甲斐犬向けのドッグフードを徹底検証|おすすめの餌の選び方も解説!

引き締まったガッシリとした体格や、ワイルドな虎毛が印象的な中型犬の甲斐犬。

そんな甲斐犬の餌を選ぶにあたっては、タンパク質の内容や割合、品質に注目してフードを選んであげたり、必要のない添加物が使われていないかどうかに注目してフードを選んであげることが大切です。

この記事では甲斐犬向けのドッグフードの選び方や、甲斐犬におすすめのドッグフードをまとめているので、ぜひ愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

甲斐犬のドッグフードの選び方

甲斐犬のドッグフードを選ぶにあたって、いくつか注目しておきたいポイントがあります。

順番に見ていきましょう。

動物性タンパク源の割合に注目する

甲斐犬の引き締まったガッシリとした体格を維持するためには、動物性タンパク源の割合が多い高タンパクなフードを選んであげるのがおすすめです。

原材料一覧に使用している割合が多い順に記載されており、はじめに”鶏肉”や”白身魚”などの肉・魚が記載されていれば、動物性タンパク源が主原料として使われているフードということになります。

ただ、肉・魚が主原料として使われても第二原材料以降に穀物やイモ類・豆類が続いており、全体で見れば動物性タンパク源の割合が少ないフードもあることには気をつけてください。

必ずしも当てはまるわけではありませんが、動物性タンパク源の割合が多いフードほど高タンパクな傾向があるので、原材料だけでなく成分表もあわせて確認しておきましょう。

動物性原材料の品質にも注目する

動物性原材料の品質にも注目しておきたいところです。

ドッグフードの中には“ミールミール”“家禽ミール”といった動物性原材料が使われているものがありますが、どちらも具体的に何の肉が使われているのかが分かりません。

また、人間用の食肉としては出回らない“4Dミール(肉副産物)”が使われている可能性も否定できません。

それに対して、品質面にこだわりのあるフードなら”新鮮鶏肉”、”骨抜き生サーモン”といったように原材料の内容が明記されており、「人間でも食べられる品質の原材料を使用」というような補足がされていることがほとんどです。

 

なお、”ミール”と書かれている時点で敬遠する方もいますが、ミールという動物性原材料は【肉・魚を乾燥させて粉状にした原材料】のことを差しており、粗悪な動物性原材料という意味ではありません。

そして、ミールが使われているフードの場合でも、内容と品質についての補足が公式サイトやパッケージに補足されていることがあるので、公開されている情報にはできる限り目を通しておくことをおすすめします。

タンパク源の種類に注目する

動物性原材料(タンパク源)の割合や品質だけでなく、タンパク源の種類にも注目すべきです。

アレルギーの原因は犬によって様々ではあるものの、肉類の中では牛肉が、穀物の中では小麦が、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすい傾向があります。

そして、牛肉アレルギーの愛犬には牛肉不使用のフードを、小麦アレルギーの愛犬には小麦不使用(グルテンフリー)フードを・・・といったように、愛犬の体質に配慮してフードを選んであげることも大切です。

 

ちなみに、最近はグレインフリー(穀物不使用)フードが増えてきましたが、穀物全般にアレルギーのない愛犬にとってグレインフリーは必須ではありません。

ただ、タンパク源の種類が少ない方がアレルギーの原因を特定しやすいので、食に敏感でお腹が弱い愛犬にはタンパク源の種類が限定されたフードの中から選ぶのもいいでしょう。

必要のない添加物が使われていないかに注目する

そのほかには、必要のない添加物が使われていないかどうかにも注目しておきましょう。

例えば、人工の酸化防止剤や着色料が添加されているフードがありますが、これらの添加物がアレルギーや涙やけに繋がることがあります。

BHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために使われるものの、ローズマリー抽出物やミックストコフェロール、クエン酸といった天然由来のもので代用することもできます。

また、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬目線で考えれば人工のもの天然のものに関わらず、着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

