大袋のドッグフードのおすすめ7選|25種類の犬の餌を徹底検証!

ドッグフードは内容量が多ければ多いほどグラムあたりの価格が安くなる傾向にあり、中型犬・大型犬の愛犬や複数の犬たちを多頭飼いしているなら、内容量が5kgや10kg以上ある大袋のドライフードは抜群にコスパがいいです。

ただ、販売価格が安くなるにつれて品質・内容が不明瞭な原材料が使われていたり、犬にとって必要のない添加物が使われている傾向もあるので、価格だけでなく原材料と成分にも注目して大袋を選ぶ必要があります。

この記事では大袋のドッグフードの選び方のポイントや、おすすめできる内容の大袋のドッグフードをまとめているので、ぜひ愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

大袋のドッグフードの選び方

大袋のドッグフードを選ぶにあたって、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

順番に見ていきましょう。

肉・魚が主原料として使われているフードを選ぶ

はじめに確認しておきたいのは、肉・魚が主原料として使われているかどうかです。

多くの激安フードには穀物が主原料として使われていますが、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは下痢や吐き戻し、涙やけの原因になりえます。

 

このことから大袋のフードを選ぶにあたっては、肉・魚が主原料かつ高タンパクなフードを選んであげることをおすすめします。

原材料一覧には使用割合が多い順に記載されているので、はじめに鶏肉や豚肉などの動物性原材料が記載されていれば、肉・魚が主原料として使われているフードということになります。

不明瞭な原材料が使われていないフードを選ぶ

主原料とあわせて確認しておきたいのが、不明瞭な原材料が使われていないかです。

例えば、“家禽ミール”“ミートミール”“動物性油脂”といった動物性原材料が使われているフードがありますが、具体的に何の動物の肉・油が使われているのかが分かりません。

また、“◯◯ミール”という動物性原材料については、人用の食肉としては出回らない”4Dミール(肉副産物)”が使われている可能性も否定できませんし、動物性油脂には人工の酸化防止剤が添加されている可能性もあります。

 

それに対して、品質にこだわりを持って作られているフードの多くは“生サーモン”や”新鮮チキン”、”サーモンオイル”といったように原材料が明記されており、「人用の食品レベルの原材料を使用」といったような補足がされています。

ただ、”◯◯ミール”や”動物性油脂”が使われているフードでも、パッケージや公式サイトに品質・内容についての補足がされていることがあるので、メーカーが公開している情報にはできる限り目を通しておきましょう。

不要な添加物が使われていないフードを選ぶ

大袋のドッグフードを選ぶにあたっては、不要な添加物が使われていないかにも注目しておきたいところです。

例えば、安さをウリにしているフードの多くに、人工の酸化防止剤や着色料が使われている傾向がありますが、これらの添加物がアレルギーや涙やけの原因になることがあります。

BHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤に関しては、フードの酸化を抑える目的で添加されているものの、ミックストコフェロールやローズマリー抽出物といった天然由来のもので代用することもできます。

 

着色料についてはフードの見た目をよくする目的で添加されますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していません。

つまり、犬の立場になって考えれば人工のもの、天然由来のものにかかわらず、着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はない・・・ということです。

賞味期限内に食べ切れるサイズを選ぶ

はじめに「内容量が多ければ多いほどグラムあたりの価格が安くなる傾向にある」と説明しましたが、いくらコスパがいいからといっても愛犬が食べ切れないサイズを購入したら、食べきれなかった分だけ餌代を損することになります。

