大粒のドッグフードでおすすめなのは?20種類の餌を比較・検証!

メーカー(ブランド)によって多少の差はありますが、直径12mm以上のドライフードが”大粒”と表示されていることが多く、口が大きな中型犬・大型犬用フードとしてぴったりです。

また、大粒のドライフードはよく噛んで食べる必要があることから早食い防止に期待できたり、満腹感を得られやすいというメリットもあります。

この記事では大粒のドッグフードの選び方のポイントや、おすすめできる内容の大粒のドッグフードをまとめているので、ぜひ愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

大粒のドッグフードの選び方

大粒のドッグフードを選ぶにあたって、いくつか押さえておきたいポイントがあります。

順番に見ていきましょう。

肉・魚が主原料の高タンパクなドライフードか

まず確認しておきたいことが、肉・魚が主原料として使われているかどうかです。

なぜなら、肉食傾向の雑食である犬にとって、肉・魚から摂り入れられる動物性タンパク源は大切な栄養素だからです。

その一方で、販売価格が安くなるにつれて肉・魚の割合が減って穀物の割合が増える傾向にありますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは下痢や吐き戻し、涙やけの原因になりえます。

 

このことから大粒のフードを選ぶにあたっては、肉・魚が主原料かつ高タンパクなものを選んであげることをおすすめします。

原材料一覧には使われている割合が多い順に記載されているので、はじめにチキンやサーモンなどの動物性原材料が記載されていれば、肉・魚が主原料として使われているフードということになります。

品質・内容が不明瞭な原材料が使われていないか

そのほかには、品質・内容が不明瞭な原材料が使われていないかにも注目しておきたいところです。

例えば、“家禽ミール”“ミートミール”といった動物性原材料が使われているフードがありますが、どちらも具体的に何の動物の肉が使われているのかが分かりません。

また、人用の食肉としては出回らない“4Dミール(肉副産物)”が使われている可能性も否定できません。

 

対照的に、品質にこだわりを持って作られているフードの場合、“骨抜きチキン”や”生サーモン”といったように原材料の内容が明記されており、「人用の食品レベルの原材料を使用」といったような補足がされていることがほとんどです。

ただ、”◯◯ミール”という動物性原材料が使われていても、公式サイトやパッケージに品質や内容について補足されていることがあるので、メーカーが公開している情報にはできる限り目を通しておくことをおすすめします。

愛犬に合わないタンパク源が含まれていないか

体質によっては特定のタンパク源がアレルギーの原因になることがあるので、大粒のフードを選ぶ時にはタンパク源の種類も確認しておきましょう。

アレルギーの原因は犬によって様々ではありますが、穀物の中では小麦が、肉類の中では牛肉が、豆類の中では大豆が特にアレルギーの原因になりやすい傾向にあります。

そして、小麦アレルギーの愛犬には小麦不使用のフードを、小麦と牛肉にアレルギーのある愛犬には小麦・牛肉不使用のフードを・・・といったように、体質に配慮してフードを選んであげる必要があります。

脂質とカロリーのバランスが愛犬向きか

大粒のフードを選ぶにあたっては、脂質とカロリーのバランスに注目しておくことも大切です。

具体的には、運動量が非常に多い活発な愛犬や、食が細くてたくさんの量が食べられない愛犬には、脂質とカロリーが高めなフードをおすすめします。

対照的に、平均よりも運動量が少ない愛犬や、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある愛犬には、脂質とカロリーが控えめなフードが向いています。

不要な添加物が使われていないか

そのほかには、不要な人工添加物が使われていないかにも注目しておくべきです。

人工の酸化防止剤・着色料が使われているフードは少なくありませんが、これらの添加物がアレルギーや涙やけの原因になることがあります。

BHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤については、フードの酸化を抑える目的で添加されているものの、ローズマリー抽出物・ミックストコフェロールといった天然由来のもので代用することもできます。

 

着色料についてはフードの見た目をよくする目的で添加されますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していません。

つまり、犬目線で考えれば人工のもの、天然由来のものにかかわらず、着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はない・・・ということです。

