サーモンのドッグフードでおすすめはある?20種類の餌を徹底検証!

サーモンが主原料として使われているドッグフードは、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられることに加えて、サーモンは犬にとってアレルギーの原因になりにくいタンパク源でもあります。

このことから、愛犬の食の好みに合わせて選ばれるだけでなく、体質に配慮してサーモンが使われているドッグフードが選ばれることも少なくありません。

この記事ではサーモンが使われているドッグフードの選び方のポイントや、おすすめのドッグフードをまとめているので、ぜひ愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

サーモンのドッグフードの選び方

サーモンが使われているドッグフードを選ぶにあたって、いくつか注目しておきたいポイントがあります。

順番に見ていきましょう。

動物性タンパク源の割合・種類を確認する

必ず確認したおきたいのは、動物性タンパク源の割合・種類です。

例えば、商品名に「サーモン」と書かれていてもサーモンが主原料として使われていないフードもありますし、動物性タンパク源としてサーモンのみが使われているフードはかなり少ないです。

サーモン以外の動物性タンパク源に特にアレルギーがなければ、動物性タンパク源の種類にはそれほど神経質になる必要はありませんが、そうでない場合にはできるだけ動物性タンパク源の種類が少ないフードを選ぶことをおすすめします。

なぜなら、タンパク源がシンプルな方がアレルギーの原因を特定しやすいというメリットがあるからです。

 

なお、鶏脂や牛脂といった油脂類自体はアレルギーの原因にはなりませんが、タンパク質がきちんと除去されていない場合はアレルギーの原因になりえます。

そのため、愛犬の体質に配慮して動物性タンパク源が限定されたフードを探しているという場合には、油脂類にも気を配っておくといいでしょう。

動物性以外のタンパク源の種類も確認する

タンパク源として使われている穀物や豆類がアレルギーの原因になることもあるため、動物性タンパク源とあわせて確認しておきたいところです。

特に、穀物の中でも小麦はアレルギーの原因になりやすい傾向にあり、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすい傾向にあります。

そのため、鶏肉と小麦にアレルギーのある愛犬なら鶏肉・小麦不使用のフードを、牛肉と大豆にアレルギーのある愛犬なら牛肉・大豆不使用のフードを・・・といったようにフードを選んであげる必要があります。

 

ちなみに、最近はグレインフリー(穀物不使用)フードに注目が集まっていますが、穀物全般にアレルギーのない犬にとってはグレインフリーは必須ではありません。

ただ、先ほど説明したように、タンパク源がシンプルなフードの方がアレルギーの原因を特定しやすいので、食に敏感な愛犬には動物性タンパク源が限定されたグレインフリーフードからお試ししてみるのも一つの手です。

不要な添加物が使われていないかを確認する

不要な添加物が使われていないかにも注目しておくべきです。

人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われているフードは珍しくありませんが、これらの人工添加物が涙やけやアレルギーの原因になることがあります。

BHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤に関しては、フードの酸化を抑えるために添加されているものの、ミックストコフェロール・ローズマリー抽出物といった天然由来のもので代用することもできます。

人工の香料はフードの食いつきをよくする目的で添加されますが、良質な原材料そのものの香りを活かして風味を整えることはできます。

 

そして、人工の着色料についてはフードの見た目をよくする目的で使われますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しています。

つまり、犬の立場になって考えれば人工のもの、天然由来のものにかかわらず、着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

評判のいいサーモンのドッグフード20種

商品名 主原料 タンパク質 脂質 水分 カロリー
(100gあたり)
オメガ6:オメガ3 気がかりな原材料 動物性原材料
アーテミス(オソピュアグレインフリー サーモン&ガルバンゾー) フレッシュサーモン 24.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 360.9kcal 6:1 フレッシュサーモン、ドライサーモン、チキンスープ
POCHI(ベーシック ワイルドサーモン) サーモン生肉 30%以上 10%以上 10%以下 315kcal サーモン生肉、サーモン油、チキンレバー、緑イ貝
ウィッシュ(サーモン) サーモン 24.00%以上 14.00%以上 10.00%以下 350kcal サーモン、サーモン粉、鶏脂
ワイルドレシピ(超小型犬〜小型犬用 成犬用 サーモン) サーモン(すり身) 32.0%以上 18.0%以上 10.0%以下 約380kcal タンパク加水分解物 サーモン(すり身)、チキンミール、フィッシュミール、鶏脂
フィッシュ4ドッグ(ファイネスト サーモン 小粒) サーモン 23%以上 10%以上 10%以下 367.3kcal 1.7:1 サーモン、サーモンミール。サーモンオイル
ブリスミックス(グレインフリー サーモン 小粒) フレッシュサーモン 24.0%以上 12.0%以上 10.0%以下 348.0kcal 6.3:1 フレッシュサーモン、ドライ魚肉
HEKA グレインフリー(サーモン) トラウト(マス) 23% 8.50% 342kcal トラウト(マス)、サーモンミール、トラウトミール、フィッシュオイル
カークランド(サーモン・スイートポテト) サーモンミール 24.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 約359kcal 8:1 香料 サーモンミール、フィッシュミール
エッセンシャル 魚介類 27%以上 14%以上 9%以下 約358kcal 0.3:1 生サーモン、生トラウト、乾燥ニシン、乾燥サーモン、サーモンオイル、生白身魚、生ニシン、サーモンスープ、卵
go!(センシティブ LID グレインフリーサーモンレシピ) サーモン生魚(骨抜き) 24%以上 12%以上 10%以下 408.4kcal 1.7:1 サーモン生魚(骨抜き)、サーモンミール
ピュリナワン(デリケートなお腹と皮膚の健康ケア サーモン 小粒) サーモン 26%以上 16%以上 12%以下 約380kcal 2.3:1 たんぱく加水分解物 サーモン、チキンミール、牛脂、魚油
ウェルネス(シンプル 小型犬 成犬用 サーモン&じゃがいも) サーモン 29.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 約343kcal 2:1 サーモン、サーモンミール、サーモンエキス
カナガン(サーモン) 生サーモン 30%以上 12%以上 9%以下 370kcal 0.5:1 生サーモン、乾燥サーモン、乾燥ニシン、乾燥白身魚、サーモンオイル、生マス、サーモンストック
アディクション(サーモンブルー) 生サーモン 24%以上 13%以上 10%以下 346kcal 生サーモン、ドライサーモン、オーシャンフィッシュミール、鶏脂肪
オープンファーム(サーモン) サーモン 30.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 360kcal 3.1:1 サーモン、白身魚粉、ニシン粉、ナチュラルサーモンフレーバー、サーモンオイル
ブラックウッド(グレインフリー サーモン) サーモンミール 28.0%以上 15.0%以上 10.0%以下 363.6kcal 2.3:1 サーモンミール、ニシンミール、鶏脂肪
ステイロイヤル(サーモン・ターキー・ポーク) ターキーミール 32%以上 16%以上 6.6%以下 350kcal 5:1 ターキーミール、ポークミール、サーモンミール、鶏脂、ナチュラルチキンフレーバー、魚油
バーキングヘッズ(プーチド サーモン) サーモン 22% 15% 8% 381kcal 1.1:1 サーモン、乾燥サーモン、サーモンオイル
ブラバンソンヌ(小型犬の成犬用 オーシャンフィッシュ) 27%以上 16%以上 9%以下 356kcal 1.6:1 サーモン、タラ、カレイ、動物性油脂(チキン由来)、加水分解サーモンタンパク質、サーモンオイル
モグワン チキン&サーモン 27%以上 10%以上 9%以下 361.5kcal 1.4:1 放し飼いチキン生肉、生サーモン、乾燥チキン、乾燥サーモン、チキングレイビー、サーモンオイル

サーモンが使われていて評判のいいドッグフード20種の動物性原材料や主な成分値、気がかりな原材料が使われていないかを比較してみました。

表を見てみると、サーモンが主原料として使われていないフードがあることや、動物性タンパク源としてサーモンだけが使われているフードはかなり少ないことが分かりますね。

ちなみに、“タンパク加水分解物”については、使われているからといって必ずしも安全性に配慮されていないというわけではありません。

ただ、ここで取り上げたタンパク加水分解物は、製造工程の補足がされていないことが気になりました。

サーモンのドッグフードのおすすめ5選

これまでの内容を踏まえつつ、サーモンが使われているおすすめのドッグフードを5種類紹介します。

なお、販売価格や原材料については、調査した時点の情報を参考にしています。
(※2023年12月に公式サイトとAmazonで調査)

カナガン

カナガンドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「サーモン」のものです

通常購入時の価格 5,038円/2kg
定期購入時の価
(1袋あたり)
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(3袋を定期購入時)
約214円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約171円

人用の食品レベルの生サーモンを主原料として使いつつ、そのほかにも乾燥サーモン・乾燥ニシン・乾燥白身魚などの動物性タンパク源が使われているカナガン サーモン。

動物性原材料の占める割合は全体の半分以上を占めており、肉食傾向の雑食である犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられます。

また、魚以外の動物性タンパク源が使われていないグレインフリーフードということから、複数のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも対応しやすいです。

主要な成分バランスについては、高タンパクかつ脂質とカロリーは標準的な範囲になっており、適度に運動をする成犬用の主食としてぴったりです。

ブラバンソンヌ

ブラバンソンヌのイメージ画像
※各項目は「小型犬の成犬用 オーシャンフィッシュ」のものです

通常購入時の価格 3,190円/1kg
5,830円/2.5kg
定期購入時の価格 2,871円/1kg
5,247円/2.5kg
※定期購入時は10%オフ
100gあたりの価格
(2.5kgを定期購入時)
約210円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約168円

ブラバンソンヌは「美食の国」として知られているベルギー産のドッグフードで、年齢や体質、食の好みに合わせて原材料の内容と成分バランスを調整したドライフードを取り揃えています。

ここで取り上げた「小型犬の成犬用 オーシャンフィッシュ」には、サーモンのほかにタラ・カレイといった魚が使われており、カナガン サーモンと同じくグレインフリーのレシピを採用しています。

