NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの口コミ・評価を徹底検証!

NUTRIPE(ニュートライプ)は、メインの原材料の一つにグリーントライプが使われているグレインフリーのドッグフードで、動物性タンパク源の内容や成分バランスが違うドライフードとウェットフードを取り揃えています。

そして、ウェットフードは主食用フードとしての基準を満たしているので、いつものドライフードにトッピングして与えるだけでなく、ドライフードの代わりにそのまま与えることもできます。

今回はそんなニュートライプの口コミ・評判を113件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ニュートライプドッグフードの悪い口コミ・評判

NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの悪い口コミ・評判は「飼い主には臭いがキツい」、「愛犬の食いつきはいまいちだった」、「値段が高いのがネック」といった内容のレビューがあり、その中でも臭いのキツさを指摘する飼い主の声が特に多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ニュートライプにはグリーントライプが使われていることが大きく関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 臭いがキツい(25件)
  • 食いつきはいまいち(8件)
  • 値段が高い(6件)

という結果になっています。

臭いがキツい

ニュートライプの悪い口コミ・評判で一番多かった「臭いがキツい」というレビューは、どれも缶詰タイプのウェットフードを愛犬に与えた方々のものでした。

これはドライフードよりもウェットフードの方が香りが強いという要因もありますが、ニュートライプが独特の香りがする理由として挙げられるのは、メインの原材料としてグリーントライプが使われていることです。

素材本来の風味と栄養素ができる限り損なわれないように、加工をしていない無漂白の状態で使われており、販売元の公式サイトにも”臭いのクセが強い”と書かれています。

グリーントライプは栄養価が高くて嗜好性も高い傾向にある原材料ではありますが、【人間である飼い主の立場からすれば、あたりに漂う臭いに我慢が必要】・・・と思っておいた方がいいかもしれません。

食いつきはいまいち

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「食いつきはいまいち」という内容のレビューです。

食いつきのよさを評価する声の方が圧倒的に多かったものの、どんな犬でも絶対に気に入ってくれる嗜好性の高いフードはまずありません。

先ほど、グリーントライプは嗜好性が高い傾向にあると説明しましたが、独特の臭いに慣れていない犬にとってはそれほど魅力が感じられないかもしれませんし、「はじめは警戒して中々食べなかった」というレビューも見られました。

また、ニュートライプには人工の香料・調味料が使われておらず、原材料そのものの香りを活かして風味が整えられていることも嗜好性に影響しているかもしれません。

値段が高い

悪い口コミ・評判の中には、「値段が高い」という内容のレビューもありました。

参考までに一例を挙げると、ドライフードの”ラム&サーモン&グリーントライプ”の100gあたりの値段は約267円ということで、確かに店頭のペットフードコーナーでよく見かける市販の激安フードと比べると値段が高いです。
(※1.8kgサイズの最安値を参考にしています)

もちろん値段が高いにのは理由があり、グリーントライプなどの良質な動物性原材料を使用、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用、犬にとって必要のないものは不使用・・・などのこだわりがあります。

とは言え、どれだけ品質にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、現実的に無理なく購入できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの総合評価

ニュートライプドッグフードの良い口コミ・評判

NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「成分バランスがいい」といった内容のレビューがあり、そのほとんどが食いつきのよさを評価する飼い主の声でした。

このような内容のレビューが目立った理由は、ニュートライプには嗜好性が高い傾向にあるグリーントライプがメインの原材料として使われており、原材料そのものの香りを活かして風味が整えられていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(63件)
  • うちの犬には合っている(7件)
  • 成分バランスがいい(4件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ニュートライプの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

今回調査した113件の口コミ・評判のうち、「食いつきはいまいち」というレビューが8件、「食いつきがいい」というレビューが63件という件数を踏まえても、ニュートライプは多くの犬たちに受け入れられている嗜好性の高いフード、と捉えてよさそうです。

これだけ食いつきのよさを評価するレビューに偏った理由として考えられるのは、やはり嗜好性が高い傾向にあるグリーントライプがメインの原材料として使われていることでしょう。

また、【ラム/ビーフ/ポーク/サーモン】など、動物性タンパク源の内容が違うドライフードとウェットフードを取り揃えており、食にこだわりのあるグルメな愛犬の好みに合わせやすいことも強みです。

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は、「うちの犬には合っている」という内容のレビューです。

