コストコのカークランドドッグフードを評判や口コミを踏まえて徹底評価!

コストコの自社ブランドであるカークランドからは、大容量サイズのドライタイプのドッグフードが販売されています。

そして、カークランドには肉原材料が主原料として使われていることに加えて、人工の酸化防止剤と着色料が使われていないにも関わらず、非常にお手頃な値段で販売されているのが魅力的です。

今回はそんなコストコのカークランドドッグフードの口コミ・評判を109件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

カークランドドッグフードの悪い口コミ・評判

カークランドドッグフードの悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「内容量が多すぎて使い切れない」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、単純に犬の食の好みの問題や、9kg以上の大容量サイズしか販売されていないことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(11件)
  • 内容量が多すぎる(8件)
  • うちの犬には合わなかった(6件)
  • 大粒で食べづらそう(4件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年5月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

カークランドの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「我が家の犬の食いつきはいまいち」、「残念ながらあまり食べない」というレビューでした。

カークランドのドッグフードには肉原材料が主原料として使われており、風味を整えるために香料も添加されていますが、どんな犬でも気にいる嗜好性の高いフードはまずありません。

そのため、実際に食べさせてみないことにはなんとも言えない・・・というのが率直な感想です。

 

また、カークランドには”ラム・ライス・ベジタブル”、”チキン・ライス・エッグ”、”サーモン&ポテト”など、肉原材料の種類が違うドッグフードがあるものの、店舗によって取り扱い商品が違います。

公式サイトでも在庫切れになっているドッグフードがあり、タイミングによっては愛犬の好みに合った風味を選べないこともデメリットと言えます。

内容量が多すぎる

次に多かった悪い口コミ・評判は、「カークランドは内容量が多すぎる」というレビューでした。

実際、一番内容量が少ないドッグフードでも9.07kgと大容量ですし、袋の中で小分けもされていないので、飼育数や愛犬のサイズによっては賞味期限内に使い切るのが難しいです。

そのため、開封後は1ヶ月程度で使いきれるかどうかということまで踏まえて購入を検討するようにしてください。

うちの犬には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューで、具体的には「軟便・下痢気味になった」、「吐く回数が増えた」という消化不良に関するレビューが目立ちました。

下痢や吐き戻しの原因としてまず考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

例えば、”成犬用 ラム・ライス・ベジタブル”には【玄米・米・米ぬか・精製麦・キビ】といった穀物が使われていますが、犬によってはこれらのタンパク源が合わないことがあります。

 

また、ラム肉や魚肉、卵といった動物性タンパク源がアレルギーの原因になることもあります。

アレルギーの原因は食べさせてみないことには判断しづらいので、小麦グルテンフリーのフードがダメなら次はグレインフリー(穀物不使用)フードを試し、それでもダメなら次は肉原材料の種類が限定されたフードを・・・といったように、地道に原因を特定するしかありません。

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、カークランドに慣れるまで下痢や吐き戻しが増える可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因を特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

大粒で食べづらそう

悪い口コミ・評判の中には、「カークランドのドッグフードは大粒で食べづらそう」というレビューもありました。

種類によって粒の大きさは違いますが、1.5mmくらいの大粒サイズのドライフードもあります。

大粒サイズのドライフードを選んだ場合、小型犬にとっては食べづらそうと感じるかもしれません。

 

とは言え、噛みごたえがある大粒サイズのドライフードが好きな小型犬もいますし、粒の形状の好みは犬それぞれで違います。

そのため、粒の大きさについてのレビューはあまり参考にならないと思っておいた方がいいでしょう。

▼総合評価をチェックする
コストコのカークランドドッグフードの総合評価

カークランドドッグフードの良い口コミ・評判

カークランドドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「お手頃な値段で販売されている」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、カークランドには風味を整えるために香料が使われていることや、グラムあたりの値段はホームセンターでよく見かける国産ドッグフード並みの安さということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(34件)
  • お手頃な値段(25件)
  • うちの犬には合っている(11件)
  • 原材料に安心感がある(6件)
  • 大容量なのがいい(4件)

という結果になっています。

食いつきがいい

カークランドの口コミ・評判で一番多かったのが、「食いつきがいい」というレビューでした。

ただ、「食いつきはいまいち」というレビュー件数が11件だったのに対して、「食いつきがいい」というレビュー件数が34件という割合を踏まえると、カークランドの嗜好性は高くもなく低くもない平均レベルという印象を受けます。

また、カークランドは大容量サイズしか販売されておらず、気軽にお試し購入しづらいこともデメリットと言えますね。

お手頃な値段

次に多かった良い口コミ・評判は、「カークランドはお手頃な値段で販売されている」というレビューでした。

実際、カークランドの100gあたりの値段は約40円と、グラムあたりの販売価格はホームセンターやペットショップでよく見かける激安フードとほとんど変わりません。
(※成犬用 ラム・ライス・ベジタブルの18.14kgサイズの販売価格を参考にしています)

