ナチュラルチョイスキャットフードと愛猫2

高品質な自然素材が使われていることに加えて、年齢や飼育環境、食の好みやお悩み別に、原材料の内容と成分バランスを調整したラインナップを取り揃えているナチュラルチョイスキャットフード。

また、どのラインナップにも肉・魚が主原料として使われていることや、小麦グルテンフリーのレシピを採用していることも特徴です。

今回はそんなニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードの口コミ・評判を184件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ナチュラルチョイス(猫用)の悪い口コミ・評判

ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードの悪い口コミ・評判は「食いつきはいまいちだった」、「成分バランスで気になることがある」、「うちの猫には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、単純に選んだフードの風味が好みに合わなかったことや、成分値に一部のミネラル含有量が掲載されていないことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(17件)
  • 成分バランスが気になる(5件)
  • うちの猫には合わなかった(5件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2023年4月にAmazon、楽天、ツイッター(現X)、インスタグラムで調査しました。

食いつきはいまいち

ナチュラルチョイスキャットフードの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

この理由としてまず考えられるのは、ナチュラルチョイスキャットフードには人工の香料が使われていないことです。

一般的には、人工の香料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、人工の香料が使われているフードを食べ慣れている猫にとっては、ナチュラルチョイスキャットフードの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、ナチュラルチョイスキャットフードには”チキン”や”ターキー”、”サーモン”といった風味のラインナップがありますが、単純に選んだ風味が好みに合わなかった可能性も考えられますね。

成分バランスが気になる

そのほかに見つかったナチュラルチョイスキャットフードの悪い口コミ・評判は、「成分バランスが気になる」という内容のレビューで、どれもミネラルバランスを気にする飼い主の声でした。

そこで気になってナチュラルチョイスキャットフードの成分値に目を通してみたところ、カルシウムとマグネシウムの含有量は掲載されていましたが、リンの含有量は掲載されていませんでした。

このことから、3つのミネラルバランスに配慮して愛猫のフードを選びたいと考えている場合には、ナチュラルチョイスキャットフードは選択肢に入れづらいフードと言えます。

うちの猫には合わなかった

通販サイトとSNSで調査したナチュラルチョイスキャットフードの悪い口コミ・評判の中には、「うちの猫には合わなかった」といった内容のレビューもあり、具体的には「軟便・下痢気味になった」、「吐き戻しが増えた」という声を確認できました。

軟便・下痢や吐き戻しの原因として考えられるのは、急な餌の切り替えや食物アレルギーです。

ナチュラルチョイスキャットフードには比較的アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われているものの、猫によってアレルギーの原因は様々です。

 

例えば、主原料として使われているチキンやターキー、白身魚といった動物性タンパク源や、特定のイモ類・豆類がアレルギーの原因になることがあります。

また、吐き戻しについては一気食いが原因の可能性も考えられますね。

▼総合評価をチェックする
ナチュラルチョイスキャットフードの総合評価

ナチュラルチョイス(猫用)の良い口コミ・評判

ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足」、「うちの猫には合っているみたい」、「安心して与えられるキャットフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ナチュラルチョイスキャットフードは良質な動物性原材料の香りを活かして風味が整えられていることや、比較的アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(102件)
  • うちの猫には合っている(38件)
  • 原材料に安心感がある(8件)
  • お手頃な値段(5件)
  • 小粒で食べやすそう(4件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ナチュラルチョイスキャットフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが17件、「食いつきがいい」というレビューが102件という件数を踏まえても、ナチュラルチョイスキャットフードはたくさんの猫たちに受け入れられている、と捉えてよさそうです。

この理由として考えられるのは、ナチュラルチョイスキャットフードには良質な動物性原材料が使われており、素材そのものの香りを活かして風味が整えられていることです。

また、成猫用にはタンパク源の種類・割合が違うラインナップがあり、愛猫の食の好みに合わせて選べることも関係していると考えられます。

うちの猫には合っている

次に多かったナチュラルチョイスキャットフードの良い口コミ・評判は、「うちの猫には合っている」という内容のレビューです。

この理由としてまず考えられるのは、ナチュラルチョイスキャットフードはどのラインナップにも肉・魚が主原料として使われており、適度にタンパク質が含まれているドライフードということです。

対照的に、安さをウリにしているドライフードの多くには穀物が主原料として使われていますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではなく、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは下痢や吐き戻しの原因になりえます。

