モグキューブドッグフードのパッケージ画像

ニュージーランド産グラスフェッドラムが贅沢に使われているだけでなく、原材料そのものの栄養素と風味ができる限り損なわれないフリーズドライ製法で作られているモグキューブドッグフード。

成分バランスについては高タンパク・高脂質・高カロリーになっており、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬や運動量が多い活発な成犬、食が細くてたくさんの量が食べられない成犬用フードとしてぴったりです。

今回はそんなモグキューブドッグフードの口コミ・評判を68件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

また、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

モグキューブドッグフードの悪い口コミ・評判

モグキューブドッグフードの悪い口コミ・評判は「毎日の主食として与えるには値段が高い」、「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューがあり、そのほとんどが値段の高さを指摘する飼い主の声でした。

このような内容のレビューが目立ったのは、モグキューブには高品質なラム肉が贅沢に使われていることに加えて、手間暇がかかる”フリーズドライ製法”で作られていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 値段が高い(22件)
  • 食いつきはいまいち(4件)
  • うちの犬には合わなかった(1件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年8月にAmazon、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

値段が高い

モグキューブの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「値段が高い」といった内容のレビューでした。

実際、モグキューブの100gあたりの値段は約1,280円と、肉・魚が贅沢に使われている海外産ドライフードと比較してもかなり高いです。

モグキューブの販売価格がこれだけ高いのは、高品質なラム肉の占める割合が全体の約7割と非常に多いことだけでなく、時間と手間がかかる”フリーズドライ製法”で作られていることが関係していると考えられます。

毎日の主食用として気軽に買える価格帯のフードとは言いづらいので、留守番やしつけ後のご褒美として与えたり、そのほかの主食用ドライフードにトッピングして与えるのがおすすめです。

食いつきはいまいち

次に多かった悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

食いつきが悪い原因として考えられるのは、モグキューブには人工の香料・調味料が使われておらず、天然由来の原材料そのものの香りで風味が整えられていることです。

モグキューブは原材料の香りが損なわれないフリーズドライ製法で作られているものの、一般的には人工の香料・調味料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあります。

 

そのため、人工の香料・調味料が使われているフードを食べ慣れている犬にとっては、モグキューブの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、モグキューブは風味の種類が限定されており、食の好みに合わせづらいこともデメリットです。

うちの犬には合わなかった

悪い口コミ・評判の中には、「うちの犬には合わなかったようで、軟便・下痢気味になった」というレビューもありました。

軟便・下痢の理由として考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

モグキューブにはアレルギーの原因になりにくい原材料が使われているものの、犬によってアレルギーの原因は様々です。

例えば、主原料として使われているラム肉がアレルギーの原因になることもありますし、エンドウ豆や卵などそのほかのタンパク源がアレルギーの原因になることもあります。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や吐き戻しが増える可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因も特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

それと、モグキューブはかなり高脂質なドッグフードになっていますが、体質によっては高脂質なフードが合わないこともありますよ。

▼総合評価をチェックする
モグキューブドッグフードの総合評価

モグキューブドッグフードの良い口コミ・評判

モグキューブドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「安心して愛犬に与えることができるドッグフード」、「うちの犬にとっては成分バランスがちょうどいい」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、モグキューブには高品質なラム肉が贅沢に使われていることや、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(28件)
  • 原材料に安心感がある(8件)
  • 成分バランスがいい(3件)
  • うちの犬には合っている(2件)

という結果になっています。

食いつきがいい

モグキューブの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

「あまり食べない」というレビューが4件だけだったのに対して、「食いつきがいい」というレビューが28件という割合を踏まえても、モグキューブは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

モグキューブには人工の香料・調味料が使われていないにも関わらず、ここまで食いつきのよさを評価する飼い主の声が多かったのは、高品質なニュージーランド産のラム肉が贅沢に使われていることが関係していると考えられます。

それに加えて、天然由来の原材料そのものの栄養素と風味ができる限り損なわれない、フリーズドライ製法で作られていることも理由の一つでしょう。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「モグキューブは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

まず、食に敏感でお腹が弱い愛犬を飼っている方にとっては、主原料にはアレルギーの原因になりにくいラム肉が使われており、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用していることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、酸化を抑えるために人工の酸化防止剤・保存料が使われているフードもありますが、モグキューブは天然由来の酸化防止剤が使われていることも評価できます。

それだけでなく、フードの見た目や香りを整えるための人工添加物(着色料や香料)も使われておらず、モグキューブは安全性にしっかりと配慮されたドッグフードと捉えることができます。

成分バランスがいい

良い口コミ・評判の中には、モグキューブの成分バランスを評価するレビューもありました。

モグキューブは高タンパク・高脂質・高カロリーなドッグフードになっており、運動量が多い活発な成犬や食が細くてたくさんの量が食べられない成犬、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬用フードとして向いています。

