アイディッシュドッグフードのイメージ画像

人間でも食べられる高品質な原材料だけが使われていることに加えて、動物性の油脂でコーティングされていないノンオイルコーティングの国産ドッグフードのiDish(アイディッシュ)。

また、小麦グルテンフリーのレシピを採用していることや、愛犬の体質や食の好みに合わせて選べるように、「チキン&フィッシュ」と「フィッシュ」という2種類のラインナップがあることも特徴です。

この記事ではそんなアイディッシュドッグフードの口コミ・評判、原材料と成分をもとに総合的な評価をしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

アイディッシュドッグフードの悪い口コミ・評判

アイディッシュは通販でしか購入できない流通量が少ないドッグフードということもあってか、確認できたレビューは9件と少なかったです。
(※口コミ・評判は2022年4月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

そして、現時点では悪い口コミ・評判は全く見つかりませんでした。

アイディッシュの口コミ・評判は今度も定期的に調査し、もし悪いレビューが見つかれば改めて追記することにします。

▼総合評価をチェックする
アイディッシュドッグフードの総合評価

アイディッシュドッグフードの良い口コミ・評判

アイディッシュドッグフードの良い口コミ・評判は「愛犬の食いつきもよく満足している」、「安心して与えることができるドッグフード」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューを確認できました。

このような内容のレビューが見られた理由は、アイディッシュには良質な動物性タンパク源が主原料として使われていることや、余計な添加物が一切使われていないノンオイルコーティングのドライフードということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(5件)
  • 原材料に安心感がある(3件)
  • うちの犬には合っている(1件)

という結果になっています。

食いつきがいい

アイディッシュの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

この理由として考えられるのは、アイディッシュには良質な動物性タンパク源が主原料として使われており、天然由来の原材料の香りを活かして嗜好性が高められていることです。

それに加えて”チキン&フィッシュ”、”フィッシュ”といったメインのタンパク源が違う2種類のラインナップがあり、愛犬の食の好みに合わせて選びやすいことも強みと言えます。

ただ、そもそものレビュー総数自体が少ないこともあり、食いつきについての口コミ・評判はほとんど参考にならない・・・というのが率直な感想です。

原材料に安心感がある

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「アイディッシュは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

まず第一に、アイディッシュには人工の酸化防止剤や着色料、香料・調味料といった人工添加物が一切使われていないことが安心できる要素と言えるでしょう。

また、食いつきをよくするために動物性の油脂を吹きかけているドライフードは少なくありませんが、アイディッシュはノンオイルコーティングのドライフードということも見逃せません。

そして、小麦アレルギーの愛犬を飼っている方にとっては、2種類のラインナップのどちらも小麦グルテンフリーのレシピを採用していることも安心感に繋がります。

うちの犬には合っている

良い口コミ・評判の中には、「うちの犬には合っているようで、いい便が出るようになった」という内容のレビューもありました。

この理由としてまず考えられるのは、アイディッシュは良質な動物性原材料が主原料として使われている高タンパクなドッグフードということです。

対照的に、フードの販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向にありますが、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

そして、穀物が過剰に使われている低タンパク・高炭水化物のフードは、下痢や吐き戻しといった消化不良の原因になります。

 

また、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすいという問題がありますが、先ほども触れた通り、アイディッシュは小麦グルテンフリーのレシピを採用しています。

そのほかにも、人工の酸化防止剤や着色料といった添加物がアレルギーの原因になることもありますが、アイディッシュには犬にとって必要のない添加物は一切使われていません。

このことから、切り替え前に与えていたフードの原材料の内容によっては、アイディッシュに切り替えることで便の固さが安定する可能性はあります。

アイディッシュドッグフードの口コミ・評判まとめ

アイディッシュは通販でしか購入できない流通量が少ないドッグフードということもあってか、確認できたレビューは9件と少なかったです。

そして、現時点では悪い・評判は全く見つかりませんでした。

その一方で、アイディッシュドッグフードの良い口コミ・評判は「愛犬の食いつきもよく満足している」、「安心して与えることができるドッグフード」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューを確認できました。

このような内容のレビューが見られた理由は、アイディッシュには良質な動物性タンパク源が主原料として使われていることや、余計な添加物が一切使われていないノンオイルコーティングのドライフードということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • うちの犬には合っている

アイディッシュドッグフードの種類

商品名 主原料 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
チキン&フィッシュ 生肉(鶏肉、魚肉、豚レバー) 28% 9% 370kcal
フィッシュ 生肉(旬のお魚) 28% 9% 340kcal

