リアルネイチャードッグフードの口コミは?愛犬家の評判を徹底検証!

【肉副産物/小麦/とうもろこし/じゃがいも】といった原材料が使われていないことに加えて、良質な動物性タンパク源の占める割合が約8割と非常に多い台湾産ドッグフードの「リアルネイチャー」。

また、人工の酸化防止剤や着色料といった添加物は使われておらず、原材料の内容が違う5種類のラインナップを取り揃えていることも特徴です。

この記事ではそんなリアルネイチャードッグフードの口コミ・評判、原材料と成分をもとに総合的な評価をしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

リアルネイチャードッグフードの悪い口コミ・評判

リアルネイチャーはそこまで流通量が多くないドッグフードということもあってか、確認できたレビューは25件と少なかったです。
(※口コミ・評判は2022年5月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

そんな状況の中、「食いつきはいまいち」という内容の悪い口コミ・評判を4件確認できました。

食いつきはいまいち

リアルネイチャーの食いつきが悪かった理由としてまず考えられるのは、人工の香料・調味料といった添加物が使われておらず、天然由来の原材料そのものの香りで風味が整えられていることです。

一般的には人工の香料・調味料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、それらの添加物が使われているフードを食べ慣れている犬にとっては、リアルネイチャーの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、単純に選んだ種類(風味)が愛犬の食の好みに合わなかった可能性も考えられますね。

ただ、リアルネイチャーはメインのタンパク源が違う5種類のラインナップを取り揃えているので、風味の種類が限定されたフードに比べれば食の好みには合わせやすいです。

▼総合評価をチェックする
リアルネイチャードドッグフードの総合評価

リアルネイチャードッグフードの良い口コミ・評判

リアルネイチャードッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「お手頃な値段で販売されている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、リアルネイチャーには良質な動物性原材料が贅沢に使われていることや、アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(10件)
  • うちの犬には合っている(6件)
  • お手頃な値段(3件)
  • 原材料に安心感がある(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

リアルネイチャーの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

この理由として考えられるのは、リアルネイチャーはどのラインナップも良質な動物性原材料が贅沢に使われており、天然由来の原材料の香りを活かして風味が整えられていることです。

また、悪い口コミ・評判の項目でも触れましたが、リアルネイチャーはラムが主原料の”プレイリーラム”、鶏肉が主原料の”フォレストチキン”、サーモンが主原料の”オーシャンサーモン”など、メインのタンパク源が違うラインナップを取り揃えています。

 

このことから、特定のタンパク源(風味)が好きな愛犬には対応したフードを、同じ風味だとすぐに食べ飽きてしまう愛犬にはローテーションして与える・・といったように、食にこだわりがあるグルメな愛犬にも対応しやすいことも強みと言えます。

とは言え、そもそものレビュー総数が少ないこともあり、食いつきについての口コミ・評判はそれほど参考にはならない、というのが率直な感想です。

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューです。

具体的には「いい便が出るようになった」、「涙やけがスッキリした」という飼い主の声を確認できました。

これらの理由としてまず考えられるのは、リアルネイチャーにはアレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることです。

 

販売価格が安くなればなるほど穀物の割合が増える傾向にあり、安さをウリにしているフードのほどんどには小麦が使われている一方で、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすいという問題があります。

また、肉類の中では牛肉が、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすい傾向がありますが、リアルネイチャーには小麦・牛肉・大豆といったタンパク源が使われていません。

そのほかにも、人工の酸化防止剤や着色料といった添加物がアレルギーや涙やけの原因になりえますが、リアルネイチャーにはそれらの添加物も使われていません。

このことから、切り替え前に与えていたフードの原材料の内容によっては、リアルネイチャーに切り替えることで下痢や吐き戻しといった消化不良が減ったり、目元に変化が出る可能性はあります。

お手頃な値段

良い口コミ・評判の中には、「リアルネイチャーはお手頃な値段で販売されている」という内容のレビューもありました。

参考までに一例を挙げると、”プレイリーラム”の2kgサイズの100gあたりの値段は約180円と、実際のところは決して安いと言える価格帯のドライタイプのドッグフードではありません。

ただ、良質な動物性原材料が全体の約8割、アレルギーの原因になりにくいタンパク源を使用、犬にとって必要のない添加物は不使用といった要素も加味すれば、【リアルネイチャーは品質と価格のバランスが取れたドッグフード】と捉えることができます。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。