モグキューブだけを主食として与えるのではなく、普段与えている主食ドライフードの食いつきが悪い時に、モグキューブをトッピングして与えるのもいいですね。

トッピングする時は手でほぐして与えるのもいいですし、ぬるま湯でふやかして与えるのもおすすめです。

うちの犬には合っている

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「うちの犬には合っているようで、いい便が出るようになった」という内容のレビューでした。

この理由として考えられるのは、モグキューブは高品質なラム肉が贅沢に使われているグレインフリーフードということです。

販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向にありますが、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではなく、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは、犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

 

また、穀物の中でも小麦は特にアレルギーの原因になりやすく、豆類の中では大豆が、肉類の中では牛肉がアレルギーの原因になりやすいという問題があります。

そのほかにも、人工の酸化防止剤や着色料がアレルギーの原因になることもありますが、モグキューブには大豆や牛肉といったタンパク源や、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていません。

このことから、切り替え前に与えていたフードの内容によっては、モグキューブに切り替えることで便の固さが安定する可能性はあります。

モグキューブドッグフードの口コミ・評判まとめ

モグキューブドッグフードの悪い口コミ・評判は「毎日の主食として与えるには値段が高い」、「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューがあり、そのほとんどが値段の高さを指摘する飼い主の声でした。

その一方で、モグキューブドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「安心して愛犬に与えることができるドッグフード」、「うちの犬にとっては成分バランスがちょうどいい」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、モグキューブには高品質なラム肉が贅沢に使われていることや、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 値段が高い
  • 食いつきはいまいち
  • うちの犬には合わなかった
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 成分バランスがいい
  • うちの犬には合っている

モグキューブのお試しサンプルについて

モグキューブのお試しサンプルの配布や販売は行われていません。

そのため、モグキューブをお試しするにしても1袋425gサイズの本商品を最低1袋は購入する必要があります。

ただ、モグキューブの公式サイトでは注文袋数に応じて10〜20%オフの価格で購入できる定期コースが導入されています。

定期コースには継続の縛りがなく、解約にあたっての解約金や違約金といった費用もかからないので、モグキューブをお試しするなら定期コースの割引特典を活用しつつ、まずは1袋だけ注文するのがおすすめです。

モグキューブドッグフードの原材料の評価

モグキューブドッグフードの原材料一覧

原材料一覧
ラム肉、ラム肺、ラムレバー、ラム気管、紫イ貝、エンドウ豆、緑イ貝、ミネラル類(リン酸ニカルシウム、塩化カリウム、塩、塩化コリン、酸化マグネシウム、亜鉛アミノ酸キレート、鉄アミノ酸キレート、セレン酵母、銅アミノ酸キレート、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム)、海藻、アマニ、卵、魚油、ブロッコリー、リンゴ、ココナッツ、ヒマワリ油、酸化防止剤(ミックストコフェロール)、ビタミンD

ここからは、モグキューブドッグフードの原材料を評価していきます。

グラスフェッドラムが贅沢に使われたドッグフード

モグキューブの原材料の特徴してまず挙げられるのは、ニュージーランド産の”グラスフェッド(牧草飼育)ラム”が贅沢に使われていることです。

ラム肉の占める割合は全体の74.6%となっており、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れることができます。

それだけでなく、グルコサミン・コンドロイチン・オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸が含まれている”緑イ貝”が使われていることも見逃せません。

フリーズドライ製法で作られているドッグフード

モグキューブは、”フリーズドライ製法”という時間と手間がかかる製法で作られていることも特徴です。

一般的なドライフードは高温で調理されているのに対して、モグキューブは素材に熱を加えずに一度凍らせて真空で乾燥させています。

このことから、熱に弱い素材の栄養素と風味が損なわれにくく、天然由来の原材料そのものの香りで嗜好性を高めることができます。

賞味期限と保存方法について

モグキューブの開封前の賞味期限は製造日から約2年と、一般的なドライフードよりも水分量が少ないこともあってかかなり日持ちします。

ただ、モグキューブには人工の酸化防止剤・保存料が添加されていないので、開封後は1ヶ月くらいを目安に使い切れるのが理想的です。

保存方法については、開封前・開封後に関わらず高温多湿や直射日光・照明の当たる場所を避けた上で、できる限り空気に触れさせないことが大切になります。

▼総合評価をチェックする
モグキューブドッグフードの総合評価

モグキューブドッグフードの成分の評価

モグキューブドッグフードの成分表

成分表
粗タンパク質 32.0%
脂質 26.0%
粗繊維 3.0%
粗灰分 5.0%
水分 5.0%
EPA 0.07%
DHA 0.07%
オメガ6脂肪酸 2.0%
オメガ3脂肪酸 0.8%
エネルギー 485kcal/100g

