ザ・パーフェクトワンドッグフードの口コミは?愛犬家の評価を徹底調査!

マルカンのペットフードブランドであるサンライズが製造・販売している「ザ・パーフェクトワン(THE PERFECT ONE)ドッグフード」には、”レナシアプラス”と”アガリクス”と”セサミン”が配合されているのが特徴的です。

また、主食用フードにはチキンが主原料として使われており、どのラインナップにも人工の酸化防止剤や着色料は使われていません。

今回はそんなザ・パーフェクトワンドッグフードの口コミ・評判を調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

ザ・パーフェクトワン(犬用)の悪い口コミ・評判

ザ・パーフェクトワン(犬用)は比較的新しい商品ということもあってか、確認できた口コミ・評判は14件と少なかったです。

そんな状況の中で見つかった悪い口コミ・評判は「継続して与えるには値段が高い」、「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」、「原材料について気になることがある」といった内容のレビューです。

このような内容のレビューが見られた理由は、ザ・パーフェクトワンには肉類が主原料として使われていることや、単純に食の好みに合わなかったことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 値段が高い(3件)
  • 食いつきはいまいち(2件)
  • 原材料の内容が気がかり(1件)
  • うちの犬には合わなかった(1件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年9月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

値段が高い

ザ・パーフェクトワンの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「値段が高い」という内容のレビューでした。

ザ・パーフェクトワンの100gあたりの値段は約150円と、確かにホームセンターやペットショップでよく見かける市販の激安フードと比較すると高いです。
(※ドライフードの”チキン 成犬用”の600gサイズの最安値を参考にしています)

ただ、ザ・パーフェクトワンの2〜3倍以上の値段で販売されているプレミアムフードも珍しくありませんし、通販でしか手に入れづらい高級フードを含めて比較すれば、ザ・パーフェクトワンは平均的な価格帯のドッグフードと捉えることができます。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。

食いつきはいまいち

次に多かった悪い口コミ・評判は「食いつきはいまいち」、「あまり食べない」という内容のレビューでした。

この理由として考えられるのは、単純に食の好みに合わなかったことです。

ザ・パーフェクトワンは調味料と動物性油脂を使って風味が整えられているものの、どんな犬でも絶対に気に入ってくれるフードはまずありません。

また、ドライフードとソフトタイプは風味の種類がチキンだけに限定されており、食にこだわりのあるグルメな愛犬の好みに合わせづらいこともデメリットと言えます。

原材料の内容が気がかり

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「原材料の内容が気がかり」というレビューです。

例えば、ザ・パーフェクトワンのドライフードには肉類が主原料として使われているものの、第二原材料以降に【トウモロコシ/小麦/グルテンミール/ふすま/脱脂米ぬか】といった穀物の記載が続いています。
(※現在はグレインフリーのレシピを採用した”プロ”というシリーズもあります)

そして、比較的お手頃な値段で販売されていることを踏まえると、肉類の割合はそれほど多くはないと推測できます。

そのほかにも、【動物性油脂/調味料/pH調整剤】といった原材料(添加物)が使われていたり、【コラーゲン等/ビーフ等/鶏ササミ等】といった曖昧な記載がされているのが気になるところです。

うちの犬には合わなかった

悪い口コミ・評判の中には、「うちの犬には合わなかったようで、吐き戻してしまった」という内容のレビューもありました。

吐き戻しの理由として考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

ザ・パーフェクトワンの通常のシリーズには、穀物の中でアレルギーの原因になりやすい小麦が使われています。

また、小麦だけでなく穀物全般にアレルギーのある犬もおり、体質によっては通常のシリーズが合わない可能性はあります。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や吐き戻しが増える可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因も特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
ザ・パーフェクトワンドッグフードの総合評価

ザ・パーフェクトワン(犬用)の良い口コミ・評判

ザ・パーフェクトワン(犬用)の良い口コミ・評判に関しては、「食いつきがいい」という内容のレビューを7件確認できました。

食いつきがいい

今回調査した14件の口コミ・評判のうちの半分が、食いつきのよさを評価する飼い主の声でした。

この理由として考えられるのは、ザ・パーフェクトワンには調味料が使われていることに加えて、食いつきをよくするために使われる動物性油脂でコーティングされたドッグフードということです。

ただ、そもそものレビュー総数が少なすぎますし、食いつきについての口コミ・評判はあまり参考にならない・・・というのが率直な感想です。

ザ・パーフェクトワン(犬用)の口コミ・評判まとめ

ザ・パーフェクトワン(犬用)は比較的新しい商品ということもあってか、ほとんど口コミ・評判が見つかりませんでした。

そんな状況の中、「継続して与えるには値段が高い」、「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」、「原材料について気になることがある」という悪い口コミ・評判を確認できました。

