ビーグルにおすすめの餌5選|ドッグフードの選び方を徹底解説!

筋肉質な体型と大きな垂れ耳が特徴的なビーグル。

そんなビーグルの餌を選ぶにあたっては、体型を維持できるようタンパク源の割合や内容に注目してフードを選んであげたり、運動量や食事量にも配慮してフードを選んであげることが大切です。

この記事ではビーグル向けのドッグフードの選び方や、ビーグルにおすすめのドッグフードをまとめているので、ぜひ愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

ビーグルのドッグフードの選び方

ビーグルのドッグフードを選ぶにあたって、いくつか注目しておきたいポイントがあります。

順番に見ていきましょう。

タンパク源の割合と内容に注目する

まず最初に注目しておきたいのは、タンパク源の割合と内容です。

ビーグルの筋肉質な体型を維持するためには、動物性タンパク源の割合が多いフードを選んであげることをおすすめします。

原材料一覧には割合が多い順に記載されているので、はじめに”鶏肉”や”白身魚”などの動物性原材料が記載されていれば、動物性タンパク源が主原料のフードということになります。

 

ただ、第一原材料に動物性タンパク源が記載されていたとしても、第二原材料以降に穀物やイモ類・豆類の記載が続いており、全体で見れば動物性タンパク源の割合が少ないフードもあることには注意してください。

一般的には動物性タンパク源の割合が多いほど高タンパクな傾向があるので、成分表もあわせて確認しておきましょう。
(※原材料の割合が明記されているフードもあります)

 

また、動物性タンパク源の品質にも注目しておきたいところです。

ドッグフードの中には“ミートミール”“家禽ミール”といった動物性タンパク源が使われているものがありますが、どちらも何の肉が使われているのかが分からず、人間用の食肉としては出回らない“4Dミール(副産物)”が使われている可能性も否定できません。
(※パッケージや公式サイトに品質が明記されている場合は除く)

それに対して、品質をウリにしているプレミアムフードの場合は”フレッシュチキン”、”チキン生肉”といったように原材料の内容が明記されており、「人用の食品レベルの原材料を使用」などの補足もされています。

脂質とカロリーに注目する

タンパク源の割合と内容だけでなく、脂質とカロリーにも注目すべきです。

ビーグルは食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある犬種なので、愛犬が当てはまる場合には脂質とカロリーが控えめに調整されたフードを選ぶといいでしょう。

その逆に、日頃から運動量が十分に取れていて給餌量の調整もきちんとできるのであれば、脂質とカロリーが高めなフードを選んでも問題ありません。

また、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬には成犬時よりも高脂質・高カロリーなフードを、歳をとって活動量が落ちたシニア犬には成犬時よりも低脂質・低カロリーなフードを・・・といったように、年齢にあったフードを選ぶことも大切です。

ビーグル向けの成分が含まれているかどうか

そのほかには、ビーグル向けの成分が含まれているかにも注目しておきたいところです。

ビーグルは関節が弱い傾向にあるので、【グルコサミン/コンドロイチン/コラーゲン/ヒアルロン酸/MSM(メチルスルフォニルメタン)】といった成分が配合されているフードが特におすすめです。

また、皮膚・被毛に配慮したいと考えている場合には、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量に注目しておくといいでしょう。

2つの脂肪酸はバランスよく摂り入れることが大切で、暫定的な見解ではあるものの、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1~10:1】くらいがいいのではないかと考えられています。

余計な人工添加物が使われていない

余計な人工添加物が使われていないかどうかを確認しておくことも重要です。

具体的には、BHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤であったり、フードに色味をつけるための人工の着色料で、これらの添加物がアレルギーや涙やけの原因になることがあります。

人工の酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために使われるものの、ミックストコフェロールやローズマリー抽出物といった天然由来のもので代用することもできます。

