ペディグリードッグフードを5項目で評価|評判や口コミも調査&検証!

毎日の主食として食べさせられるドライフードとウェットフードだけでなく、おやつ(デンタエックス)まで取り揃えているドッグフード「Pedigree(ペディグリー)」。

特にウェットフード(缶詰/パウチ)の種類が豊富で、愛犬の食の好みに合わせて選びやすくなっています。

今回はそんなペディグリードッグフードの口コミ・評判を112件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ペディグリードッグフードの悪い口コミ・評判

ペディグリードッグフードの悪い口コミ・評判は「うちの犬には合わなかった」、「残念ながらあまり食べない」、「気がかりな原材料・添加物が使われている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ペディグリーのドライフードには穀物が主原料として使われていることや、人工の酸化防止剤と着色料が使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • うちの犬には合わなかった(11件)
  • 食いつきはいまいち(9件)
  • 気になる添加物が使われている(4件)
  • 原材料の割合が気になる(3件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年5月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラム、知恵袋で調査しました)

うちの犬には合わなかった

ペディグリーの悪い口コミ・評判で一番多かったのが、「うちの犬には合わなかった」というレビューです。

その中でも特に目立ったのが「軟便・下痢気味になった」、「吐き戻しが増えた」といった消化不良に関する飼い主の声でした。

下痢や吐き戻しの原因としてまず考えられるのは、ペディグリーには穀物が主原料として使われていることです。

 

犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手で、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすいです。

ペディグリーの原材料一覧には穀物の種類までは掲載されていませんが、お手頃な販売価格を踏まえると小麦が使われている可能性は高そうです。

それと、ペディグリーには大豆が使われていますが、豆類の中で大豆はアレルギーの原因になりやすく、犬によっては合わないことがあります。

それだけでなく、人工の酸化防止剤や着色料がアレルギーの原因になることもありますよ。

 

そのほかに考えられるのは、餌の急な切り替えです。

急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、ペディグリーに慣れるまで下痢や吐き戻しといった消化不良を起こす可能性があります。

急な餌の切り替えは消化不良の原因を特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

食いつきはいまいち

次に多かった悪い口コミ・評判は「我が家の犬の食いつきはいまいち」、「残念ながらあまり食べない」というレビューでした。

一般的には人工の香料・調味料が使われているフードの方が食いつきがいい傾向にありますが、ペディグリーのドライフードの原材料一覧を見る限りでは人工の香料・調味料は使っていないようです。

また、ペディグリーのドライフードには肉類ではなく穀物が主原料として使われているので、犬によってはペディグリーの風味にあまり魅力を感じられない可能性があります。

ただ、ドライフードもウェットフードもチキンやビーフ、ささみなど風味が違うラインナップを取り揃えており、愛犬の食の好みに合わせやすいことは強みです。

気になる添加物が使われている

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「ペディグリーには気になる添加物が使われている」というレビューです。

ペディグリーのドライフードにはBHA・BHTといった人工の酸化防止剤や、青2・赤102・黄4・黄5・二酸化チタンといった人工の着色料が使われています。

酸化防止剤はドライフードの酸化を抑えるために欠かせない添加物ではあるものの、最近は天然由来の酸化防止剤が使われているフードが増えてきました。

 

また、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

そして、人工の酸化防止剤と着色料は必ずしも使う必要のない添加物ということもあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは避けられがちな傾向があります。

原材料の割合が気になる

通販サイトやSNS、知恵袋で調査した口コミ・評判の中には、「ペディグリーの原材料の割合が気になる」というレビューもありました。

先ほども取り上げたように、ペディグリーには穀物が主原料として使われています。

小麦グルテンや穀物全般にアレルギーのない犬にとってはグルテンフリー・グレインフリーは必須ではないものの、ペディグリーのドライフードは犬にとって大切な栄養素であるタンパク質が控えめです。

 

また、穀物が主原料として使われていることから植物性タンパク質の割合がかなり多いと予想できます。

もしタンパク質の内容にまで配慮してフードを選びたいと考えているなら、穀物が主原料として使われているフードは避け、良質な肉類が主原料として使われているフードを選ぶことをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
ペディグリードッグフードの総合評価

ペディグリードッグフードの良い口コミ・評判

ペディグリードッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「お手頃な値段で販売されている」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ペディグリーには様々な形状・風味のドッグフードを取り揃えていることや、気軽に購入できる価格帯のドッグフードということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(49件)
  • お手頃な値段(22件)
  • うちの犬には合っている(10件)
  • 安心感があるフード(4件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ペディグリーの口コミ・評判で一番多かったのが、「食いつきがいい」というレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが9件だったのに対して、「食いつきがいい」というレビューが49件という件数を踏まえても、ペディグリーは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