口コミ・評判のいい大粒のドッグフード20種

商品名 主原料 タンパク質 脂質 水分 カロリー
(100gあたり)
気がかりな原材料
INUMESHI(フィースト 1歳以上 大型犬用) 乾燥チキン 25.0% 14.0% 8.0% 377kcal
サイエンスダイエット(大型犬用 成犬用 チキン) トウモロコシ 19.6%以上 12.8%以上 10.0%以下 368.2kcal 動物性油脂
ナチュラルチョイス(中型犬〜大型犬用[成犬用]ラム&玄米) ラム(肉) 22.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 355kcal タンパク加水分解物
ユーカヌバ(大型犬用 成犬用) 肉類 21.0%以上 11.0%以上 9.0%以下 380kcal 動物性脂肪
パーフェクション(ポーク 大粒) 豚肉 24%以上 18%以上 10%以下 370kcal
フィールドゲインズ(ウルトラプレミアム 大粒) 生肉 28%以上 10%以上 10%以下% 400kcal
ドッグランド(成犬用 大粒) 穀物類 21.0% 7.0% 10.0% 356kcal 〜類
アーテミス(フレッシュミックス 成犬用) フレッシュチキン 23.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 361.5kcal
ネルソンズ 乾燥チキン 28%以上 11%以上 12%以下 368kcal
プレイアーデン(グルメ 大粒) ラム 23%以上 10%以上 10%以下 329kcal
アカナ(ラージブリードレシピ 成犬用) 新鮮鶏肉 31%以上 15%以上 12%以下 337.5kcal
ナチュラルバランス(ウルトラプレミアム ポテト&ダック 普通粒) ダック 24.0%以上 10%以上 10%以下 343kcal
ナナ(スーパーライトエナジー 大粒) 20%以上 5%以上 8%以下 260kcal 家禽ミール、家禽ダイジェスト
ハッピードッグ(アイルランド) 大麦 21.0% 10.0% 9% 335.3kcal
ビューティープロ(大粒タイプ 1歳から) 穀類 25.0%以上 13.5%以上 10.0%以下 380kcal チキンミール、チキンレバーパウダー、動物性油脂
ファインペッツ(大粒) 鹿肉 27.1% 16.0% 8.0% 440kcal
フィッシュ4ドッグ(ファイネストサーモン 大粒) サーモン 23%以上 10%以上 10%以下 367.3kcal
POCHIザ・ドッグフード(ベーシック 3種のポルトリー ミディアムラージ粒) チキン生肉 30%以上 10%以上 10%以下 315kcal
オリジン(オリジナル) 新鮮鶏肉 38%以上 18%以上 12%以下 386kcal
ワンフー(プレミアムドッグ レギュラー 大粒) 27.8%以上 10.2%以上 10.0%以下 405kcal

口コミ・評判のいい大粒のドッグフード20種の主原料と主な成分値、気がかりな原材料が使われていないかを比較してみました。

一つ一つの項目に目を通していくと、肉・魚ではなく穀物が主原料として使われているフードがあることや、タンパク質含有量に物足りなさを感じるフードがあることが分かります。

また、品質・内容が不明瞭な原材料が使われているフードもありました。

 

ちなみに、“動物性油脂(動物性脂肪)”“タンパク加水分解物”については、必ずしも避けた方がいいものというわけではありません。

ただ、ここで取り上げた動物性油脂は具体的に何の動物の油が使われているのかと、添加されている酸化防止剤の種類の補足がされていないことが気になるところです。

タンパク加水分解物に関しては、製造工程の補足がされていないことが気になりました。

大粒のおすすめドッグフード7選

これまでの内容を踏まえつつ、大粒のおすすめドッグフードを7種類紹介します。

なお、販売価格や原材料については、調査した時点の情報を参考にしています。
(※2024年1月に公式サイトとAmazonで確認)

ネルソンズ

ネルソンズドッグフードのパッケージ(表面1)

通常購入時の価格 9,196円/5kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1〜2袋:7,816円(15%オフ)
3袋以上:7,356円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(3袋を定期購入時)
約147円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約508円
穀物 不使用
(グレインフリー)
粒サイズ
(直径)
約12mm

ネルソンズは中型犬・大型犬向けに販売されているイギリス産のドッグフードで、直径12mm前後で噛みごたえのあるトライアングル型の粒になっています。

そして、メインのタンパク源として使われているチキンの割合が全体の半分を占めており、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

