AATU(アートゥー)キャットフードの愛猫家の口コミ・評判を徹底検証!

良質な肉・魚が主原料、グレインフリーのレシピを採用、人工の酸化防止剤・香料・着色料は不使用という条件を満たしているAATU(アートゥー)キャットフード。

肉・魚の割合は実に全体の85%を占めており、動物性タンパク源の種類が違うドライフードとウェットフードを取り揃えています。

今回はそんなAATU(アートゥー)キャットフードの口コミ・評判を109件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

アートゥーキャットフードの悪い口コミ・評判

AATU(アートゥー)キャットフードの悪い口コミ・評判は「愛猫の食いつきはいまいち」、「値段が高くてお試ししづらい」、「うちの猫には合わなかった」といった内容のレビューを確認できました。

このような内容のレビューが見られた理由は、アートゥーキャットフードには人工の香料が使われていないことや、肉・魚の割合が全体の85%も占めていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(11件)
  • 値段が高い(4件)
  • うちの猫には合わなかった(2件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2021年9月にAmazon、楽天、ツイッター(現X)、インスタグラムで調査しました。

食いつきはいまいち

アートゥーキャットフードの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

食いつきが悪い理由としてまず考えられるのは、アートゥーキャットフードは原材料そのものの香りで風味が整えられていることで、一般的には人工の香料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあります。

そのため、人工の香料が使われているフードを食べ慣れている猫にとっては、アートゥーキャットフードの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、アートゥーキャットフードは動物性タンパク源の種類が違うドライフードとウェットフードを取り揃えていますが、単純に選んだフードが食の好みに合わなかった可能性も考えられますね。

値段が高い

そのほかに見つかったアートゥーキャットフードの悪い口コミ・評判は、「値段が高い」という内容のレビューです。

参考までに一例を挙げると、ドライフードの”85/15 チキン”の100gあたりの値段は約343円と、確かに店頭のキャットフードコーナーでよく見かける市販の激安ドライフードと比べるとかなり高いです。

もちろん値段が高いのには理由があり、肉・魚の割合が全体の85%も占めていたり、グレインフリーのレシピを採用していたり、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていない、などのこだわりがあります。

とは言え、どれだけ原材料の内容にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、当サイトでは品質面・安全性に気を配りつつも、無理なく購入できる価格帯のフードの中から選ぶことをおすすめしています。

うちの猫には合わなかった

通販サイトとSNSで調査したアートゥーキャットフードの口コミ・評判の中には、「うちの猫には合わなかったようで、軟便・下痢気味になった」という内容のレビューもありました。

軟便・下痢の理由として考えられるのは、餌の急な切り替えや食物アレルギーです。

アートゥーキャットフードはグレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しているものの、猫によってアレルギーの原因は様々です。

例えば、メインのタンパク源として使われている鶏肉やサーモン、鴨肉がアレルギーの原因になることもあるので、食に敏感な愛猫にアートゥーキャットフードをお試ししようと考えている場合には、ラインナップ別のタンパク源に注目しておくといいでしょう。

▼総合評価をチェックする
AATU(アートゥー)キャットフードの総合評価

アートゥーキャットフードの良い口コミ・評判

AATU(アートゥー)キャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足」、「安心して与えられるフード」、「うちの猫には合っているみたい」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、アートゥーキャットフードは良質な肉・魚が贅沢に使われていることや、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(67件)
  • 原材料に安心感がある(15件)
  • うちの猫には合っている(7件)
  • 成分バランスがいい(3件)

という結果になっています。

食いつきがいい

アートゥーキャットフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが11件、「食いつきがいい」というレビューが67件という件数を踏まえても、アートゥーキャットフードはたくさんの猫たちに受け入れられている、と捉えてよさそうです。

食いつきのよさを評価する声が多かった理由として考えられるのは、良質な肉・魚が贅沢に使われており、原材料そのものの香りを活かして風味が整えられていることです。

また、メインのタンパク源が違う3種類のドライフードと4種類のウェットフードを取り揃えており、食にこだわりのあるグルメな愛猫の好みに合わせやすいことも強みと言えます。

原材料に安心感がある

次に多かったアートゥーキャットフードの良い口コミ・評判は、「原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

キャットフードの中には人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われているものもありますが、アートゥーキャットフードにはそれらの添加物が使われていないことが安心できる要素と言えるでしょう。

香料が使われていないのは悪い口コミ・評判の項目でも触れた通りで、酸化防止剤については人工のものではなく、天然由来のものが使われています。

また、着色料はフードの見た目を良くするために使われる添加物ですが、そもそもの問題として猫は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、猫目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