にも関わらず、主原料として使われているのはラム肉や鶏肉といった肉原材料で、人工の酸化防止剤と着色料も使われていません。

そして、大容量サイズしか販売されていないことから、多頭飼いしている方を中心に購入されている印象を受けました。

うちの犬には合っている

良い口コミ・評判の中には「うちの犬には合っている」といった内容のレビューもあり、その中でも特に目立ったのが「いい便をするようになった」という飼い主の声でした。

この理由として考えられるのは、穀物が過剰に使われているフードからカークランドに切り替えたことです。

グラムあたりの販売価格がカークランドと同じくらいのドッグフードのほとんどには、肉原材料よりも安く仕入れることができる穀物が主原料として使われています。

ただ、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手、という問題があります。

 

それに対して、カークランドに肉・魚が主原料として使われており、グレインフリー(穀物不使用)フードも取り揃えていることが強みです。

こういった理由もあり、穀物が主原料として使われているフードからカークランドに切り替えることで、下痢や吐き戻しといった消化不良が減る可能性はあります。

 

そのほかにも、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」というレビューを確認できました。

この理由は、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量が関係していると考えられます。

2つの脂肪酸はバランスよく摂り入れることが大切で、暫定的な見解ではあるものの、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1~10:1】くらいがいいのではないかと考えられています。

 

そこで気になって”成犬用 ラム・ライス・ベジタブル”の2つの脂肪酸の含有量を確認してみたところ、オメガ6脂肪酸の含有量は2.2%、オメガ3脂肪酸の含有量は0.4%と掲載されていました。

そして、2つの脂肪酸のバランスは【5.5:1】と、理想的と考えられているバランス通りになっていることが分かりますね。

原材料に安心感がある

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していく中で、「カークランドは原材料に安心感がある」というレビューも見つかりました。

まず、食に敏感でお腹が弱い愛犬を飼っている方にとっては、消化不良の原因になりにくい原材料が使われていることが安心できる要素と言えます。

また、ドッグフードの中には人工の着色料や酸化防止剤が使われているものがありますが、カークランドにはそれらの人工添加物が使われていません。

 

そもそもの問題として、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば人工の着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

それなのに着色料を使って色味をつけているのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

人工の酸化防止剤に関しては、ドライフードの酸化を抑えるために使われていますが、人工の酸化防止剤は天然由来のもので代用することができます。

こういった理由もあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは、人工の着色料や酸化防止剤が使われているフードは避けられがちな傾向があります。

大容量なのがいい

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「カークランドは大容量なのがいい」というレビューです。

カークランドのドッグフードは一番内容量が少ない種類でも9.07kgと多く、1袋18.14kgの大容量サイズも販売されています。
(※ラインナップよって内容量が違います)

小型犬・中型犬を1匹だけ飼っている場合は賞味期限内に使い切るのが難しい一方で、大型犬を飼っている方や多頭飼いしている方にとっては使い勝手がいいドッグフードと言えますね。

カークランドドッグフードの口コミ・評判まとめ

カークランドドッグフードの悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「内容量が多すぎて使い切れない」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、カークランドドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「お手頃な値段で販売されている」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、カークランドには風味を整えるために香料が使われていることや、グラムあたりの値段はホームセンターでよく見かける国産ドッグフード並みの安さということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • 内容量が多すぎる
  • うちの犬には合わなかった
  • 大粒で食べづらそう
  • 食いつきがいい
  • お手頃な値段
  • うちの犬には合っている
  • 原材料に安心感がある
  • 大容量なのがいい

カークランドドッグフードの種類

シリーズ 商品名 主原料 穀物 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
スーパープレミアム 子犬・妊娠中・授乳中母犬用 チキン・ライス・ベジタブル 鶏肉 玄米、精製麦、キビ 28% 17% 376kcal
成犬用 ラム・ライス・ベジタブル ラム 玄米、米、米ぬか、精製麦、キビ 23% 14% 365kcal
成犬用 チキン・ライス・ベジタブル 鶏肉 玄米、精製麦、キビ 26% 16% 375kcal
小型 成犬用 チキン・ライス・ベジタブル 鶏肉 玄米、精製麦、キビ 27% 16% 375kcal
高齢犬用(7歳以上)チキン・ライス・エッグ 鶏肉 玄米、オートミール、精製麦、白米、キビ 27% 12% 353kcal
ヘルシーウェイト 成犬用 チキン・ベジタブル チキンミール 玄米、精製麦、キビ、オートミール、米ぬか 20% 6% 309kcal
ネイチャーズドメイン 全成長段階用 サーモンアンドスイートポテト サーモンミール 不使用 24% 14% 356kcal
全成長段階用 ターキーミールアンドスイートポテト ターキーミール 不使用 24% 14% 359kcal

