ダルメシアンにおすすめのドッグフードは?15種類の餌を徹底検証!

白地に黒、あるいは茶色の斑点が入った独特の柄に、引き締まった筋肉質な体が特徴的なダルメシアン。

そんなダルメシアンの餌を選ぶにあたっては、動物性タンパク源である肉・魚の割合や脂質とカロリーのバランス、ダルメシアン向けの成分が配合(強化)されているかに注目してフードを選んであげることが大切です。

この記事ではダルメシアン向けのドッグフードの選び方や、ダルメシアンにおすすめのドッグフードをまとめているので、ぜひ愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

ダルメシアンのドッグフードの選び方

ダルメシアンのドッグフードを選ぶにあたって、いくつか注目しておきたいポイントがあります。

順番に見ていきましょう。

動物性タンパク源である肉・魚が主原料か

最初に確認しておきたいことは、動物性タンパク源である肉・魚が主原料として使われているかです。

これはダルメシアンだけに限った話ではなく、肉食傾向の雑食である犬にとって動物性タンパク質は大切な栄養素です。

その一方で、フードの価格が安くなるにつれて肉・魚の割合が減る代わりに穀物の割合が増える傾向にありますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物の含まれているフードは、下痢や吐き戻しといった消化不良の原因になりえます。

 

このことからダルメシアンには、主原料として肉・魚が使われている高タンパクなフードを選んであげることをおすすめしています。

原材料一覧には使われている割合が多い順に記載されているので、はじめにチキンやフィッシュといった動物性原材料が記載されていれば、主原料として肉・魚が使われているフードということになります。

ただ、第二原材料以降に穀物やイモ類、豆類の記載が続いており、全体で見ればそれほど肉・魚の割合が多くないフードもあるので、第二原材料以降と成分表のタンパク質含有量まできちんと確認しておきましょう。

タンパク源の種類が愛犬に合っているか

特定のタンパク源にアレルギーのあるダルメシアンも少なくないので、タンパク源の種類にも注目しておきたいところです。

アレルギーの原因は犬によって様々ですが、穀物の中では小麦が、肉類の中では牛肉が、豆類の中では大豆が特にアレルギーの原因になりやすい傾向があります。

そして、愛犬が小麦アレルギーなら小麦不使用のフードを、牛肉アレルギーなら牛肉不使用のフードを・・・といったように、原因になっているタンパク源が使われていないフードを選ぶ必要があります。

ちなみに、タンパク源の種類がシンプルなフードはアレルギーの原因を特定しやすいというメリットがあるので、食に敏感な愛犬にはグレインフリーフードや、動物性タンパク源が限定されたフードからお試ししてみるのもおすすめです。

脂質とカロリーのバランスが愛犬向きか

脂質とカロリーのバランスにも気を配っておくべきです。

ダルメシアンは馬車の伴走犬だったこともあり、抜群の持久力と活動量のある大型犬ですが、日頃から十分に運動時間を確保できる方もいればそうでない方もいるでしょう。

また、食事量にも配慮してフードを選ぶことも重要です。

例えば、愛犬がそこまで運動量が多くない場合や、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある場合には、脂質とカロリーが控えめなフードが向いています。

 

反対に、愛犬の運動量がかなり多い場合や、食が細くてたくさんの量が食べられない場合には、脂質とカロリーが高めなフードが向いています。

それと、育ち盛りの子犬には成犬時よりも高脂質・高カロリーなフードを、活動量が落ちたシニア犬には成犬時よりも低脂質・低カロリーなフードを・・・といったように、愛犬の年齢に合わせてフードを選ぶことも大切です。

ダルメシアン向けの成分が含まれているか

そのほかには、ダルメシアン向けの成分が配合(強化)されているかにも注目しておくといいでしょう。

ダルメシアンは活発な大型犬ということもあり、足腰や関節に負担がかかりやすいです。

このことから、【グルコサミン/コンドロイチン/コラーゲン/ヒアルロン酸/MSM(メチルスルフォニルメタン)】といった成分が配合されているフードが特におすすめです。

 

また、皮膚・被毛に配慮したいと考えている場合には、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量に注目してみてください。

2つの脂肪酸はどちらか一方だけを摂り入れればいいというわけではなく、バランスよく摂り入れることが大切です。

そして、現時点の暫定的な見解ではあるものの、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1〜10:1】くらいがいいのではないかと考えられているので、愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

