プロフェッショナルバランス(犬用)を徹底評価|評判や口コミも調査&検証

ペットラインが製造・販売している「プロフェッショナルバランス」は、犬の年齢や飼育環境、体質に合わせて原材料の内容と成分バランスを調整したフードを取り揃えています。

また、ドライフードだけでなくパウチタイプの主食用ウェットフードもあり、ドライフードの代わりにそのまま与えることができるのも強みです。

今回はそんなプロフェッショナルバランスドッグフードの口コミ・評判を106件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

プロフェッショナルバランス(犬用)の悪い口コミ・評判

プロフェッショナルバランス(犬用)の悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「穀物の割合が多いことが気になる」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、単純に食の好みの問題や風味のラインナップが限定されていること、ドライフードには穀物が主原料として使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(5件)
  • 穀物の割合が多い(3件)
  • うちの犬には合わなかった(3件)
  • 値段が高い(2件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年9月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

プロフェッショナルバランスの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「残念ながらあまり食べない」、「我が家の犬の食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

食いつきのよさを評価する飼い主の声の方が圧倒的に多かったものの、どんな犬でも気に入ってくれる食いつきのいいフードはまずありません。

プロフェッショナルバランスのドライフードは、食いつきをよくするために使われる”動物性油脂”でコーティングされていますが、犬によって食の好みは様々です。

そして、食にこだわりのあるグルメな愛犬を飼っている方にとっては、プロフェッショナルバランスは風味の種類が限定されていることもデメリットと言えます。

穀物の割合が多い

次に多かった悪い口コミ・評判は、「プロフェッショナルバランスは穀物の割合が多い」というレビューです。

実際、プロフェッショナルバランスのドライフードには穀物が主原料として使われています。

その一方で、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではなく、穀物の割合が多いフードは犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

このことから、【愛犬には良質な動物性タンパク質がたっぷりと含まれているフードを与えたい】と考えている場合には、良質な肉・魚が主原料として使われているフードを選ぶことをおすすめしています。

うちの犬には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「うちの犬には合わなかったようで、軟便・下痢気味になった」といった内容のレビューでした。

軟便・下痢の理由として考えられるのは、ドライフードには穀物が主原料として使われていることや食物アレルギー、餌の急な切り替えです。

穀物が主原料として使われているフードのデメリットは先ほど触れた通りで、体質によっては下痢や吐き戻しといった消化不良に繋がります。

 

また、小麦やとうもろこし、大豆や鶏肉といった特定のタンパク源がアレルギーの原因になることもあります。

もし食に敏感でお腹が弱い愛犬にプロフェッショナルバランスを与えようと考えている場合には、タンパク源の種類にも注目しておくといいでしょう。

ちなみに、プロフェッショナルバランスにはタンパク源が【米/魚】の2種類に限定されたドライフードもありますよ。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や吐き戻しが増える可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因も特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

値段が高い

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると、「プロフェッショナルバランスは値段が高い」というレビューも見つかりました。

プロフェッショナルバランスのドライフードの100gあたりの値段は約150円と、確かにペットショップやホームセンターで販売されている国産フードの中では高い方です。
(※スタンダードタイプ”1歳から”の1kgサイズの販売価格を参考にしています)

ただ、プロフェッショナルバランスの2〜3倍以上の値段で販売されているプレミアムフードも珍しくありませんし、通販でしか手に入れづらい高級フードも含めて比較すると、プロフェッショナルバランスは平均的な価格帯のドッグフードと言えます。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
プロフェッショナルバランスドッグフードの総合評価

プロフェッショナルバランス(犬用)の良い口コミ・評判

プロフェッショナルバランス(犬用)の良い口コミ・評判は「食いつきがいい愛犬お気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「小分けされているから保存に便利」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、食いつきをよくするために使われる動物性油脂でコーティングされていることや、タンパク源の種類が限定されたフードも取り揃えていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(46件)
  • うちの犬には合っている(19件)
  • 保存に便利な小分け包装(14件)
  • お手頃な値段(5件)
  • 成分バランスがいい(5件)
  • 国産だから安心感がある(4件)

という結果になっています。

食いつきがいい

プロフェッショナルバランスの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

「あまり食べない」というレビューが5件だけだったのに対して、「食いつきがいい」というレビューが46件という割合を踏まえても、プロフェッショナルバランスは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