うちの猫には合っている

そのほかに見つかったアートゥーキャットフードの良い口コミ・評判は、「うちの猫には合っている」という内容のレビューです。

この理由として考えられるのは、アートゥーキャットフードは肉・魚が全体の85%を占めていることに加えて、グレインフリーのレシピを採用していることです。

対照的に、販売価格が安くなるにつれて肉・魚の割合が減って穀物の割合が増える傾向にありますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは、下痢や吐き戻しといった消化不良の原因になりえます。

また、穀物の中でも小麦とトウモロコシはアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、アートゥーキャットフードなら小麦とトウモロコシはもちろん、穀物全般にアレルギーのある愛猫にも与えられます。

成分バランスがいい

調査した口コミ・評判の中には、「アートゥーキャットフードは成分バランスがいい」という内容のレビューもありました。

アートゥーのドライタイプのキャットフードは肉・魚が贅沢に使われていることもあってか、適度にタンパク質を含みつつも高脂質・高カロリーな傾向があります。

このことから、運動量が多い活発な成猫用フードとして特におすすめです。

アートゥーキャットフードの口コミ・評判まとめ

項目 口コミ内容
悪い口コミ 食いつきはいまいち
値段が高い
うちの猫には合わなかった
良い口コミ 食いつきがいい
原材料に安心感がある
うちの猫には合っている
成分バランスがいい

AATU(アートゥー)キャットフードの悪い口コミ・評判は「愛猫の食いつきはいまいち」、「値段が高くてお試ししづらい」、「うちの猫には合わなかった」といった内容のレビューを確認できました。

その一方で、AATU(アートゥー)キャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがよくて満足」、「安心して与えられるフード」、「うちの猫には合っているみたい」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、アートゥーキャットフードは良質な肉・魚が贅沢に使われていることや、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていないことが関係していると考えられます。

AATU(アートゥー)キャットフードの種類

AATU(アートゥー)キャットフードのラインナップはドライフードが3種類、ウェットフードが4種類となっており、それぞれで動物性タンパク源の種類が違います。

ドライフード

商品名 タンパク質 脂質 水分 カロリー
(100gあたり)
85/15 チキン 36% 19% 8% 402kcal
85/15 サーモン 33% 20% 8% 402kcal
85/15 ダック 34% 21% 8% 407kcal

ドライフードは「85/15 チキン」、「85/15 サーモン」、「85/15 ダック」の3種類で、”85″という数字は肉・魚の割合を、”15″という数字は野菜やフルーツなどの植物由来原料の割合を表しています。

そして、「85/15 チキン」はそのほかのドライフードよりもタンパク質含有量がやや高めになっていますが、どれも高脂質・高カロリーなドライフードということは変わりません。

また、それぞれのドライフードで、動物性タンパク源が限定されていることも特徴の一つです。

ウェットフード

商品名 タンパク質 脂質 水分 カロリー
(100gあたり)
サーモン チキン&エビ 10.6% 6.1% 79% 125kcal
チキン&キジ 10.7% 5.9% 79% 125kcal
ターキー&グース 10.9% 6.4% 78% 127kcal
チキン&ウズラ 10.8% 6.4% 79% 127kcal

ウェットフードは「サーモン チキン&エビ」、「チキン&キジ」、「ターキー&グース」、「チキン&ウズラ」の4種類で、どれも主食用フードとしての栄養基準を満たしています。

このことから、主食用ドライフードにトッピングして与えるだけでなく、主食としてそのまま与えることもできますよ。

また、水分量が多いウェットフードは、水分補給を兼ねて与えられることも強みです。

アートゥー(猫用)のお試しサンプルはある?

AATU(アートゥー)キャットフードの販売元の公式通販サイトと楽天市場、Amazonを確認してみた限りでは、お試しサンプルの無料配布や有料販売は行われていませんでした。

と言っても、どちらにせよ数食分くらいの少量サンプルだと、愛猫の食の好みと体質に合っているかをきちんと判断できません。

このことから、当サイトでは少量サンプルだけのお試しは積極的にはおすすめしておらず、はじめから1ヶ月くらいは様子見するつもりで本商品を購入してみて、本当に愛猫に合っているかどうかを時間をかけて確認することをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
AATU(アートゥー)キャットフードの総合評価

AATU(アートゥー)キャットフードの原材料の評価

原材料一覧
85% チキン(チキン生肉 71%、脱水チキン 14%)、サツマイモ、リンゴ、ヒヨコマメ、エンドウ、ミネラル類、サーモンオイル、タピオカ、セルロース、ルーサン、クランベリー、ナシ、ブルーベリー、マルベリー、オレンジ、ビルベリー、コケモモ、ニンジン、トマト、チコリ、パセリ、ペパーミント、スピルリナ、海藻、オレガノ、セージ、マジョラム、タイム、カモミール、ローズヒップ、セイヨウイラクサ、ユッカ、マリゴールド、アニス果、フェヌグリーク、シナモン、酸化防止剤(トコフェロール)