この理由としてまず考えられるのは、ニュートライプは動物性原材料が主原料かつ高タンパクなドッグフードということです。

対照的に、販売価格が安くなるほど肉・魚の割合が減って穀物の割合が増える傾向にありますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

 

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは下痢や吐き戻し、涙やけの原因になりえます。

また、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しているニュートライプなら、小麦はもちろん穀物全般にアレルギーのある愛犬にも安心して与えられます。

成分バランスがいい

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「成分バランスがいい」という内容のレビューでした。

具体的には、どのラインナップも高タンパクになっていることで、良質な動物性原材料が贅沢に使われている高タンパクなニュートライプは、肉食傾向の雑食である犬本来の食事内容に配慮されたドッグフードと捉えることができます。

そして、ウェットフードが主食用フードとしての栄養基準を満たしていることを評価する声も見られました。

このことから、いつものドライフードにトッピングして与えるだけでなく、ドライフードの代わりにそのまま与えることもできます。

ニュートライプドッグフードの口コミ・評判まとめ

NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの悪い口コミ・評判は「飼い主には臭いがキツい」、「愛犬の食いつきはいまいちだった」、「値段が高いのがネック」といった内容のレビューがあり、その中でも臭いのキツさを指摘する飼い主の声が特に多い傾向にありました。

その一方で、NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「成分バランスがいい」といった内容のレビューがあり、そのほとんどが食いつきのよさを評価する飼い主の声でした。

このような内容のレビューが目立った理由は、ニュートライプには嗜好性が高い傾向にあるグリーントライプがメインの原材料として使われており、原材料そのものの香りを活かして風味が整えられていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 臭いがキツい
  • 食いつきはいまいち
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • 成分バランスがいい

NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの種類

NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードにはドライフードと缶詰タイプのウェットフードがあり、ウェットフードの方がラインナップが多くなっています。

ドライフード

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
ラム&サーモン&グリーントライプ 28.0% 14.0% 7.7% 335kcal
ビーフ&サーモン&グリーントライプ 28.0% 15.0% 7.8% 340kcal
ポーク&グリーントライプ 29.0% 13.0% 7.6% 325kcal
サーモン&フィッシュ&グリーントライプ 26.0% 14.0% 8.9% 322kcal

ニュートライプのドライフードは上記の4種類です。

全体的には適度に脂質を含みつつ高タンパクな傾向がありますが、カロリーは控えめになっています。

そして、それぞれのフードで動物性タンパク源の内容が違うので、食の好みだけでなく体質に合わせてフードを選ぶこともできますよ。

ウェットフード(缶詰)

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
ビーフ&グリーントライプ 8.4% 8.9% 76.5% 127.5kcal
ラム&グリーントライプ 8.7% 9.1% 74.5% 132.5kcal
ベニソン&グリーントライプ 9.1% 6.5% 77.5% 109.5kcal
グリーントライプ 8.1% 5.0% 78.0% 94.5kcal
チキン&グリーントライプ 9.1% 6.1% 77.5% 108.0kcal
サーモン&グリーントライプ 8.0% 13.9% 71.5% 177kcal
ウナギ&グリーントライプ 10.1% 4.8% 78.5% 98.0kcal

缶詰タイプのウェットフードは上記の7種類で、どれも主食用フードとしての栄養基準を満たしたウェットフードです。

主要な成分バランスについてはラインナップごとでそれなりの開きがあり、様々な動物性タンパク源が使われているものもあります。

そのため、特定のタンパク源にアレルギーのある愛犬に与えようと考えている場合には、タンパク源にも注目して購入を検討するといいでしょう。

▼総合評価をチェックする
NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの総合評価

ニュートライプドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
オーストラリア産ラム、サーモン、グリーントライプ、サツマイモ、エンドウ豆、鶏脂、ナチュラルフレーバー、カボチャ、ほうれん草、ブロッコリー、アップル、クランベリー、ウコン、緑イ貝、塩化カリウム、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、D、E、K、B1、B2、B3、B5、B6、B12、葉酸、ビオチン、クエン酸、硫酸亜鉛、硫酸鉄、キレート亜鉛、キレート鉄、硫酸銅、酸化マンガン、キレート銅、キレートマンガン、ヨウ素、セレン)、塩化コリン、プレバイオティクス( フラクトオリゴ糖(FOS)、マンナンオリゴ糖(MOS))、タウリン、ケルプ、ユッカシジゲラエキス、L-リジン、酵素(アミラーゼ、プロテアーゼ)、プロバイオティクス(枯草菌)、DL-メチオニン、ミックストコフェロール、ローズマリーエキス

ここからは、NUTRIPE(ニュートライプ)の原材料を評価していきます。
(※表は「ラム&サーモン&グリーントライプ」の原材料一覧です)

メインの原材料としてグリーントライプを使用

ニュートライプの特徴としてまず挙げられるのは、メインの原材料としてグリーントライプが使われていることでしょう。

口コミ・評判の項目でも触れましたが、グリーントライプは加工をしていない無漂白の状態のもので、栄養価が高くて嗜好性も高い傾向にある原材料です。

そのほかにも、ラムやサーモンといった良質な動物性原材料が贅沢に使われており、肉食傾向の雑食の犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられます。
(※ラインナップによって動物性タンパク源の内容は異なります)

 

さらに、穀物・大豆不使用のレシピを採用しているので、複数のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも対応しやすいです。

また、合成保存料・香料・着色料といった人工添加物が使われておらず、品質面・安全性ともにきちんと配慮されたドッグフードという印象を受けました。

ニュートライプドッグフードの成分の評価

成分表
たんぱく質 28.0%以上
粗脂肪 14.0%以上
粗繊維 2.7%以下
水分 7.7%以下
オメガ6脂肪酸 2.0%以上
オメガ3脂肪酸 0.6%以上
カルシウム 3.02%
リン 1.62%
マグネシウム 0.10%
ナトリウム 0.33%
エネルギー 335kcal/100g

ここからは、NUTRIPE(ニュートライプ)の成分を評価していきます。
(※表は「ラム&サーモン&グリーントライプ」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ニュートライプのドライフードは、子犬からシニア犬にまで与えられる全年齢対応の主食用ドライフードです。

それを踏まえて各ドライフードの成分表に目を通してみると、タンパク質は26.0〜29.0%以上、脂質は13.0〜15.0%以上、水分は7.6〜8.9%以下と、全体的には適度に脂質を含みつつ高タンパクな傾向があります。

そして、カロリーについては100gあたり322〜340kcalと控えめで、室内飼いされていることが多くて運動量が少ない傾向にある日本の飼い犬向け、と捉えることができます。

ただ、カロリーが控えめという性質上、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬や、運動量が多い活発な成犬用フードとしてのおすすめ度は下がります。

▼総合評価をチェックする
NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
200g 990円 762円 891円
600g(200g×3袋) 2,673円
1kg(200g×5袋) 3,960円
1.8kg 5,390円 4,797円 4,851円
12kg 30,800円 24,398円 30,800円

ニュートライプの販売元の公式通販サイトと楽天市場、Amazonでドライフード「ラム&サーモン&グリーントライプ」の販売状況を調査してみたところ、楽天とAmazonでは600g(200g×3袋)と1kg(200g×5袋)は販売されていませんでした。

そして、200g・1.8kg・12kgの3サイズの最安値は楽天という結果になりました!

ニュートライプはあまり流通量が多くないドッグフードなので、ニュートライプを購入するなら販売状況をあわせて確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

通販なら重い袋を持ち運ぶ手間がありませんし、一定金額以上の購入で送料無料となる販売店も多いですからね。

NUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 5.0
成分 4.5
安全性 5.0
食いつき 5.0
コスパ 3.0
総合評価 Sランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
762円/200g
4,797円/1.8kg
24,398円/12kg
※ドライフード「ラム&サーモン&グリーントライプ」
※2024年1月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
原産国 ドライフード:オーストラリア
ウェットフード:ニュージーランド
販売会社 株式会社ファンタジーワールド

当サイトのNUTRIPE(ニュートライプ)ドッグフードの総合評価はSランクです。

良質な動物性原材料を贅沢に使用、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用、合成保存料・香料・着色料など犬にとって必要のないものは不使用、という3つの要素を全て満たしていることが魅力的です。

また、ドライフードが日本で暮らす成犬向けの成分バランスになっていることや、タンパク源の内容が違うドライフードとウェットフードを取り揃えていることも評価できます。

販売価格についても平均的と言えるくらいの範囲ですし、「愛犬には品質面・安全性ともにきちんと配慮されたフードを与えたい」と考えているなら、ニュートライプを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。