ピュリナ プロプランドッグフードの口コミは?愛犬家の評価を調査&検証!

ピュリナの最高峰ブランドである「プロプラン」は、犬の年齢や犬種、飼育環境に配慮して成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えています。

また、どのラインナップにも肉・魚が主原料として使われていることや、合成着色料・香料が使われていないことも特徴です。

今回はそんなピュリナ プロプラン(犬用)の口コミ・評判を115件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ピュリナ プロプラン(犬用)の悪い口コミ・評判

ピュリナ プロプラン(犬用)の悪い口コミ・評判は「残念ながら食いつきはいまいち」、「市販の国産ドッグフードと比較すると値段が高い」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、プロプランには食いつきをよくするための人工の香料・調味料が使われていないことや、動物性原材料の割合が比較的多いドライタイプのドッグフードということが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(9件)
  • 値段が高い(6件)
  • うちの犬には合わなかった(5件)
  • 大粒で食べづらそう(3件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年10月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

プロプランの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

「食いつきがいい」というレビューの方が遥かに多かったものの、どんな犬でも気に入ってくれる嗜好性の高いフードはまずありません。

プロプランは天然由来の原材料そのものの香りで風味が整えられていますが、一般的には人工の香料・調味料で風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあります。

そのため、愛犬がそれらの人工添加物が使われていないフードを食べ慣れていない場合には、フードの切り替えに苦労するかもしれません。

値段が高い

次に多かった悪い口コミ・評判は、「値段が高い」という内容のレビューです。

プロプランの100gあたりの値段は約100円と、確かにホームセンターやペットショップでよく見かける激安の国産フードと比較すると高いです。
(※スタンダードレンジ”成犬用/小型犬/チキン”の2.5kgサイズの最安値を参考にしています)

ただ、激安フードには肉・魚よりも安く仕入れることができる穀物が主原料として使われているのに対して、プロプランには肉・魚が主原料として使われていたり、人工の香料や着色料、酸化防止剤が使われていないといった違いがあります。

また、肉・魚が贅沢に使われているプレミアムフードの中には、プロプランの3倍以上の値段で販売されているものもありますし、高級フードまでを含めて総合的に販売価格を比較すれば、プロプランは手に取りやすい価格帯のドッグフードと捉えることができます。

うちの犬には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューです。

具体的には「吐く回数が増えた」、「下痢気味になった」という飼い主の声を確認できました。

吐き戻しや下痢の理由として考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

 

プロプランはほとんどのラインナップに”小麦”が使われていますが、小麦は穀物の中でも特にアレルギーの原因になりやすいという問題があります。

また、体質によっては”とうもろこし”や”コーングルテン”といったそのほかの穀物が合わないこともありますし、【スタンダードレンジ】というシリーズのフードには豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆も使われています。

そのため、食に敏感でお腹が弱い愛犬にプロプランを与えようと考えているなら、タンパク源として何が使われているのかをしっかりと確認しておきましょう。

 

次の餌の切り替えについてですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や吐き戻しが増える可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因を特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

それと、プロプランの子犬用フードと小型の成犬用フードは脂質が高めな傾向がありますが、高脂質なフードが合わずに消化不良を起こすこともありますよ。

大粒で食べづらそう

悪い口コミ・評判の中には、「プロプランは大粒で食べづらそう」というレビューもありました。

プロプランの粒の大きさはラインナップによって違い、基本的には小型犬用は小さめの、中型犬・大型犬用は大きめの粒サイズになっています。

全犬種用は中粒サイズになっているので、あまり体が大きくない愛犬や噛む力が弱い愛犬にとっては食べにくいかもしれません。

ただ、フードの形状の好みは犬それぞれで違いますし、粒の形状についての口コミ・評判はあまり参考にならない・・・というのが率直な感想です。

▼総合評価をチェックする
ピュリナ プロプランドッグフードの総合評価

ピュリナ プロプラン(犬用)の良い口コミ・評判

ピュリナ プロプラン(犬用)の良い口コミ・評判は「食いつきがいい愛犬お気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「プレミアムフードの中ではお手頃な値段」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、プロプランには肉・魚が主原料として使われていることや、全体的に高タンパクなドッグフードになっていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(58件)
  • うちの犬には合っている(15件)
  • お手頃な値段(6件)
  • 小粒で食べやすそう(5件)
  • 原材料に安心感がある(5件)
  • 成分バランスがいい(3件)

という結果になっています。

食いつきがいい

プロプランの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが9件、「食いつきがいい」というレビューが58件という件数を踏まえても、プロプランは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