甲斐犬用として評判のいいドッグフード15種

商品名 主原料 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
カロリー
(100gあたり)
安全性
カナガン チキン生肉 29% 15% 9% 376kcal
アーテミス(フレッシュミックス 成犬用) フレッシュチキン 23.0% 14.0% 10.0% 362kcal
シュプレモ(全犬種用[成犬用]) チキン 24.0% 15.0% 10.0% 365kcal タンパク加水分解物
ロイヤルカナン(中型犬の成犬用) 肉類 23.0% 12.0% 10.5% 385kcal 動物性油脂、加水分解タンパク
アイムス(成犬用 健康維持用 小粒 ラム&ライス) 肉類 21.0% 10.5% 10.0% 369kcal 動物性油脂、BHA、BHT
うまか 鶏肉 21.4% 9.5% 10.0% 350kcal
ブッチ(ブラック・レーベル) ビーフ 10.5% 8.5% 74.5% 116kcal
モグワン チキン&サーモン 27% 10% 9% 362kcal
やわか 鶏肉 17.3% 7.6% 27.0% 287kcal
INUMESHI(フィースト 1歳以上 中型犬用) 乾燥ターキー 24.0% 10.0% 8.0% 348kcal
ウィッシュ(サーモン) サーモン 24.0% 14.0% 10.0% 350kcal
キアオラ(ラム&サーモン) ラム生肉 30.0% 17.0% 10.0% 387kcal
ハロー(成犬用 小粒〈平飼いチキン〉) 平飼いチキン正肉 27.0% 17.0% 10.0% 376kcal
ブリスミックス(ラム 中粒) フレッシュラム 24.0% 14.0% 10.0% 357kcal
ナチュラルチョイス(中型犬〜大型犬用[成犬用]ラム&玄米) ラム 22.0% 14.0% 10.0% 355kcal タンパク加水分解物

甲斐犬用として評判のいいドッグフード15種類の主原料と主要な成分値、気がかりな添加物が使われているかどうかの比較表を作ってみました。

それぞれのフードを見比べてみると、どれに関しても動物性タンパク源が主原料として使われているものの、成分バランスにかなりの違いがあることが分かりますね。

また、BHA・BHTといった人工の酸化防止剤が使われているフードもあります。

 

なお、安全性の項目で記載した“動物性油脂”“タンパク加水分解物(加水分解タンパク)”については、使われているからといって必ずしも安全性に配慮されていないというわけではありません。

ただし、ここで抜き出した動物性油脂は具体的に何の動物の油が使われているのかが分からないことに加えて、添加されている酸化防止剤の種類が分からないことが気になります。

タンパク加水分解物(加水分解タンパク)は、製造工程について触れられていないことが気がかりです。

甲斐犬におすすめのドッグフード5選

これまでの内容を踏まえつつ、甲斐犬におすすめの5種類のドッグフードを紹介します。

なお、販売価格や原材料は調査した時点の情報を参考にしています。

カナガン

通常購入時の価格 4,708円/2kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,237円(10%オフ)
2〜4袋:4,001円(15%オフ)
5袋以上:3,766円(20%オフ)
※まとめ買い袋数に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(5袋を定期購入時)
約188円
1日あたりの餌代
(15kgの成犬を想定)
約358円
穀物 不使用
(グレインフリー)

第一原材料にチキン生肉が、第二原材料に乾燥チキンが使われており、動物性原材料の割合が実に全体の5割以上を占めているカナガン。

もちろん、安全性に配慮して必要のない添加物は一切使われていませんし、グレインフリー(穀物不使用)かつ牛肉や大豆といったアレルギーの原因になりやすいタンパク源が使われておらず、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも対応しやすくなっています。

主要な成分バランスについては、高タンパク・高脂質かつカロリーもやや高めなドライフードになっており、運動量が多い活発な甲斐犬の主食としてぴったりです。

また、100gあたりの販売価格は約188円と、動物性タンパク源が贅沢に使われているグレインフリーフードの中では手に取りやすい価格で販売されていることも評価できます。

モグワン

通常購入時の価格 4,708円/1.8kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,237円(10%オフ)
2〜4袋:4,001円(15%オフ)
5袋以上:3,766円(20%オフ)
※まとめ買い袋数に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(6袋を定期購入時)
約209円
1日あたりの餌代
(15kgの成犬を想定)
約410円
穀物 不使用
(グレインフリー)

