PAL&Iドッグフードの口コミや評価はどう?愛犬家のレビューを検証!

PAL&Iドッグフードは、人間でも食べられる高品質な原材料で作られているドライタイプの国産ドッグフードです。

また、アレルギーに配慮して小麦グルテンフリーのレシピを採用していることや、人工の香料・着色料・保存料・酸化防止剤といった添加物が使われていないことも特徴です。

今回はそんなPAL&Iドッグフードの口コミ・評判を114件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

PAL&Iドッグフードの悪い口コミ・評判

PAL&Iドッグフードの悪い口コミ・評判は「我が家の愛犬はあまり食べない」、「値段が高いのがネック」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、PAL&Iには食いつきをよくするための添加物が使われていないことや、人間でも食べられる高品質な原材料で作られていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(14件)
  • 値段が高い(6件)
  • うちの犬には合わなかった(4件)
  • 大粒で食べづらそう(3件)
  • 公開されている情報が少ない(2件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2022年7月にAmazon、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

食いつきはいまいち

PAL&Iの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「食いつきはいまいち」、「あまり食べない」といった内容のレビューでした。

食いつきのよさを評価する声に比べれば少数ですが、どんな犬でも必ず気に入ってくれる嗜好性の高いフードはまずありません。

PAL&Iの食いつきが悪かった理由として考えられるのは、人工の香料・調味料や動物性の油脂が使われていないノンオイルコーティングのドライフードということです。

 

一般的には、それらを使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、愛犬が天然由来の原材料の香りだけで風味が整えられているフードを食べ慣れていない場合、PAL&Iの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、食にこだわりがあるグルメな愛犬を飼っている場合、風味の種類が限定されていることもデメリットと言えます。

値段が高い

次に多かった悪い口コミ・評判は、「値段が高い」という内容のレビューです。

実際、PAL&Iのドッグフードの100gあたりの値段は約290円と、確かに店頭のペットフードコーナーでよく見かける激安フードと比較すると値段が高いです。

もちろん値段が高いのには理由があり、人間でも食べられる高品質な原材料で作られていたり、小麦グルテンフリーのレシピを採用していたり、不要な添加物が一切使われていない、などのこだわりがあります。

とは言え、どれだけ品質にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、現実的に無理なく購入できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。

うちの犬には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は、「うちの犬には合わなかった」という内容のレビューです。

具体的には「軟便気味になった」、「吐き戻しが増えた」といった飼い主の声を確認できました。

軟便や吐き戻しの原因として考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

 

PAL&Iは小麦グルテンフリーのレシピを採用しているものの、犬によってアレルギーの原因は様々です。

例えば、主原料として使われている鶏肉がアレルギーの原因になることもありますし、【大麦/玄米/黒米/赤米】といった穀物全般にアレルギーのある犬もいます。

そのため、食に敏感でお腹が弱い愛犬にPAL&Iを与えようと考えている場合には、タンパク源の種類にも注目して購入を検討するといいでしょう。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や吐き戻しといった消化不良を起こす可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因も特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

大粒で食べづらそう

調査した口コミ・評判の中には、「大粒で食べづらそう」という内容のレビューもありました。

一応、PAL&Iのドッグフードは小粒タイプになってはいるのですが、風味の好みと同じように、フードの形状の好みも犬それぞれで違います。

大粒で食べごたえがあるドライフードが好きな小型犬もいますし、結局のところは食べさせてみないことには何とも言えない・・・というのが率直な感想です。

公開されている情報が少ない

「公開されている情報が少ない」、という内容の悪い口コミ・評判も確認できました。

PAL&Iのドッグフードは公式サイトが存在せず、Amazonや楽天などの通販サイトの販売ページに原材料一覧や特徴、こだわりが掲載されています。

ただ、タンパク質や脂質をはじめとした各成分値や、製造工場の設備や品質管理体制などの情報は掲載されていません。

原材料一覧を見た限りでは内容が不明瞭な原材料は見当たりませんし、品質面についても問題はないと思いますが、細かな説明があればより安心感が増すと感じました。

▼総合評価をチェックする
PAL&Iドッグフードの総合評価

PAL&Iドッグフードの良い口コミ・評判

PAL&Iドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて気に入っている」、「安心して与えることができる国産ドッグフード」、「うちの犬には合っている」という内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、PAL&Iは天然由来の原材料の香りを活かして風味が整えられていることや、不要な添加物が一切使われていない国産ドッグフードということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(43件)
  • 原材料に安心感がある(23件)
  • 国産だから安心感がある(7件)
  • うちの犬には合っている(7件)
  • 小粒で食べやすそう(5件)