また、穀物の中でも小麦とトウモロコシはアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、ナチュラルチョイスキャットフードには小麦とトウモロコシが使われておらず、グレインフリー(穀物不使用)のドライフードまで取り揃えています。

原材料に安心感がある

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「ナチュラルチョイスキャットフードは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

ナチュラルチョイスキャットフードは香料に頼らず、原材料そのものの香りで風味が整えられていることや、人工の酸化防止剤ではなく、天然由来の酸化防止剤が使われていることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、見た目を良くするために着色料が使われているフードがありますが、ナチュラルチョイスキャットフードには人工のもの、天然由来のものにかかわらず、着色料そのものが使われていません。

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、猫目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありませんからね。

お手頃な値段

通販サイトとSNSでナチュラルチョイスキャットフードの口コミ・評判を調査していると、「お手頃な値段」という内容のレビューも見られました。

参考までに一例を挙げると、「室内猫用 成猫用 チキン」の100gあたりの値段は約169円ということで、肉・魚が主原料かつ小麦グルテンフリーのレシピを採用しているドライフードの中では、かなり手に取りやすい値段で販売されています。
(※2kgサイズの調査時点の最安値を参考にしています)

「愛猫には品質と価格のバランスが取れたフードを与えたい」と考えているなら、ナチュラルチョイスキャットフードは有力候補の一つになるでしょう。

小粒で食べやすそう

ナチュラルチョイスキャットフードの良い口コミ・評判の中には、「小粒で食べやすそう」という内容のレビューもありました。

ナチュラルチョイスキャットフードには年齢別のラインナップがありますが、成分バランスだけでなく粒の大きさも食べやすいよう調整されています。

例えば、子猫用の”キトン”はかなり小粒な形状になっています。

とは言え、小柄な猫でも大粒で噛みごたえのあるドライフードが好きな場合がありますし、粒の大きさについての口コミ・評判はそれほど参考にはならない・・・というのが率直な感想です。

ナチュラルチョイス(猫用)の口コミ・評判まとめ

項目 口コミ内容
悪い口コミ 食いつきはいまいち
成分バランスが気になる
うちの猫には合わなかった
良い口コミ 食いつきがいい
うちの猫には合っている
原材料に安心感がある
お手頃な値段
小粒で食べやすそう

ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードの悪い口コミ・評判は「食いつきはいまいちだった」、「成分バランスで気になることがある」、「うちの猫には合わなかった」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足」、「うちの猫には合っているみたい」、「安心して与えられるキャットフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ナチュラルチョイスキャットフードは良質な動物性原材料の香りを活かして風味が整えられていることや、比較的アレルギーの原因になりにくいタンパク源が使われていることが関係していると考えられます。

ナチュラルチョイスキャットフードの種類

シリーズ 商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
ミートシリーズ 室内猫用 子猫用(キトン)チキン 36.0% 19.0% 10.0% 390kcal
室内猫用 成猫用 チキン 33.0% 14.0% 10.0% 360kcal
室内猫用 成猫用 ターキー 33.0% 16.0% 10.0% 375kcal
室内猫用 シニア猫用(エイジングケア)チキン 36.0% 17.0% 10.0% 375kcal
フィッシュシリーズ 室内猫用 成猫用 サーモン 33.0% 16.0% 10.0% 375kcal
避妊・去勢猫用 成猫用 白身魚 33.0% 14.0% 10.0% 370kcal
スペシャルケア 減量用 成猫用 チキン 33.0% 9.0%(〜11.5%以下) 10.0% 325kcal
食にこだわる猫用 成猫用 チキン 40.0% 16.0% 10.0% 370kcal
穀物フリー 成猫用 チキン 33.0% 16.0% 10.0% 380kcal
穀物フリー 成猫用 ダック 33.0% 16.0% 10.0% 380kcal
穀物フリー 成猫用 サーモン 33.0% 16.0% 10.0% 380kcal
毛玉トータルケア 成猫用 チキン 33.0% 16.0% 10.0% 365kcal

ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードには【ミートシリーズ】、【フィッシュシリーズ】、【スペシャルケア】という3つのシリーズがあり、それぞれで原材料の内容や成分バランスの傾向に違いがあります。

【ミートシリーズ】はチキンorターキーが主原料として使われているドライフードで、「子猫/成猫/シニア猫」といったライフステージ別に成分バランスを調整したラインナップを取り揃えています。

【フィッシュシリーズ】については、サーモンor白身魚が主原料として使われているドライフードです。

そして、【スペシャルケア】は飼育環境や食の好み、アレルギーなどお悩み別のラインナップを取り揃えています。

ナチュラルチョイス(猫用)のサンプルはある?

