便を利用すると5%or10%の価格で購入できるようになっています。

なお、以前まではネスレの公式通販サイトで単品購入や定期コースの申し込みができましたが、2022年8月をもって単品販売と定期コースの新規申し込みの受付は終了しました。

ピュリナワンドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3.0
成分 5.0
安全性 4.5
食いつき 4.0
コスパ 4.5
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,514円/2.1kg
2,073円/4.2kg
※ほぐし粒入り 成犬用 チキン
※2022年10月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 ネスレ日本株式会社

当サイトのピュリナワンドッグフードの総合評価はAランクです。

グルテンフリー(orグレインフリー)のレシピは採用されていませんが、犬にとって必要のない人工添加物が使われておらず、年齢に合わせて成分バランスを調整したドライフードを取り揃えていることは魅力的です。

また、プレミアムフードの中ではお手頃な値段で販売されていることも評価できます。

もし愛犬には品質と価格のバランスが取れたフードを与えたいと考えているなら、一度お試ししてみる価値はあるでしょう。