もちろん、香料・着色料といった犬にとって必要のないものは一切使われていませんし、穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用していることから、複数のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも対応しやすいです。

主要な成分バランスについては、高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲になっており、適度に運動をする成犬用フードとしてぴったりです。

アカナ

アカナドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「ラージブリードレシピ 成犬用」のものです

価格/内容量 23,000円/11.4kg
100gあたりの価格 約202円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約545円
穀物 不使用
(グレインフリー)
粒サイズ
(直径)
約15〜17mm

アカナは良質な肉・魚が主原料として使われていることはもちろん、低GIの野菜・果物が使われており、犬本来の食事内容に近い高タンパク・低炭水化物のドライフードです。

また、原材料の内容や成分バランス、粒サイズが違う様々なラインナップを取り揃えており、この記事で取り上げている「ラージブリードレシピ 成犬用」は粒サイズが直径15〜17mmほどと、かなり大粒のドライフードになっています。

そして、脂質はやや高めな一方でカロリーは控えめで、平均的な運動量の大型犬の主食として向いています。

それと、アカナには大型犬の子犬向けのラインナップや、活発な成犬向けのラインナップもあり、愛犬の年齢や運動量に配慮してフードを選べることも強みです。

ファインペッツ

ファインペッツドッグフード(大粒)のパッケージ画像
※各項目は「大粒」のものです

価格/内容量
(通常購入時)
8,048円/4kg
15,991円/8kg
28,839円/16kg
※初回は4kgサイズを3,300円で購入可
価格/内容量
(定期購入時)
〜7,244円/4kg
〜14,392円/8kg
〜25,956円/16kg
※注文回数によって10〜100%の割引が適用
100gあたりの価格
(16kgを定期購入時)
約162円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約535円
穀物 オートミール、大麦、全粒米
粒サイズ
(直径)
約12mm

ファインペッツはオランダ産のドッグフードで、人用の食品レベルの良質な原材料が使われているだけでなく、動物性原材料の割合が全体の8割以上を占めています。

ここで取り上げている「大粒」の粒サイズは直径12mmほどと大きすぎず、中型犬にも与えやすいサイズ感のドライフードになっています。

また、ファインペッツの大粒はグレインフリー(穀物不使用)フードではないものの、牛肉・小麦・大豆といったアレルギーの原因になりやすいタンパク源は使われていないので、食に敏感な愛犬にも対応しやすいです。

主要な成分バランスについては、高タンパク・高脂質・高カロリーになっており、運動量が非常に多い活発な愛犬や、食が細くてたくさんの量が食べられない愛犬用フードとしておすすめです。

オリジン

オリジンドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「オリジナル」のものです

価格/内容量 1,780円/340g
8,000円/2kg
20,000円/6kg
28,000円/11.4kg
100gあたりの価格
(6kgの販売価格を参照)
約333円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約800円
穀物 不使用
(グレインフリー)
粒サイズ
(直径)
約12〜13mm

オリジンは先に紹介したアカナと同じチャンピオンペットフーズ社のドッグフードで、アカナ以上に肉・魚の割合が多いグレインフリーのドライフードになっています。

この記事で取り上げている「オリジナル」の粒は直径12〜13mmほどの丸型で、中型犬・大型犬にぴったりの粒サイズのドライフードです。

主要な成分バランスについては、高タンパク・高脂質・高カロリーになっており、ファインペッツと同じく活発な愛犬や少食の愛犬用フードとしておすすめです。

その一方で、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある愛犬用フードとしては向いていません。

アーテミス

アーテミスドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「フレッシュミックス 成犬用」のものです

価格/内容量 5,060円/3kg
9,130円/6kg
16,500円/13.6kg
100gあたりの価格
(13.6kgの販売価格を参照)
約121円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約546円
穀物 大麦、玄米、オーツ麦、黍
粒サイズ
(直径)
約13mm

年齢や犬種(サイズ)、飼育環境や食の好みに合わせて、原材料の内容や成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えているアーテミス。

ここで取り上げている「フレッシュミックス 成犬用」については、フレッシュチキンが主原料として使われている小麦グルテンフリーのドライフードで、直径13mmほどの大粒サイズになっています。