モグワンはカナガンと同じく、動物性原材料の割合が全体の半分以上を占めるグレインフリーのドライフードです。

メインのタンパク源としてチキンが使われている点もカナガンと同じですが、モグワンにはサーモンも使われているなど、タンパク源の種類に違いがあります。

また、主要な成分バランスにも違いがあり、モグワンはカナガンと比べるとタンパク質・脂質・カロリーがやや控えめです。

このような成分バランス上、モグワンはそこまで運動量が多くない成犬や、歳をとって運動量が落ちたシニア犬用フードとしておすすめしています。

ブッチ

価格/内容量
(通常購入時)
1,430円/800g
2,860円/2kg
3,000円/800g×3本(初回限定)
価格/内容量
(定期購入時)
1,287円/800g
2,574円/2kg
※定期購入時は10%オフ
100gあたりの価格
(2kgを定期購入時)
約129円
1日あたりの餌代
(15kgの成犬を想定)
約799円
穀物 コーン、米
(グルテンフリー)

ブッチは生肉と同じ栄養成分と水分量にこだわった、チルド(ウェット)タイプのプレミアムドッグフードです。

ブッチにはタンパク源の種類が違う3種類のラインナップがありますが、どれに関しても小麦グルテンフリーのレシピを採用していることに加えて、高タンパク・高脂質なウェットフードになっています。

その一方で、水分量が多いウェットフードという性質上カロリーは控えめなので、固形物を食べ慣れていない子犬や噛む力が弱くなったシニア犬用フードとしてだけでなく、食べすぎてしまう傾向のある成犬の主食としても向いています。

ただ、ブッチだけを主食として与えるとかなり餌代が高くなってしまうため、中型犬の甲斐犬に与えるならドライフードにトッピングして与えたり、ローテーションして与えるのがおすすめです。

アーテミス

価格/内容量
(調査時点の最安値)
4,620円/3kg
8,250円/6kg
14,960円/13.6kg
※2022年10月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(6kgの価格を参照)
約138円
1日あたりの餌代
(15kgの成犬を想定)
約367円
穀物 大麦、玄米、オーツ麦、黍
(グルテンフリー)

アーテミスは年齢や犬種(サイズ)、体質や飼育環境に配慮して原材料の内容と成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えています。

この記事で取り上げている「フレッシュミックス 成犬用」は、タンパク質・脂質・カロリーが標準的な範囲のドライフードになっており、そこまで運動量が多くない成犬向きの成分バランスと捉えることができます。

その一方で、高タンパク・高脂質かつカロリーもやや高めな【H.I.T.】というシリーズもあり、愛犬の運動量や食事量に合わせてフードを選びやすいことが強みです。

また、缶詰タイプの主食用ウェットフードが製造・販売されていることも見逃せません。

シュプレモ

価格/内容量
(調査時点の最安値)
2,740円/2kg
5,171円/4kg
7,961円/7.5kg
13,200円/13.5kg
※2022年10月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(7.5kgの最安値を参照)
約106円
1日あたりの餌代
(15kgの成犬を想定)
約212円
穀物 モロコシ、大麦、オーツ麦、玄米、粗挽き米
(グルテンフリー)

ニュートロのシュプレモもアーテミスと同じように、様々な主食用ドライフードと主食ウェットフードを取り揃えています。

ここで取り上げた「全犬種用[成犬用]」については、タンパク質・脂質・カロリーが標準的な範囲になっており、歳をとって活動量が落ちたシニア犬用フードとしておすすめできます。

そして、動物性タンパク源が主原料かつグルテンフリーのプレミアムフードの中では、かなり手に取りやすい価格で販売されていることも強みです。

ただ、“タンパク加水分解物”の製造工程が分からないことは気になりました。

迷った時にはカナガンがおすすめ

カナガンドッグフードのパッケージ画像

ここまで読み進めたところで愛犬のドッグフード選びに迷った時には、カナガンをおすすめします。

当サイトが甲斐犬用のフードとしてカナガンをおすすめする理由は下記の通りです。

カナガンをおすすめする5つの理由
  • 良質な動物性原材料が全体の5割以上を占めている
  • 高タンパク・高脂質かつカロリーもやや高め
  • 穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用
  • 必要のない添加物が一切使われていない
  • 無理なく続けやすい販売価格

まず言えることは、カナガンは良質な動物性原材料の割合が全体の5割以上を占めており、甲斐犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられることです。