原材料に安心感がある

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「リアルネイチャーは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

まず、食に敏感でお腹が弱い愛犬を飼っている方にとっては、どのラインナップもアレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、ここまでに何度か取り上げているように、リアルネイチャーには犬にとって必要のない添加物が一切使われていないことも評価できます。

酸化を抑えるために人工の酸化防止剤が添加されているフードは少なくありませんが、リアルネイチャーは天然由来の酸化防止剤で代用しています。

 

それと、色味をつけるために着色料が使われているフードもありますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

それなのに着色料を使って色味をつけるのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

そして、人工の酸化防止剤や着色料は必ずしも使う必要のない添加物ということもあり、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは避けられがちな傾向があります。

リアルネイチャードッグフードの口コミ・評判まとめ

リアルネイチャーはそこまで流通量が多くないドッグフードということもあってかレビューは少なかったものの、「食いつきはいまいち」といった内容の悪い口コミ・評判を確認できました。

その一方で、リアルネイチャードッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「お手頃な値段で販売されている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、リアルネイチャーには良質な動物性原材料が贅沢に使われていることや、アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • お手頃な値段
  • 原材料に安心感がある

リアルネイチャードッグフードの種類

商品名 主原料 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
NO.1 プレイリーラム ラム 25.5% 12.5% 365kcal
NO.2 フォレストチキン 台湾鶏肉 25.0% 13.0% 360kcal
NO.3 オーシャンサーモン 北欧サーモン 26.0% 13.5% 370kcal
NO.4 リバーダック 台湾のアヒル 25.0% 13.5% 365kcal
NO.5 レイクタートル フリーズドライ台湾スッポン 26.5% 13.5% 360kcal

リアルネイチャードッグフードのラインナップは「NO.1 プレイリーラム」、「NO.2 フォレストチキン」、「NO.3 オーシャンサーモン」、「NO.4 リバーダック」、「NO.5 レイクタートル」の5種類です。

ラインナップによってメインのタンパク源の種類をはじめとして原材料の内容に違いはありますが、どれに関しても動物性原材料が全体の約8割を占めていることや、アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることは変わりません。

また、人工の酸化防止剤や着色料といった添加物が使われていないことや、全犬種・全年齢対応の主食用ドライフードという点も同じです。

主要な成分バランスについても大きな差はないので、これといったこだわりがなければ愛犬の食の好みに合わせて選べば大丈夫です。

▼総合評価をチェックする
リアルネイチャードドッグフードの総合評価

リアルネイチャードッグフードの原材料の評価

原材料一覧
新鮮な肉(フリーズドライ台湾スッポン)、新鮮な魚貝(サーモン、ホタテ)、精製台湾蓬莱米、動物脂肪(米国薬局方検証済み南米アンチョビ油、鶏脂肪、混合トコフェロールで酸化防止)、オーツ麦、加水分解鶏肉ペプチド、亜麻仁、エクストラバージンオリーブオイル、フリーズドライ台湾スッポン卵、ビート、台湾フリーズドライ野菜(人参、南瓜、キャベツ、ほうれん草、他季節により異なる)、台湾フリーズドライ果実(りんご、他季節により異なる)、アルファルファ、有機酸(乳酸、クエン酸)、ナノ天然毒素吸着剤(天然鉱物及び酵母)、アミノ酸キレート鉱物複合体(鉄、マンガン、銅、亜鉛、セレン、コバルト)、加水分解レシチン、コラーゲントリペプチド(魚皮由来)、コエンザイムQ10、タウリン、複合消化酵素(プロテアーゼ、アミラーゼ、セルラーゼ、βグルカナーゼ)、グルコサミン、コンドロイチン、βグルカン、有機亜鉛、有機クロム、Lカルニチン、複合プロバイオティクス(乳酸菌、乳酸菌LP28、ビフィズス菌ロンガム種、枯草菌)、ユッカシジゲラ抽出物、マリーゴールド抽出物(ルテインの源)、メチオニン、トリプトファン、植物抗酸化物質(緑茶、ミント、ローズマリーエキス)、複合ビタミン(A、B1、B2、パントテン酸、B6、葉酸、B12、被覆アスコルビン酸、D3、天然ビタミンE、コリン)

ここからは、リアルネイチャードッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は「NO.5 レイクタートル」の原材料一覧です)