主要な成分バランスについては、タンパク質・脂質・カロリーのどれも標準的な範囲で、適度に運動をする成犬用の主食としておすすめです。

また、「3kg/6kg/13.6kg」の3サイズがあり、愛犬の大きさに合わせて内容量を選べることや、比較的手に取りやすい価格で販売されていることも評価できます。

POCHI

POCHIザ・ドッグフードのパッケージ画像(表面2)
※各項目は「ベーシック 3種のポルトリー ミディアムラージ粒」のものです

価格/内容量 4,840円/2.7kg
100gあたりの価格 約179円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約717円
穀物 不使用
(グレインフリー)
粒サイズ
(直径)
約10〜15mm

良質な肉・魚を主原料として使用、人工の酸化防止剤・香料・着色料は不使用、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用という3つの要素を満たしたドッグフードのPOCHI。

【ベーシック】というシリーズについては、メインのタンパク源が違う3種類のドライフードを取り揃えていますが、どれも主要な成分バランスは変わらず、高タンパクかつ脂質とカロリーが控えめなドライフードになっています。

このような成分バランスになっている理由は、ウェットフードなどをトッピングして与えることを想定して調整されているためです。

と言っても、絶対にトッピングして与えないといけないというわけではありませんし、低脂質・低カロリーという成分バランス上、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある愛犬用フードとして向いています。

INUMESHI

INUMESHIドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「フィースト 1歳以上 大型犬用」のものです

価格/内容量 498円/200g
3,480円/1kg
8,480円/3kg
12,980円/15kg
100gあたりの価格
(3kgの販売価格を参照)
約283円
1日あたりの餌代
(30kgの成犬を想定)
約890円
穀物 米、大麦、オーツ麦
粒サイズ
(直径)
約19mm

INUMESHIの「フィースト 1歳以上 大型犬用」は、直径19mmほどの大粒サイズのドライフードで、チキンが主原料かつ小麦グルテンフリーのレシピを採用しています。

それに加えて、牛肉・豚肉・大豆・乳製品といったタンパク源が使われておらず、複数のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも合わせやすくなっています。

もちろん、犬にとって必要のない添加物は使われていませんし、内容が不明瞭な原材料も見当たりません。

主要な成分バランスについては、やや高タンパク・高カロリーかつ脂質は標準的な範囲になっており、運動量が多い大型犬の愛犬向けフードとしておすすめです。

大粒のフード選びで迷った時はネルソンズがおすすめ

ネルソンズドッグフードのパッケージ(表面2)

ここまで読み進めたところで愛犬のドッグフード選びで迷った時には、ネルソンズをおすすめします。

当サイトが大粒のドッグフードの中で、ネルソンズをおすすめする理由は以下の通りです。

ネルソンズをおすすめする5つの理由
  • 大粒かつ噛みごたえのあるトライアングル型
  • 良質なチキンの割合が全体の半分を占めている
  • 高タンパク・低脂質でカロリーは標準的なドライフード
  • 犬にとって必要のないものは不使用
  • 無理なく続けやすい販売価格

まず言えるのは、ネルソンズは直径12mm程度の大粒サイズというだけでなく、噛みごたえのあるトライアングル型になっていることです。

また、主原料として使われている良質なチキンの割合が全体の半分を占めており、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられます。

それに加えて、高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的なドライフードということから、適度に運動をする成犬用フードとしてぴったりですし、香料・着色料といった犬にとって必要のないものが一切使われていないことも見逃せません。

そして、無理なく続けやすい価格で販売されていることも評価できます。

まとめ

直径12mm以上の大粒のドライフードは、口が大きな中型犬・大型犬用フードとしてぴったりですし、よく噛んで食べる必要があることから早食い防止に期待できたり、満腹感を得られやすいというメリットもあります。

ただ、ひとくくりに”大粒”と言っても原材料の内容は様々で、中には犬本来の食事内容に配慮されているとは言いづらいフードや、犬にとって必要のない添加物が使われているフードもあります。

また、愛犬の運動量・食事量によっても最適なフードは変わってくるので、粒の大きさに注目するだけでなく、原材料と成分値にもしっかりと目を通してフードを選ぶことが大切です。

 

現在は何百種類ものドッグフードが販売されていますが、最終的にどのフードを買うのかを決めるのは愛犬ではなく飼い主である人間です。

だからこそ、愛犬のことを第一に考えた上で自分自身も納得のいくフード選びを心がけたいところですね。