という結果になっています。

食いつきがいい

PAL&Iドッグフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

ただ、「食いつきはいまいち」というレビューが14件、「食いつきがいい」というレビューが43件という件数を踏まえると、PAL&Iの嗜好性は高くもなく低くもない平均レベル・・・という印象を受けました。

とは言え、悪い口コミ・評判の項目でも触れたように、人工の香料・調味料や動物性の油脂が使われていないノンオイルコーティングのドライフードということを考慮すれば、仕方のないことかもしれませんね。

 

ちなみに、PAL&Iには鶏肉が主原料として使われているものの、鰹節の風味が強めのドライフードになっています。

そのため、普段から魚風味のフードを食べ慣れている愛犬であれば、気に入ってくれる可能性は上がると思います。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

まず、小麦にアレルギーのある愛犬を飼っている方にとっては、小麦グルテンフリーのレシピを採用していることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、人工の香料・着色料・保存料・酸化防止剤といった添加物が使われていないことも安心感に繋がります。

人工の保存料・酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために使われるものの、PAL&Iは天然由来のもので代用しています。

 

着色料についてはフードの見た目を良くするために使われますが、そもそもの問題として犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

それなのに着色料を使って色味をつけるのは、犬ではなく飼い主である人間の興味を惹くためです。

それに対して、不要な添加物が一切使われていないPAL&Iドッグフードは、人間ではなく犬目線で作られているドッグフードと捉えることができますね。

国産だから安心感がある

良い口コミ・評判の中には、「国産だから安心感がある」という内容のレビューもありました。

実際のところは国産だからといって必ずしも安全性や品質が優れているというわけではなく、それよりも安さをウリにしている国産フードはまだまだ多いです。

そんな状況の中、PAL&Iのドッグフードには余計な添加物が一切使われておらず、アレルギーに配慮して小麦グルテンフリーのレシピを採用しています。

鶏肉が主原料として使われている割に低タンパクな点は気になるものの、品質面と安全性にはきちんと配慮されている印象を受けました。

うちの犬には合っている

PAL&Iの口コミ・評判を調査していると、「うちの犬には合っている」という内容のレビューも確認できました。

具体的には「いい便が出るようになった」、「吐き戻しが減った」、「涙やけがスッキリした」という飼い主の声です。

これらの原因としてまず考えられるのは、PAL&Iには比較的アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることです。

これまでに何度も取り上げているように、PAL&Iは小麦グルテンフリーのレシピを採用しており、【ひえあわ/きび/玄米/黒米/赤米/はと麦/大麦】といった穀物はアレルギーの原因になりにくいタンパク源です。

 

また、肉類の中でアレルギーの原因になりやすい牛肉、豆類の中でアレルギーの原因になりやすい大豆も使われておらず、食に敏感でお腹が弱い愛犬にも対応しやすくなっています。

そのほかにも、人工の酸化防止剤や着色料、動物性の油脂が涙やけやアレルギーの原因になることがありますが、PAL&Iにはそれらが一切使われていません。

このことから、切り替え前に与えていたフードの原材料の内容によっては、PAL&Iに切り替えることで下痢や吐き戻しといった消化不良が減ったり、目元に変化が出る可能性はあります。

小粒で食べやすそう

「大粒で食べづらそう」というレビューとは対照的に、「小粒で食べやすそう」というレビューも確認できました。

やはり、フードの形状についての好みは”小型犬だから”、”中型犬だから”とひと括りにはできません。

また、若い頃は大粒のフードが好みだったとしても、歳をとって噛む力が弱くなってからは小粒のフードの方がよく食べる・・・というケースもありえます。

そのため、粒の大きさについての口コミ・評判はそれほど参考にならない、と思っておいた方がいいでしょう。

PAL&Iドッグフードの口コミ・評判まとめ

PAL&Iドッグフードの悪い口コミ・評判は「我が家の愛犬はあまり食べない」、「値段が高いのがネック」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、PAL&Iドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて気に入っている」、「安心して与えることができる国産ドッグフード」、「うちの犬には合っている」という内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、PAL&Iは天然由来の原材料の香りを活かして風味が整えられていることや、不要な添加物が一切使われていない国産ドッグフードということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 食いつきはいまいち
  • 値段が高い
  • うちの犬には合わなかった
  • 大粒で食べづらそう
  • 公開されている情報が少ない
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • 国産だから安心感がある
  • うちの犬には合っている
  • 小粒で食べやすそう