ここからは、AATU(アートゥー)キャットフードの原材料を評価していきます!
(※表はドライフード「85/15 チキン」の原材料一覧です)

厳選された良質な肉・魚の割合が全体の85%

アートゥーキャットフードの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、厳選された良質な肉・魚の割合が全体の85%を占めていることでしょう。

そして、残りの15%は野菜やフルーツ、ハーブといった植物由来原料で、肉・魚だけでは摂り入れられない栄養を摂り入れられます。

また、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用していることに加えて、3種類のドライフードはそれぞれで動物性タンパク源が限定されており、複数のタンパク源にアレルギーの猫たちにも幅広く対応しやすいです。

人工の酸化防止剤・香料・着色料といった猫に必要のないものも使われていませんし、品質面・安全性に配慮されていることはもちろん、肉食動物の猫本来の食事内容にも配慮されたキャットフードという印象を受けました。

AATU(アートゥー)キャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 36%
粗脂肪 19%
粗灰分 8.8%
粗繊維 2%
水分 8%
オメガ6脂肪酸 3.5%
オメガ3脂肪酸 0.5%
エネルギー 402kcal/100g

原材料の次は、AATU(アートゥー)キャットフードの成分を評価していきます!
(※表はドライフード「85/15 チキン」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

アートゥーのドライタイプのキャットフードのタンパク質は33〜36%、脂質は19〜21%、水分は8%、カロリーは100gあたり402〜407kcalと、全体的には適度にタンパク質を含みつつ高脂質・高カロリーな傾向があります。

このような成分バランス上、運動量が多い活発な成猫や少食の成猫用フードとして向いています。

その一方で、運動量が少ない成猫や、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある成猫用フードとしてのおすすめ度は下がります。

また、歳をとって活動量が落ちたシニア猫用フードとしても、脂質とカロリーが高すぎる印象を受けました。

▼総合評価をチェックする
AATU(アートゥー)キャットフードの総合評価

AATU(アートゥー)キャットフードの給餌量

体重 室内飼い 運動量が多い
2~3kg 24~31g 39~52g
4~5kg 37~44g 62~73g
6~7kg 49~55g 82~91
8kg+ 60g+ 99g+

AATU(アートゥー)キャットフード「85/15 チキン」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップについても、販売元の公式通販サイトやパッケージに給餌量の目安が掲載されていますが、どれに関してもあくまで“目安”でしかありません。

実際には体質や飼育環境によって適量が変わってくるので、愛猫の体重や便の固さを確認しながら給餌量を調整するようにしましょう。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
1kg 3,850円 3,427円 3,500円
3kg 8,250円 8,250円 8,250円

AATU(アートゥー)キャットフードの販売元の公式通販サイト「TREATS FACTORY」と楽天市場、Amazonで「85/15 チキン」の販売状況を調査してみたところ、1kgサイズの最安値は楽天という結果になりました!
(※販売状況と販売価格は2023年4月に確認しました)

そして、3kgサイズについては公式通販サイトの販売価格と楽天、Amazonの最安値に価格差は見られませんでした。

アートゥーキャットフードは店頭ではあまり販売されていないので、アートゥーキャットフードを購入するなら販売状況をあわせて確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

通販ならわざわざ重い袋を持ち運ぶ手間が省けますし、一定金額以上の購入で送料が無料になる販売店も多いですからね。

AATU(アートゥー)キャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 5.0
成分 2.5
安全性 5.0
食いつき 4.5
コスパ 2.0
総合評価 Bランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
3,427円/1kg
8,250円/3kg
※ドライフード「85/15 チキン」
※2023年4月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 成猫・シニア猫
原産国 ドライフード:スペイン
ウェットフード:ポーランド
販売会社 株式会社ネイチャーリンクス

当サイトのAATU(アートゥー)キャットフードの総合評価はBランクです。

厳選された良質な肉・魚の割合が全体の85%を占めていることや、グレインフリーのレシピを採用していること、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていないことは魅力的です。

その一方で、室内飼いされていることが多くて運動量が少ない傾向にある日本の飼い猫には、ドライフードの脂質とカロリーが高めな印象を受けたことや、決して安いとは言えない販売価格も総合評価に影響しています。

どれだけ原材料の内容にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、当サイトでは品質面・安全性に気を配りつつ、無理なく購入できる価格帯のフードの中から選ぶことをおすすめしています。