また、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

ビーグル用として口コミのいいドッグフード15種

商品名 主原料 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
カロリー
(100gあたり)
安全性
ウェルケア(ビーグル専用 オールステージ) 肉類 24.5% 10.5% 10.0% 340kcal 動物性油脂
ブッチ(ブラック・レーベル) ビーフ 10.5% 8.5% 74.5% 116kcal
モグワン チキン&サーモン 27% 10% 9% 362kcal
ナチュラルチョイス(中型犬〜大型犬用[成犬用] チキン&玄米) チキン 20.0% 12.0% 10.0% 360kcal タンパク加水分解物
ロイヤルカナン(ビーグル専用フード 成犬〜高齢犬用) 肉類 25.0% 10.0% 10.5% 358kcal 動物性油脂、加水分解タンパク
アイムス(成犬用 健康維持用 小粒 ラム&ライス) 肉類 21.0% 10.5% 10.0% 369kcal 動物性油脂、BHA、BHT
モアソフト(チキン 成犬用) 肉類 17.0% 7.0% 30.0% 311kcal プロピレングリコール、膨張剤、エリソルビン酸Na
オリジン(オリジナル) 新鮮鶏肉 38% 18% 12% 386kcal
グランデリ(カリカリ仕立て 低脂肪 味わいビーフ入りセレクト) 穀類 21.0% 7.0% 13.0% 340kcal 動物性油脂、プロピレングリコール、調味料、着色料、pH調整剤、エリソルビン酸Na
このこのごはん 鶏肉 21.5% 7.5% 10.0% 342kcal
サイエンスダイエット(1〜6歳 小粒 成犬用 ラム&ライス) トウモロコシ 20.0% 13.0% 10.5% 371kcal 動物性油脂
JPスタイル 和の究み(小粒 1歳からの成犬用) 小麦全粒粉 24.0% 14.0% 10.0% 360kcal
ナチュロル 新鮮牛生肉 23〜27% 10% 9% 400kcal
ビューティープロ(成犬用 1歳から) 穀類 25.0% 13.5% 10.0% 380kcal 動物性油脂
シュプレモ(全犬種用[成犬用]) チキン 24.0% 15.0% 10.0% 365kcal タンパク加水分解物

ビーグル用として人気で口コミのいいドッグフード15種類を比較してみました。

主原料や主要な成分を見比べてみると、主原料として穀物が使われているものや、タンパク質含有量に物足りなさを感じるフードがあることが分かりますね。

また、人工の酸化防止剤や着色料など、必ずしも使う必要のない添加物が使われているフードもあります。

 

なお、動物性油脂タンパク加水分解物については、使われているからといって必ずしも安全性に配慮されていないというわけではありません。

ただ、この項目で取り上げている動物性油脂に関しては、具体的に何の動物の油が使われているのかが分からないだけでなく、添加されている酸化防止剤の種類が分からないことが気になります。

タンパク加水分解物についても、製造工程の説明がないことが気がかりです。

ビーグルにおすすめのドッグフード5選

これまでの内容を踏まえつつ、ビーグルにおすすめのドッグフードを5種類紹介します。

なお、販売価格や原材料は調査した時点の情報を参考にしています。

モグワン

通常購入時の価格 4,708円/1.8kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,237円(10%オフ)
2〜4袋:4,001円(15%オフ)
5袋以上:3,766円(20%オフ)
※まとめ買い袋数に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(6袋を定期購入時)
約209円
1日あたりの餌代
(10kgの成犬を想定)
約303円
穀物 不使用
(グレインフリー)

モグワンはイギリス産のグレインフリー(穀物不使用)のプレミアムドッグフードで、メインの動物性タンパク源として放し飼いチキン生肉と生サーモンが使われています。

そのほかにも乾燥チキンや乾燥サーモンが使われており、動物性原材料の占める割合は全体の約57%と多く、ビーグルにとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

そして、高タンパクな一方で脂質は控えめに、カロリーは標準的な範囲になっていることから、適度に運動をするビーグルの主食としてぴったりです。

また、【グルコサミン/MSM/コンドロイチン】が配合されていることも評価できます。

シュプレモ

価格/内容量
(調査時点の最安値)
2,740円/2kg
5,171円/4kg
7,961円/7.5kg
13,200円/13.5kg
※2022年10月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(4kgの最安値を参照)
約129円
1日あたりの餌代
(10kgの成犬を想定)
約194円
穀物 モロコシ、大麦、オーツ麦、玄米、粗挽き米
(グルテンフリー)