また、勿体ないからと言って開封してから時間が経ち、品質や風味の落ちたフードを愛犬に与えるのも避けたいところです。

そのため、ドライフードなら開封して1ヶ月前後で使い切ることを前提にし、愛犬の食事量に合わせて無駄なく消費できるサイズを選びましょう。

口コミ・評判のいい大袋のドッグフード25種

商品名 主原料 タンパク質 脂質 水分 カロリー
(100gあたり)
気がかりな原材料 最大サイズ
サイエンスダイエット(大型犬用 成犬用 チキン) トウモロコシ 19.6%以上 12.8%以上 10.0%以下 368.2kcal 動物性油脂 12kg
アーテミス(フレッシュミックス 成犬用) フレッシュチキン 23.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 361.5kcal 13.6kg
スーパーゴールド(フィッシュ&ポテト 子犬・成犬用) ポテト 22.0%以上 12.0%以上 10.0%以下 355kcal 動物性脂肪 7.5kg
アイムス(成犬用 健康維持用 小粒 ラム&ライス) 肉類 21.0%以上 10.5%以上 10.0%以下 369kcal チキンミール、ラムミール、家禽ミール、動物性油脂、BHA、BHT 12kg
ペディグリー(大型犬用 ビーフ&チキン&緑黄色野菜味) 穀類 18.0%以上 9.0%以上 10.0%以下 345kcal チキンミール、家禽類、タンパク加水分解物、着色料、BHA、BHT、pH調整剤 10kg
アカナ(ラージブリード 成犬用) 新鮮鶏肉 31%以上 15%以上 12%以下 337.5kcal 11.4kg
INUMESHI(フィースト 1歳以上 大型犬用) 乾燥チキン 25.0% 14.0% 8.0% 377kcal 15kg
ロイヤルカナン(大型犬専用フード 成犬用) 肉類 24.0%以上 15.0%以上 10.5%以下 398kcal 動物性油脂、加水分解タンパク 15kg
ナチュラルチョイス(中型犬〜大型犬用[成犬用]ラム&玄米) ラム(肉) 22.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 355kcal タンパク加水分解物 15kg
カークランド(成犬用 ラム・ライス&ベジタブル) ラム 23.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 約365kcal 香料 18kg
ナチュラルバランス(ホールボディヘルス) 鶏肉 23.0%以上 13.0%以上 10.0%以下 361kcal 5.45kg
ブラックウッド(1000) チキンミール 23.5%以上 12.0%以上 10.0%以下 342.0kcal 20kg
ホリスティックレセピー(チキン&ライス 成犬用) 鶏肉粉 25.00%以上 15.00%以上 10.00%以下 355kcal 18.1kg
愛犬元気(成犬用) 穀類 22.0%以上 10.0%以上 10.0%以下 約355kcal チキンミール、ビーフパウダー、ササミパウダー、動物性油脂、着色料 6.0kg
ロッキーマウンテン(チキン) チキンミール 24%以上 18%以上 10%以下 361.2kcal 18.14kg
アルモネイチャー(チキン) 新鮮なチキン 26%以上 16%以上 9%以下 386.5kcal 12kg
エーワン(鹿肉) 鹿肉 32%以上 8%以上 10%以下 350kcal 20kg
キアオラ(ラム&サーモン) ラム生肉 30.0%以上 17.0%以上 10.0%以下 約387.4kcal 9.5kg
ドッグビット フィールド 穀類 27.0%以上 12.5%以上 10.0%以下 約370kcal チキンミール、動物性油脂 10kg
ボッシュ(ハイプレミアム 小型犬 成犬用 ラム&ライス) 鶏肉 25.00% 14.00% 10.00% 380kcal 15kg
シュプレモ(成犬用) チキン(肉) 24.0%以上 15.0%以上 10.0%以下 365kcal タンパク加水分解物 13.5kg
ゼットハンターフード 穀類 27%以上 9%以上 10%以下 340kcal ミートミール、動物性油脂 10kg
ダイヤモンド ナチュラル(チキン&ライス 成犬用) チキン 26.0%以上 16.0%以上 10.0%以下 370.8kcal 18.1kg
ネルソンズ 乾燥チキン 28%以上 11%以上 12%以下 368kcal 5kg
ビタワン(全成長段階用) 穀類 20.3%以上 8.0%以上 10.0%以下 350kcal チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダー、動物性油脂、香料 6.5kg

