ソリッドゴールドキャットフードの評判は?愛猫家の口コミを徹底調査!

メインのタンパク源として良質な肉・魚が使われていることに加えて、原材料の内容や成分バランスを調整した4種類のドライフードを取り揃えているソリッドゴールドキャットフード。

また、パウチタイプ・缶詰タイプの主食用ウェットフードもあり、愛猫の食の好みや体質、運動量・食事量に配慮して選ぶことができます。

今回はそんなソリッドゴールドキャットフードの口コミ・評判を115件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ソリッドゴールドキャットフードの悪い口コミ・評判

ソリッドゴールドキャットフードの悪い口コミ・評判は「食いつきはいまいちだった」、「値段が高くて気軽には買えない」、「うちの猫には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、単純にソリッドゴールドキャットフードの風味が好みに合わなかったことや、ドライフードは肉・魚が主原料かつ小麦グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用していることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(13件)
  • 値段が高い(7件)
  • うちの猫には合わなかった(6件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2023年9月にAmazon、楽天、X、インスタグラムで調査しました。

食いつきはいまいち

ソリッドゴールドキャットフードの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

この理由としてまず考えられるのは、単純にソリッドゴールドキャットフードの風味が好みに合わなかったことです。

ただ、ソリッドゴールドキャットフードにはタンパク源の種類が違うドライフードとウェットフードがあるので、ラインナップが限定されたフードに比べれば食の好みには合わせやすいです。

そのほかに考えられるのは、ソリッドゴールドキャットフードには人工の香料・調味料が使われていないことで、それらの添加物が使われているフードを食べ慣れている場合、ソリッドゴールドキャットフードの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

値段が高い

次に多かったソリッドゴールドキャットフードの悪い口コミ・評判は、「値段が高い」という内容のレビューです。

参考までに一例を挙げると、ドライフード”インディゴムーン”の100gあたりの値段は約275円ということで、確かに店頭のペットフードコーナーでよく見かけるドライフードと比べると値段が高いです。
(※2kgサイズの調査時点の販売価格を参考にしています)

もちろん値段が高いのには理由があり、ドライフードには肉・魚が主原料として使われていたり、小麦グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用していたり、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていない・・・などのこだわりがあります。

とは言え、どれだけ品質面にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、当サイトでは無理なく購入できる価格帯のフードの中から選ぶことをおすすめしています。

うちの猫には合わなかった

通販サイトとSNSで調査したソリッドゴールドキャットフードの口コミ・評判の中には、「うちの猫には合わなかった」という内容もレビューもありました。

具体的には「吐き戻しが増えた」、「軟便気味になった」という飼い主の声です。

吐き戻しや軟便の理由として考えられるのは、急な餌の切り替えや食物アレルギーです。

 

ソリッドゴールドキャットフードには比較的アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われているものの、猫によってアレルギーの原因は様々です。

そのため、食に敏感な愛猫にソリッドゴールドを与えようと考えている場合には、ラインナップ別のタンパク源の種類にも注目しておくといいでしょう。

▼総合評価をチェックする
ソリッドゴールドキャットフードの総合評価

ソリッドゴールドキャットフードの良い口コミ・評判

ソリッドゴールドキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの猫には合っている」、「安心して与えられるキャットフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ソリッドゴールドはタンパク源の種類が違うドライフードとウェットフードを取り揃えていることや、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(46件)
  • うちの猫には合っている(16件)
  • 原材料に安心感がある(15件)
  • お手頃な値段(12件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ソリッドゴールドキャットフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが13件、「食いつきがいい」というレビューが46件という件数を踏まえても、ソリッドゴールドキャットフードは比較的多くの猫たちに受け入れられている、と捉えてよさそうです。

食いつきのよさを評価する声が多かった理由として考えられるのは、タンパク源の種類が違うドライフードとウェットフードを取り揃えており、食にこだわりのあるグルメな愛猫の好みにも合わせやすいことです。

また、ウェットフードはどれも主食用としての栄養基準を満たしており、主食用ドライフードの代わりにそのまま与えられることも強みです。

うちの猫には合っている

次に多かったソリッドゴールドキャットフードの良い口コミ・評判は、「うちの猫には合っている」という内容のレビューです。

この理由として考えられるのは、ソリッドゴールドのドライタイプのキャットフードには肉・魚が主原料として使われており、全体的に高タンパクなラインナップが多いことです。

その一方で、安さをウリにしているドライフードのほとんどは穀物が主原料として使われていますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

 

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは、下痢や吐き戻しといった消化不良の原因になりえます。

また、穀物の中では小麦とトウモロコシが、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、ソリッドゴールドキャットフードにはそれらのタンパク源が使われていないことも関係していると考えられます。

原材料に安心感がある

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「ソリッドゴールドキャットフードは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

キャットフードの中には人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われているものもありますが、ソリッドゴールドキャットフードにはそれらの添加物が使われていないことが安心できる要素と言えるでしょう。