この理由としてまず考えられるのは、ドライフードは食いつきをよくするために使われる”動物性油脂”でコーティングされていることです。

また、ドライフードには超小粒のシリーズがあることや、主食用ウェットフードも製造・販売していることから、食感や形状の好みに合わせて選べることも強みと言えます。

うちの犬には合っている

次に多かった良い口コミ・評判は、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューです。

具体的には「いい便が出るようになった」、「涙やけがスッキリした」という飼い主の声を確認できました。

この理由の一つとして考えられるのは、プロフェッショナルバランスにはアレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われた、3種類のドライフードがあることです。

 

例えば、プロフェッショナルバランスの多くのドライフードには小麦や大豆が使われていますが、穀物の中でも小麦は特にアレルギーの原因になりやすく、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすい傾向があります。

そして、体質によっては下痢や吐き戻しといった消化不良を起こすことがあります。

また、とうもろこしや牛肉といったタンパク源がアレルギーの原因になることもある一方で、3種類のドライフードはタンパク源が【米/魚】だけに限定されています。

 

そのほかにも、人工の着色料がアレルギーや涙やけの原因になることもありますが、プロフェッショナルバランスには人工の着色料は使われていません。

このことから、切り替え前に与えていたフードの原材料の内容によっては、プロフェッショナルバランスのタンパク源が限定されたドライフードに切り替えることで便の固さが安定したり、目元に変化が出る可能性はあります。

保存に便利な小分け包装

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「プロフェッショナルバランスのドライフードは小分けされているから保存に便利」というレビューです。

参考までに例を挙げると、スタンダードタイプ「1歳から」の1kgサイズは500g×2袋、3kgサイズは500g×6袋、6kgサイズは500g×12袋といったように袋の中で小分けされています。

このような配慮がされていることから、フードが酸化して品質・風味が落ちる前に使い切ることができ、保存方法についてもそれほど神経質にならずに済みます。

お手頃な値段

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると、「プロフェッショナルバランスはお手頃な値段で販売されている」というレビューも確認できました。

悪い口コミ・評判の項目で説明した通り、プロフェッショナルバランスは平均的な価格帯のドッグフードになっています。

穀物が主原料として使われていたり、品質・内容が不明瞭な原材料が使われていることが気がかりではあるものの、原材料一覧を見る限りでは犬にとって必要のない人工添加物は使われていませんし、成分バランスはきちんと調整されています。

そのため、【愛犬には安全性に配慮された国産フードを与えたい】と考えているなら、プロフェッショナルバランスは選択肢の一つになるでしょう。

成分バランスがいい

良い口コミ・評判の中には、「プロフェッショナルバランスの成分バランスがいい」というレビューもありました。

例えば、子犬用は成犬用よりも高タンパク・高脂質・高カロリーに、シニア犬用は成犬用よりも低タンパク・低脂質・低カロリーに調整されており、食欲旺盛で給餌量の調整が難しい成犬向けに脂質とカロリーが控えめなフードもあります。

もし愛犬の年齢や飼育環境に配慮して細かく成分バランスが調整されたフードを与えたいと考えていて、穀物が主原料として使われていることが気にならないなら、プロフェッショナルバランスをお試ししてみる価値はあるでしょう。

国産だから安心感がある

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「プロフェッショナルバランスは国産だから安心感がある」といった内容のレビューです。

実際のところは、国産フード全ての品質や安全性が優れているというわけではなく、むしろ安さをウリにしている国産フードがまだまだ多いのが現状です。

そんな状況の中、プロフェッショナルバランスには余計な人工添加物が使われておらず、アレルギーに配慮してタンパク源が2種類に限定されたフードも取り揃えています。

また、年齢や飼育環境に配慮して成分バランスがしっかりと調整されていますし、“国産”という括りで見れば【プロフェッショナルバランスは品質と価格のバランスが取れたフード】と言っていいでしょう。

プロフェッショナルバランス(犬用)の口コミ・評判まとめ

プロフェッショナルバランス(犬用)の悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「穀物の割合が多いことが気になる」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、プロフェッショナルバランス(犬用)の良い口コミ・評判は「食いつきがいい愛犬お気に入りのフード」、「うちの犬には合っている」、「小分けされているから保存に便利」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、食いつきをよくするために使われる動物性油脂でコーティングされていることや、タンパク源の種類が限定されたフードも取り揃えていることが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • 穀物の割合が多い
  • うちの犬には合わなかった
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい
  • うちの犬には合っている
  • 保存に便利な小分け包装
  • お手頃な値段
  • 成分バランスがいい
  • 国産だから安心感がある

プロフェッショナルバランスドッグフードの種類

プロフェッショナルバランスドッグフードのラインナップはドライフードが3シリーズ、ウェットフードが1シリーズとなっており、それぞれのシリーズで原材料の内容や成分バランスを調整したフードを取り揃えています。