口コミ・評判のいい大袋のドッグフード25種の主原料と主要な成分値、気がかりな原材料が使われていないかと最大サイズを比較してみました。

それぞれの項目に目を通してみると、主原料として肉・魚が使われていないフードがあることや、タンパク質含有量に物足りなさを感じるフードがあること、不明瞭な原材料が使われているフードがあることが分かりますね。

また、犬にとっては必要のない添加物が使われているフードがあることも分かります。

ちなみに、“タンパク加水分解物(加水分解タンパク)”については、必ずしも避けた方がいいものというわけではありませんが、ここで取り上げたものは製造工程の補足がされていないことが気になりました。

大袋のおすすめドッグフード7選

これまでの内容を踏まえつつ、大袋のおすすめドッグフードを7種類紹介します。

なお、販売価格や原材料については、調査した時点の情報を参考にしています。
(※2024年1月に公式サイトとAmazonで確認)

また、1日あたりの餌代については体重30kgの成犬の給餌量をもとに算出しており、内容量が複数あるフードは1ヶ月以内に消費できるサイズの価格を参考にしています。

ネルソンズ

ネルソンズドッグフードのパッケージ(表面1)

通常購入時の価格 9,196円/5kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1〜2袋:7,816円(15%オフ)
3袋以上:7,356円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格 通常購入時:約184円
1〜2袋を定期購入時:約156円
3袋以上を定期購入時:約147円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約508円
(3袋以上を定期購入時)

ネルソンズは中型犬・大型犬向けに販売されているドッグフードで、主原料として使われているチキンが全体の半分を占めています。

もちろん、香料・着色料といった犬にとって必要のないものは一切使われていませんし、グレインフリー(穀物不使用)かつ牛肉・大豆不使用のレシピを採用しており、それらのタンパク源にアレルギーのある愛犬にも安心して与えられます。

主要な成分バランスについては、高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲で、適度に運動をする愛犬の主食としてぴったりです。

なお、ネルソンズの内容量は5kgのみですが、合計金額に応じて15〜20%オフの価格で購入できる定期コースが導入されており、20%オフ時の100gあたりの価格は約147円と、グレインフリーのドライフードの中ではかなり手に取りやすくなっています。

アカナ

アカナドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「ラージブリード 成犬用」のものです

価格/内容量 23,000円/11.4kg
100gあたりの価格 約202円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約545円
穀物 不使用
(グレインフリー)

良質な肉・魚が主原料として使われているだけでなく、低GIの野菜・果物が使われている高タンパク・低炭水化物のドッグフードのアカナ。

原材料の内容と成分バランスを調整した様々なドライフードを取り揃えているのも特徴で、愛犬の食の好みや体質、飼育環境に合わせてフードを選べるようになっています。

例えば、この記事で取り上げている「ラージブリードレシピ 成犬用」は商品名の通り、大型犬の成犬向けに成分バランスが調整されており、やや高脂質な一方でカロリーは控えめなドライフードです。

なお、内容量については11.4kgの1サイズだけと、先に取り上げたネルソンズの2倍以上の量になっていますが、ラインナップによってはそれよりも小さな6kgサイズもありますよ。

ナチュラルチョイス

※各項目は「中型犬〜大型犬用[成犬用]ラム&玄米」のものです

価格/内容量 3,005円/2kg
5,577円/4kg
9,107円/7.5kg
14,975円/13.5kg
100gあたりの価格 2kg:約150円
4kg:約139円
7.5kg:約121円
13.5kg:約111円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約419円
(7.5kgの販売価格を参照)
穀物 粗挽き米、米糠、玄米、オートミール
(グルテンフリー)

ニュートロのナチュラルチョイスは、アカナと同じように原材料の内容と成分バランスを調整した様々なフードを取り揃えています。

ただ、どのラインナップにも肉・魚が主原料として使われていることや、小麦グルテンフリーのレシピを採用していること、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないことは変わりません。

ここで取り上げている「中型犬〜大型犬用[成犬用]ラム&玄米」は、適度にタンパク質と脂質を含みつつもカロリーはやや控えめで、中型犬・大型犬向けにきちんと成分バランスが調整されている印象を受けました。