また、ペディグリーのウェットフード(缶詰/パウチ)はドライフードよりも風味の種類が多く、そのまま食べさせたりドライフードにトッピングして食べさせたりなど、状況に合わせて色々な与え方ができることも強みと言えます。

お手頃な値段

次に多かった良い口コミ・評判は、「ペディグリーはお手頃な値段で販売されている」というレビューでした。

肉類よりも安く仕入れられる穀物が主原料として使われていることもあってか、ペディグリーのドライフードの100gあたりの値段は約40円と、気軽に購入できる価格帯のドッグフードです。
(※成犬用ドライフードの”旨みビーフ&緑黄色野菜入り”の2.2kgサイズの最安値を参考にしています)

穀物が主原料として使われていることのほかにも、人工の酸化防止剤と着色料が使われていることが気がかりですが、【できる限り愛犬の餌代を抑えたい】と考えているなら有力候補の一つになるでしょう。

うちの犬には合っている

通販サイトとSNSで調査した口コミ・評判の中には、「うちの犬には合っているようで、いい便が出るようになった」という内容のレビューもありました。

この理由として考えられるのは、ペディグリーのドライフードには繊維質が適度に含まれていることです。

また、犬によっては高脂質のフードが合わないことがありますが、ペディグリーのドライフードは脂質が控えめなので、高脂質のフードからペディグリーに切り替えることで便の固さが安定する可能性もあります。

 

そのほかにも、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」というレビューを確認できました。

この理由は、毛並み・毛艶に関わる成分であるオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量が関係していると考えられます。

2つの脂肪酸はバランスよく摂り入れることが大切で、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1~10:1】くらいがいいのではないかと考えられています。

 

そこで気になってペディグリーの成分表に目を通してみたところ、残念ながら2つの脂肪酸の含有量までは掲載されていませんでした。

とは言っても、【5:1~10:1】というバランスはあくまで暫定的な見解ですし、ペディグリーに切り替えたことがどこまで関係しているのかは定かではありません。

安心感があるフード

良い口コミ・評判の中には、「ペディグリーは安心感があるフード」というレビューもあり、具体的には販売会社を信頼しているというレビューが多かったです。

ペディグリーを販売しているマースジャパンはほかにも、【ナチュラルチョイス/シュプレモ/ワイルドレシピ/プロマネージ/アイムス/シーザー/グリニーズ】といった様々なドッグフードを販売しています。

そして、メジャーなペットフード販売会社ということが安心感に繋がっていると考えられます。

ペディグリードッグフードの口コミ・評判まとめ

ペディグリードッグフードの悪い口コミ・評判は「うちの犬には合わなかった」、「残念ながらあまり食べない」、「気がかりな原材料・添加物が使われている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ペディグリードッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「お手頃な値段で販売されている」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ペディグリーには様々な形状・風味のドッグフードを取り揃えていることや、気軽に購入できる価格帯のドッグフードということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • うちの犬には合わなかった
  • 食いつきはいまいち
  • 気になる添加物が使われている
  • 原材料の割合が気になる
  • 食いつきがいい
  • お手頃な値段
  • うちの犬には合っている
  • 安心感があるフード

ペディグリードッグフードの種類

ペディグリードッグフードはドライフードが2シリーズ、ウェットフードがパウチと缶詰の2タイプ、おやつ(歯磨きガム)が1シリーズというラインナップになっています。

ドライフード

シリーズ 対象 風味 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
それいけ!小型犬 成犬用 チキン チーズ入り 21.0% 12.0% 10.5% 370kcal
チキン入り 23.0% 11.0% 10.5% 370kcal
体重管理用 チキン入り 21.0% 6.0% 10.5% 345kcal
ドライ 子犬用 旨みチキン&緑黄色野菜入り 26.0% 10.0% 12.0% 350kcal
成犬用 旨みビーフ&緑黄色野菜入り 18.0% 10.0% 10.5% 350kcal
旨みビーフ&緑黄色野菜&魚入り 18.0% 10.0% 10.5% 350kcal
旨みチキン&緑黄色野菜入り 18.0% 10.0% 10.5% 350kcal
肥満気味の愛犬用 ささみ&ビーフ&緑黄色野菜入り 18.0% 7.5% 10.5% 330kcal
大型犬用 ビーフ&チキン&緑黄色野菜味 18.0% 10.0% 10.0% 345kcal
7歳から用 チキン&緑黄色野菜入り 18.0% 9.5% 10.0% 340kcal
11歳から用 チキン&緑黄色野菜入り 18.0% 10.0% 10.0% 345kcal