カークランドドッグフードには【スーパープレミアム】、【ヘルシーウェイト】、【ネイチャーズドメイン】といった3つのシリーズがあり、シリーズによって原材料の内容や成分バランスに違いがあります。

【スーパープレミアム】は子犬用フードとシニア犬用フードが1種類ずつ、成犬用フードが3種類というラインナップで、子犬用と鶏肉が主原料の成犬用フードはタンパク質・脂質・カロリーが高めに調整されています。

そして、ラムが主原料の成犬用フードは鶏肉が主原料の成犬用フードよりもタンパク質・脂質・カロリーがやや控えめで、シニア犬用フードは高タンパクかつ脂質とカロリーが控えめです。

 

【ヘルシーウェイト】に関しては、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい成犬向けにタンパク質・脂質・カロリーがかなり控えめに調整されていますが、タンパク質が控えめ過ぎる印象を受けました。

【ネイチャーズドメイン】はグレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用している全年齢対応フードで、2種類ともタンパク質・脂質・カロリーは標準的なドライフードになっています。

コストコのカークランドのお試しサンプルについて

コストコの公式サイトと楽天市場、Amazonでカークランドのお試しサンプルの販売状況を調査してみましたが、お試しサンプルは販売されていませんでした。

そのため、カークランドをお試しするにしても大袋を最低1袋は購入しなければいけません。

ただ、どちらにせよお試しサンプルくらいの少量サイズだと食いつきや変化をしっかりと確認することができないので、当サイトでははじめから1ヶ月くらいは様子見できるサイズを購入することをおすすめしています。

幸いなことに、コストコには返品制度もありますしね。
(※返品の対象となるのはコストコで購入した正規品のみです)

▼総合評価をチェックする
コストコのカークランドドッグフードの総合評価

カークランドドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
ラム、ラムミール、玄米、米、米ぬか、卵加工品、えんどう豆、えんどう豆粉、ドライイースト、鶏脂、精製麦、乾燥ビートパルプ、フラックスシード、ジャガイモ、香料、フィッシュミール、キビ、塩化カリウム、食塩、DL-メチオニン、塩化コリン、タウリン、ニンジン、乾燥ケルプ、リンゴ、クランベリー、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)、パセリ、乾燥チコリールート、グルコサミン塩酸塩、乾燥ラクトバチルス プランタルム、乾燥バチルスサプチルス、乾燥ラクトバチルス アシドフィルス、乾燥エンテロコッカス フェシウム、乾燥ビフィドバクテリウム アニマリス、ビタミンEサプリメント、鉄たんぱく化合物、亜鉛たんぱく化合物、酸化マンガン、コンドロイチン硫酸塩、ビタミンC、ビタミンAサプリメント、ビオチン、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ビタミンB&、ビタミンB12サプリメント、ビタミンB2、ビタミンDサプリメント、葉酸
※品質が不明瞭な原材料、気がかりな添加物は赤色で記載

ここからは、カークランドシグネイチャー・スーパープレミアムドッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は「成犬用 ラム・ライス・ベジタブル」の原材料一覧です)

肉原材料が主原料のドライフード

まず第一に言えることは、カークランドは肉原材料が主原料として使われているドライフードということです。

それに対して、グラムあたりの販売価格が同じくらいのドライフードのほとんどには、肉原材料よりも安く仕入れることができる穀物が主原料として使われています。

ただ、穀物が過剰に使われている低タンパク・高炭水化物のフードは、肉食傾向の雑食である犬の食生活に配慮されたフードとは言いづらいです。

“ミール”の品質が不明瞭なことが気がかりなものの、カークランドのドッグフードは適度にタンパク質が含まれており、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

人工の着色料・酸化防止剤は不使用

カークランドには人工の着色料・酸化防止剤が一切使われていません。

香りで良し悪しを判断する犬にとってフードの色味は関係ありませんし、カークランドは安全性に配慮して【ローズマリー抽出物・ミックストコフェロール】といった天然由来の酸化防止剤を使っています。

ただ、風味を整えるために香料が使われており、具体的にどんな香料が使われているのかが分からないことは気になります。

賞味期限と保存方法について

カークランドには人工の酸化防止剤が使われていないこともあり、開封後の賞味期限は1ヶ月程度が目安になります。

賞味期限を過ぎたらすぐに食べられなくなる・・・というわけではないですが、時間が経てば経つほど香りが薄れて食いつきが落ちる原因にもなります。

次に保存方法に関してですが、高温多湿や直射日光・照明の当たる場所を避け、開封後はできる限り空気に触れさせないように保存することが大切です。

カークランドの袋にはジッパーがついていないので、ジップロックに1〜3日分ずつくらいに小分けして保存するのがおすすめです。

カークランドドッグフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 23%以上
粗脂肪 14%以上
粗繊維 4%以上
粗灰分 7.5%以下
水分 10%以下
オメガ6脂肪酸 2.2%以上
オメガ3脂肪酸 0.4%以上
エネルギー 365kcal/100g

