ペロリドッグフードの口コミや評判は?愛犬家のレビューを調査・検証!

人間でも食べられる品質の原材料が使われている国産ドッグフードのPERORI(ペロリ)。

また、【鶏肉/馬肉】といった動物性タンパク源の違う2種類のラインナップがあることや、通常粒と小粒の2種類の形状を選べることも特徴です。

今回はそんなPERORI(ペロリ)ドッグフードの口コミ・評判を65件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

PERORI(ペロリ)ドッグフードの悪い口コミ・評判

PERORI(ペロリ)ドッグフードの悪い口コミ・評判は、「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」、「市販の国産ドッグフードと比較すると値段が高い」といった内容のレビューを確認できました。

このような内容のレビューが見られた理由は、ペロリには食いつきをよくするための調味料や動物性油脂が使われていないことや、人間でも食べられる高品質な原材料が使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(3件)
  • 値段が高い(2件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年10月にツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

ペロリの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「食いつきはいまいち」、「あまり食べない」といったレビューでした。

食いつきが悪い理由として考えられるのは、ペロリには人工の香料・調味料が使われていないことに加えて、動物性油脂でコーティングされていないノンオイルコーティングのドライフードということです。

一般的には人工の香料・調味料や動物性油脂で風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、それらが使われていないフードを食べ慣れていない犬にとっては、ペロリの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、同じフードをすぐ食べ飽きてしまうグルメな愛犬を飼っている方には、風味の種類が【鶏肉/馬肉】の2種類だけということに物足りなさを感じるかもしれません。

値段が高い

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「ペロリは値段が高い」という内容のレビューです。

実際、ペロリの100gあたりの値段は約250円と、ホームセンターやペットショップでよく見かける市販の国産ドッグフードと比較するとかなり高いです。
(※鶏肉の1kgサイズの通常価格を参考にしています)

もちろん値段が高いだけあって、人間でも食べられる高品質な原材料が使われていたり、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないなどのこだわりがあります。

とは言え、どれだけ品質にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、現実的に無理なく購入できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。

▼総合評価をチェックする
PERORI(ペロリ)ドッグフードの総合評価

PERORI(ペロリ)ドッグフードの良い口コミ・評判

PERORI(ペロリ)ドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいい愛犬お気に入りのフード」、「安心して与えることができるドッグフード」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ペロリは天然由来の原材料そのものの香りが損なわれないようにできる限り手作り調理されていることや、犬にとって必要のない人工添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(31件)
  • 原材料に安心感がある(12件)
  • 国産だから安心感がある(9件)
  • うちの犬には合っている(5件)
  • 小粒で食べやすそう(3件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ペロリの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」というレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが3件だけだったのに対して、「食いつきがいい」というレビューが31件という割合を踏まえても、ペロリは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

ペロリには人工の香料・調味料や動物性油脂が使われていないにも関わらず、ここまで食いつきのよさを評価する飼い主の声に偏ったのは正直驚きでした。

 

この理由は、天然由来の原材料そのものの香りが損なわれないよう、できる限り手作り調理されていることが関係していると考えられます。

また、ペロリには【鶏肉/馬肉】といったメインのタンパク源の種類が違う2種類のラインナップがあり、風味の種類が限定されているフードより食の好みに合わせやすいことも強みと言えます。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「ペロリは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

ドッグフードの中には酸化を抑えるために人工の酸化防止剤を使っているものもありますが、ペロリには人工の酸化防止剤は使われていません。

また、フードに色味をつけるために人工の着色料が使われているフードもある中、ペロリには着色料そのものが使われていないことも安心できる要素です。

 

そもそもの問題として、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

それなのに着色料を使って色味をつけるのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

それに対して、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないペロリは、人間ではなく犬の立場になって作られているドッグフードと捉えることができます。

国産だから安心感がある

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「ペロリは国産だから安心感がある」という内容のレビューです。

実際のところは国産だからといって必ずしも品質・安全性が優れているわけではなく、品質よりも安さをウリにしている国産フードはまだまだ多いです。

そんな状況の中、ペロリには人間でも食べられる品質の原材料が使われていることに加えて、犬にとって必要のない人工添加物は一切使われていません。

また、主原料には肉類(鶏肉or馬肉)が使われており、ペロリは原材料の品質・内容ともに安心感がある国産ドッグフードと言っていいでしょう。

うちの犬には合っている

良い口コミ・評判の中には、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューもありました。

具体的には「涙やけがスッキリした」、「いい便が出るようになった」という飼い主の声を確認できました。

この理由としてまず考えられるのは、ペロリにはアレルギーや涙やけの原因になりえる人工の酸化防止剤や着色料、動物性油脂が使われていないことです。

また、ペロリには【鶏肉/馬肉】といった2種類のフードを選べるようになっており、このうち馬肉はアレルギーの原因になりにくい動物性タンパク源ということも関係していると考えられます。

 

ただ、どちらのラインナップにも穀物の中でアレルギーの原因になりやすい小麦が、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆(生おから)が使われているので、体質によってはペロリが合わない可能性もあります。