また、高脂質かつカロリーもやや高めなドライフードということで、運動量が多い甲斐犬の主食としてぴったりです。

それに加えて、穀物・牛肉・大豆といったタンパク源が使われていないことや、必要のない添加物が一切使われていないことも見逃せません。

そして、無理なく続けやすい価格で販売されていることも評価できます。

甲斐犬の餌の量と回数

元々は猟犬で運動能力が高い甲斐犬だからといって、そのほかの犬種とは給餌量の考え方が全く違うというわけではありません。

基本的には購入したドッグフードのパッケージや、公式サイトに掲載されている給餌量を参考にすれば大丈夫です。

ただ、どのフードについても掲載されている給餌量はあくまで“目安”でしかなく、実際には愛犬の体重や年齢だけでなく、体質や活動量によっても適切な給餌量が変わってきます。

そのため、愛犬の便の状態や体重を確認しながら給餌量を調整するようにしてください。

 

便の状態に関しては、柔らかめな便であれば餌の量が多すぎる可能性があり、反対に固めの便であれば餌の量が少ない可能性があります。

また、成犬の餌の回数は1日2回が目安となりますが、一度にたくさんの量を食べると消化不良を起こしてしまう愛犬なら3回に分けて様子見・・・といったように、体質や食事量に合わせて回数を増やす分には問題ありません。

子犬の給餌量と餌の回数の補足

育ち盛りでの子犬は成犬時よりもたくさんの栄養が必要なこともあり、それに伴い1日あたりの餌の量も多くなります。

そして、成長が緩やかになるにつれて成犬時の給餌量に近づけていきます。

子犬の餌の回数に関しては、生後2ヶ月くらいまでは1日4回を、生後3〜4ヶ月くらいまでは1日3回を目安にして、1日の必要量を食べられるようにしましょう。

生後5ヶ月以降の餌の回数は、成犬と同じ1日2回が目安になります。

シニア犬の給餌量と餌の回数の補足

シニア犬の餌の回数については、成犬時の1〜2割ほど減らした量が目安です。

ただ、シニア犬と呼ばれる年齢を迎えてすぐに活動量が落ちるわけではありませんし、特にこれといった変化がなければ餌の量を減らさなくても大丈夫です。

また、シニア犬の餌の回数は1日2〜3回が目安になりますが、一度にたくさんの量を食べると消化不良を起こしてしまう場合や、食が細くなって一度にたくさんの量が食べられない場合には、餌の回数を多めにしてあげるいいでしょう。

甲斐犬の餌代について

甲斐犬の成犬時の体重は12〜18kg前後ということで、トイプードルなどの超小型犬やミニチュアダックスなどの小型犬と比べると餌代は高くなります。

ただ、ドッグフードの種類によって販売価格はもちろんカロリーが違うこともあり、実際には与えるフードによって餌代がかなり変わってきます。

そこで参考までに、甲斐犬におすすめの3種類のドッグフードの餌代の比較表を作ってみました。
(※どれも15kgの成犬に毎日の主食として与えることを想定しています)

シュプレモ
(全犬種用[成犬用])
カナガン ブッチ
1日あたり 約212円 約358円 約799円
1ヶ月あたり 約6,360円 約10,740円 約23,970円
3ヶ月あたり 約19,080円 約32,220円 約71,910円
半年あたり 約38,160円 約64,440円 約143,820円
1年あたり 約76,320円 約128,880円 約287,640円

一概には言えないものの、一般的にはフードの販売価格が高くなるにつれて動物性原材料の割合が増えたり、原材料の品質や製造工程にこだわりを持って作られている傾向があります。

その逆に、フードの販売価格が安くなるにつれて動物性原材料の割合が減って穀物の割合が増えたり、品質・内容が不明瞭な原材料が使われていたり、必ずしも使う必要のない添加物が使われている傾向があります。

とは言え、愛犬の餌代にいくらまでかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。

まとめ

甲斐犬の餌を選ぶにあたっては、動物性タンパク源の割合や原材料の品質に注目してフードを選んであげたり、必要のない添加物が使われていないかどうかに注目してフードを選んであげることが大切です。

また、愛犬が食に敏感でお腹が弱い場合には、タンパク源の種類にも注目しておくといでしょう。

現在は何百種類ものドッグフードが販売されていますが、最終的にどのフードを買うのかを決めるのは愛犬ではなく飼い主である人間です。

だからこそ、愛犬のことを第一に考えた上で自分自身も納得のいくフード選びを心がけたいところですね。