ドライフードは【それいけ!小型犬】と【ドライ】の2シリーズで、【それいけ!小型犬】の成犬用フードは【ドライ】の成犬用フードよりも、タンパク質・脂質・カロリーが高めに調整されています。

とは言え、高タンパクというほどではなく、【ドライ】に関してはタンパク質が控えめ過ぎる印象を受けました。

また、【ドライ】は愛犬の年齢と食の好みに配慮してフードを選べるようになっていますが、一部のラインナップ以外の成分バランスはほとんど変わらず、原材料の内容自体もほぼ同じです。

ウェットフード(缶詰/パウチ)

タイプ 対象 風味
パウチ 子犬用 チキン
成犬用 ビーフ&緑黄色野菜入り
チキン&緑黄色野菜入り
ビーフ&チキン&緑黄色野菜入り
ビーフ
ささみ&緑黄色野菜
11歳から用 ビーフ&緑黄色野菜入り
ビーフ&緑黄色野菜 チーズ入り
チキン&緑黄色野菜&ささみ入り
ビーフ
チキン 緑黄色野菜&ささみ入り
ささみ&緑黄色野菜入り
14歳から用 ビーフ&緑黄色野菜入り
チキン 緑黄色野菜&ささみ入り
ささみ 緑黄色野菜入り
缶詰 子犬用 ビーフ&緑黄色野菜
成犬用 ビーフ&緑黄色野菜
ビーフ&緑黄色野菜と魚入り
ビーフ&チキン&緑黄色野菜
ビーフ
チキン&緑黄色野菜
角切りビーフ
角切りビーフ&緑黄色野菜
7歳以上用 ビーフ&緑黄色野菜
ビーフ&チキン&緑黄色野菜
11歳以上用 ビーフ&緑黄色野菜
ビーフ&チキン&緑黄色野菜
角切りビーフ
角切りビーフ&緑黄色野菜
13歳以上用 ビーフ&緑黄色野菜
ビーフ&チキン&緑黄色野菜
ビーフ
チキン&緑黄色野菜

ウェットフードはパウチと缶詰の2タイプで、ドライフードと比べるとかなりラインナップが豊富になっています。

どれに関しても毎日の主食として与えることができる基準を満たしたウェットフードということから、ドライフードにトッピングして与えるだけでなく、ドライフードの代わりにそのまま与えることができるのが強みです。

ただ、内容が不明瞭な原材料や、着色料が使われていることが気になります。

おやつ

商品名 ラインナップ
デンタエックス 超小型犬用
小型犬用
中・大型犬用
デンタエックス 低脂肪 小型犬用
デンタエックス カットタイプ 超小型・小型犬用

歯磨きガムの【デンタエックス】には通常のものとは別に「低脂肪」、「カットタイプ」といったバリエーションがあります。

「低脂肪」は脂肪分が20%カットされており、「カットタイプ」は一口タイプの大きさになっています。
(※そのほかのラインナップは長く噛めるロングタイプです)

ペディグリードッグフードの原材料の評価

原材料一覧
穀類、肉類(チキン加水分解物、チキン、ビーフ)、大豆、油脂類(パーム油)、タンパク加水分解物、植物性タンパク、ビートパルプ、キシロース、野菜類(トマト、ほうれん草、にんじん)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHABHT、クエン酸)、pH調整剤
※アレルギーの原因になりやすい原材料、品質・内容が不明瞭な原材料、気がかりな添加物は赤色で記載

ここからは、ペディグリードッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は成犬用ドライフード「旨みビーフ&緑黄色野菜入り」の原材料一覧です)

ドライフードの主原料は穀物(穀類)

ペディグリーのドライフードには、穀物(穀類)が主原料として使われています。

穀物は肉類よりも安く仕入れることができる反面、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が苦手という問題があります。

また、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすいですが、ペディグリーの原材料一覧には”穀類”と記載されているだけで、具体的にどんな穀物が使われているのかが分かりません。

 

それに加えて、大豆は豆類の中でアレルギーの原因になりやすいです。

こういった理由もあり、食に敏感でお腹が弱い愛犬にはペディグリーが合わない可能性はあります。

人工の酸化防止剤と着色料を使用

ペディグリーのドライフードには【BHA・BHT】といった人工の酸化防止剤と、【青2・赤102・黄4・黄5・二酸化チタン】といった人工の着色料が使われています。

もちろん定められた基準を超えないように使われていますが、人工の酸化防止剤は天然由来のもので代用することができますし、犬目線で考えれば着色料を使って色味をつける意味はありません。