ドライフード

シリーズ 商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
スタンダードタイプ 1歳まで 子いぬ用 29.0% 11.0% 10.0% 365kcal
1歳から 24.0% 10.0% 10.0% 365kcal
7歳から 23.0% 8.0% 10.0% 340kcal
1歳から 体重管理用 24.0% 8.0% 10.0% 320kcal
腎臓・心臓の健康維持 18.5% 11.0% 10.0% 360kcal
超小粒タイプ 1歳まで 子いぬ用 29.0% 18.5% 10.0% 410kcal
1歳から 25.5% 15.0% 10.0% 380kcal
7歳から 24.5% 15.0% 10.0% 370kcal
1歳から 体重管理用 25.5% 10.5% 10.0% 345kcal
腎臓・心臓の健康維持 19.5% 19.5% 10.0% 395kcal
アレルゲンケア&pHコントロール 1歳から 22.0% 10.5% 10.0% 350kcal
11歳から 21.5% 11.0% 10.0% 355kcal
ダイエット用 21.0% 8.5% 10.0% 315kcal

ドライフードのシリーズは【スタンダードタイプ】、【超小粒タイプ】、【アレルゲンケア&pHコントロール】の3シリーズです。

どのラインナップにも穀物が主原料として使われていることは変わりませんが、【アレルゲンケア&pHコントロール】はタンパク源が”米”と”魚”の2種類に限定されているという違いがあります。

また、成分バランスの傾向はどのシリーズも似ていますが、【超小粒タイプ】は小型犬に配慮してか【スタンダードタイプ】よりも高脂質・高カロリーに調整されています。

ウェットフード

シリーズ 商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(1袋あたり)
パウチタイプ 1歳まで 子いぬ用 鶏ささみ 9.0% 2.0% 90.0% 40kcal
1歳から 成犬用 鶏ささみ 8.5% 1.2% 90.0% 29kcal
1歳から 成犬用 鶏ささみ&野菜 8.0% 1.2% 90.0% 29kcal
7歳から 高齢犬用 鶏ささみ 8.0% 3.1% 90.0% 43kcal

ウェットフードは【パウチタイプ】の1シリーズで、どのラインナップに関しても毎日の主食として与えることができる基準を満たしています。

そのため、主食用ドライフードにトッピングして与えるだけでなく、ドライフードの代わりにそのまま与えることもできますよ。

▼総合評価をチェックする
プロフェッショナルバランスドッグフードの総合評価

プロフェッショナルバランス(犬用)の原材料の評価

原材料一覧
穀類(とうもろこし、コーングルテンミール、小麦ふすま)、肉類(チキンミールミートミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから、脱脂大豆)、油脂類(動物性油脂、フィッシュオイル:DHA・EPA源、米胚芽油)、魚介類(フィッシュミール)、糖類(フラクトオリゴ糖)、セレン酵母、共棲発酵エキス(乳酸菌、納豆菌、酵母菌)、シャンピニオンエキス、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、C、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、カリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛アミノ酸複合体、亜鉛、ヨウ素)、酸化防止剤(ガンマ-オリザノール、ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
※アレルギーの原因になりやすい原材料、品質・内容が不明瞭な原材料は赤色で記載

ここからは、プロフェッショナルバランス(犬用)の原材料を評価していきます。
(※表はスタンダードタイプ「1歳から」の原材料一覧です)

ドライフードの主原料は穀物

プロフェッショナルバランスの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、ドライフードには穀物が主原料として使われていることです。

穀物は肉・魚よりも安く仕入れることができ、穀物の割合が多くなるほど販売価格が安くなる傾向があります。

ただ、肉食傾向の雑食である犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではなく、穀物の割合が多いフードは犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

このことから、【愛犬には動物性タンパク質がたっぷりと含まれているフードを与えたい】と考えている場合には、プロフェッショナルバランスのように穀物が主原料として使われているフードはおすすめしていません。

タンパク源の種類が限定されたフードもあり

プロフェッショナルバランスの多くのラインナップには”とうもろこし”や”小麦”、”大豆(おから)”が使われていますが、これらのタンパク源がアレルギーの原因になることがあります。

その一方で、【アレルゲンケア&pHコントロール】はタンパク源が”米”と”魚”に限定されており、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも対応しやすくなっています。