アイディッシュドッグフードには「チキン&フィッシュ」、「フィッシュ」という2種類のラインナップがあります。

どちらも人間でも食べられる高品質な原材料が使われていることや、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないこと、小麦グルテンフリーのレシピを採用していることは変わりませんが、動物性タンパク源とカロリーに違いがあります。

「チキン&フィッシュ」については、【鶏肉/魚肉/豚肉/乳製品】といった動物性タンパク源が使われており、カロリーは100gあたり370kcalと標準的な範囲になっています。

その一方で、「フィッシュ」の動物性タンパク源は【魚肉/乳製品】の2種類とシンプルで、カロリーは100gあたり340kcalと控えめです、

アイディッシュのお試しサンプルについて

アイディッシュのお試しサンプルの無料配布や販売は行われていません。

ただ、アイディッシュの公式通販サイト「ハグミー」では割引価格で購入できる定期コースが導入されており、初回は1袋500gの本商品を送料無料かつ約55%オフの1,980円でお試しすることができます。

また、定期コースを継続する場合は2回目以降も約55%オフの価格で購入できますし、愛犬に合わなかったと感じた時には2回目発送分から解約することもできます。

そのため、お試しするにせよ継続して購入するにせよ、割引価格で購入できる定期コースを利用するのがおすすめです。

▼総合評価をチェックする
アイディッシュドッグフードの総合評価

アイディッシュドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
生肉(鶏肉、魚肉、豚レバー)、大麦、魚粉(鰹削り節、片口鰯煮干)、ヤシ粉末、玄米粉、脱脂大豆、とうきび、さつまいも(五郎島金時)、胡麻、あぶらかす(豚)、脱脂米ぬか、ひまわり油、脱脂粉乳、乳清、モリンガ、海藻粉末、カルシウム粉末、ビール酵母、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、有胞子性乳酸菌、エントロコッカスフェカリス菌、クランベリー、セロリ、なす、大根、ピーマン、レタス、グリーンアスパラガス、青しそ、キャベツ、小松菜、白菜、パセリ、ブロッコリー
※アレルギーの原因になりやすい原材料は赤色で記載

ここからは、アイディッシュドッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は「チキン&フィッシュ」の原材料一覧です)

良質な原材料だけが使われている国産ドッグフード

アイディッシュの特徴としてまず挙げられるのは、人間でも食べられる良質な原材料だけが使われている国産ドッグフードということでしょう。

また、「チキン&フィッシュ」はメインのタンパク源として【鶏肉/魚肉/豚レバー】を、「フィッシュ」には【旬のお魚】が使われており、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。
(※旬のお魚は「タラ/ニギス/イワシ/アジ/サワラ/タイ/ハマチ/ハタハタ」とのことです)

さらに、アイディッシュは小麦グルテンフリーのレシピを採用していることから、小麦アレルギーの愛犬にも安心して与えることができます。

ただ、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆が使われているため、体質によってはアイディッシュが合わない可能性はあります。

ノンオイルコーティングのドライフード

アイディッシュは動物性の油脂でコーティングされていない、ノンオイルコーティングのドライフードということも見逃せません。

オイルコーティングは手軽に嗜好性を高められるというメリットがある反面、タンパク質がしっかりと除去されていない場合や、酸化を抑えるために添加される酸化防止剤の種類によっては、アレルギーや涙やけに繋がる可能性があります。

また、ドッグフードの中には人工の酸化防止剤や保存料が使われているものも少なくない中、アイディッシュには保存料が使われておらず、水分量を減らすことで品質を保っています。

 

そのほかにも、見た目をよくするために人工の着色料が使われているフードもありますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していません。

このことから、天然由来のもの人工のものに関わらず、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はないです。

それに対して、余計な添加物が一切使われていないアイディッシュは、品質だけでなく安全性にもきちんと配慮されている印象を受けました。

アイディッシュドッグフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 28%以上
粗脂肪 9%以上
粗繊維 2%以下
粗灰分 8%以下
水分 9%以下
エネルギー 370kcal/100g

原材料の次は、アイディッシュドッグフードの成分を評価していきます。
(※表は「チキン&フィッシュ」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

アイディッシュの「チキン&フィッシュ」のタンパク質は28%、脂質は9%、カロリーは100gあたり370kcalと、高タンパクかつ脂質は控えめでカロリーは標準的な範囲のドライフードになっています。

