カナガンドッグフードとネルソンズのパッケージ画像1

カナガンとネルソンズはどちらもレティシアンが販売しているドッグフードで、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用していたり、香料・着色料といった犬にとって必要のないものが使われていないなどの共通点があります。

また、主原料として良質な動物性原材料が使われていることも共通しており、「愛犬にはどちらが合っているのか分からない」と頭を悩ます方もいるでしょう。

そこでこの記事では、カナガンとネルソンズを5つの項目で比較し、2つのドッグフードの違いをできるだけ分かりやすくまとめてみたので、ぜひ愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

カナガンとネルソンズのラインナップの比較

項目 カナガン ネルソンズ
ドライフード 3種類(チキン、サーモン、デンタル) 1種類
ウェットフード 1種類(チキン) なし

カナガンとネルソンズを比較するにあたってまず押さえておきたいのは、ネルソンズはドライフードが1種類だけなのに対して、カナガンは3種類のドライフードと缶詰タイプのウェットフードが1種類あることです。
(※カナガンのラインナップは日本で販売中の正規品だけに絞っています)

そして、冒頭でも触れたように、どのフードもグレインフリーのレシピを採用していることや、犬にとって必要のないものが一切使われていないことは変わりません。

また、全年齢対応の主食用ドッグフードということも共通しています。

これらを踏まえた上で、各カナガンとネルソンズの原材料や主要な成分値、粒の大きさと形状、販売価格・内容量の違いを比較していきましょう。

カナガンドッグフードとネルソンズの原材料の比較

カナガンドッグフードの中身

項目 カナガン チキン カナガン サーモン カナガンデンタル カナガン ウェット ネルソンズ
主原料 チキン生肉 生サーモン 七面鳥生肉 骨抜きチキン生肉 チキン
動物性タンパク源 鶏、卵 七面鳥、鶏、卵 鶏、緑イ貝
穀物 不使用
(グレインフリー)
不使用
(グレインフリー)
不使用
(グレインフリー)
不使用
(グレインフリー)
不使用
(グレインフリー)
香料・着色料 無添加 無添加 無添加 無添加 無添加

ラインナップの次は、各カナガンとネルソンズの主原料と動物性タンパク源の比較です。
(※穀物・香料・着色料が使われていないことは説明済みなので省きます)

カナガン チキンとカナガン ウェット、ネルソンズには主原料としてチキン(鶏肉)が使われており、カナガン サーモンには生サーモンが、カナガンデンタルには七面鳥鶏肉が主原料として使われています。

また、それぞれで動物性タンパク源の内容にも違いがあり、カナガン サーモンは動物性タンパク源が魚だけに、ネルソンズは鶏だけに限定されています。

このことから、鶏肉アレルギーの愛犬にはカナガン サーモンを、鶏肉以外の複数の動物性タンパク源にアレルギーのある愛犬にはネルソンズを・・・といったように、食の好みだけでなくアレルギーに配慮して選ぶこともできますよ。

カナガンドッグフードとネルソンズの成分の比較

項目 カナガン チキン カナガン サーモン カナガンデンタル カナガン ウェット ネルソンズ
タンパク質
(以上)
29% 30% 30% 8% 28%
脂質
(以上)
15% 12% 14% 3% 11%
水分
(以下)
9% 9% 9% 86% 12%
エネルギー
(100gあたり)
376kcal 370kcal 370kcal 115kcal 368kcal

原材料の次は、各カナガンとネルソンズの主要な成分値(タンパク質・脂質・カロリー)を比較してみました。

ラインナップの項目で触れた通り、どれも全年齢対応の主食用ドッグフードではありますが、カナガン チキンはそのほかのドライフードよりもやや高脂質・高カロリーになっています。

このような成分バランスを踏まえて、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬や運動量が多い活発な成犬、食が細くてたくさんの量が食べられない成犬にはカナガン チキンをおすすめしています。

 

もちろん、給餌量の調整さえきちんとできれば、どのドッグフードを選んでも問題ありません。

なお、カナガン ウェットはドライフードよりも水分量が多いことからカロリーが控えめなので、まだ固形物を食べ慣れていない子犬や噛む力が弱くなったシニア犬だけでなく、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある愛犬用フードとしても向いています。

カナガンドッグフードとネルソンズの粒の比較

ネルソンズドッグフードの粒の大きさ

項目 カナガン チキン カナガン サーモン カナガンデンタル カナガン ウェット ネルソンズ
直径 約10mm 約10mm 約10mm 約12mm
厚さ 約4.5mm 約4.5mm 約4.5mm 約5mm
形状 ドーナツ型 ドーナツ型 ドーナツ型 トライアングル型

カナガンとネルソンズを比較するにあたって重要な要素が、粒の大きさと形状です。
(※カナガン ウェットは比較対象からは除外しています)

カナガンの各ドライフードは直径が約10mm、厚さが約4.5mmのドーナツ型と共通しており、口の小さな小型犬にも食べやすいサイズ感のドライフードと言えます。

それに対して、ネルソンズは直径が約12mm、厚さが約5mmのトライアングル型と、カナガンのドライフードよりも大きくて噛みごたえのある粒で、中型犬・大型犬用フードとしてぴったりです。