ニュートロの公式通販サイトでは、ナチュラルチョイスキャットフードのお試しサンプルが0円+送料500円で販売されています。

お試しサンプルの内容量は160g(20g×8袋)ということで、愛猫のざっくりとした食いつきくらいは判断できるでしょう。

ただ、数食分くらいの少量サンプルだけでは、開封後の本商品を最後まで食べてくれるかの判断や、体質に合っているかの判断がしっかりとできません。

このことから、当サイトでは少量サンプルだけのお試しは積極的にはおすすめしておらず、はじめから1ヶ月くらいは様子見するつもりで本商品を購入してみて、本当に愛猫に合っているかどうかを時間をかけて確認することをおすすめしています。

▼お試しサンプルの申し込みページはこちら
ニュートロ™のお試しサンプル|ニュートロ™公式通販

ナチュラルチョイス(猫用)をお試ししてレビュー!

ナチュラルチョイスキャットフードのパッケージ画像(表面1)

実際に、ナチュラルチョイスキャットフード「室内猫用 成猫用 ターキー」をお試ししてみました!

ナチュラルチョイスはアメリカ産のキャットフードですが、日本で販売されている正規品については日本版のパッケージになっており、原材料や成分値などの商品情報は日本語で書かれています。

ナチュラルチョイスキャットフードのパッケージ画像(裏面1)

私がお試ししたのは2kgサイズで、袋の開け口にはシングルタイプのジッパーが付いていることから密閉保存がしやすく、開封後に別の保存容器に移し替える手間が省けます。

ナチュラルチョイスキャットフードの粒の大きさ

「室内猫用 成猫用 ターキー」の粒は直径11〜12mm程度の細長い形になっており、それほど厚みがないので小柄な猫にも食べやすそうだと感じました。

また、フードの香り自体はそれほど強くはないと思いましたが、我が家の愛猫には好評だったようで、フードの切り替えもスムーズに行えました!

▼総合評価をチェックする
ナチュラルチョイスキャットフードの総合評価

ナチュラルチョイスキャットフードの原材料の評価

原材料一覧
チキン(肉)、チキンミール、粗挽き米、エンドウタンパク、玄米、アルファルファミール、鶏脂*、ポテトタンパク、ビートパルプ、亜麻仁、大豆油*、オーツ麦繊維、タンパク加水分解物、ユッカ抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)* ミックストコフェロールで保存
※気がかりな原材料は赤色で記載

ここからは、ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードの原材料を評価していきます!
(※表は「室内猫用 成猫用 チキン」の原材料一覧です)

第一主原料として高品質な肉・魚を使用

ナチュラルチョイスキャットフードの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、どのラインナップにも第一主原料として高品質な肉・魚が使われていることでしょう。

もしかすると、第二原材料以降に”チキンミール”と記載されているのを見て、人用の食肉として出回らない“4Dミール(肉副産物)”を連想する方もいるかもしれませんが、ナチュラルチョイスキャットフードには4Dミールは使われていません。

そもそも、”ミール”というのは”粉末状に砕いた”という意味があり、ナチュラルチョイスキャットフードの”◯◯ミール”という動物性原材料も本来の意味で使われているだけなので、品質について神経質になる必要はないでしょう。

あえて気になる点を挙げるとすれば、動物性原材料の割合までは記載されておらず、割合が明記されているフードと原材料の内容を比較しづらいことくらいです。

小麦グルテンフリーのレシピを採用

ナチュラルチョイスキャットフードは、どのラインナップも小麦グルテンフリーのレシピを採用していることも見逃せません。

ほとんどのラインナップに粗挽き米や玄米、オーツ麦といった穀物が使われているものの、それらの穀物はアレルギーの原因になりにくいタンパク源です。

さらに、グレインフリーのレシピを採用しているラインナップもあることから、穀物全般にアレルギーのある愛猫にも対応できます。

人工の酸化防止剤・香料・着色料は不使用

ナチュラルチョイスキャットフードには、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていないことも評価できます。