必要のない添加物が使われていないか

必要のない添加物が使われていないかにも注目すべきです。

ドッグフードの中には人工の酸化防止剤や着色料が使われているものもありますが、それらの添加物がアレルギーや涙やけの原因になることがあります。

酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために添加されるものの、BHA・BHTといった人工のものではなく、ローズマリー抽出物やミックストコフェロールといった天然由来のもので代用することができます。

 

人工の着色料はフードの見た目をよくするために使われますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していません。

つまり、犬の立場になって考えれば人工のもの、天然由来のものにかかわらず、着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はないということです。

ダルメシアン用として評判のいいフード15種

商品名 主原料 タンパク質 脂質 水分 カロリー
(100gあたり)
オメガ6:オメガ3 気がかりな原材料
モグワン チキン&サーモン 27%以上 10%以上 9%以下 361.5kcal 1.4:1
キアオラ(ラム&サーモン) ラム生肉 30.0%以上 17.0%以上 10.0%以下 約387.4kcal
ナチュラルバランス(ホールボディヘルス) 鶏肉 23.0%以上 13.0%以上 10.0%以下 361kcal 6.3:1
アカナ(ラージブリード 成犬用) 新鮮鶏肉 31%以上 15%以上 12%以下 337.5kcal 2:1
ロータス イワシ 25%以上 14%以上 10%以下 342.8kcal 5:1
カナガン(チキン) チキン生肉 29%以上 15%以上 9%以下 376kcal 3.1:1
ナチュラルハーベスト(レジーム) チキンミール 25.0%以上 5.0%以上 10.0%以下 286kcal 3.3:1
ブッチ(ブラック・レーベル) ビーフ 10.5%以上 8.0%以上 74.5%(最大) 116kcal
ヤムヤムヤム(チキン ドライタイプ) 鶏肉 23.9%以上 8.5%以上 10.0%以下 348kcal 4.9:1
ネルソンズ 乾燥チキン 28%以上 11%以上 12%以下 368kcal
ナチュロル 新鮮牛生肉 23〜27% 10%以上 9%以下 400kcal
アーテミス(フレッシュミックス 成犬用) フレッシュチキン 23.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 361.5kcal 5.5:1
カークランド(成犬用 ラム・ライス&ベジタブル) ラム 23.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 約365kcal 5.5:1 香料
シュプレモ(成犬用) チキン(肉) 24.0%以上 15.0%以上 10.0%以下 365kcal 5.5:1 タンパク加水分解物
ソリッドゴールド(フントフラッケン) ラム 22.0%以上 10%以上 10.0%以下 341.0kcal 8.3:1

ダルメシアン用として評判のいい15種類のドッグフードの主原料や主な成分値、気がかりな原材料が使われていないかを比較してみました。

順番に目を通してみると、どのフードにも肉・魚が主原料として使われていることが分かりますね。

その一方で、主要な成分値はフードによって様々で、高タンパク質・高脂質・高カロリーなフードもあれば、タンパク質・脂質・カロリーが控えめなフードもあります。

 

なお、“タンパク加水分解物”については、使われているからといって必ずしも安全性に配慮されていないというわけではありません。

ただ、ここで抜き出したタンパク加水分解物に関しては、製造工程の説明がされていないことが気になりました。

ダルメシアンにおすすめのドッグフード5選

これまでの内容を踏まえつつ、ダルメシアンにおすすめの5種類のドッグフードを紹介します。

なお、販売価格や原材料、成分は調査した時点の情報を参考にしています。
(※2023年12月に公式サイトとAmazonで調査)

ネルソンズ

ネルソンズドッグフードのパッケージ(表面1)

通常購入時の価格 9,196円/5kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1〜2袋:7,816円(15%オフ)
3袋以上:7,356円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(3袋を定期購入時)
約147円
1日あたりの餌代
(28kgの成犬を想定)
約481円
穀物 不使用
(グレインフリー)

ネルソンズは中型犬・大型犬向けに販売されている中粒サイズのドッグフードで、主原料として使われているチキンの割合が全体の5割を占めています。

また、穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用していることから、複数のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも対応しやすくなっています。

もちろん、着色料などの犬にとって必要のない添加物は一切使われていませんし、グルコサミン・コンドロイチンが配合されていることも見逃せません。

主要な成分バランスについては、高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲になっており、適度に運動をするダルメシアンの主食としてぴったりです。

アカナ

アカナドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「ラージブリード 成犬用」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
15,405円/11.4kg
100gあたりの価格 約135円
1日あたりの餌代
(28kgの成犬を想定)
約430円
穀物 不使用
(グレインフリー)

良質な動物性原材料が贅沢に使われていることに加えて、犬種(サイズ)や食の好み、年齢や飼育環境に配慮して、原材料の内容と成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えているアカナ。