“タンパク加水分解物”の製造工程が不明瞭なことは気になりますが、流通量が多くてコスパもいいフードということを評価してピックアップしました。

INUMESHI

INUMESHIドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「フィースト 1歳以上 大型犬用」のものです

価格/内容量 498円/200g
3,480円/1kg
8,480円/3kg
12,980円/15kg
100gあたりの価格 200g:約249円
1kg:約348円
3kg:約283円
15kg:約87円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約890円
(3kgの販売価格を参照)
穀物 米、大麦、オーツ麦

INUMESHIの「フィースト 1歳以上 大型犬用」も大型犬向けに販売されているドライタイプのドッグフードで、チキンが主原料かつ小麦・牛肉・豚肉・大豆・乳製品不使用のレシピを採用しています。

そして、主要な成分バランスについては、やや高タンパク・高カロリーかつ脂質は標準的な範囲になっており、運動量が多い大型犬の愛犬用フードとしておすすめです。

1日あたりの餌代については、30kgの成犬が1ヶ月以内に食べ切れる3kgサイズをもとに算出したため、ピックアップした7種類のうちのフードの中で一番高くなりました。

ただ、特筆すべきは15kgサイズの価格で、3kgサイズの100gあたりの価格が約283円なのに対して15kgサイズは約87円と、一気にコスパがよくなります。

ナチュラルバランス

※各項目は「ホールボディヘルス 普通粒」のものです

価格/内容量 1,881円/1kg
3,916円/2.27kg
9,141円/5.45kg
100gあたりの価格 1kg:約188円
2.27kg:約173円
5.45kg:約168円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約452円
(5.45kgの販売価格を参照)
穀物 玄米、オート麦、ブリュワーズライス
(グルテンフリー)

ナチュラルバランスはアメリカ産のドッグフードで、不要な人工添加物が使われていないことに加えて、小麦グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用したフードを取り揃えています。

この記事で取り上げている「ホールボディヘルス 普通粒」は、主原料として鶏肉が使われており、タンパク質・脂質・カロリーが標準的な範囲のドライフードになっています。

このような成分バランス上、適度に運動をする愛犬用の主食としてぴったりです。

最大サイズについては5.45kgで、100gあたりの価格は約168円という結果になりました。

アーテミス

アーテミスドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「フレッシュミックス 成犬用」のものです

価格/内容量 5,060円/3kg
9,130円/6kg
16,500円/13.6kg
100gあたりの価格 3kg:約169円
6kg:約152円
13.6kg:約121円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約546円
(13.6kgの販売価格を参照)
穀物 大麦、玄米、オーツ麦、黍

ほぼ全てのラインナップに肉・魚が主原料として使われており、小麦グルテンフリーのレシピを採用、人工の酸化防止剤・香料・着色料不使用という2つの要素を満たしたドッグフードのアーテミス。

この記事で取り上げた「フレッシュミックス 成犬用」については、フレッシュチキンが主原料として使われているドライフードで、タンパク質・脂質・カロリーのどれもが標準的な範囲になっています。

また、13.6kgサイズの100gあたりの価格は約121円と手に取りやすく、6kgサイズも販売されているので、愛犬の大きさに合わせて内容量を選べます。

ちなみに、小型犬向けのラインナップの「フレッシュミックス スモールブリード 成犬用」にも6kgと13.6kgの2サイズはあるので、小型犬を多頭飼いしている場合はそちらを選ぶといいでしょう。
(※通常のフレッシュミックスは大粒に、スモールブリードは小粒になっています)

キアオラ

※各項目は「ラム&サーモン」のものです

価格/内容量 1,918円/450g
3,366円/900g
8,580円/2.7kg
14,850円/5kg
23,650円/9.5kg
100gあたりの価格 450g:約426円
900g:約374円
2.7kg:約318円
5kg:約297円
9.5kg:約249円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約782円
(9.5kgの販売価格を参照)
穀物 不使用
(グレインフリー)

