ペップドッグフードのイメージ画像1

ムツゴロウさんこと畑正憲さんも絶賛のPep Dogs(ペップドッグス)のペップドッグフードは、小型犬の成犬向けに成分バランスや粒の大きさが調整されています。

また、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないのはもちろん、アレルギーの原因になりにくいグルテンフリーのレシピを採用しているのも特徴です。

この記事ではそんなペップドッグフードの口コミ・評判、原材料と成分をもとに総合的な評価をしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

※ペップドッグフードは2022年3月をもって販売終了となりました。

ペップドッグフードの悪い口コミ・評判

ペップドッグフードは比較的新しい商品ということもあってか、確認できたレビューは37件と少なかったです。
(※口コミ・評判は2021年10月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

そして、悪い口コミ・評判は全く見つかりませんでした。

ペップの口コミ・評判は今後も定期的に調査し、もし悪いレビューが見つかれば改めて追記することにします。

▼総合評価をチェックする
ペップドッグフードの総合評価

ペップドッグフードの良い口コミ・評判

ペップドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「安心して与えることができるドッグフード」、「小粒サイズで小型犬には食べやすそう」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ペップには良質な鶏肉が主原料として使われていることや、犬にとって必要のない人工添加物が使われていないグルテンフリーフードということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(17件)
  • 原材料に安心感がある(9件)
  • 小粒で食べやすそう(8件)
  • うちの犬には合っている(3件)

という結果になっています。

なお、明らかな商品PR目的と判断したレビューは調査対象からは除外しています。

食いつきがいい

ペップの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

レビュー総数自体が少ないとは言え、食いつきの悪さを指摘するレビューが全く見つからなかったことを踏まえると、ペップは天然由来の原材料そのものの香りでしっかりと嗜好性が高められていると捉えてよさそうです。

ペップには良質な鶏肉が主原料として使われているので、鶏肉風味のフードが好きな愛犬なら気に入ってくれる可能性は高いと思います。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「ペップは原材料に安心感がある」といった内容のレビューです。

まず、食に敏感でお腹が弱い愛犬を飼っている方にとっては、アレルギーの原因になりにくい原材料が使われていることが安心できる要素と言えるでしょう。

ペップは小麦グルテンフリーのレシピを採用しているだけでなく、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆も使われていません。

それだけでなく、動物性タンパク源が鶏肉だけに限定されているため、鶏肉以外の動物性タンパク源にアレルギーがある犬にも対応できます。

 

また、ドッグフードの中には人工の酸化防止剤や着色料が使われているものもありますが、ペップにはそれらの人工添加物が一切使われていません。

人工の酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために添加されるものの、ペップは安全性に配慮して天然由来の酸化防止剤を添加しています。

人工の着色料に関してはフードに色味をつけるために使われますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断するので、犬の立場になって考えればフードに色味をつける意味はありません。

 

それなのに着色料を使ってフードに色味をつけるのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

そして、人工の酸化防止剤と着色料は必ずしも使う必要のない人工添加物ということもあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは避けられがちな傾向があります。

小粒で食べやすそう

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「ペップは小粒で小型犬には食べやすそう」というレビューです。

ペップは小型犬の成犬向けに作られているドライタイプのドッグフードということで、粒の大きさは8mm前後の小粒サイズになっています。

粒の形状も円形なので、口の中で当たったりせず快適に食べられるでしょう。

うちの犬には合っている

通販サイトとSNSで調査した口コミ・評判の中には、「うちの犬には合っている」という内容のレビューもありました。

具体的には、「いい便が出るようになった」という飼い主の声です。

この理由として考えられるのは、ペップにはアレルギーの原因になりにくい原材料が使われているグルテンフリーフードということです。

販売価格が安くなればなるほど穀物の割合が増える傾向にあり、安さをウリにしたフードの多くには小麦が使われていますが、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすいという問題があります。

 