そのため、食に敏感でお腹が弱い愛犬にペロリを与えようと考えているなら、タンパク源の種類に注目しておくといいでしょう。

小粒で食べやすそう

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「小粒で食べやすそう」というレビューです。

ペロリには【鶏肉/馬肉】といったメインの動物性タンパク源が違うフードがあるだけでなく、それぞれに【通常粒/小粒】の2種類の形状があります。

このことから、(超)小型犬には小粒を、中・大型犬には通常粒を・・・といったように、犬種(サイズ)に配慮してフードを選ぶことができます。

PERORI(ペロリ)ドッグフードの口コミ・評判まとめ

PERORI(ペロリ)ドッグフードの悪い口コミ・評判は、「我が家の愛犬の食いつきはいまいち」、「市販の国産ドッグフードと比較すると値段が高い」といった内容のレビューを確認できました。

その一方で、PERORI(ペロリ)ドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいい愛犬お気に入りのフード」、「安心して与えることができるドッグフード」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ペロリは天然由来の原材料そのものの香りが損なわれないようにできる限り手作り調理されていることや、犬にとって必要のない人工添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • 値段が高い
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 国産だから安心感がある
  • うちの犬には合っている
  • 小粒で食べやすそう

PERORI(ペロリ)ドッグフードの種類

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
内容量
鶏肉・小粒 22% 6% 360kcal 800g・1.6kg(800g×2)・3.2kg(800g×4)
鶏肉(通常粒) 22% 6% 360kcal 1kg・3kg(1kg×3)・5kg・10kg(5kg×2)
馬肉・小粒 20% 8% 375kcal 800g・1.6kg(800g×2)・3.2kg(800g×4)
馬肉(通常粒) 20% 8% 375kcal 1kg・3kg(1kg×3)・5kg・10kg(5kg×2)

PERORI(ペロリ)ドッグフードのラインナップは4種類です。

小粒と通常粒は粒の大きさが違うだけで、原材料の内容と成分バランスは全く同じですが、小粒の内容量は【800g・1.6kg・3.2kg】の3種類となっているのに対して、通常粒は【1kg・3kg・5kg・10kg】の4種類という違いがあります。

それと、「鶏肉」と「馬肉」はメインの動物性タンパク質が違うだけで、そのほかの原材料の内容は変わりません。

 

成分バランスに関しては、鶏肉の方が高タンパク・低脂質・低カロリーになっています。

とは言え、一般的な主食用ドライフードと比較すると、どちらのラインナップもタンパク質はかなり控えめです。

PERORI(ペロリ)のお試しサンプルについて

PERORI(ペロリ)のお試しサンプルの配布、販売は行われていません。

そのため、ペロリを初めてお試しする場合も小粒なら800gサイズ、通常粒なら1kgサイズの本商品を最低1袋は購入する必要があります。

ただ、初回限定でお試し価格で購入することができるようになっており、800gサイズは通常購入時よりも396円お得に、1kgサイズは通常購入時よりも495円お得に購入できます。

どちらにせよ50〜100gくらいのお試しサンプルでは愛犬に合っているかをしっかりと確認できませんし、まずは初回限定の割引価格で本商品を1袋お試ししつつ、愛犬の食いつきと変化を確認しながら継続購入するかどうかを検討するのがおすすめです。

▼総合評価をチェックする
PERORI(ペロリ)ドッグフードの総合評価

PERORI(ペロリ)ドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
鶏肉・砂肝・玄米・うるち米・生おから・小麦・野菜(かぼちゃ・さつまいも・にんじん)・すり胡麻・米ぬか・本鰹節・米油・菜種油・卵殻カルシウム・ビール酵母
※アレルギーの原因になりやすい原材料は赤色で記載

ここからは、PERORI(ペロリ)ドッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は鶏肉の原材料一覧です)

良質な肉類が主原料の国産ドッグフード

ペロリの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、良質な肉類が主原料として使われていることです。

国産ドッグフードの中には、肉類よりも安く仕入れられる穀物が主原料として使われているものも少なくありません。

ただ、穀物の割合が多いフードは、肉食傾向の雑食である犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

 

また、肉類の中で牛肉は特にアレルギーの原因になりやすいという問題がある一方で、ペロリには牛肉が使われておらず、【鶏肉/馬肉】ともに動物性タンパク源の種類がシンプルになっています。

このことから、特定の動物性タンパク源にアレルギーのある犬にも対応しやすいです。

ただし、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆(生おから)、穀物の中でアレルギーの原因になりやすい小麦が使われているので、体質によってはペロリが合わない可能性はあります。

ノンオイルコーティングのドライフード

ペロリはノンオイルコーティングのドライフードということも評価できます。

食いつきをよくするために動物性油脂でコーティングされているフードは珍しくありませんが、動物性油脂に使われている酸化防止剤は原材料一覧に記載する必要がなく、酸化を抑えるために人工の酸化防止剤が使われている可能性も否定できません。