キアオラはニュージーランド産のドッグフードで、ラム生肉やビーフ生肉、カンガルー生肉などの高品質な動物性原材料が贅沢に使われています。
(※ラインナップによってタンパク源の内容は違います)

それに加えて、グレインフリーのレシピを採用しており、どのラインナップも高タンパク・高脂質な傾向があります。

ここで取り上げた「ラム&サーモン」はカロリーも高く、運動量が多い活発な愛犬の主食としてぴったりです。

ただ、最大サイズである9.5kgの100gあたりの価格は約249円と、ピックアップした7種類のフードの中では一番高くなりました。

大袋のフード選びで迷った時はネルソンズがおすすめ

ネルソンズドッグフードのパッケージ(表面2)

ここまで読み進めたところで愛犬のドッグフード選びに迷った時には、ネルソンズをおすすめします。

当サイトが大袋のドッグフードの中でも、ネルソンズをおすすめする理由は以下の通りです。

ネルソンズをおすすめする5つの理由
  • 良質なチキンの割合が全体の半分を占めている
  • 犬にとって必要のないものは不使用
  • 穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用
  • 高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲
  • 程よい内容量で無理なく続けやすい販売価格

まず言えることは、ネルソンズは良質なチキンの割合が全体の半分を占めており、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられることです。

また、香料・着色料といった犬にとって必要のないものは一切使われておらず、穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用していることから、複数のタンパク源にアレルギーのある犬たちにも幅広く対応しやすいです。

そして、主要な成分バランスについては、高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲になっており、適度に運動をする中型犬・大型犬用の主食として特におすすめです。

それに加えて、内容量は5kgと程よいサイズですし、合計金額に応じて15〜20%オフの価格で購入できる定期コースが導入されているので、まとめ買いすればお得かつできるだけ新鮮な状態で与えることができます。

安い大袋のドッグフードでおすすめなのは?

通販サイトや店頭のペットフードコーナーを見渡せば、安い大袋のドッグフードはいくつも見つけられますが、はじめに説明した通り、販売価格が安くなるにつれて品質・内容が不明瞭な原材料が使われていたり、不要な添加物が使われている傾向があります。

また、安さをウリにしているフードは穀物が主原料として使われていることがほとんどで、いくら価格が安いからと言っても、それらに該当する大袋のドッグフードはおすすめしていません。

このことを踏まえた上で、安い大袋のドッグフードを1種類に絞り込むとするなら、この記事でも取り上げているINUMESHIの「フィースト」の15kgサイズをおすすめします。

なお、安いドッグフードの選び方のポイントは以下の記事でまとめているので、あわせて参考にしてみてください。

大袋のドッグフードの保存方法について

大袋のドッグフードの保存方法と言っても、高温多湿や直射日光・照明の当たる場所を避けて保存することは変わりません。

酸化の進行をできる限り抑えられるのは、1食分ずつに小分けして真空保存することですが、これはかなり労力と費用のかかる方法なので、当サイトでは積極的にはおすすめしていません。

大袋のドッグフードのお手軽な保存方法としては、大袋が丸ごと入るフードストッカーを利用したり、1日・3日・1週間といった単位でジップロックに小分けすることです。

ドッグフードのタイプ別の保存方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

ドッグフードは内容量が多いほどグラムあたりの価格が安くなる傾向にあり、内容量が5kgや10kg以上ある大袋のドライフードは、中型犬・大型犬の愛犬や複数の犬たちを多頭飼いしている方にとっては抜群にコスパがいいです。

ただし、大容量かつ激安価格で販売されているフードについては、犬本来の食事内容に配慮されているとは言いづらいものが少なくはなく、不明瞭な原材料や不要な人工添加物が使われている傾向もあります。

そのため、販売価格だけに注目するのではなく、原材料の内容もきちんと確認した上で大袋のフードを選ぶようにしましょう。

 

現在は何百種類ものドッグフードが販売されていますが、最終的にどのフードを買うのかを決めるのは愛犬ではなく飼い主である人間です。

だからこそ、愛犬のことを第一に考えた上で自分自身も納得のいくフード選びを心がけたいところですね。