シュプレモは年齢や犬種、飼育環境や体質にあわせて原材料と成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えています。

この記事で取り上げている「全犬種用[成犬用]」は、タンパク質・脂質・カロリーが標準的な範囲のドライフードになっており、適度に運動をするビーグル向きの成分バランスと捉えることができます。

その一方で、「体重管理用」は脂質とカロリーが控えめに調整されており、食べすぎてしまう傾向のあるビーグルにも対応しやすいです。

原材料については、“タンパク加水分解物”の製造工程が分からないことは気がかりではあるものの、そのほかに気になる添加物は見当たりませんし、【チキン/ビーフ/ラム/ダック】といった動物性タンパク源が主原料として使われています。

ブッチ

価格/内容量
(通常購入時)
1,430円/800g
2,860円/2kg
3,000円/800g×3本(初回限定)
価格/内容量
(定期購入時)
1,287円/800g
2,574円/2kg
※定期購入時は10%オフ
100gあたりの価格
(2kgを定期購入時)
約129円
1日あたりの餌代
(10kgの成犬を想定)
約600円
穀物 コーン、米
(グルテンフリー)

ブッチは生肉と同じ栄養成分と水分含有度にこだわった、チルド(ウェット)タイプのプレミアムドッグフードです。

そして、3種類のラインナップ全てに動物性タンパク源が主原料として使われているのはもちろん、アレルギーに配慮して【小麦/グルテン/イースト】といった原材料が使われていません。

主要な成分バランスについては、高タンパク・高脂質なウェットフードにはなっているものの、水分量が多いこともあってカロリーは控えめで、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい愛犬用として向いています。

また、ブッチだけを与えるのではなくドライフードにトッピングして与えたり、ドライフードとローテーションして与えるのもいいですね。

オリジン

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,454円/340g
4,360円/2kg
12,780円/5.9kg
17,580円/11.3kg
※2022年9月にAmazonで確認
100gあたりの価格
(2kgの最安値を参照)
約218円
1日あたりの餌代
(10kgの成犬を想定)
約294円
穀物 不使用
(グレインフリー)

グレインフリーのレシピを採用しているだけでなく、動物性原材料の占める割合が実に全体の80%以上を占めているオリジン。

この記事では「オリジナル」を取り上げていますが、どのラインナップも非常に高タンパクかつ脂質とカロリーも高めな傾向があり、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬や、運動量が多い活発な成犬用フードとしてぴったりです。

その逆に、食べすぎてしまう傾向のある成犬用フードとしてはおすすめ度が下がります。

また、非常に高タンパクなドッグフードという特性上、歳をとったシニア犬にタンパク質が控えめなフードを与えたいと考えている場合にも向いていません。

このこのごはん

価格/内容量 通常購入:3,850円/1kg
定期初回:3,278円/1kg
定期購入:6,556円/1kg×2袋
※定期購入時は15%オフ
※定期2回目以降は2袋以上のまとめ買いが条件
100gあたりの価格
(定期購入時)
約328円
1日あたりの餌代
(10kgの成犬を想定)
約590円
穀物 大麦、玄米
(グルテンフリー)

このこのごはんは主原料として良質なタンパク源となる国産鶏肉を使いつつ、消化吸収に配慮して小麦グルテンフリーのレシピを採用している国産ドッグフードです。

また、人工の酸化防止剤や着色料、調味料や香料といった添加物は一切使われておらず、動物性の油脂が吹きかけられていないノンオイルコーティングのドライフードということも特徴です。

成分バランスに関しては、タンパク質・脂質・カロリーがやや控えめに調整されていることから、「歳をとったシニア犬にタンパク質が控えめなフードを与えたい」と考えている場合に向いています。