そして、体質によっては動物性油脂が使われているフードが合わずに、涙やけに繋がることがあります。

 

そのほかにも、人工の着色料がアレルギーの原因になることがありますが、ペロリには着色料そのものが使われていません。

さらに、人工の香料・調味料を使わず天然由来の原材料そのものの香りで風味が整えられており、安全性にしっかりと配慮された国産ドッグフードという印象を受けます。

PERORI(ペロリ)ドッグフードの成分の評価

成分表
タンパク質 22%以上
脂質 6%以上
粗繊維 1%以下
灰分 3%以下
水分 6%以下
エネルギー 360kcal/100g

ここからは、PERORI(ペロリ)ドッグフードの成分を評価していきます。
(※表は鶏肉の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ペロリのタンパク質は20〜22%、脂質は6〜8%、100gあたりのカロリーは360~375kcalと、タンパク質と脂質が控えめかつカロリーは標準的な範囲のドライフードです。

こういった成分バランスを踏まえると、どちらかと言えば室内飼いで運動量がそれほど多くない成犬向けフードと捉えることができます。

ただ、タンパク質がかなり控えめなことが気になるところです。

犬にとってタンパク質は大切な栄養素なので、当サイトでは特別な事情がない限りは子犬と成犬には高タンパクなフードを、シニア犬には適度にタンパク質が含まれているフードを選んであげることをおすすめしています。

PERORI(ペロリ)ドッグフードの給餌量

体重 0~3ヶ月 4~9ヶ月 成犬 シニア犬
1kg 50g 40g 25g 20g
2kg 82g 66g 41g 33g
3kg 114g 91g 57g 46g
4kg 146g 117g 73g 58g
5kg 180g 144g 90g 72g
6kg 216g 173g 108g 86g
8kg 288g 230g 144g 115g
10kg 360g 288g 180g 144g
15kg 430g 344g 215g 172g
20kg 500g 400g 250g 200g
25kg 584g 467g 292g 234g
30kg 694g 555g 347g 278g

PERORI(ペロリ)ドッグフードの1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

ただし、この給餌量はあくまで“目安”でしかなく、実際には愛犬の体質や飼育環境によって適量が変わってきます。

そのため、愛犬の体重や便の固さを確認しながら分量を調整するようにしてください。

▼総合評価をチェックする
PERORI(ペロリ)ドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1kg(初回限定) 1,980円
1kg 2,475円
3kg(1kg×3) 7,150円
5kg 10,945円
10kg(5kg×2) 20,460円

PERORI(ペロリ)は通販限定の国産ドッグフードで、ペットショップやホームセンターでは店頭販売されていません。

また、楽天市場とAmazonなどの通販サイトには取り扱いがなく、公式通販サイトを通してのみ購入することができます。

販売価格に関しては1kgが2,475円、3kgが7,150円、5kgが10,945円、10kgが20,460円で、初回に限り1kgを1,980円で購入できるようになっています。
(※取り上げたのは通常粒の販売価格と内容量で、販売状況と販売価格は2023年2月に確認しました)

そのほかにも、都度買いするよりお得な価格で購入できる定期購入コースも導入されています。

公式サイトの定期購入コースについて

内容量 販売価格 割引額
1kg 2,442円 33円
3kg(1kg×3) 6,908円 242円
5kg 9,680円 1,265円
10kg(5kg×2) 18,260円 2,200円

定期購入コースの内容量別の販売価格は表の通りで、内容量が多くなるほど割引額も上がっていきます。

このことから継続してペロリを愛犬に与えるなら、都度買いするよりもできるだけまとめ買いした方がお得です。

なお、定期購入コースの解約は2回目以降にでき、解約や袋数・配送周期の変更は次回配送予定日の10日前までにメールか電話で手続きを行う必要があります。

PERORI(ペロリ)ドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3.0
成分 3.0
安全性 5.0
食いつき 5.0
コスパ 3.0
総合評価 Bランク
(S〜Eの6段階評価)
通常購入時の価格
(通常粒)
1,980円/1kg(初回限定)
2,475円/1kg
7,150円/3kg
10,945円/5kg
20,460円/10kg
定期購入時の価格
(通常粒)
2,442円/1kg
6,908円/3kg
9,680円/5kg
18,260円/10kg
※内容量が増えると割引額がアップ
対応年齢 全年齢対応
原産国 日本
販売会社 株式会社RESTA

当サイトのPERORI(ペロリ)ドッグフードの総合評価はBランクです。

人間でも食べられる高品質な原材料が使われていることに加えて、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていない国産ドッグフードということが魅力と言えます。

その一方で、アレルギーの原因になりやすい原材料が使われていることや、タンパク質がかなり控えめになっていることが気になりました。

 

ただ、初回は割引価格でお試しできることや、まとめ買いするほどお得な定期購入コースが導入されていることは評価できます。

このことから、まずはお試し価格で1袋だけ購入してみて、愛犬に合っているかどうかをじっくりと確認しながら定期購入コースを利用を検討するのがおすすめです。