この理由として考えられるのは、プロプランはどのラインナップにも肉・魚が主原料として使われており、天然由来の原材料そのものの香りで嗜好性が高められていることです。

また、子犬用と成犬用にはチキンが主原料として使われているものと、サーモンが主原料として使われているものがあり、愛犬の食の好みに合わせてどちらかを選べることも強みと言えます。

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は、「うちの犬には合っている」という内容のレビューです。

具体的には「いい便が出るようになった」、「毛並み・毛艶が良くなった気がする」といった飼い主の声を確認できました。

この理由としてまず考えられるのは、プロプランは肉・魚が主原料かつ全体的に高タンパクなドッグフードということです。

 

フードの販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向にありますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではなく、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードが体質に合わない犬もいます。

このことから、切り替え前に与えていたフードの内容によっては、プロプランに切り替えることで便の固さが安定する可能性はあります。

 

また、毛並み・毛艶に関しては、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の含有量も関係していると考えられます。

2つの脂肪酸はどちらか一方だけを摂り入れればいいというわけではなく、バランスよく摂り入れることが大切です。

そこで気になってプロプランの成分表に目を通してみましたが、残念ながら2つの脂肪酸の含有量までは掲載されていませんでした。

なお、暫定的な情報ではありますが、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスは【5:1~10:1】くらいがいいのではないかと考えられてるので、愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

お手頃な値段

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「プロプランはお手頃な値段で販売されている」という内容のレビューです。

悪い口コミ・評判の項目でも説明したように、プロプランはプレミアムフードの中では手に取りやすい価格帯のフードと言えます。

もちろん、販売価格が高くなるほど動物性原材料の割合が増える傾向にありますし、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しているなどの違いも出てきます。

ただ、愛犬にこれといったアレルギーがないならグレインフリーは必須ではありませんし、「安全性に配慮しつつも、できるだけお手頃な値段のフードを与えたい」ということであれば、プロプランを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。

小粒で食べやすそう

「大粒で食べづらそう」というレビューとは対照的に、「小粒で食べやすそう」というレビューも確認できました。

悪い口コミ・評判の項目で触れましたが、スタンダードレンジの中型・大型の成犬用は大粒サイズになっている一方で、スペシャルレンジの小型の成犬用は小粒サイズになっています。

このことから、愛犬の犬種(サイズ)に合ったラインナップを選べば、食べられないほど大粒というケースは少ないと思います。

原材料に安心感がある

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると、「プロプランは原材料に安心感がある」という内容のレビューもありました。

フードの酸化を抑えるために人工の酸化防止剤が使われているフードは少なくありませんが、プロプランは天然由来のもので代用していることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、色味をつけるために人工の着色料が使われているフードもありますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

それなのに着色料を使って色味をつけるのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

 

それに対して、プロプランには人工のもの天然のものに関わらず、着色料そのものが使われていません。

風味を整えるための人工の香料・調味料も使われていませんし、プロプランは安全性にしっかりと配慮されたドッグフードと捉えることができますね。

成分バランスがいい

良い口コミ・評判の中には、「成分バランスがいい」といった内容のレビューもありました。

例えば、子犬用は高タンパク質・高脂質・高カロリーな傾向があり、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬用フードとしてぴったりです。

その一方で、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい成犬向けに脂質とカロリーが控えめに調整されたフードもあり、年齢や犬種、飼育環境に配慮して愛犬に合ったフードを選ぶことができます。

ピュリナ プロプラン(犬用)の口コミ・評判まとめ

ピュリナ プロプラン(犬用)の悪い口コミ・評判は「残念ながら食いつきはいまいち」、「市販の国産ドッグフードと比較すると値段が高い」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ピュリナ プロプラン(犬用)の良い口コミ・評判は「食いつきがいい愛犬お気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「プレミアムフードの中ではお手頃な値段」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、プロプランには肉・魚が主原料として使われていることや、全体的に高タンパクなドッグフードになっていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • 値段が高い
  • うちの犬には合わなかった
  • 大粒で食べづらそう
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • お手頃な値段
  • 小粒で食べやすそう
  • 原材料に安心感がある
  • 成分バランスがいい

ピュリナ プロプランドッグフードの種類

ピュリナ プロプランドッグフードには【スタンダードレンジ】、【スペシャルレンジ】という2つのシリーズがあり、【スタンダードレンジ】のラインナップは4種類、【スペシャルレンジ】のラインナップは9種類となっています。