動物性原材料を贅沢に使用した台湾産ドッグフード

リアルネイチャーの特徴としてまず挙げられるのは、動物性原材料が贅沢に使われている台湾産ドッグフードということでしょう。

種類別の項目でも触れましたが、どのラインナップも良質な動物性原材料が全体の8割近くを占めており、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

その一方で、安さをウリにしているフードには肉・魚よりも安く仕入れることができる穀物がメインに使われていますが、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

 

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは、下痢や嘔吐といった消化不良の原因になります。

それに対して、肉・魚が贅沢に使われているリアルネイチャーは、犬本来の食事内容に配慮されたワンランク上のフードと捉えることができますね。

小麦グルテンフリーのドライフード

リアルネイチャーは、小麦グルテンフリーのレシピを採用したドライフードということも評価できます。

グレインフリー(穀物不使用)ではないものの、【牛肉/とうもろこし/大豆】といったタンパク源が使われていないことから、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも対応しやすくなっています。

ただし、複数の動物性タンパク源が使われているので、特定のタンパク源にアレルギーのある愛犬を飼っている場合には、ラインナップ別のタンパク源の種類をきちんと確認しておきましょう。

犬にとって必要のない添加物は不使用

リアルネイチャーには、犬にとって必要のない添加物が一切使われていないことも見逃せません。

口コミ・評判の項目でも説明した通り、人工の酸化防止剤や着色料といった添加物は一切使われていませんし、”動物性脂肪”に使われている酸化防止剤の種類まで明記されていることも安心感に繋がります。

また、”加水分解”についても安全性に配慮された方法が採用されており、品質面だけでなく安全性にもしっかりと配慮されている印象を受けました。

リアルネイチャードッグフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 26.5%以上
粗脂肪 13.5%以上
粗繊維質 4.0%以下
水運 10.0%以下
カルシウム 1.1%以上
リン 0.9%以上
オメガ6:オメガ3 2.3-2.6
エネルギー 360kcal/100g

原材料の次は、リアルネイチャードッグフードの成分を評価していきます。
(※表は「NO.5 レイクタートル」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

リアルネイチャーのタンパク質は25.0〜26.5%、脂質は12.5〜13.5%、カロリーは100gあたり360〜370kcalと、適度にタンパク質と脂質を含みつつカロリーも標準的な範囲になっています。

このことから、給餌量の調整次第で運動量の多い愛犬から運動量がそれほど多くない愛犬まで幅広く対応しやすいです。

しいて言えば、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬や運動量がかなり多い成犬向けに高タンパク・高脂質なフードが、運動量が少ない成犬や歳をとったシニア犬向けに低脂質・低カロリーなフードがあってもいいとは感じました。

とは言え、全犬種・全年齢対応の主食用ドライフードというくくりで見れば、非常に良くバランスが取れているというのが率直な感想です。

▼総合評価をチェックする
リアルネイチャードドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
60g 308円 308円
2kg 5,566円 5,566円 5,566円
4kg(2kg×2袋) 10,400円 10,400円
12kg(2kg×6袋) 30,800円 30,800円

リアルネイチャーの総輸入代理店リフレックスが運営しているペットニュートリションOnlineと楽天市場、Amazonで「NO.5 レイクタートル」の販売状況を調査してみたところ、Amazonでは2kg以外のサイズは販売されていませんでした。
(※販売状況と販売価格は2022年5月に確認しました)

そして、どのサイズについても最安値は変わらず、という結果になりました!

リアルネイチャーを店頭で取り扱っている販売店は多くはないので、リアルネイチャーを購入するなら販売状況も一緒に確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

通販ならわざわざ袋を持ち運ぶ手間がありませんし、一定金額以上の購入で送料無料となる販売店も多いですからね。

リアルネイチャードッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.5
成分 4.5
安全性 5.0
食いつき ※レビューが少ないため未評価
コスパ 2.5
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
308円/60g
5,566円/2kg
10,400円/4kg
30,800円/12kg
※NO.5 レイクタートル
※2022年5月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
原産国 台湾
販売会社 株式会社リフレックス

当サイトのリアルネイチャードッグフードの総合評価はAランクです。

どのラインナップにも良質な動物性原材料が贅沢に使われていることや、アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていること、犬にとって必要のない添加物が一切使われていないことは魅力的です。

また、原材料の内容の割には手に取りやすい価格で販売されていることも評価できます。

「愛犬には品質と価格のバランスが取れた良質なフードを与えたい」と考えているなら、一度お試ししてみる価値はあるでしょう。