その一方で、「食いつきがいい」という内容の良い口コミ・評判も確認できました。

食いつきのよさを評価する飼い主の声が目立ったのは、ザ・パーフェクトワンには調味料が使われていることに加えて、動物性油脂でコーティングされていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 値段が高い
  • 食いつきはいまいち
  • 原材料の内容が気がかり
  • うちの犬には合わなかった
  • 食いつきがいい

ザ・パーフェクトワンドッグフードの種類

ザ・パーフェクトワンドッグフードはドライフードとソフトタイプが9種類ずつ、おやつが3種類というラインナップになっています。

なお、ドライフードとソフトタイプはどちらも主食用ドッグフードとなっており、「PRO」というシリーズはグレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しています。

ドライフード

シリーズ名 商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
THE・PERFECT ONE ドライ チキン 成犬用 30.0% 10.0% 10.0% 330kcal
チキン 体重管理用 30.0% 8.0% 10.0% 320kcal
チキン 7歳以上用 30.0% 9.0% 10.0% 325kcal
チキン 11歳以上用 29.0% 9.0% 10.0% 325kcal
チキン 13歳以上用 29.5% 8.5% 10.0% 323kcal
THE・PERFECT ONE PRO ドライ 仔犬用 35% 16% 10% 390kcal
成犬用 35.0% 15.0% 10.0% 385kcal
体重管理用 35.0% 14.0% 10.0% 375kcal
11歳以上用 35.0% 14.5% 10.0% 380kcal

ドライフードのラインナップは全9種類で、どのラインナップに関してもチキンが主原料として使われています。

また、通常のパーフェクトワンには【トウモロコシ/小麦粉/グルテンミール/ふすま/脱脂米ぬか】といった穀物が使われており、シリーズ内のフードの原材料の内容はほとんど変わりません。

パーフェクトワン・プロはグレインフリーのレシピを採用しているのが特徴で、通常のシリーズよりも高タンパク・高脂質・高カロリーになっています。

 

成分バランスとしては、通常のシリーズは運動量が少ない愛犬や食べすぎてしまう傾向のある愛犬向け、プロシリーズは運動量が多い活発な愛犬や食が細い愛犬向けと捉えることができます。

ちなみに、子犬用フードがあるのはドライフードのプロシリーズだけです。

ソフトタイプ

シリーズ名 商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
THE・PERFECT ONE ソフト チキン 成犬用 12.0% 4.0% 35.0% 260kcal
チキン 体重管理用 12.0% 3.0% 35.0% 250kcal
チキン 7歳以上用 12.0% 3.5% 35.0% 260kcal
チキン 11歳以上用 11.0% 3.5% 35.0% 255kcal
チキン 13歳以上用 11.5% 3.5% 35.0% 255kcal
THE・PERFECT ONE PRO ソフト 成犬用 23.5% 4.1% 38.5% 275kcal
体重管理用 23.5% 3.7% 38.5% 265kcal
11歳以上用 23.5% 3.9% 38.5% 270kcal
13歳以上用 23.5% 3.9% 38.5% 270kcal

ソフトタイプのラインナップも9種類で、通常のシリーズとは別にグレインフリーのレシピを採用したプロというシリーズがあります。

そして、通常のシリーズは低タンパクな印象を受ける一方で、プロについては高タンパクなフードになっています。

なお、通常のシリーズに関しては【肉類(チキン等)/でん粉類/穀類】といったように、原材料一覧にドライフードよりも不明瞭な記載が多いことが気になりました。

おやつ

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
黒の歯磨きガム 16.0% 0.8% 30.0% 275kcal
黒の歯磨きチップス 23.0% 0.1% 25.0% 275kcal
黒のササミジャーキー 18.0% 1.0% 29.0% 270kcal

おやつは「黒の歯磨きガム」、「黒の歯磨きチップス」、「黒のササミジャーキー」の3種類で、おやつにも”レナシアプラス”と”アガリクス”と”セサミン”が配合されています。

▼総合評価をチェックする
ザ・パーフェクトワンドッグフードの総合評価

ザ・パーフェクトワンドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
チキン、トウモロコシ、小麦粉、グルテンミール、ふすま、脱脂米ぬか、動物性油脂、植物性油脂、酵母、レナシアプラス(ケイ素食品剤)、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、乳酸菌、アガリクス子実体滅菌末、セサミン、ミネラル類(Na、Cl、Ca、P、K、Zn、Fe、Cu、Co、Mn、I)、調味料、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、K3、コリン、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、ビオチン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)
※アレルギーの原因になりにくい原材料、内容が不明瞭な原材料、気がかりな添加物は赤色で記載