品質・内容が不明瞭な原材料あり

プロフェッショナルバランスの原材料一覧を見て気になったのは、“ミートミール/チキンミール/チキンレバーパウダー”といった動物性原材料です。

公式サイトやパッケージを見た限りでは、”ミール”の品質についての記載はありませんでした。

また、“動物性油脂”には具体的に何の動物の油が使われているのかと、添加されている酸化防止剤の種類が分かりません。

ちなみに、動物性油脂に添加されている酸化防止剤の種類は原材料一覧に記載する必要はないのですが、あえて詳細を公開しているフードも珍しくはないです。

プロフェッショナルバランス(犬用)の成分の評価

成分表
タンパク質 24.0%以上
脂質 10.0%以上
粗繊維 3.5%以下
粗灰分 9.5%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 1.2%以上
リン 0.9%以上
マグネシウム 0.1%
ナトリウム 0.5%
エネルギー 365kcal/100g

原材料の次は、プロフェッショナルバランス(犬用)の成分を評価していきます。
(※表はスタンダードタイプ「1歳から」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

プロフェッショナルバランスのドライフードのタンパク質は18.5〜29.0%、脂質は8.0〜19.5%、100gあたりのカロリーは315〜410kcalと、種類によって成分バランスにかなりの差があります。

例えば、超小粒タイプ「1歳まで 子いぬ用」のタンパク質は29.0%、脂質は18.5%、100gあたりのカロリーは410kcalと、高タンパク・高脂質・高カロリーに調整されており、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬用フードとしてぴったりです。

その一方で、スタンダードタイプ「7歳から」のタンパク質は23.0%、脂質は8.0%、100gあたりのカロリーは340kcalと、タンパク質・脂質・カロリーがやや控えめで、歳をとって運動量が落ちたシニア犬の主食として向いています。

また、成犬用には適度に脂質を含みつつ高カロリーなものと、脂質・カロリーが控えめに調整されたものがあり、愛犬の食事量・運動量に配慮してフードを選ぶことができます。

プロフェッショナルバランスドッグフードの給餌量

体重 標準 避妊・去勢後
1~3歳 4~6歳 1~3歳 4~6歳
1kg 35g 30g 30g 30g
2kg 60g 50g 55g 45g
3kg 80g 70g 75g 65g
4kg 100g 85g 90g 80g
5kg 120g 105g 105g 90g
6kg 135g 120g 125g 105g
8kg 170g 145g 150g 130g
10kg 200g 175g 180g 155g
15kg 270g 235g 235g 210g
20kg 335g 290g 305g 260g
30kg 455g 395g 410g 355g
40kg 565g 490g 510g 440g

プロフェッショナルバランスドッグフードのスタンダードタイプ、「1歳から」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップのパッケージにも給与量の目安が掲載されていますが、どのラインナップの給与量もあくまで”目安”でしかありません。

そのため、愛犬の体重や便の固さを確認しながら分量を調整するようにしてください。

▼総合評価をチェックする
プロフェッショナルバランスドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1kg
(500g×2袋)
1,540円 1,540円
3kg
(500g×6袋)
4,015円 4,015円
6kg
(500g×12袋)
7,370円 7,370円

プロフェッショナルバランスを製造・販売しているペットラインの公式サイトと楽天市場、Amazonでスタンダードタイプ「1歳から」の販売状況を調査してみたところ、公式サイトからは直接購入することができませんでした。
(※販売状況と販売価格は2022年11月に確認しました)

そして、どのサイズも楽天とAmazonの最安値は変わらずという結果になりました!

プロフェッショナルバランスを店頭で取り扱っている販売店はそれほど多くはないので、プロフェッショナルバランスを購入するなら販売状況も一緒に確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

 

通販なら重い袋を持ち運ぶ手間がありませんし、一定金額以上の購入で送料無料となる販売店も多いですからね。

ただ、どうしても店頭で購入したいというこだわりがあるなら、公式サイトで最寄りの取扱店舗を探してみるといいでしょう。
プロフェッショナル・バランス(犬用)|取扱店舗

プロフェッショナルバランスドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 1.5
成分 4.0
安全性 4.5
食いつき 5.0
コスパ 3.5
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,540円/1kg
4,015円/3kg
7,370円/6kg
※スタンダードタイプ「1歳から」
※2022年11月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 日本
販売会社 ペットライン株式会社

当サイトのプロフェッショナルバランスドッグフードの総合評価はBランクです。

犬の年齢や飼育環境、体質に合わせて原材料の内容と成分バランスを調整したフードを取り揃えていることに加えて、人工の着色料や香料・調味料が使われていないことが魅力的です。

ただ、ドライフードには穀物が主原料として使われていることや、品質・内容が不明瞭な原材料が含まれていることも評価に影響しています。

とは言え、愛犬の餌代にいくらかけられるかは飼い主それぞれで違いますし、当サイトでは品質・安全性に気を配りつつも無理なく購入できる価格帯のフードを選ぶことをおすすめしています。