スタンダードレンジ

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
成犬用(1歳〜)/小型犬/チキン 29% 17% 12% 403kcal
成犬用(1歳〜)/中型犬・大型犬/チキン 26% 16% 12% 400kcal
成犬用(9歳頃〜)/小型犬/チキン 26% 13% 12% 364kcal
成犬用(7歳頃〜)/中型犬・大型犬/チキン 26% 13% 12% 364kcal

【スタンダードレンジ】のラインナップは「小型の成犬用」、「中型・大型の成犬用」、「小型のシニア犬用」、「中型・大型のシニア犬用」が1種類ずつで、どれに関してもチキンが主原料として使われています。

成犬用は高タンパク・高脂質・高カロリーに調整されており、運動量が多い活発な成犬や食が細くてたくさんの量が食べられない成犬向きと捉えることができます。

シニア犬用は成犬用よりもタンパク質・脂質・カロリーが控えめになっていますが、それでも一般的なシニア犬用よりは脂質とカロリーが高めです。

スペシャルレンジ

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
子犬用(1歳まで)/全犬種/チキン 28% 20% 11% 390kcal
子犬用(1歳まで)/小型犬/チキン 28% 18% 11% 385kcal
子犬用(1歳まで)/中型犬・大型犬/チキン 26% 16% 11% 370kcal
子犬用(1歳まで)/全犬種/サーモン 30% 19% 10% 385kcal
成犬用(1歳〜)/小型犬/チキン 28% 17% 11% 380kcal
成犬用(1歳〜)/小型犬/サーモン 26% 16% 12% 373kcal
成犬用(1歳〜)/全犬種/チキン 25% 8% 11% 327kcal
成犬用(7歳頃〜)/小型犬/チキン 28% 14% 12% 370kcal
成犬用(7歳頃〜)/中型犬・大型犬/チキン 27% 13% 12% 367kcal

【スペシャルレンジ】のラインナップは「小型の子犬用」と「中型・大型の子犬用」、「全犬種対応の成犬用」と「小型のシニア犬用」、「中型・大型のシニア犬用」が1種類ずつ、「全犬種対応の子犬用」と「小型の成犬用」が2種類ずつです。

子犬用は育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬に配慮して、成犬用よりも高タンパク・高脂質・高カロリーに調整されており、小型の成犬用と中型・大型の成犬用はやや高タンパク・高脂質でカロリーは標準的と言える範囲になっています。

その一方で、全犬種対応の成犬用は脂質とカロリーが控えめで、愛犬の運動量・食事量に配慮してフードを選ぶことができます。

2種類のシニア犬用に関しては、高タンパクかつ脂質とカロリーは標準的になっています。

ピュリナ プロプランのお試しサンプルについて

ピュリナ プロプランを販売しているネスレの公式サイトと楽天市場、Amazonでプロプランのお試しサンプルの配布・販売状況を調査してみたところ、お試しサンプルの配布・販売は行われていませんでした。

そのため、プロプランをお試しするにしても本商品を最低1袋は購入する必要があります。

ただ、どちらにせよ数食分くらいのお試しサンプルだと愛犬の好みや体質に合っているかどうかをしっかりと判断できないので、当サイトでははじめから1ヶ月くらいは様子見できるサイズ(量)を購入することをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
ピュリナ プロプランドッグフードの総合評価

ピュリナ プロプラン(犬用)の原材料の評価

原材料一覧
チキン、米、家禽ミール、牛脂、脱脂大豆、コーングルテン、とうもろこし、小麦、とうもろこし胚芽、卵、たんぱく加水分解物、酵母、小麦アリューロン、フィッシュパウダー、植物性油脂、ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン、硫黄)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、B12、コリン、K、ビオチン、C)、グリセリン、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
※アレルギーの原因になりにくい原材料、内容が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、ピュリナ プロプラン(犬用)の原材料を評価していきます。
(※表はスタンダードレンジの小型の成犬用の原材料一覧です)

肉・魚が主原料として使われているドライフード

プロプランの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、肉・魚が主原料として使われていることでしょう。

安さをウリにしたフードのほとんどには、肉・魚よりも安く仕入れることができる穀物が主原料として使われていますが、穀物の割合が多いフードは肉食傾向の雑食である犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

それに対して、肉・魚が主原料として使われているプロプランは、穀物が主原料として使われているフードよりもワンランク上の内容のドッグフードと捉えることができますね。

 

ただ、スタンダードレンジの小型の成犬用の原材料一覧を見てみると、第二原材料には米が使われており、コーングルテンやとうもろこしなど複数の穀物が使われていることが分かります。