ここからは、ザ・パーフェクトワンドッグフードの原材料を評価していきます。
(※表はドライフード「チキン 成犬用」の原材料一覧です)

チキンが主原料のドッグフード

ザ・パーフェクトワンの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、チキンが主原料として使われていることでしょう。

フードの販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向にありますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではなく、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

それに対して、肉類が主原料として使われているザ・パーフェクトワンは、穀物の割合が多いフードよりもワンランク上のフードと捉えることができますね。

 

ただ、通常のシリーズは第二原材料以降に【トウモロコシ/小麦粉/グルテンミール/ふすま/脱脂米むか】といった穀物の記載が続いていることと、比較的お手頃な値段で販売されていることを踏まえると、肉類の割合はそれほど多くはないと推測できます。

その一方で、グレインフリーのレシピを採用しているプロシリーズについては、動物性原材料が全体の50%と明記されており、その分販売価格も高めになっています。

内容が不明瞭な原材料あり

ドライフードの通常のシリーズの原材料一覧を見て気になったのは、食いつきをよくするために使われる“動物性油脂”という原材料です。

動物性油脂という記載だけでは何の動物の油が使われているのか分かりませんし、動物性油脂に添加されている酸化防止剤が人工のものなのか、それとも天然由来のものなのかどうかも分かりません。
(※プロシリーズには動物性油脂という記載はなくチキンオイル、フィッシュオイルと記載されています)

また、ソフトタイプの通常のシリーズやおやつの原材料一覧にも目を通してみると、【でん粉類/穀類/ビーフ等/チキン等】といった曖昧な記載が目立ちます。

それに加えて、“調味料”“pH調整剤”が使われていることも気になります。

ザ・パーフェクトワンドッグフードの成分の評価

成分表
タンパク質 30.0%以上
脂質 10.0%以上
粗繊維 4.0%以下
灰分 9.0%以下
水分 10.0%以下
エネルギー 330kcal/100g

原材料の次は、ザ・パーフェクトワンドッグフードの成分を評価していきます。

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ザ・パーフェクトワンのドライフードのタンパク質は29.0〜35.0%、脂質は8.0〜16%、100gあたりのカロリーは320〜390kcalと、ラインナップによって主要な成分バランスに大きな開きがあります。

通常のシリーズが高タンパク・低脂質・低カロリーな傾向があるのに対して、プロシリーズは高タンパク・高脂質・高カロリーな傾向があり、愛犬の運動量・食事量に合わせてどちらかのシリーズを選ぶこともできます。

具体的には、通常のシリーズは運動量が少ない愛犬や食欲旺盛な愛犬向きで、プロシリーズは運動量が多い活発な愛犬や少食の愛犬用フードとして向いています。

なお、ドライフードよりも水分量が多いソフトタイプは脂質とカロリーが控えめになっていますが、通常のシリーズについてはタンパク質が控えめすぎる印象を受けました。

▼総合評価をチェックする
ザ・パーフェクトワンドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を評価

内容量 公式 楽天 Amazon
100g 239円
600g 875円 980円

マルカンの公式サイトと楽天市場、Amazonでザ・パーフェクトワンのドライフード「チキン 成犬用」の販売状況を調査してみたところ、公式サイトからは直接購入することはできませんでした。
(※販売状況と販売価格は2023年1月に確認しました)

そして、Amazonでは100gのお試しサイズは販売されておらず、600gサイズの最安値は楽天という結果になりました!

ザ・パーフェクトワンを店頭で取り扱っている販売店はそれほど多くはないので、ザ・パーフェクトワンを購入するなら販売状況もあわせて確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

通販なら重い袋を持ち運ぶ手間がありませんし、一定金額以上の購入で送料無料となる販売店も多いですからね。

ザ・パーフェクトワンドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3.5
成分 4.5
安全性 3.0
食いつき ※レビューが少ないため未評価
コスパ 3.0
総合評価 Cランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
239円/100g
875円/600g
※ドライフード「チキン 成犬用」
※2023年1月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 成犬・シニア犬
原産国 日本
販売会社 株式会社マルカン

当サイトのザ・パーフェクトワンドッグフードの総合評価はCランクです。

主食用フードにはチキンが主原料として使われていることや、グレインフリーのレシピを採用したシリーズがあること、2つのシリーズで成分バランスの傾向が違い、愛犬の運動量と食事量に配慮してフードを選べることは魅力的です。

その一方で、内容が不明瞭な原材料が記載されていることや、通常のシリーズは肉類の割合がそこまで多くはないと推測できることも評価に影響しています。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。