この記事で取り上げている「ラージブリード 成犬用」については、高タンパク・高脂質な一方でカロリーは控えめに調整されていますが、高脂質・高カロリーなフードや低脂質・低カロリーなフードもあり、愛犬の食事量と運動量に配慮してフードを選べます。

また、グレインフリー(穀物不使用)かつ動物性タンパク源が1種類に限定された【シングル】というシリーズがあり、複数のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも幅広く対応できます。

なお、アカナはほぼ全てのラインナップがグレインフリーのレシピを採用していますが、【クラシック】というシリーズのフードにはオーツ麦(穀物)が使われています。

モグワン

モグワンドッグフードのパッケージ画像(表面1)

通常購入時の価格 5,038円/1.8kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(5袋を定期購入時)
約224円
1日あたりの餌代
(28kgの成犬を想定)
約701円
穀物 不使用
(グレインフリー)

メインのタンパク源としてチキンとサーモンが使われており、2つの動物性原材料の割合が全体の半分以上を占めているモグワン。

それに加えて、穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用している点や、グルコサミン・コンドロイチンが配合されている点は、最初に紹介したネルソンズと同じです。

また、主要な成分バランスについてもネルソンズとよく似ていますが、モグワンは中粒ではなく小粒サイズのドライフードになっています。

このことから、ドライフードを早食いしてしまう傾向のある愛犬用としてはおすすめしておらず、小粒のドライフードを少しずつ食べるのが好きな愛犬用フードとしておすすめしています。

シュプレモ

シュプレモドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「成犬用」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
3,359円/2kg
5,744円/4kg
9,709円/7.5kg
16,252円/13.5kg
100gあたりの価格
(7.5kgの最安値を参照)
約129円
1日あたりの餌代
(28kgの成犬を想定)
約413円
穀物 モロコシ、大麦、オーツ麦、玄米、粗挽き米

ニュートロのシュプレモは年齢や飼育環境、食の好みに配慮して原材料の内容と成分バランスを調整したフードを取り揃えています。

全体的には(超)小型犬向けのラインナップが多いですが、ここで取り上げている「成犬用」は全犬種向けのドライフードで、やや高脂質な一方でタンパク質とカロリーは標準的な範囲になっています。

そして、シュプレモはどのラインナップも動物性タンパク源が主原料かつ小麦グルテンフリーのレシピを採用しており、人工の酸化防止剤や着色料といった添加物も使われていません。

“タンパク加水分解物”の製造工程が不明瞭な点は気になるものの、上記の条件を満たしたフードの中ではお手頃な価格で販売されていることを評価してピックアップしました。

ブッチ

ブッチ(犬用)のイメージ画像

価格/内容量
(通常購入時)
1,650円/800g
3,300円/2kg
3,000円/800g×3本(初回限定)
価格/内容量
(定期購入時)
1,485円/800g
2,970円/2kg
※定期購入時は10%オフ
100gあたりの価格
(2kgを定期購入時)
約149円
1日あたりの餌代
(28kgの成犬を想定)
約1,751円
穀物 コーン、米
(グルテンフリー)

ここまではドライフードを取り上げてきましたが、ブッチは水分量が多いチルド(ウェット)タイプのドッグフードで、動物性タンパク源の内容が違う3種類のラインナップを取り揃えています。

そして、どのラインナップにも犬にとって必要のない添加物が一切使われていないことはもちろん、小麦・グルテン・イースト不使用のレシピを採用しています。

水分量が多いフードという性質上、ドライフードよりもカロリーが控えめなので、固形物を食べ慣れていない子犬や噛む力が弱くなったシニア犬だけでなく、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成犬用フードとしても向いています。

ただ、毎食ブッチだけを主食として与えるとなると月々の餌代がかなり高くなってしまうので、主食用ドライフードにトッピングして与えたり、ドライフードとローテーションして与えるのがおすすめです。

ダルメシアンの餌で迷った時はネルソンズがおすすめ

ネルソンズドッグフードのパッケージ(表面2)

ここまで読み進めたところで愛犬のドッグフード選びに迷った時には、ネルソンズをおすすめします。

当サイトがダルメシアン用のフードとして、ネルソンズをおすすめする理由は以下の通りです。

ネルソンズをおすすめする5つの理由
  • 主原料のチキンの割合が全体の5割を占めている
  • 高タンパク・低脂質でカロリーは標準的なドライフード
  • ダルメシアン向けの成分が配合されている
  • 犬にとって必要のないものは不使用
  • 無理なく続けやすい販売価格

まず言えることは、ネルソンズは主原料のチキンの割合が全体の5割を占めており、ダルメシアンにとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられることです。

それに加えて、高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲になっており、適度に運動をするダルメシアンの主食としてぴったりです。

また、グルコサミン・コンドロイチンが配合されていることや、香料・着色料といった犬にとって必要のないものが一切使われていないこと、穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用していることも見逃せません。

そして、無理なく続けやすい価格で販売されていることも評価できます。

ダルメシアンの餌の量と回数

ダルメシアンだからといってその他の犬種とは餌の量の考え方が全く違うということはなく、基本的には購入したドッグフードのパッケージや冊子、公式サイトなどに掲載されている給餌量を参考にすれば大丈夫です。

ただ、どのフードの給餌量もあくまで“目安量”でしかなく、実際には年齢や体重だけでなく、体質や飼育環境によっても最適な給餌量が変わってきます。

そのため、愛犬の便の固さや体重を確認しながら給餌量を調整するようにしてください。

 

便の固さについてですが、柔らかめの便をするなら餌の量が多い場合があり、その逆に固めの便をするなら餌の量が少ない可能性があります。

それと、成犬の餌の回数は1日2回が目安ですが、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向があるなら3回に分けて様子見・・・といったように、愛犬の食事量に合わせて回数を増やす分には問題ありません。

子犬の給餌量と餌の回数の補足

育ち盛りの子犬は成犬時よりもたくさんの栄養が必要なこともあり、必然的に体重に対しての餌の量が多くなります。

そして、成長が緩やかになるにつれて成犬時の給餌量に近づけていきます。

子犬の餌の回数に関しては、生後2〜3ヶ月頃までは1日4〜5回を、生後4〜5ヶ月頃までは1日3〜4回を目安にして、1日の必要量を食べられるようにしましょう。

それ以降の子犬の餌の回数は、成犬と同じ1日2回が目安になります。

シニア犬の給餌量と餌の回数の補足

5〜6歳を過ぎたシニア犬の給餌量は、成犬時の1〜2割ほど減らした量が目安です。

ただ、シニア犬と言われる年齢を迎えてすぐに活動量が落ちるわけではありませんし、愛犬にこれといった変化がなければ餌の量は減らさなくても大丈夫です。

シニア犬の餌の回数は1日2〜3回を目安にしつつ、一度にたくさんの量を食べると消化不良を起こしてしまう時や、食が細くなってたくさんの量が食べられなくなった時には、餌の回数を多めにしてあげるといいでしょう。

ダルメシアンの餌代について

ダルメシアンはオスで27〜32kg程度、メスで24〜29kg程度まで成長する大型犬なので、トイプードルやチワワなどの(超)小型犬と比べると月々の餌代はかなり高いです。

ただ、フードによって販売価格やカロリーが違うこともあり、実際には与えるフードによっても餌代が大きく変わります。

そこで参考までに、ダルメシアンにおすすめの3種類のドッグフードの餌代の比較表を作ってみました。
(※どれも28kgの成犬に毎日の主食として与えることを想定しています)

シュプレモ
(成犬用)
ネルソンズ ブッチ
1日あたり 約413円 約481円 約1,751円
1ヶ月あたり 約12,390円 約14,430円 約52,530円
3ヶ月あたり 約37,170円 約43,290円 約157,590円
半年あたり 約74,340円 約86,580円 約315,180円
1年あたり 約148,680円 約173,160円 約630,360円

一概には言えないものの、一般的にはフードの価格が高くなるにつれて肉・魚の割合が増えたり、原材料の品質や製造工程にこだわりを持って作られている傾向があります。

その逆に、フードの価格が安くなるにつれて肉・魚の割合が減って穀物の割合が増えたり、品質と内容が不明瞭な原材料が使われていたり、犬にとって必要のない添加物が使われている傾向があります。

とは言え、愛犬の餌代にいくらまでかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。

まとめ

ダルメシアンの餌を選ぶにあたっては、動物性タンパク源である肉・魚の割合や脂質とカロリーのバランス、ダルメシアン向けの成分が配合(強化)されているかに注目してフードを選んであげることが大切です。

また、タンパク源の種類が愛犬の体質に合っているか、犬にとって必要のない添加物が使われていないかにも気を配っておくべきです。

現在は何百種類ものドッグフードが販売されていますが、最終的にどのフードを買うのかを決めるのは愛犬ではなく飼い主である人間です。

だからこそ、愛犬のことを第一に考えた上で自分自身も納得のいくフード選びを心がけたいところですね。