人工の酸化防止剤はフードの酸化を抑える目的で添加されるものの、ソリッドゴールドキャットフードには天然由来の酸化防止剤が添加されています。

着色料についてはフードの見た目を良くする目的で添加されますが、そもそもの問題として猫は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、猫目線で考えれば着色料を使ってフードに色味をつける意味はありません。

お手頃な値段

「値段が高い」という内容のレビューとは対照的に、「お手頃な値段」という内容のレビューもありました。

激安フードと比較すると高いと感じるソリッドゴールドキャットフードですが、通販でしか手に入りづらい高級フードまでを含めて総合的に値段を比較すれば、平均的な価格帯のキャットフードと捉えることができます。

そのため、「愛猫には品質と価格のバランスが取れたフードを与えたい」と考えているなら、ソリッドゴールドキャットフードは有力候補の一つになるでしょう。

ソリッドゴールドキャットフードの口コミ・評判まとめ

項目 口コミ内容
悪い口コミ 食いつきはいまいち
値段が高い
うちの猫には合わなかった
良い口コミ 食いつきがいい
うちの猫には合っている
原材料に安心感がある
お手頃な値段

ソリッドゴールドキャットフードの悪い口コミ・評判は「食いつきはいまいちだった」、「値段が高くて気軽には買えない」、「うちの猫には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ソリッドゴールドキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「うちの猫には合っている」、「安心して与えられるキャットフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ソリッドゴールドはタンパク源の種類が違うドライフードとウェットフードを取り揃えていることや、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

ソリッドゴールドキャットフードの種類

ソリッドゴールドキャットフードのラインナップはドライフードが4種類、ウェットフードが7種類となっています。

ドライフード

対象 商品名 主原料 穀物 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
全年齢 カッツフラッケン ラム 玄米、挽割り精製大麦 34.0% 12.0% 10.0% 352.5kcal
インディゴムーン ドライチキン 不使用 42.0% 20.0% 10.0% 386.0kcal
成猫 フィット アズア フィドル スケトウダラ 不使用 31.0% 9.0% 10.0% 330.0kcal
インドアキャット サーモン 不使用 36.0% 16.0% 10.0% 370.0kcal

ドライフードのラインナップは表の通りで、「カッツフラッケン」と「インディゴムーン」は全年齢対応の主食用フードに、「フィット アズア フィドル」と「インドアキャット」は1歳以上の成猫向けの主食用フードになっています。

そして、「カッツフラッケン」は小麦グルテンフリーのレシピを、そのほかのドライフードはグレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しています。

また、それぞれのドライフードで動物性タンパク源の種類が違うだけでなく、主要な成分バランスにもかなりの開きがあるので、食の好みや飼育環境に配慮してフードを選べます。

ウェットフード

タイプ 商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(1袋or1缶あたり)
パウチ サーモン&ココナッツミルク 10.0% 3.0% 83% 87kcal
チキン&ココナッツミルク 10.0% 3.0% 83% 82kcal
ツナ&ココナッツミルク 10.0% 3.0% 83% 77kcal
缶フード ブレンド ツナ缶 13.0% 2.0% 80.0% 80kcal
サバ&ツナ缶 11.0% 2.0% 82.0% 78kcal
タイ&ツナ缶 11.0% 2.0% 83.0% 72kcal
イワシ&ツナ缶 11.0% 2.0% 82.0% 75kcal

ウェットフードのラインナップは表の通りで、パウチタイプの主食用フードが3種類、缶詰タイプの主食用フードが4種類ずつという構成です。

水分量が多いウェットフードは、水分補給を兼ねて与えられることが強みです。

また、ドライフードと比べてカロリーが控えめなので、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある愛猫用フードとしても向いています。

ソリッドゴールド(猫用)のお試しサンプルはある?

ソリッドゴールドキャットフードの販売元の公式サイトと楽天市場、Amazonを調査してみた限りでは、お試しサンプルの無料配布や有料販売は行われていませんでした。

ただ、どちらにせよお試しサンプルくらいの少量サイズだと、愛猫の食の好みや体質に合っているかをきちんと確認できません。

このことから、当サイトでは少量サイズだけのお試しは積極的にはおすすめしておらず、はじめから1ヶ月くらいは様子見するつもりで本商品を購入してみて、本当に愛猫に合っているかどうかを時間をかけて確認することをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
ソリッドゴールドキャットフードの総合評価

ソリッドゴールドキャットフードの原材料の評価

原材料一覧
ドライチキン・ポテト・カノラオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・えんどう豆・チキン・乾燥卵・ドライオーシャンフィッシュ・天然風味料・ニンジン・塩化コリン・パンプキン・サーモンオイル(混合トコフェロールによる保存処理)・ビタミン類(ビタミンE・L-アスコルビル-2-ポリリン酸(ビタミンC源)・ナイアシン・パントテン酸カルシウム・リボフラビン・ピリドキシン塩酸塩・チアミン硝酸塩・ビタミンA・ビタミンB12・ビタミンD3・ビオチン・葉酸)・タウリン・ミネラル類(硫酸亜鉛・硫酸第一鉄・硫酸銅・硫酸マンガン・キレート亜鉛・キレートマンガン・キレート銅・亜セレン酸ナトリウム・ヨウ化カルシウム)・ブルーベリー・クランベリー・DLメチオニン・塩化カリウム・乾燥チコリ根・ローズマリーエキス・ラクトバチルスアシドフィルス・エンテロコッカスフェシウム・ラクトバチルスカゼイ

