パーフェクションドッグフードの口コミや評価は?愛犬家の評判を検証!

ラスミックが販売しているパーフェクションドッグフードには、人間でも食べられる高品質な原材料が使われています。

また、【小麦・大豆・トウモロコシ・グルテン・外皮・もみ殻・砂糖・ビートパルプ】といった原材料が使われていないことも特徴です。

今回はそんなパーフェクションドッグフードの口コミ・評判を105件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

パーフェクションドッグフードの悪い口コミ・評判

パーフェクションドッグフードの悪い口コミ・評判は「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」、「市販の国産ドッグフードと比較すると値段が高い」、「うちの犬には合わなかった」という内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、パーフェクションには人工の香料・調味料が使われていないことや、人間でも食べられる高品質な原材料が使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(9件)
  • 値段が高い(4件)
  • うちの犬には合わなかった(3件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年9月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

パーフェクションの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」、「残念ながらあまり食べない」といった食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

食いつきが悪い理由として考えられるのは、パーフェクションには人工の香料・調味料が使われておらず、天然由来の原材料そのものの香りで風味が整えられていることです。

一般的には人工の香料・調味料が使われているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、それらの人工添加物が使われているフードを食べ慣れている犬にとっては、パーフェクションの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、「”チキン”は食べないけど”ポーク”は食べる」といったように、単純な食の好みの問題も理由も考えられますね。

値段が高い

次に多かった悪い口コミ・評判は、「パーフェクションは値段が高い」という内容のレビューです。

実際、パーフェクションの100gあたりの値段は約200円と、ペットショップやホームセンターでよく見かける市販の激安フードと比較するとかなり高いです。
(※ポークの1.8kgサイズの販売価格を参考にしています)

ただ、パーフェクションの1.5〜2倍近くの値段で販売されているプレミアムフードも珍しくありませんし、通販でしか手に入れづらい高級フードまで含めて比較すれば、パーフェクションは平均的な価格帯のドライフードと捉えることができます。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。

うちの犬には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「うちの犬には合わなかったようで、軟便・下痢気味になった」という内容のレビューでした。

軟便・下痢の理由として考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

パーフェクションにはアレルギーの原因になりにくい原材料が使われているものの、アレルギーの原因は犬によって様々です。

 

例えば、パーフェクションには【玄米/パール麦/オートミール】といった穀物が使われていますが、穀物全般にアレルギーのある犬もいます。

また、鶏肉や豚肉などの特定の動物性タンパク源がアレルギーの原因になることもあります。

そのため、食に敏感でお腹が弱い愛犬にパーフェクションを与えようと考えている場合には、ラインナップ別のタンパク源の種類に注目しておくといいでしょう。

それと、パーフェクションは高脂質なドライフードになっていますが、高脂質なフードが合わずに下痢や吐き戻しといった消化不良に繋がることもありますよ。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や吐き戻しが増える可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因も特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
パーフェクションドッグフードの総合評価

パーフェクションドッグフードの良い口コミ・評判

パーフェクションドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「小粒だから小型犬にも食べやすそう」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、パーフェクションには良質な肉・魚が主原料として使われていることや、アレルギーの原因になりにくい原材料が使われていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(37件)
  • うちの犬には合っている(22件)
  • 小粒で食べやすそう(15件)
  • 原材料に安心感がある(12件)
  • 成分バランスがいい(3件)

という結果になっています。

食いつきがいい

パーフェクションの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが9件、「食いつきがいい」というレビューが37件という割合を踏まえても、パーフェクションは比較的多くの犬に受け入れられている嗜好性が高いフードと捉えてよさそうです。

パーフェクションには人工の香料・調味料は使われていませんが、食いつきのよさを評価する飼い主の声が多かったことは、天然由来の原材料そのものの香りで嗜好性が高められている裏付けにもなりますね。

また、【チキン/ポーク/サーモン】といった3種類のラインナップがあり、愛犬の食の好みに合わせやすいことも強みと言えます。

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューです。

具体的には「涙やけがスッキリした」、「いい便が出るようになった」という飼い主の声を確認できました。

これらの理由としてまず考えられるのは、パーフェクションには良質な肉・魚が主原料として使われていることに加えて、比較的アレルギーの原因になりにくい原材料が使われているグルテンフリーフードということです。

安さをウリにしたフードのほとんどには穀物が主原料として使われていますが、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

 

また、穀物の中でも特に小麦が、豆類の中では大豆が、肉類の中では牛肉がアレルギーの原因になりやすく、人工の酸化防止剤や着色料がアレルギーや涙やけの原因になることがありますが、パーフェクションにはそれらの原材料・添加物が使われていません。