ただ、100gあたりの価格が約328円ということで、月々の餌代がかなり高くなってしまうことがデメリットと言えます。

迷った時にはモグワンがおすすめ

モグワンドッグフードのパッケージ画像

ここまで読み進めたところで愛犬のドッグフード選びに迷った時には、モグワンをおすすめします。

当サイトがビーグル用のフードとしてモグワンをおすすめする理由は下記の通りです。

モグワンをおすすめする5つの理由
  • 動物性タンパク源が贅沢に使われている
  • 脂質が控えめかつカロリーは標準的
  • 穀物・大豆・牛肉不使用のレシピを採用
  • 余計な人工添加物が使われていない
  • 無理なく続けやすい販売価格

まず第一に言えることは、モグワンには放し飼いチキン生肉や生サーモンといった動物性タンパク源が贅沢に使われており、ビーグルにとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられることです。

そして、脂質が控えめかつカロリーは標準的な範囲になっていることから、給餌量の調整次第で子犬からシニア犬までの全年齢に対応することができます。

また、アレルギーの原因になりやすいタンパク源が使われていないことと、余計な人工添加物が一切使われていないことも見逃せません。

それに加えて、無理なく続けやすい価格で販売されていることも評価できます。

ビーグルの餌の量と回数について

食欲旺盛な傾向のあるビーグルとは言っても、その他の犬種と餌の量が全く違うということはなく、基本的にはドッグフードのパッケージに掲載されている量を目安にすれば大丈夫です。

ただ、どのフードの量についてもあくまで“目安量”でしかなく、実際には愛犬の年齢や体重だけでなく、運動量や体質によっても適切な量が変わってきます。

そのため、愛犬の体重や便の状態を確認しながら餌の量を微調整するようにしてください。

 

なお、便の状態については、柔らかめであれば餌の量が多すぎる可能性があり、固めであればその逆に餌の量が少ない可能性があります。

それと、1歳以上の成犬の餌の回数は1日2回が目安になりますが、食べすぎてしまう傾向がある場合は3回に増やして様子を見てみる・・・といったように、愛犬の食事量などに合わせて調整すれば問題ありません。

子犬の給餌量と餌の回数の補足

育ち盛りの子犬は成犬時よりもたくさんの栄養が必要なことから、1日あたりの餌の量も多くなります。

そして、成長が緩やかになるにつれて成犬時の給餌量に近づけていきます。
(※フードによっては月齢と体重別の給餌量の目安も掲載されています)

子犬の餌の回数については、生後2ヶ月くらいまでは1日4回を目安に、生後3〜4ヶ月くらいまでは1日3回を目安にしつつ、1日の必要量を食べられるよう調整するといいでしょう。

生後5ヶ月以降の餌の回数に関しては、成犬と同じ1日2回が目安になります。

シニア犬の給餌量と餌の回数の補足

7歳以上のシニア犬の給餌量については、成犬時の1〜2割ほど減らした量が目安です。

ただ、7歳になったからといって急に活動量が落ちるわけではありませんし、それまでと活動量が変わらないようであれば、特に餌の量は減らさなくても大丈夫です。

シニア犬の餌の回数に関しては1日2〜3回を目安にしつつ、食が細くなって一度にたくさんの量が食べられなくなった場合や、一度にたくさん食べると消化不良を起こしてしまう場合には、餌の回数を多めにしてあげるといいでしょう。

まとめ

筋肉質な体型のビーグルの餌を選ぶにあたっては、体型を維持できるようタンパク源の割合や内容に注目してフードを選んであげたり、運動量や食事量にも配慮してフードを選んであげることが大切です。

また、【グルコサミン/コンドロイチン/コラーゲン/ヒアルロン酸/MSM(メチルスルフォニルメタン)】といった成分が配合(強化)されているかどうかにも注目しておくといいでしょう。

現在は何百種類ものドッグフードが販売されていますが、最終的にどのフードを買うのかを決めるのは愛犬ではなく飼い主である人間です。

だからこそ、愛犬のことを第一に考えた上で自分自身も納得のいくフード選びを心がけたいところですね。