PAL&Iドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
鶏肉、大麦、玄米、鰹節、ビール酵母、大麦ぬか、米油、黒米、赤米、発酵調味液、はと麦、あわ、きび、ひえ、大根菜、昆布、ごぼう、人参、白菜、高菜、パセリ、青じそ、ホタテ貝殻カルシウム、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

ここからは、PAL&Iドッグフードの原材料を評価していきます。

高品質な原材料で作られている国産ドッグフード

PAL&Iの特徴としてまず挙げられるのは、高品質な原材料で作られている国産ドッグフードということです。

そして、主原料として九州産鶏肉を使いつつ、アレルギーに配慮して小麦グルテンフリーのレシピを採用しており、穀物が主原料として使われているフードよりもワンランク上の内容、と捉えることができます。

また、人工の香料・着色料・保存料・酸化防止剤といった添加物が使われていないことも評価できます。

ただ、肉類が主原料として使われている割にはかなり低タンパクなことや、【大麦/玄米//黒米/赤米/はと麦/あわ/きび/ひえ】といった様々な穀物が使われていることを踏まえると、動物性原材料の割合はそれほど多くはないかもしれません。

PAL&Iドッグフードの成分の評価

成分表
タンパク質 18.0%以上
脂質 9.7%以上
粗繊維 1.1%以下
灰分 4.4%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 0.91%
リン 0.64%
マグネシウム 0.12%
ナトリウム 0.12%
エネルギー 357kcal/100g

原材料の次は、PAL&Iドッグフードの成分を評価していきます。

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

PAL&Iのドッグフードの成分値に目を通す前に押さえていきたいことは、総合栄養食ではなく一般食のドライフードということです。

2つのフードの違いを簡単に説明すると、前者のフードは犬に必要な栄養をバランスよく摂り入れられる主食用フードで、後者のフードは主食用フードとしての栄養基準を満たしてないフードのことです。

それを踏まえながら成分表に注目してみると、PAL&Iのタンパク質は18.0%、脂質は9.7%、カロリーは100gあたり357kcalと、タンパク質・脂質が控えめかつカロリーは標準的な範囲に収まっています。

 

脂質とカロリーの数値だけを見ると、室内飼いされていることが多くて運動量が少ない傾向にある日本の飼い犬向けと捉えることができますが、タンパク質については控えめ過ぎる印象を受けました。

犬にとってタンパク質は大切な栄養素なので、当サイトでは特別なこだわりがない限りは子犬と成犬には高タンパクなフードを、シニア犬には適度にタンパク質が含まれているフードを選んであげることをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
PAL&Iドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1kg 3,580円 2,880円

PAL&Iドッグフードの販売状況を調査してみたところ、専用の公式サイトは開設されていませんでした。
(※販売状況と販売価格は2022年7月に確認しました)

そして、最安値はAmazonという結果になりました!

なお、今回調査してみた限りでは、ペットショップやホームセンターなどの店頭での取り扱い情報は確認できませんでした。

PAL&Iドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 3.5
成分 2.0
安全性 5.0
食いつき 3.5
コスパ 1.5
総合評価 Dランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
2,880円/1kg
※2022年7月に楽天・Amazonで確認
対応年齢 成犬・シニア犬
原産国 日本
販売会社 イルミルド製薬株式会社

当サイトのPAL&Iドッグフードの総合評価はDランクです。

人間でも食べられる高品質な原材料で作られていることや、小麦グルテンフリーのレシピを採用していること、不要な添加物が一切使われていない国産ドッグフードということは魅力的です。

その一方で、タンパク質含有量に物足りなさを感じることや、決して安いとは言えない販売価格も評価に影響しています。

どれだけ品質にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、現実的に無理なく継続できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。