このことから、切り替え前に与えていたフードの内容によっては、パーフェクションに切り替えることで便の固さが安定したり、目元に変化が出る可能性はあります。

小粒で食べやすそう

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「パーフェクションは小粒で食べやすそう」という内容のレビューです。

パーフェクションには小粒と中粒の2種類の形状があり、小粒は約6mmと(超)小型犬や噛む力が弱くなったシニア犬、固形物を食べ慣れていない子犬にも食べやすいサイズになっています。

その一方で、中粒は約13mmと小粒の倍くらいのサイズになっており、犬種(サイズ)に配慮してどちらかを選ぶことができます。

原材料に安心感がある

通販サイトとSNSでパーフェクションの口コミ・評判を調査していると、「原材料に安心感がある」という内容のレビューもありました。

まず、パーフェクションには人間でも食べられる品質の原材料が使われていることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、食に敏感でお腹が弱い愛犬を飼っている方にとっては、【小麦/大豆/トウモロコシ/グルテン/外皮/もみ殻】が使われていないことも安心感に繋がりますね。

 

それに加えて、人工の酸化防止剤や着色料が使われていないことも評価できます。

ドッグフードの中には酸化を抑えるために人工の酸化防止剤が使われているものがありますが、パーフェクションは安全性に配慮して天然由来の酸化防止剤を使っています。

着色料に関してはフードの見た目をよくするために使われますが、そもそもの問題として、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

 

それなのに着色料を使って色味をつけるのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

そして、人工の酸化防止剤と着色料は必ずしも使う必要のない添加物ということで、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは避けられがちな傾向があります。

成分バランスがいい

良い口コミ・評判の中には、「パーフェクションは成分バランスがいい」というレビューもありました。

パーフェクションは子犬からシニア犬にまで与えることができる全年齢対応フードなので、歳が離れた犬を多頭飼いしていても餌を分ける必要がないというメリットがあります。

もちろん、体質や食の好みに合っているなら、子犬の頃からシニア犬になるまでパーフェクションを与えることもできますよ。

なお、主な成分バランスに関しては、タンパク質とカロリーは標準的な範囲で脂質は高めになっています。

パーフェクションドッグフードの口コミ・評判まとめ

パーフェクションドッグフードの悪い口コミ・評判は「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」、「市販の国産ドッグフードと比較すると値段が高い」、「うちの犬には合わなかった」という内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、パーフェクションドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「小粒だから小型犬にも食べやすそう」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、パーフェクションには良質な肉・魚が主原料として使われていることや、アレルギーの原因になりにくい原材料が使われていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • 値段が高い
  • うちの犬には合わなかった
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • 小粒で食べやすそう
  • 原材料に安心感がある
  • 成分バランスがいい

パーフェクションドッグフードの種類

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
チキン 24% 18% 370kcal
ポーク 24% 18% 370kcal
サーモン 24% 18% 370kcal

パーフェクションドッグフードのラインナップは「チキン」、「ポーク」、「サーモン」の3種類です。

どのラインナップに関しても、【小麦・大豆・トウモロコシ・グルテン・外皮・もみ殻・砂糖・ビートパルプ】が使われておらず、成分バランスにも違いはありません。

そのため、基本的には愛犬の食の好みに合わせて3種類のうちのいずれかを選べば大丈夫です。

もし特定の動物性タンパク源にアレルギーのある愛犬に与えようと考えている場合には、ラインナップ別のタンパク源の種類に注目して選ぶといいでしょう。

▼総合評価をチェックする
パーフェクションドッグフードの総合評価

パーフェクションのお試しサンプルについて

パーフェクションのお試しサンプルの無料配布や有料販売は行われていません。

そのため、パーフェクションをお試しするにしても、900gサイズを最低1袋は購入する必要があります。

ただ、どちらにせよ数食分くらいの少量サンプルだと、愛犬の食の好みや体質に合っているかどうかをしっかりと判断できません。

このことから当サイトでは少量サンプルのお試しは積極的にはおすすめしておらず、はじめから1ヶ月くらいは様子見できるサイズ(量)を購入して、愛犬の食いつきと変化を時間をかけて確認することをおすすめしています。

パーフェクションドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
豚肉・玄米・パール麦・オートミール・豚肉脂肪(ミックストコフェロールで保存)・サーモン・オート繊維・アルファルファ・乾燥全卵・トマトポマース・乾燥人参・天然香料(ポーク由来)・チーズミール・シーソルト・魚油・サンフラワーオイル・ユッカ抽出液・レシチン・ビタミン類(ビタミンA・ビタミンD3・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビオチン・葉酸・ビタミンE・ビタミンC・ナイアシン)・ミネラル類(アミノ酸鉄キレート・アミノ酸マンガンキレート・アミノ酸亜鉛キレート・アミノ酸銅キレート・硫酸第一鉄・酸化亜鉛・酸化マンガン・硫酸銅・亜セレン酸ナトリウム・炭酸コバルト・エチレンジアミン二ヨウ化水素酸塩・Dパントテン酸カルシウム・塩化カリウム)・Lリジン・DLメチオニン・プレバイオティクス・プロバイオティクス(発酵乾燥物)・グルコサミン・コンドロイチン・酸化防止剤(ローズマリー抽出物・ミックストコフェロール)

ここからは、パーフェクションドッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は「ポーク」の原材料一覧です)

良質な原材料が使われているグルテンフリーフード

パーフェクションの原材料の大きな特徴は、良質な原材料が使われているグルテンフリーフードということでしょう。

原材料一覧を見る限りでは品質・内容が不明瞭な原材料は見当たりませんし、動物性脂肪に添加されている酸化防止剤の種類まで明記されています。

また、穀物の中でアレルギーの原因になりやすい小麦、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆が使われていないことから、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも対応しやすいです。

それだけでなく、人工の酸化防止剤や着色料、香料・調味料が使われていないことも評価できます。

肉・魚が主原料のドライタイプのドッグフード

フードの販売価格が安くなるにつれて穀物の割合が増える傾向にありますが、穀物の割合が多いフードは肉食傾向の雑食である犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

それに対して、パーフェクションには肉・魚が主原料として使われています。

また、ポークを例に挙げると【豚・魚(サーモン)・卵・チーズ】といった複数の動物性タンパク源が使われており、フードから犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

パーフェクションの原材料について気になる点を挙げるとすれば、動物性原材料の割合までは記載されておらず、割合が明記されているフードと原材料の内容を比較しづらいことくらいです。

パーフェクションドッグフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 24%以上
粗脂肪 18%以上
粗繊維 4%以下
水分 10%以下
カルシウム 1.3%以上
リン 1%以上
オメガ6脂肪酸 3%
オメガ3脂肪酸 1%
エネルギー 370kcal/100g

原材料の次は、パーフェクションドッグフードの成分を評価していきます。
(※表は「ポーク」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

パーフェクションのタンパク質は24%、脂質は18%、100gあたりのカロリーは370kcalと、タンパク質と脂質は標準的な範囲で脂質は高めのドライフードになっています。

こういった成分バランスを踏まえると、適度に運動をする成犬や食が細めの成犬の主食としておすすめしたいフードです。

その一方で、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬や運動量が多い活溌な成犬用フードとしては、タンパク質の量に少し物足りなさを感じました。

また、歳をとって運動量が落ちたシニア犬用フードとしては、脂質とカロリーが高めな印象を受けます。

▼総合評価をチェックする
パーフェクションドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
900g 1,980円 1,980円 1,980円
1.8kg 3,580円 3,580円 3,580円
6kg 8,800円 8,800円 8,800円
20kg 22,000円 22,000円 22,000円

パーフェクションドッグフードを販売しているラスミックの公式通販サイトと楽天市場、Amazonで「ポーク」の販売状況を調査してみたところ、どのサイズも最安値は変わらずという結果になりました!
(販売状況と販売価格は2022年9月に確認しました)

パーフェクションは店頭ではあまり販売されていないプレミアムフードなので、パーフェクションを購入するなら販売状況もあわせて確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

通販なら重い袋を持ち運ぶ手間がありませんし、一定金額以上の購入で送料無料となる販売店も多いですからね。

パーフェクションドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3.5
成分 3.5
安全性 5.0
食いつき 4.0
コスパ 3.0
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,980円/900g
3,580円/1.8kg
8,800円/6kg
22,000円/20kg
※ポーク
※2022年9月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
原産国 オーストラリア
販売会社 ラスミック株式会社

当サイトのパーフェクションドッグフードの総合評価はBランクです。

肉・魚がどれくらい使われているのかは分からないものの、比較的アレルギーの原因になりにくい原材料が使われているグルテンフリーフードということに加えて、人間でも食べられる高品質な原材料が使われていることは魅力的です。

また、犬にとって必要のない人工添加物が使われていないことも評価できますが、子犬にはややタンパク質の量に物足りなさを感じたことや、シニア犬には脂質とカロリーが高めな印象を受けたことも評価に影響しています。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。