口コミ・評判の項目で説明したように、これらは必ずしも使う必要のない人工添加物です。

そして、高品質な肉・魚が主原料、小麦グルテンフリーのレシピを採用、猫に必要のないものは不使用という条件を満たしたナチュラルチョイスキャットフードは、人間ではなく猫の立場になって作られているキャットフードと捉えることができますね。

ただ、“タンパク加水分解物”の製造工程の補足がないことは気になりました。

ナチュラルチョイスキャットフードの成分の評価

成分表
タンパク質 33.0%以上
脂質 14.0%以上
粗繊維 7.0%以下
灰分 10.5%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 0.9%以上
ビタミンE 250IU/kg以上
タウリン 0.18%以上
オメガ6脂肪酸 3.0%以上
エネルギー 360kcal/100g

原材料の次は、ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードの成分を評価していきます!
(※表は「室内猫用 成猫用 チキン」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ナチュラルチョイスキャットフードのタンパク質は33.0〜40.0%以上、脂質は9.0〜19.0%以上、水分は10.0%以下、カロリーは100gあたり325〜390kcalと、ラインナップによって主要な成分バランスに差があります。

例えば、「室内猫用 子猫用 チキン」のタンパク質は36.0%以上、脂質は19.0%以上、カロリーは100gあたり390kcalと、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫に配慮して、タンパク質・脂質・カロリーが高めに調整されています。

また、成猫用フードはタンパク質・脂質・カロリーが標準的な範囲に収まっているものが多く、室内飼いで運動量が少ない飼い猫向けにきちんと成分バランスが調整されている印象を受けました。

さらに、脂質とカロリーがかなり控えめに調整されたフードもあり、食の好みや体質だけでなく、運動量・食事量に合わせて選ぶこともできます。

▼総合評価をチェックする
ナチュラルチョイスキャットフードの総合評価

ナチュラルチョイスキャットフードの給餌量

体重 1日あたりの給餌量
1kg 25g
2kg 40g
3kg 50g
4kg 60g
5kg 70g
6kg 80g
7kg 90g
8kg 95g

ニュートロ ナチュラルチョイスキャットフード「室内猫用 成猫用 チキン」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップも公式サイトやパッケージに給餌量の目安が掲載されていますが、どれに関してもあくまで“目安”でしかありません。

実際には体質や飼育環境によって適量が変わってくるので、愛猫の体重や便の固さを確認しながら給餌量を調整するようにしましょう。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

ナチュラルチョイスキャットフードと愛猫1

内容量 公式 楽天 Amazon
500g 1,448円 1,091円 1,151円
2kg 4,491円 3,383円 3,818円
4.4kg 9,164円

ニュートロの公式通販サイトと楽天市場、Amazonでナチュラルチョイスキャットフード「室内猫用 成猫用 チキン」の販売状況を調査してみたところ、4.4kgが販売されているのは公式通販サイトだけでした。
(※販売状況と販売価格は2024年6月に確認しました)

そして、500g・2kgの2サイズの最安値は楽天という結果になりました!

ナチュラルチョイスキャットフードは店頭でも販売されているので、店頭の価格も参考にしながらご自身の購入しやすい方法でお試しするのがいいでしょう。

ただ、通販サイトは一定金額以上の購入で送料が無料になる販売店も多いので、継続して購入するなら通販サイトでまとめ買いするのがお手軽です。

ナチュラルチョイスキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.0
成分 4.5
安全性 4.5
食いつき 4.5
コスパ 4.0
総合評価 Aランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,091円/500g
3,383円/2kg
9,164円/4.4kg
※室内猫用 成猫用 チキン
※2024年6月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 マースジャパンリミテッド

当サイトのニュートロ ナチュラルチョイスキャットフードの総合評価はAランクです。

高品質な肉・魚が主原料、小麦グルテンフリーのレシピを採用、人工の酸化防止剤・香料・着色料は不使用という条件を満たしており、それらの条件を満たしたドライフードの中ではかなり手に取りやすい価格で販売されていることが魅力的です。

また、年齢や飼育環境、食の好みやお悩み別に、原材料の内容と成分バランスを調整したラインナップを取り揃えていることも評価できます。

「愛猫には品質と価格のバランスが取れたドライフードを与えたい」と考えているなら、ナチュラルチョイスキャットフードを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。