ここからは、ソリッドゴールドキャットフードの原材料を評価していきます!
(※表はドライフード「インディゴムーン」の原材料一覧です)

メインのタンパク源として良質な肉・魚を使用

ソリッドゴールドキャットフードの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、メインのタンパク源として良質な肉・魚が使われていることでしょう。

その一方で、販売価格が安くなるにつれて肉・魚の割合が減って穀物の割合が増える傾向にありますが、穀物の割合が増えれば増えるほど肉食動物の猫本来の食事内容とは遠ざかります。

また、ソリッドゴールドキャットフードには品質・内容が不明瞭な原材料や、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物は使われておらず、猫本来の食事内容に配慮しつつ、品質面・安全性にもきちんと配慮されている印象を受けました。

あえて気になる点を挙げるとすれば、動物性原材料の割合までは掲載されておらず、割合が明記されているフードと原材料の内容を比較しづらいことくらいです。

小麦グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用

ソリッドゴールドキャットフードは、小麦グルテンフリーroグレインフリーのレシピを採用していることも特徴です。

このことから、小麦はもちろん穀物全般にアレルギーのある愛猫にも合わせられます。

また、肉類の中では牛肉が、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、ソリッドゴールドキャットフードにはそれらのタンパク源も使われておらず、食に敏感な猫たちにも幅広く対応しやすいです。

ソリッドゴールドキャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 42.0%以上
粗脂肪 20.0%以上
粗繊維 3.0%以下
粗灰分 8.0%以下
水分 10.0%以下
オメガ6脂肪酸 3.0%以上
オメガ3脂肪酸 1.0%以上
カルシウム 1.5%
リン 1.0%
マグネシウム 0.09%
ナトリウム 0.3%
エネルギー 386.0kcal/100g

原材料の次は、ソリッドゴールドキャットフードの成分を評価していきます!
(※表はドライフード「インディゴムーン」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ソリッドゴールドのドライタイプのキャットフードのタンパク質は31.0%〜42.0%以上、脂質は9.0〜20.0%以上、水分は10.0%以下、カロリーは100gあたり330.0〜386.0kcalと、ラインナップによって主要な成分バランスにかなりの開きがあります。

例えば、「インディゴムーン」は最も高タンパク・高脂質・高カロリーになっており、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫や、運動量が多い活発な成猫用フードとしてぴったりです。

その一方で、「フィット アズア フィドル」はタンパク質・脂質・カロリーが控えめに調整されており、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成猫用フードとして向いています。

また、「カッツフラッケン」は適度にタンパク質を含みつつも脂質とカロリーはやや控えめに、「インドアキャット」はやや高タンパクかつ脂質とカロリーは標準的な範囲に収まっており、愛猫の年齢や運動量・食事量に配慮して選べます。

▼総合評価をチェックする
ソリッドゴールドキャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
500g 1,870円 1,870円 1,870円
1kg 2,970円 2,970円 2,970円
2kg 5,500円 5,500円 5,500円
6kg 14,630円 14,630円 14,630円

ソリッドゴールドキャットフードの販売元のケイエムテイの公式サイトと楽天市場、Amazonでドライフード「インディゴムーン」の販売状況を調査してみたところ、公式サイトからは直接購入することはできませんでした。
(※販売状況と販売価格は2024年5月に確認しました)

そして、公式サイトに掲載されている販売価格と楽天、Amazonの最安値は変わらず、という結果になりました!

ソリッドゴールドキャットフードはあまり店頭で取り扱われていないので、ソリッドゴールドキャットフードを購入するなら販売状況をあわせて確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

ただ、通販ではなく店頭で購入したいというこだわりがあるなら、公式サイトで最寄りの取扱店を調べることもできますよ。
ソリッドゴールド 取扱店舗一覧|株式会社ケイエムテイ

ソリッドゴールドキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.5
成分 5.0
安全性 5.0
食いつき 4.0
コスパ 3.0
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量 1,870円/500g
2,970円/1kg
5,500円/2kg
14,630円/6kg
※ドライフード「インディゴムーン」
※2024年5月に楽天・Amazonで調査
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 ドライフード:アメリカ
ウェットフード:タイ
販売会社 株式会社ケイエムテイ

当サイトのソリッドゴールドキャットフードの総合評価はAランクです。

メインのタンパク源として良質な肉・魚を使用、小麦グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用、人工の酸化防止剤・香料・着色料は不使用という条件を満たしており、比較的手に取りやすい価格で販売されていることが魅力的です。

また、タンパク源の種類や成分バランスの傾向が違うドライフードと、パウチタイプと缶詰タイプの主食用ウェットフードを取り揃えており、愛猫の食の好みや年齢、運動量や食事量に配慮して選べることも評価できます。

「愛猫には品質と価格のバランスが取れたフード」を与えたいと考えているなら、ソリッドゴールドキャットフードを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。