カナガンドッグフードとネルソンズの値段の比較

項目 カナガン チキン カナガン サーモン カナガンデンタル カナガン ウェット ネルソンズ
通常購入時の価格 5,038円/2kg×1袋 5,038円/2kg×1袋 5,852円/2kg×1袋 3,784円/400g×3缶 9,196円/5kg×1袋
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
1袋:5,266円(10%オフ)
2〜3袋:4,974円(15%オフ)
4袋以上:4,681円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
1〜2セット:3,405円(10%オフ)
3〜5セット:3,216円(15%オフ)
6セット以上:3,027円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
1〜2袋:7,816円(15%オフ)
3袋以上:7,356円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格 約252〜202円 約252〜202円 約293〜234円 約315〜252円 約184〜147円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約202〜161円 約202〜161円 約263〜211円 約631〜505円 約153〜122円

各カナガンとネルソンズを比較するにあたり、粒サイズのほかに注目しておきたいのが販売価格と内容量の違いです。

カナガンのドライフードの内容量はどれも1袋2kgとなっていますが、カナガン チキンとカナガン サーモンが5,038円で販売されているのに対して、カナガンデンタルは5,852円で販売されています。

カナガンデンタルの値段が高い要因の一つとして挙げられるのは、海藻の天然ケア成分を主成分とした”プロデン・プラークオフ”が配合されていることです。

そして、ネルソンズの内容量は1袋5kgとなっており、9,196円で販売されています。

 

これを分かりやすいように100gあたりの値段で比較してみると、カナガン チキンとカナガン サーモンは約252円、カナガンデンタルは約293円、ネルソンズは約184円となり、グラムあたりの値段はネルソンズが一番安いことが分かりますね。

カナガンの各ドライフードは小型犬でも1ヶ月程度で食べ切れる内容量ですが、ネルソンズは大容量サイズのドライフードになっていることを踏まえても、ネルソンズは中型犬・大型犬向きと捉えることができます。

ただ、小型犬の愛犬たちを多頭飼いしており、食事の際に粒をふやかしたり砕いたりする手間をかけられるなら、コスパのいいネルソンズを選ぶのも一つの手です。

 

なお、カナガン ウェットについては販売価格が一番高く、水分量が多くてカロリー控えめなウェットフードということから給餌量が多くなり、それに比例して餌代も高くなります。

このことから、カナガン ウェットはドライフードと併用して与えるのがおすすめです。

それと、どのフードも公式サイトでは定期コースが導入されており、各カナガンは合計金額に応じて「10%or15%or20%」の割引が、ネルソンズは「15%or20%」の割引が適用されます。

こんな場合はカナガンがおすすめ

カナガンドッグフードのパッケージ画像(表面1)

口の小さな犬たちにも食べやすい粒サイズのカナガンの各ドライフードは、トイプードルやチワワなどの(超)小型犬用フードとしておすすめです。

また、カナガン サーモンとカナガンデンタル、ネルソンズよりも高脂質・高カロリーなカナガン チキンについては、育ち盛りの子犬や活発な成犬、少食な成犬の主食として向いています。

それと、愛犬が鶏肉にアレルギーがある場合には、動物性タンパク源が魚だけに限定されたカナガン サーモンに選択肢が絞られます。

カナガンのラインナップには缶詰タイプのウェットフードもあり、いつものドライフードにトッピングして与えたり、ローテーションして与えられることも強みと言えますね。

こんな場合はネルソンズがおすすめ

ネルソンズドッグフードのパッケージ(表面1)

カナガンの各ドライフードよりも大きめで噛みごたえのある粒サイズのネルソンズは、体の大きな中型犬・大型犬用フードとしてぴったりです。

また、グラムあたりの値段はカナガンよりも安いので、小型犬の愛犬たちを多頭飼いしており、できるだけ月々の餌代を抑えたいと考えているなら、ネルソンズを選ぶのもいいでしょう。

ただ、場合によっては食べやすいように粒をふやかしたり砕いてから与える必要があるので、食事の際にひと手間かけられるかも考慮してください。

それと、ネルソンズは動物性タンパク源が鶏だけに限定されているので、鶏肉以外の複数の動物性タンパク源にアレルギーのある愛犬にはネルソンズを・・・といった選び方もできますよ。

まとめ

カナガンとネルソンズはどちらもレティシアンが販売している海外産のドッグフードで、グレインフリーのレシピを採用していたり、香料・着色料といった犬にとって必要ののないものが使われていないなどの共通点があります。

ただ、カナガンには3種類のドライフードと缶詰タイプのウェットフードがあり、それぞれのフードでタンパク源の種類や主要な成分値に違いがあります。

また、カナガンの各ドライフードは小型犬にも食べやすい粒サイズになっているのに対して、ネルソンズは大きめで噛みごたえのある粒サイズになっています。

それに加えて、販売価格と内容量にも差があるので、コスパ面にも注目していずれかのフードを選ぶといいでしょう。