もちろん、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物は使われていませんし、品質・内容が不明瞭な原材料も見当たりません。

また、同じ原材料の内容で大型犬向けに成分バランスを調整した、「大型犬の成犬用 オーシャンフィッシュ」というラインナップもあり、愛犬の犬種(サイズ)に配慮してどちらかを選べることもメリットの一つです。

フィッシュ4ドッグ

※各項目は「ファイネスト サーモン 小粒」のものです

価格/内容量 1,485円/400g
4,730円/1.5kg
7,920円/3kg
13,750円/6kg
21,780円/12kg
100gあたりの価格
(3kgの販売価格を参照)
約264円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約224円
穀物 不使用
(グレインフリー)

フィッシュ4ドッグは商品名の通り、動物性タンパク源として魚が使われているドッグフードで、タンパク源の種類や成分バランスの傾向が違うラインナップを取り揃えています。

どのラインナップも人工の酸化防止剤・香料・着色料は不使用、グレインフリーのレシピを採用という点は変わらず、特定のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも幅広く対応しやすいです。

ここで取り上げている「ファイネスト サーモン 小粒」については、サーモン以外の動物性タンパク源が使われていないことが大きなメリットです。

また、同じ原材料の内容と成分バランスの”大粒”もあり、愛犬のサイズや好みに合わせてどちらかを選べます。

ウェルネス

ウェルネスドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「シンプル 小型犬 成犬用 サーモン&じゃがいも」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
2,396円/800g
4,056円/1.8kg
100gあたりの価格
(1.8kgの最安値を参照)
約225円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約234円
穀物 不使用
(グレインフリー)

ウェルネスもブラバンソンヌやフィッシュ4ドッグと同じように、原材料の内容と成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えており、かなり多くのラインナップがあります。

そして、この記事で取り上げた「シンプル 小型犬 成犬用 サーモン&じゃがいも」は、フィッシュ4ドッグの「ファイネスト サーモン」と同じく、動物性タンパク源がサーモンだけに限定されたグレインフリーフードです。

主要な成分バランスに関しては、高タンパクかつ脂質は標準的な範囲、カロリーはやや控えめになっており、室内飼いで運動量が少ない成犬用フードとしてぴったりです。

また、同じ原材料の内容で脂質とカロリーが控えめなラインナップもあり、愛犬の運動量・食事量に合わせてどちらかを選ぶこともできますよ。

go!

※各項目は「センシティブ LID グレインフリーサーモンレシピ」のものです

価格/内容量 1,762円/800g
4,435円/2.3kg
15,840円/9.98kg
100gあたりの価格
(2.3kgの販売価格を参照)
約193円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約153円
穀物 不使用
(グレインフリー)

動物性タンパク源が主原料、小麦・大豆・牛肉不使用のレシピを採用、人工の酸化防止剤・香料・着色料不使用という3つの要素を満たしたドッグフードのgo!。

この記事で取り上げている「センシティブ LID グレインフリーサーモンレシピ」は商品名から連想できる通り、動物性タンパク源がサーモンだけに限定されたグレインフリーフードです。

主要な成分バランスについては、これまでに取り上げた4種類のドライフードとは違い、適度にタンパク質と脂質を含みつつも、かなり高カロリーになっています。

このことから、食が細くてたくさんの量が食べられない成犬用フードとして向いています。

フード選びで迷った時にはカナガンがおすすめ

ここまで読み進めたところで愛犬のドッグフード選びに迷った時には、カナガン サーモンをおすすめします。

当サイトがサーモンのドッグフードの中で、カナガン サーモンをおすすめする理由は以下の通りです。

カナガンをおすすめする5つの理由
  • メインのタンパク源として良質な生サーモンを使用
  • 魚以外の動物性タンパク源は不使用
  • グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用
  • 犬にとって必要のないものが一切使われていない
  • 無理なく続けやすい販売価格

まず言えるのは、カナガン サーモンはメインのタンパク源として良質な生サーモンを使いつつ、そのほかにも乾燥サーモンや乾燥ニシンなどの魚が贅沢に使われており、犬にとって大切な栄養素の動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられることです。

それに加えて、魚以外の動物性タンパク源が使われていないグレインフリーフードということで、複数のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも対応しやすいです。

また、香料・着色料といった犬にとって必要のないものが一切使われていないことも見逃せません。

そして、無理なく続けやすい価格で販売されていることも評価できます。

まとめ

ひとくくりにサーモンのドッグフードと言っても、サーモンが主原料として使われていないものもあれば、サーモン以外に複数の動物性タンパク源が使われているものなど様々です。

そのため、タンパク源の割合・種類や不要な添加物が使われていないかどうかに注目しつつ、愛犬の食の好みや体質に配慮してフードを絞り込むといいでしょう。

現在は何百種類ものドッグフードが販売されていますが、最終的にどのフードを買うのかを決めるのは愛犬ではなく飼い主である人間です。

だからこそ、愛犬のことを第一に考えた上で自分自身も納得のいくフード選びを心がけたいところですね。