また、”タンパク加水分解物”の製造方法が分からないことも気がかりです。

品質・内容が不明瞭な原材料あり

穀類とタンパク加水分解物だけでなく、ペディグリーの原材料一覧を見るとビーフ”等”、パーム油”等”といったように品質・内容が不明瞭な原材料が目立ちます。

例えば、愛犬が何かしらのタンパク源にアレルギーがある場合、タンパク源の内容が分からないフードは選びづらいです。

また、油脂類はパーム油以外に何の油が使われているのかが分かりませんし、添加されている酸化防止剤が人工のものなのか、それとも天然由来のものなのかどうかも分かりません。

ペディグリードッグフードの成分の評価

成分表
タンパク質 18.0%以上
脂質 10.0%以上
粗繊維 4.0%以下
灰分 8.0%以下
水分 10.5%以下
エネルギー 350kcal/100g

原材料の次は、ペディグリードッグフードの成分を評価していきます。
(※表は成犬用ドライフード「旨みビーフ&緑黄色野菜入り」の成分表です)

成犬用の成分の評価

成犬用ドライフードのタンパク質は18〜23%、脂質は6〜12%、100gあたりのカロリーは330〜370kcalと、種類によって成分バランスに開きがあります。

シリーズ別に見てみると、【それいけ!小型犬】はタンパク質と脂質がやや控えめでカロリーは標準的、【ドライ】はタンパク質と脂質がかなり控えめでカロリーもやや控えめなフードが多いです。

【ドライ】の場合、脂質とカロリーが控えめという点では室内飼いの成犬向けの成分バランスと言えますが、タンパク質が控えめすぎるのが気になるところです。

また、【それいけ!小型犬】に関しても、タンパク質量に物足りなさを感じました。

 

それに加えて、ペディグリーのドライフードには穀物が主原料として使われていることから、植物性タンパク質の割合がかなり多いと予想できます。

こういった理由もあり、【愛犬には犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質がたっぷりと含まれたフードを食べさせてあげたい】と考えている場合には、良質な肉・魚が主原料として使われている高タンパクなフードをおすすめしています。

子犬用の成分の評価

子犬用(ドライ)に関しては、成犬用よりもタンパク質が高めに調整されています。

ただ、高タンパクと言えるほどではなく、脂質とカロリーは控えめな印象を受けました。

育ち盛りの子犬はたくさんの栄養が必要なので、高タンパク・高脂質・高カロリーなフードを選んであげることをおすすめします。

シニア犬用の成分の評価

【ドライ】には「7歳から用」、「11歳から用」というシニア犬用フードがありますが、どちらもに関しても成犬用フードと同じように、タンパク質が控えめ過ぎる印象を受けました。

タンパク質は犬にとって大切な栄養素ということもあり、当サイトでは特別な事情がない限りは、シニア犬には適度にタンパク質を含みつつ低脂質・低カロリーなフードを選んであげることをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
ペディグリードッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
2.2kg 804円 1,015円
5.5kg 2,360円 2,479円
10kg 3,380円 3,921円

ペディグリーの公式サイトと楽天市場とAmazonで成犬用ドライフード「旨みビーフ&緑黄色野菜入り」の販売状況を調査してみたところ、公式サイトからは直接購入することができませんでした。
(※販売状況と販売価格は2023年1月に確認しました)

そして、どのサイズも楽天が最安値という結果になりました!

店頭でもペディグリーを取り扱っている店舗は多いですが、店頭では定価で販売されていることが多いですし、通販サイトはまとめ買いで送料無料となる販売店も多いので、継続して購入するなら通販サイトでまとめ買いすることをおすすめします。

通販なら重い大袋をわざわざ持ち運ぶ手間もありませんしね。

ペディグリードッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 1.0
成分 1.0
安全性 1.0
食いつき 4.5
コスパ 5.0
総合評価 Eランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
804円/2.2kg
2,360円/5.5kg
3,380円/10kg
※成犬用ドライフード「旨みビーフ&緑黄色野菜入り」
※2023年1月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 タイ
販売会社 マースジャパンリミテッド

当サイトのペディグリードッグフードの総合評価はEランクです。

販売価格が安くて気軽に購入できることが強みですが、穀物が主原料として使われていることや犬にとって必要のない人工添加物が使われていること、品質・内容が不明瞭な原材料が使われていることが気がかりな要素と言えます。

また、どのドライフードもタンパク質がかなり控えめになっていることも気になるところです。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。