原材料の次は、カークランドシグネイチャー・スーパープレミアムドッグフードの成分を評価していきます。
(※表は「成犬用 ラム・ライス・ベジタブル」の成分表です)

成犬用の成分の評価

カークランドの成犬用のタンパク質は20〜27%、脂質は6〜16%、100gあたりのカロリーは309〜375kcalと、種類によって成分バランスに開きがあります。

例えば、「チキン・ライス・ベジタブル」はタンパク質・脂質・カロリーがやや高めになっていることから、運動量が多い活発な成犬や食が細くてたくさんの量が食べられない成犬用フードとしておすすめできます。

また、全年齢対応フードの「サーモンアンドスイートポテト」と「ターキーミールアンドスイートポテト」は、タンパク質・脂質・カロリーが標準的になっており、室内飼いで運動量がそれほど多くない成犬の主食としてぴったりです。

「チキン・ベジタブル」に関しては、脂質とカロリーが控えめという点では食欲旺盛で給餌量の調整が難しい成犬向けと言えますが、タンパク質が控えめ過ぎることが気になりました。

子犬(パピー)用の成分の評価

子犬(パピー)用の「チキン・ライス・ベジタブル」のタンパク質は28%、脂質は17%、100gあたりのカロリーは376kcalと、成犬用の「チキン・ライス・ベジタブル」と同じようにタンパク質・脂質・カロリーがやや高めに調整されています。

このことから、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬の主食としてぴったりです。

ただ、子犬用も内容量が9.07kgと多いので、賞味期限内に使い切れるかどうかも考慮して購入を検討するようにしてくださいね。

高齢犬(シニア)用の成分の評価

高齢犬(シニア)用のタンパク質は27%、脂質は12%、100gあたりのカロリーは353kcalと、高タンパクかつ脂質とカロリーはやや控えめに調整されています。

こういった成分バランス上、歳をとって運動量が落ちたシニア犬用フードとしてもおすすめできます。

コストコのカークランドドッグフードの給餌量

体重 1日あたりの給餌量
9kg 124g
14kg 165g
18kg 223g
27kg 273g
36kg 347g
45kg 397g

コストコのカークランドドッグフードの「成犬用 ラム・ライス・ベジタブル」の給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップのパッケージにも給餌量の目安が掲載されていますが、どのラインナップの給餌量もあくまで”目安”でしかありません。

そのため、愛犬の体重や便の固さを確認しながら分量を調整するようにしてください。

▼総合評価をチェックする
コストコのカークランドドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
18.14kg 6,298円 7,598円 7,697円

コストコの公式サイト(オンライン販売)と楽天市場とAmazonでカークランドの「成犬用 ラム・ライス・ベジタブル」の販売価格を調査した結果、公式サイトが最安値という結果になりました!
(※販売状況と販売価格は2022年9月に確認しました)

ただ、オンライン販売よりも店頭の方が安く販売されているので、定期的にコストコで買い物をしているのなら店舗で直接買った方がお得です。

定期的にコストコまで通うのは難しく、コストコ会員ではないという場合には楽天市場やAmazonといった通販サイトを利用しなければ購入できませんが、公式サイト以外で販売されている商品は非正規品(転売品)です。

 

非正規品は管理状態や賞味期限に不安がありますし、返品も受け付けてもらえません。

このような理由もあり、当サイトではカークランドをお試しするならコストコの店頭で購入することをおすすめしています。

コストコのカークランドドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3.0
成分 5.0
安全性 4.0
食いつき 3.5
コスパ 5.0
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
6,298円/18.14kg
※成犬用 ラム・ライス・ベジタブル
※2022年9月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 コストコホールセールジャパン株式会社

当サイトのコストコのカークランドドッグフードの総合評価はAランクです。

品質が不明瞭な原材料や香料が使われていることが気がかりなものの、人工の調味料・酸化防止剤が使われていないことに加えて、消化不良の原因になりにくい原材料が使われていることは評価できます。

また、成分バランスについても特に気になる点はありませんし、非常にお手頃な値段で販売されていることが魅力です。

小型犬・中型犬を1匹だけ飼っている場合は賞味期限に使い切るのが難しいですが、大型犬を飼っている方や多頭飼いしている方にとっては使い勝手がいいドッグフードと言えますね。