こういった成分バランス上、適度に運動をする成犬の主食としてぴったりです。

「フィッシュ」についてはタンパク質と脂質は「チキン」と変わりませんが、カロリーは100gあたり340kcalと控えめになっており、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成犬や、歳をとって活動量が落ちたシニア犬用フードとして向いています。

ただ、アイディッシュは脂質が控えめということを踏まえると、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬用フードとしてのおすすめ度は下がります。

アイディッシュドッグフードの給餌量

体重 4~12ヶ月 1~6歳 7歳~
1~1.5kg 38~51g 34~46g 31~42g
1.5~2kg 51~64g 46~57g 42~52g
2~2.5kg 64~78g 57~71g 52~63g
2.5~3kg 78~86g 71~78g 63~70g
3~3.5kg 86~95g 78~85g 70~77g
3.5~4kg 95~103g 85~92g 77~83g
4~4.5kg 103~111g 92~100g 83~90g
4.5~5kg 111~119g 100~107g 90~96g
5~6kg 119~135g 107~122g 96~109g
6~7kg 135~151g 122~136g 109~123g
7~8kg 151~168g 136~151g 123~136g
8~9kg 168~184g 151~165g 136~149g
9~10kg 184~200g 165~180g 149~162g
10~12kg 200~232g 180~209g 162~188g
12~14kg 232~265g 209~238g 188~215g
14~16kg 265~297g 238~268g 215~241g
16~18kg 297~330g 268~297g 241~267g
18~20kg 330~362g 297~326g 267~293g

アイディッシュドッグフード「チキン&フィッシュ」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

「フィッシュ」の給餌量についても公式サイトとパッケージに掲載されていますが、掲載されている給餌量はあくまで“目安”でしかなく、実際には体質や飼育環境によって適量が変わってきます。

そのため、愛犬の体重や便の固さを確認しながら給餌量を調整するようにしてください。

▼総合評価をチェックする
アイディッシュドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

公式 楽天 Amazon
販売価格
(500g×1袋)
4,380円 3,080円 3,024円
送料 550円 無料 540円

アイディッシュはペットショップやホームセンターでは店頭販売されていない、通販限定の国産ドッグフードです。
(※販売状況と販売価格は2022年9月に確認しました)

そして、公式通販サイトと楽天市場、Amazonでアイディッシュの販売状況を調査してみたところ、最安値は楽天市場という結果になりました!

対照的に、送料を含めた総額が一番高いのは公式通販サイトということで、公式通販サイトを通してアイディッシュを購入するメリットが特にないように感じるかもしれません。

ただ、公式通販サイトでは定期コースが導入されており、定期コースを利用すると割引価格でアイディッシュを購入することができるようになっています。

公式サイトの定期コースについて

初回 2回目以降
販売価格 1,980円
(500g×1袋)
5,940円
(500g×3袋)
送料 無料 550円
(8,000円以上で無料)

公式通販サイトの通常価格は1袋4,380円+送料550円となっていますが、定期コースを利用すると初回は約55%オフの1,980円かつ送料無料で購入することができます。

そして、2回目以降は3袋以上の購入が条件となるものの、1袋あたりの販売価格が1,980円という点は変わりません。

また、8,000円(5袋)以上のまとめ買いで送料が無料になります。

 

ちなみに、定期コースと聞くと「継続の縛りがあるんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、アイディッシュの定期コースは2回目発送分から解約できますし、解約にあたっての違約金や解約金といった費用もかかりません。

ただ、2回目の解約手続きは1回目発送から13日以内に、3回目以降の解約手続きは次回発送日の10日前までに行う必要があることには気をつけてください。

アイディッシュドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.5
成分 4.5
安全性 5.0
食いつき ※レビューが少ないため未評価
コスパ 1.0
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量 通常購入:4,380円/500g×1袋
定期初回:1,980円/500g×1袋
定期コース:5,940円/500g×3袋
※定期購入時は約55%オフ
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
販売会社 HUGME株式会社

当サイトのアイディッシュドッグフードの総合評価はBランクです。

人間でも食べられる高品質な原材料だけが使われているだけでなく、小麦グルテンフリーかつノンオイルコーティングの国産ドッグフードということが魅力的です。

また、メインのタンパク源が違う2種類のラインナップがあり、愛犬の食の好みや体質に合わせて選びやすいことも評価できます。

 

それだけに決して安いとは言えない価格帯のドライフードですが、割引価格で購入できる定期コースが導入されていることは良心的と言えますね。

定期コースは2回目発送分から解約することもできるので、まずは定期コースで1袋お試ししてみて、愛犬に合っているかどうかをじっくりと確認しながら継続するか解約するかを検討するのがおすすめです。