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

モグキューブのタンパク質は32%、脂質は26%、100gあたりのカロリーは485kcalと、高タンパク・高脂質・高カロリーなドッグフードになっています。

こういった成分バランス上、運動量が多い活発な成犬や食が細くてたくさんの量が食べられない成犬、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬の主食としてぴったりです。

その逆に、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい成犬や、歳をとって運動量が落ちたのに若い頃と食事量が変わらないシニア犬の主食としてはあまり向いていません。

ただ、留守番やしつけ後のご褒美として与えたり、そのほかの主食用ドライフードにトッピングして与える分には、成分バランスについてそこまで神経質になる必要はないでしょう。
(※給餌量には注意してください)

モグキューブドッグフードの給餌量

体重 1日あたりの給餌量
2-5kg 35-75g
5-10kg 75-125g
10-20kg 125-215g
20-50kg 215-425g
50-100kg 425-715g

モグキューブドッグフードの成犬向けの給餌量の目安は表の通りです。

子犬に関しては6ヶ月未満なら2倍、6ヶ月以上12ヶ月未満なら1.6倍の量を目安にしてください。

ただし、この給餌量はあくまで“目安”でしかなく、実際には愛犬の体質や飼育環境によって適量が変わってきます。

そのため、愛犬の体重や便の固さを確認しながら分量を調整するようにしましょう。

▼総合評価をチェックする
モグキューブドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

公式 楽天 Amazon
販売価格 5,456円 6,160円
送料 704円 無料

モグキューブは、ホームセンターやペットショップでは店頭販売されていない通販限定のドッグフードです。
(※販売状況と販売価格は2023年1月に確認しました)

また、公式サイトとAmazonでしか販売されておらず、楽天市場やヤフーショッピングなどの通販サイトでは取り扱いがありません。

販売価格に関しては、公式サイトが税込5,456円(1袋424g)+送料704円、Amazonが送料無料の税込6,160円ということで、どちらで注文しても総額は変わりません。

ただ、モグキューブの公式サイトでは定期コースが導入されており、定期コースを利用すると割引価格でモグキューブを購入することができるようになっています。

公式サイトの定期コースについて

モグキューブの通常価格は5,456円となっていますが、定期コースを利用した場合は10%オフの4,910円で購入できます。

それだけでなく、モグキューブの定期コースはまとめ買いするほど割引率が上がり、最大割引率は20%となっています。

定期コースのまとめ買い袋数に応じた割引率と、割引後の1袋あたりの販売価格は表の通りです。

袋数 割引率 販売価格
(1袋あたり)
1袋 10%オフ 4,910円
2〜4袋 15%オフ 4,637円
5袋以上 20%オフ 4,364円

ちなみに、モグキューブの定期コースには継続の縛りがなく、愛犬に合わないと感じた時には1回限りで解約することもできます。

また、解約にあたっての解約金や違約金といった費用もかかりません。

気をつけなければいけないのは、解約手続きは次回配送予定日の7日前までに行う必要があることくらいですが、配送周期に余裕を持たせておけばよほど心配はないでしょう。

 

なお、配送周期は1週間ごとから13週間ごとの1週間単位で選ぶことができ、配送周期や袋数の変更、休止や解約手続きはマイページにログインして簡単に行えますよ。

それと、定期コースは2回目の配送時にドッグフード専用スクープが同梱されるといった特典や、3袋以上のまとめ買いで送料と代引手数料が無料になるといった特典もあります。

モグキューブドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 5.0
成分 4.0
安全性 5.0
食いつき 5.0
コスパ 1.0
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
通常購入時の価格 5,456円/425g×1袋
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,910円(10%オフ)
2〜4袋:4,637円(15%オフ)
5袋以上:4,364円(20%オフ)
※まとめ買い袋数に応じて割引率が変動
対応年齢 全年齢対応
原産国 ニュージーランド
販売会社 株式会社レティシアン

当サイトのモグキューブドッグフードの総合評価はAランクです。

ニュージーランド産グラスフェッドラムが贅沢に使われていることに加えて、天然由来の原材料そのものの栄養素と風味ができる限り損なわれない、”フリーズドライ製法”で作られていることが魅力的です。

それだけに気軽に買える価格帯のドッグフードとは言いづらいですが、まとめ買いするほとお得な定期コースが導入されており、継続の縛りがないことは良心的と言えますね。

解約するにあたっての解約金や違約金といった手数料もかからないので、モグキューブをお試しするなら定期コースの割引特典を活用するのがおすすめです。