また、肉類の中では牛肉がアレルギーの原因になりやすく、先ほども触れたように大豆は豆類の中でアレルギーの原因になりやすいです。

それに対して、ペップにはそれらの原材料が使われていないので、切り替え前に与えていたフードの内容によっては下痢や吐き戻しといった消化不良が減る可能性はあります。

ペップドッグフードの口コミ・評判まとめ

ペップドッグフードは比較的新しい商品ということもあってかレビューはまだ少なく、悪い口コミ・評判は全く見つかりませんでした。

良い口コミ・評判に関しては「食いつきがいいお気に入りのフード」、「安心して与えることができるドッグフード」、「小粒サイズで小型犬には食べやすそう」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ペップには良質な鶏肉が主原料として使われていることや、犬にとって必要のない人工添加物が使われていないグルテンフリーフードということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 小粒で食べやすそう
  • うちの犬には合っている

ペップドッグフードのお試しサンプルについて

ペップドッグフードのお試しサンプルの配布や販売は行われていません。

そのため、ペップをお試しするにしても2kgサイズの本商品を最低1袋は注文する必要があります。

ただ、ペップの公式サイトでは継続の縛りがない定期コースが導入されており、初回は送料無料かつ54%オフの価格で購入することができるようになっています。

解約する時に解約金や違約金といった費用もかからないので、ペップをお試しするなら定期コースの割引特典を活用し、愛犬の食いつきと変化を確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです。

※ペップドッグフードは2022年3月をもって販売終了となりました。

ペップドッグフードの原材料の評価

ペップドッグフードのイメージ画像2

原材料一覧
チキン29%(乾燥チキン26%、チキンファット3%)、ライス(29%)、大麦、オート麦、ビートパルプ(2%)、ビール酵母、ミネラル(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素)、ビタミン(A、D3、ビオチン)、ユッカエキス(1kgあたり190mg)

ここからは、ペップドッグフードの原材料を評価していきます。

良質な鶏肉を主原料として使用

ペップドッグフードには、良質な鶏肉が主原料として使われています。

販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向にありますが、穀物が過剰に使われているドッグフードは肉食傾向である雑食の犬本来の食生活に配慮されたフードとは言いづらいです。

ペップの肉原材料の割合は29%とそこまで多くはないものの、肉類よりも安く仕入れられる穀物をかさ増し目的で使っているフードよりワンランク上のフードと言っていいでしょう。

小麦グルテンフリーのレシピを採用

ペップは小麦グルテンフリーのレシピを採用しているのも特徴です。

また、牛肉や大豆といったアレルギーの原因になりやすい原材料が使われていないことも評価できます。

さらに、動物性タンパク源が鶏肉だけに限定されていることも強みです。

穀物全般にアレルギーのある犬には対応できないものの、【米/大麦/オート麦】はアレルギーの原因になりにくい穀物ですし、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも幅広く対応できるドライフードです。

犬にとって必要のない人工添加物は不使用

ペップには、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていません。

BHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤を添加しているドッグフードは珍しくありませんが、ペップは安全性に配慮してローズマリー抽出物という天然由来の酸化防止剤を添加しています。

また、ペップには人工の着色料や香料・調味料が使われていないことも評価できます。

▼総合評価をチェックする
ペップドッグフードの総合評価

ペップドッグフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 24%
粗脂肪 8%
粗繊維 3.5%
粗灰分 6%
水分 8%
カルシウム 1.2%
リン 0.9%
オメガ6脂肪酸 2%
オメガ3脂肪酸 0.25%
エネルギー 346kcal/100g

原材料の次は、ペップドッグフードの成分を評価していきます。

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ペップのタンパク質は24%、脂質は8%、100gあたりのカロリーは346kcalと、適度にタンパク質を含みつつ脂質とカロリーは控えめに調整されています。

こういった成分バランス上、室内飼いで運動量が少ない成犬の主食としてぴったりです。

その逆に、運動量が多い活発な成犬用フードとしてのおすすめ度は下がります。

 

