みらいのドッグフードのイメージ画像1

人間でも食べられる高品質な生肉を主原料として使いつつ、ドッグフードの原材料としては珍しい様々な植物性原材料が使われている「みらいのドッグフード」。

今回はそんなみらいのドッグフードの口コミ・評判を104件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

なお、みらいのドッグフードには特別に成分バランスを調整したラインナップがありますが、この記事では通常の主食用ドライフード(子犬・成犬用)に焦点を当てています。

みらいのドッグフードの悪い口コミ・評判

みらいのドッグフードの悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「毎食与えるには値段が高い」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、みらいのドッグフードには犬の餌の原材料としては珍しい様々な植物性原材料が使われていることや、良質な生肉が主原料として使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(16件)
  • 値段が高い(16件)
  • うちの犬には合わなかった(2件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2022年3月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

みらいのドッグフードの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」、「残念ながらあまり食べない」といった食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

食いつきが悪い原因として真っ先に考えられるのは、みらいのドッグフードの風味が好みではなかったことです。

思わず鼻をつまみたくなるようなキツい臭いはしないものの、ドッグフードの原材料としては珍しい様々な植物性原材料が使われていることもあってか、ドッグフードらしくない独特な臭いがするというレビューも何件かありました。

また、みらいのドッグフードには人工の香料・調味料も使われていないので、愛犬がそれらの添加物が使われているフードを食べ慣れている場合には、フードの切り替えに苦労するかもしれません。

値段が高い

食べないという口コミ・評判と同じくらい多かったのが、「みらいのドッグフードは値段が高い」という内容のレビューでした。

実際、みらいのドッグフードの100gあたりの値段は約570円と、そのほかのドライタイプのプレミアムフードと比較してもかなり高いです。
(※子犬・成犬向けの主食用ドライフードの通常購入時の価格を参考にしています)

もちろん値段が高いのには理由があり、人間でも食べられる良質な生肉が主原料として使われていたり、厳選した植物性原材料が使われていたり、素材を活かすために低温・低圧製法で作られているなどのこだわりがあります。

とは言え、どれだけ品質にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、現実的に無理なく購入できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。

 

なお、みらいのドッグフードの公式サイトでは定期コースが導入されており、注文袋数に応じて約19〜38%オフの値段で購入することができるようになっています。

定期コースには継続回数の縛りもないので、お試し購入する場合は定期コースで1袋だけ注文し、約19%オフの値段で購入するのがおすすめです。

うちの犬には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「うちの犬には合わなかったようで、下痢気味になった」というレビューでした。

下痢の理由として考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

みらいのドッグフードには比較的アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われているものの、犬によってアレルギーの原因は様々です。

 

例えば、主原料として使われている【鹿/馬/魚/鶏】といったいずれかのタンパク源がアレルギーの原因となることもあります。

また、大麦や玄米など穀物全般が体質に合わない犬もいます。

そのため、食に敏感でお腹が弱い愛犬にみらいのドッグフードを与えようと考えているなら、ラインナップ別のタンパク源の種類まできちんと目を通して購入を検討するといいでしょう。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や嘔吐といった消化不良を起こす可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因も特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
みらいのドッグフードの総合評価

みらいのドッグフードの良い口コミ・評判

みらいのドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「うちの犬には合っている」、「安心して愛犬に与えることができる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、みらいのドッグフードには良質な生肉が主原料として使われていることや、アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(44件)
  • うちの犬には合っている(18件)
  • 原材料に安心感がある(8件)

という結果になっています。

食いつきがいい

みらいのドッグフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

この理由として考えられるのは、みらいのドッグフードはどのラインナップも良質な生肉が主原料として使われていることに加えて、素材そのものの栄養素やうま味成分ができる限り損なわれないよう、低温・低圧製法で作られていることです。

とは言え、「あまり食べない」というレビューが16件、「食いつきがいい」というレビューが44件という件数を踏まえると、みらいのドッグフードの嗜好性は高くもなく低くもない平均レベルくらいという印象を受けました。

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューです。

具体的には「いい便が出るようになった」、「涙やけがスッキリした」という飼い主の声を確認できました。

この理由としてまず考えられるのは、みらいのドッグフードは動物性タンパク源が主原料として使われている高タンパクなドライフードということです。

対照的に、ドッグフードは販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向がありますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではなく、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは、下痢や嘔吐や涙やけの原因になりえます。

 

また、みらいのドッグフードには比較的アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることも理由の一つでしょう。

グレインフリー(穀物不使用)のレシピは採用していないものの、穀物の中で特にアレルギーの原因になりやすい小麦や、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆は使われていません。

そのほかにも、人工の酸化防止剤や着色料がアレルギーや涙やけの原因になることもありますが、みらいのドッグフードにはそれらの添加物も使われていません。

このことから、切り替え前に与えていたフードの原材料の内容によっては、みらいのドッグフードに切り替えることで下痢や嘔吐といった消化不良が減ったり、目元に変化が出る可能性はあります。