このことから、動物性原材料の占める割合はそこまで多くはないと推測できます。

そのため、【愛犬には動物性原材料が贅沢に使われているドライフードを与えたい】と考えている場合には、プロプランのおすすめ度は下がります。

また、“家禽ミール”に何の鳥が使われているのかが分からないことも気になりました。

小麦が使われているフードが多い

プロプランはほぼ全てのラインナップに小麦が使われており、該当するフードは小麦アレルギーの愛犬には対応できません。

また、【スタンダードレンジ】の4種類のフードには、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい傾向にある大豆も使われています。

小麦以外にも複数の穀物が使われているので、食に敏感でお腹が弱い愛犬にプロプランを与えようと考えているなら、事前にタンパク源の種類をしっかりと確認しておきましょう。

人工の着色料や香料は不使用

プロプランには、人工の着色料や香料が使われていないことは評価できます。

それに加えて、安全性に配慮してBHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤を添加せず、ミックストコフェロールという天然由来の酸化防止剤で代用していることも見逃せません。

安全性について気になる点を挙げるとすれば、“たんぱく加水分解物”の製造工程が分からないことです。

ピュリナ プロプラン(犬用)の成分の評価

成分表
タンパク質 29%以上
脂質 17%以上
粗繊維 3%以下
灰分 9%以下
水分 12%以下
カルシウム 1%
リン 0.8%
エネルギー 403kcal/100g

原材料の次は、ピュリナ プロプラン(犬用)の成分を評価していきます。
(※表はスタンダードレンジの小型の成犬用の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

プロプランのタンパク質は25〜30%と全体的に高タンパクな傾向があり、脂質は8〜20%、100gあたりのカロリーは327〜403kcalと、ラインナップによってかなりの差があります。

例えば、子犬用は高タンパク・高脂質・高カロリーに調整されており、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬の主食としてぴったりです。

成犬用に関しては高脂質・高カロリーなフードも低脂質・低カロリーなフードもあり、運動量・食事量に配慮して愛犬に合ったフードを選ぶことができます。

ただ、4種類のシニア犬用に関しては、歳をとって運動量が落ちたシニア犬の主食としては脂質とカロリーがやや高めな印象を受けました。

▼総合評価をチェックする
ピュリナ プロプランドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
800g 1,069円 1,952円
2.5kg 2,588円 2,455円
7kg 5,214円 5,682円

プロプランを販売しているネスレの公式通販サイトと楽天市場、Amazonでスタンダードレンジ「成犬用(1歳〜)/小型犬/チキン」の販売状況を調査してみたところ、公式通販サイトではプロプランの販売はされていませんでした。
(※販売状況と販売価格は2022年11月に確認しました)

そして、800gサイズと7kgサイズの最安値は楽天、2.5kgサイズの最安値はAmazonという結果になりました!

ただ、Amazonには10〜15%オフの価格で購入できる定期おトク便があり、定期おトク便を利用した場合は7kgサイズもAmazonの方が安くなります。

プロプランとピュリナワンの違いについて

ピュリナの最高峰ブランドとして位置づけられているプロプランですが、肉・魚が主原料という点はピュリナワンも変わりません。

また、着色料や香料が使われていない点も同じですし、複数の穀物が使われている点も共通しています。

大きな違いとして挙げられるのは、プロプランの方がピュリナワンよりもグラムあたりの販売価格が高いことと、プロプランは大豆不使用のフードと小麦・大豆不使用のフードがあることです。

ただ、どちらも主食用ドライフードということには違いないので、愛犬にこれといったアレルギーがなく、細かな成分バランスにも特別なこだわりがない限りは、月々の餌代を抑えられるピュリナワンをおすすめしています。

▼ピュリナワンの詳しい解説はこちら
ピュリナワン(犬用)を調査した口コミも踏まえて5項目で徹底評価!

ピュリナ プロプランドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3.0
成分 4.5
安全性 4.5
食いつき 4.5
コスパ 4.0
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,069円/800g
2,455円/2.5kg
5,214円/7kg
※スタンダードレンジ「成犬用(1歳〜)/小型犬/チキン」
※2022年11月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 ネスレ日本株式会社

当サイトのピュリナ プロプランドッグフードの総合評価はAランクです。

動物性原材料の割合がそれほど多くはないと推測できることや、ほとんどフードに小麦が使われていることが気がかりと言えますが、人工の着色料や香料が使われておらず、年齢や犬種に配慮して成分バランスを調整したフードを取り揃えていることは評価できます。

また、プレミアムフードの中では手に取りやすい価格帯ということも魅力です。

「安全性に配慮しつつも、できるだけお手頃な値段のフードを与えたい」ということであれば、プロプランを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。