なお、ペップは1歳以上の小型犬の成犬を対象に作られているフードで、子犬も対象とした全年齢対応のフードではありません。

育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬には、高タンパク・高脂質・高カロリーなフードを選んであげるといいでしょう。

ペップドッグフードの給餌量

体重 1日あたりの給餌量
1〜2kg 30〜50g
2〜4kg 50〜85g
4〜6kg 85〜110g
6〜8kg 110〜140g
8〜10kg 140〜165g

ペップドッグフードの給餌量の目安は表の通りです。

ただ、この給餌量はあくまで”目安”であって、実際には愛犬の飼育環境や体質によって適量が変わってきます。

そのため、愛犬の体重や便の固さを確認しながら分量を調整するようにしてください。

▼総合評価をチェックする
ペップドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

公式 楽天 Amazon
販売価格 4,785円 4,158円 4,785円
送料 704円 無料 無料

ペップドッグフードはホームセンターやペットショップでは店頭販売されていない、通販限定のドッグフードです。
(※ペップドッグフードは2022年3月をもって販売終了となりました)

そして、公式サイトと楽天市場とAmazonでペップの販売価格を調査してみたところ、最安値は楽天市場という結果になりました!

また、公式サイトとAmazonの販売価格は1袋(2kg)4,785円と変わらないものの、公式サイトは704円の送料がかかります。

これだけ聞くと公式サイトで購入するメリットは特にないように思えますが、公式サイトでは定期コースが導入されており、定期コースで注文すると割引価格でペップを購入することができるようになっています。

公式サイトの定期コースについて

初回 2回目以降
販売価格
(1袋あたり)
2,178円 3,828円
送料 無料 704円

まず、公式サイトの通常販売価格は4,785円となっていますが、定期コースを利用すると20%オフの3,828円で購入することができます。

それだけでなく、定期コース初回は送料無料かつ54%オフの2,178円で購入できるようになっています。

定期コースと聞いて「継続の縛りがあるんじゃないか?」と身構える方もいるかもしれませんが、ペップの定期コースには特に継続の縛りがなく、初回限りで解約することもできます。

解約にあたっての解約金・違約金といった費用もかからないので、ペップをお試しするなら定期コースで1袋注文してみて、愛犬の食いつきと変化を確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです。

 

ただ、解約手続きは次回配送予定日の7日前までに行う必要があることには気をつけてください。

なお、定期コースは初回が注文後5日以内に1袋配送、2回目は初回から30日後に2袋配送、それ以降は60日間隔で2袋の配送というサイクルになっています。

定期コースの解約手続きについて

定期コースの解約手続きは、電話での受付のみとなっています。

解約手続きの受付時間に関しては、土日祝・年末年始を除く10時〜17時です。

ペップが届いてからの購入者都合の返品・キャンセルはできないので、定期コースを継続しない場合は早めに解約手続きを済ませることをおすすめします。

ペップドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.0
成分 4.0
安全性 5.0
食いつき 5.0
コスパ 3.5
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量 通常購入:4,785円/2kg×1袋
定期初回:2,178円/2kg×1袋(54%オフ)
定期2回目以降:7,656円/2kg×2袋(20%オフ)
※定期コース2回目以降は2ヶ月毎に2袋配送
対応年齢 小型犬の成犬用
原産国 イギリス
販売会社 株式会社Peppets

当サイトのペップドッグフードの総合評価はAランクです。

犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことに加えて、小麦グルテンフリーかつ動物性タンパク源が鶏肉だけに限定されていることが魅力のイギリス産フードです。

また、割引価格で購入できる定期コースが導入されており、初回は送料無料かつ54%オフの価格でお試しできることも評価できます。

定期コースは継続の縛りもないので、まずは定期コースで1袋お試ししてみて、愛犬の食いつきと変化を確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです。

※ペップドッグフードは2022年3月をもって販売終了となりました。