原材料に安心感がある

良い口コミ・評判の中には、「みらいのドッグフードは原材料に安心感がある」という内容のレビューもありました。

先ほども触れた通り、みらいのドッグフードには人工の酸化防止剤や着色料は使われていませんし、人工の香料や調味料といった添加物も使われていません。

人工の酸化防止剤を添加することについては意見が分かれるものの、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はないです。

 

また、人工の香料や調味料はフードの香りを強めるために使われますが、品質にこだわったプレミアムフードは天然由来の原材料そのものの香りを活かして嗜好性を高めているものが多いです。

このような理由もあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬からは、着色料や人工の香料・調味料が使われているフードは避けられがちな傾向があります。

みらいのドッグフードの口コミ・評判まとめ

みらいのドッグフードの悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「毎食与えるには値段が高い」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、みらいのドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足している」、「うちの犬には合っている」、「安心して愛犬に与えることができる」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、みらいのドッグフードには良質な生肉が主原料として使われていることや、アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • 値段が高い
  • うちの犬には合わなかった
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • 原材料に安心感がある

みらいのドッグフードのお試しサンプルについて

みらいのドッグフードのお試しサンプルの配布や販売は行われていません。

そのため、みらいのドッグフードをお試しするにしても、1kgサイズの本商品を最低1袋は購入する必要があります。

ただ、口コミ・評判の項目でも触れたように、公式通販サイトでは最大で約38%の割引が適用される定期コースが導入されており、1袋だけの購入でも約19%の割引が適用されます。

そして、定期コースには特に継続回数の縛りがなく、解約にあたって違約金や解約金といった手数料もかからないので、みらいのドッグフードをお試しするなら定期コースの割引特典を活用するのがおすすめです。

▼総合評価をチェックする
みらいのドッグフードの総合評価

みらいのドッグフードの原材料の評価

みらいのドッグフードの原材料画像

原材料一覧
生肉(鹿,馬,魚,鶏),大麦,国産雑節,サツマイモ,玄米,ヤシ,胡麻,菜種油,ビール酵母,和漢植物【紅豆杉,田七人参,朝鮮人参,霊芝,アガリクス,冬虫夏草,チャーガ(シベリア霊芝),ハナビラタケ,プロポリス,ジャバラ,DHA,亜麻仁,クコの実(ゴジベリー),ウコン,オルニチン,当帰の葉,ケイヒ,菊の花,八角,紅花,シロキクラゲ,メシマコブ,山伏茸,マイタケ,カワラタケ,タモギタケ,クランベリー,ノコギリヤシ,ユーグレナ(ミドリムシ),ノニ果実,菊芋,クマザサ,ヒハツ,ケイ素(シリカ),ヨモギ,クロガリンダ,タヒボ(紫イペ),板藍根,桑の葉,山芋,イチョウ葉,甜茶,エキナセア,黒豆,ドクダミ,ガジュツ,キバナオウギ,大麦若葉,吉野葛,カミツレ,陳皮,スギナ,サラシア,延命草,大棗(ナツメ),ハトムギ,ウラジロガシ,蝦夷ウコギ,ギョクチク,グアバ葉,赤ブドウ葉,ケイケットウ,ゴカヒ,杜仲の葉,MSM,南蛮の毛,スピルリナ,ザクロ,ニンドウ,バイキセイ,枇杷の葉,麻(ヘンプ),ブルーベリー,緑イ貝,コラーゲン,チョウジ,モリンガ,生姜,ウイキョウ,サンザシ,ライフクシ,サンシシ,ハス胚芽,ガイヨウ,海藻(フコイダン),イヌリン,セルロース】,サチャインチオイル,乳清,海藻,スキムミルク,オリゴ糖,カルシウム/グルコサミン,アルギニン,ヒアルロン酸,ロイシン,イソロイシン,バリン,ビタミンD3,リジン,メチオニン

ここからは、みらいのドッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は通常の子犬・成犬向け主食用ドライフードの原材料一覧です)

良質な生肉が主原料の国産グルテンフリーフード

みらいのドッグフードの原材料の特徴の一つとして挙げられるのは、人間でも食べられる良質な生肉が主原料として使われていることでしょう。

ラインナップによって内容は異なるものの、主原料が動物性タンパク源ということは変わらず、肉食傾向の雑食である犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

そして、ドッグフードの原材料としては珍しい様々な植物性原材料が使われていることも大きな特徴です。

 

また、みらいのドッグフードはグルテンフリーのレシピを採用していることに加えて、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆も使われていません。

このことから、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも対応しやすいです。

犬にとって必要のない人工添加物は不使用

みらいのドッグフードには、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことも評価できます。

ドッグフードの中にはBHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤が使われているものもありますが、みらいのドッグフードにはそれらの人工の酸化防止剤は使われていません。

また、防湿性・保香性・遮光性に優れた特殊アルミ袋を使用・・・といった配慮もされています。

それだけでなく、フードに色味をつけるための着色料や、風味を整えるための人工の香料・調味料も使われていませんし、品質面だけでなく安全性にもきちんと配慮されている印象を受けました。

みらいのドッグフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 30.0%以上
粗脂肪 12.5%以上
粗繊維 6.0%以下
粗灰分 10.0%以下
水分 10.0%以下
エネルギー 354kcal/100g

原材料の次は、みらいのドッグフードの成分を評価していきます。
(※表は通常の子犬・成犬向け主食用ドライフードの成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

子犬・成犬向けの主食用ドライフードのタンパク質は30.0%、脂質は12.5%、カロリーは100gあたり354kcalと、高タンパクかつ適度に脂質が含まれており、カロリーはやや控えめに調整されています。

こういった成分バランス上、室内飼いで運動量が少ない傾向にある日本の飼い犬(成犬)の主食としてぴったりです。

ただ、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬用フードとしては脂質とカロリーに物足りなさを感じる・・・というのが率直な感想です。

 

なお、みらいのドッグフードにはシニア犬向けの主食用ドライフードもあります。

そして、シニア犬用は子犬・成犬用よりもタンパク質・脂質・カロリーが控えめに調整されており、歳をとって活動量が落ちたシニア犬向けにきちんと成分バランスが調整されている印象を受けました。

▼総合評価をチェックする
みらいのドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

公式 楽天 Amazon
1袋 5,720円 6,380円
2袋 9,240円 9,900円 9,900円
3袋 13,200円 14,190円
6袋 24,420円 25,080円
送料 880円
(2袋以上で無料)
無料 無料

みらいのドッグフードの公式通販サイトと楽天市場、Amazonで通常の主食用ドライフード(子犬・成犬用)の販売状況を調査してみたところ、Amazonでは1袋だけの販売はされていませんでした。
(※販売状況と販売価格は2022年10月に確認しました)

そして、単品購入にせよセット購入にせよ最安値は公式通販サイトという結果になりました!
(※1袋あたりの内容量は1kgで、本商品とは別に歯磨きパウダーが同梱されます)

ただ、公式通販サイトで単品購入する場合は別途880円の送料が発生することから、送料込みの単品購入時の価格に関しては楽天が最安値・・・ということになります。

これだけ聞くと、1袋だけお試しするなら楽天で注文した方がお得に感じるかもしれませんが、公式通販サイトでは定期コースが導入されており、定期コースを利用すると割引価格でみらいのドッグフードを購入できるようになっています。

公式サイトの定期コースについて

通常の主食用ドライフード(子犬・成犬用)の販売価格は1袋5,720円ですが、定期コースを利用すると約19%オフの4,620円で購入することができます。

また、定期コースは単品購入時でも送料が無料になります。

それだけでなく、定期コースはまとめ買いするほど割引率が上がり、6袋以上まとめ買いした時には約38%の割引が適用されます。

定期コースのまとめ買い袋数に応じた割引率と、割引後の1袋あたりの販売価格は表の通りです。

袋数 割引率 販売価格
(1袋あたり)
1袋 約19%オフ 4,620円
2袋 約33%オフ 3,850円
3〜5袋 約35%オフ 3,740円
6〜9袋 約38%オフ 3,520円

ちなみに、みらいのドッグフードの定期コースには継続回数の縛りはなく、解約手続きは次回配送予定日の10日前までならいつでも行なえます。
(※解約に関しては、電話連絡かメールで手続きを進めることになります)

また、配送周期は基本は1ヶ月に設定されていますが、45日や2ヶ月などそれ以外の周期に変更することもできます。

そのため、継続してみらいのドッグフードを購入するなら、配送周期を長めに設定してまとめ買いした方が割引率が高くなってお得です。

なお、みらいのドッグフードには14日間の返金保証制度も設けられていますが、未開封商品という利用条件があり、商品の返送料は購入者負担となります。

みらいのドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.5
成分 4.5
安全性 5.0
食いつき 3.5
コスパ 1.0
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
通常購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:5,720円
2袋:4,620円
3〜5袋:4,400円
6〜9袋:4,070円
※幼犬・成犬用(1袋の内容量は1kg)
※まとめ買い袋数に応じて割引率が変動
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,620円
2袋:3,850円
3〜5袋:3,740円
6〜9袋:3,520円
※幼犬・成犬用(1袋の内容量は1kg)
※まとめ買い袋数に応じて割引率が変動
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 日本
販売会社 自然の森製薬株式会社

当サイトのみらいのドッグフードの総合評価はBランクです。

値段の高さがネックになってくるものの、主原料として良質な生肉が使われていることに加えて、比較的アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていること、ドッグフードの原材料としては珍しい植物性原材料が使われていることは魅力的です。

また、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことや、素材の香りと栄養素ができる限り損なわれないように、低温・低圧製法で作られていることも評価できます。

公式通販サイトでは割引価格で購入できる定期コースが導入されているので、みらいのドッグフードをお試しするなら定期コースで1袋だけ注文してみて、愛犬の食いつきと変化を確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです。