リガロドッグフードを6段階で評価|評判や口コミも調査・検証!

スペイン語で”おいしい”という意味の「RICO」と、”贈り物”という意味の「REGALO」という2つの単語を組み合わせて名付けられたRIGALO(リガロ)は、グレインフリーかつ非常に高タンパクなドッグフードになっています。

また、動物性タンパク源の種類がシンプルになっていることから、穀物だけでなく特定の動物性タンパク源にアレルギーのある犬にも幅広く対応できます。

今回はそんなリガロドッグフードの口コミ・評判を113件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛犬のドッグフード選びの参考にしてみてください。

リガロドッグフードの悪い口コミ・評判

リガロドッグフードの悪い口コミ・評判は「継続して与えるには値段が高い」、「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューがあり、値段の高さを指摘する飼い主の声が特に多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、リガロは肉・魚が主原料として使われているグレインフリーフードということや、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 値段が高い(18件)
  • 食いつきはいまいち(8件)
  • うちの犬には合わなかった(2件)

という結果になっています。
(※口コミ・評判は2021年8月にAmazon、楽天、ツイッター、インスタグラムで調査しました)

値段が高い

リガロの悪い口コミ・評判で一番多かったのは「継続して愛犬に与えるには値段が高い」、「市販の国産フードと比較するとかなり高い」といった内容のレビューでした。

実際、リガロの100gあたりの値段は約280円と、ホームセンターやペットショップでよく見かける激安フードと比べるとかなり高いです。
(※ラムの1.8kgサイズの販売価格を参考にしています)

もちろん値段が高いだけあって、良質な肉・魚が主原料として使われていたり、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しているといったこだわりがあります。

 

それに加えて、安全性に配慮して犬にとって必要のない人工添加物は一切使われていません。

とは言え、どれだけ品質にこだわってフードを選んでも継続できなければあまり意味がないですし、現実的に無理なく購入できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。

食いつきはいまいち

次に多かった悪い口コミ・評判は「残念ながらあまり食べない」、「我が家の犬の食いつきがはいまいち」といった食いつきの悪さを指摘するレビューでした。

この理由として考えられるのは、リガロには人工の香料・調味料が使われておらず、天然由来の原材料そのものの香りで風味が整えられていることです。

一般的には人工の香料・調味料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、それらの人工添加物が使われているフードを食べ慣れている犬にとっては、リガロの風味にはあまり魅力を感じられない可能性はあります。

うちの犬には合わなかった

そのほかに見つかった悪い口コミ・評判は「うちの犬には合わなかったようで、軟便・下痢気味になった」というレビューでした。

軟便・下痢の理由として考えられるのは、食物アレルギーと餌の急な切り替えです。

リガロはグレインフリーのレシピを採用しており、動物性タンパク源の種類も1〜2種類以内に限定されていますが、犬によってアレルギーの原因は様々です。

 

例えば、穀物や肉・魚のほかにも特定の豆類・イモ類がアレルギーの原因になることがあります。

もし食に敏感でお腹が弱い愛犬にリガロを与えようと考えているなら、タンパク源の内容にも注目しておくといいでしょう。

 

次の餌の切り替えに関してですが、急な餌の切り替えは消化の負担になってしまうので、餌の切り替えが早すぎると一時的に下痢や吐き戻しが増える可能性はあります。

餌の急な切り替えは消化不良の原因も特定しづらくなってしまうため、当サイトでは1週間から10日ほどかけてゆっくりと切り替えることをおすすめしています。

▼総合評価をチェックする
リガロドッグフードの総合評価

リガロドッグフードの良い口コミ・評判

リガロドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「原材料に安心感がある」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、リガロには良質な肉・魚が主原料として使われていることや、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないグレインフリーフードということが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(44件)
  • 原材料に安心感がある(15件)
  • うちの犬には合っている(11件)
  • 小粒で食べやすそう(8件)
  • 成分バランスがいい(7件)

という結果になっています。

食いつきがいい

リガロの口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

「あまり食べない」というレビューが8件だったのに対して、「食いつきがいい」というレビューが44件という件数を踏まえても、リガロは多くの犬に受け入れられている食いつきがいいフードと捉えてよさそうです。

リガロには人工の香料・調味料は使われていませんが、それでもここまで食いつきのよさを評価する飼い主の声が多かったのは、天然由来の原材料そのものの香りでしっかりと嗜好性が高められている裏付けになりますね。

また、動物性タンパク源の内容が違う【ラム/ターキー/フィッシュ】といったラインナップがあり、愛犬の食の好みに合わせやすいことも強みです。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「リガロは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

まず、食に敏感でお腹が弱い愛犬を飼っている方にとっては、動物性タンパク源の内容がシンプルかつ、グレインフリーのレシピを採用していることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、フードの酸化を抑えるために人工の酸化防止剤や保存料を使っているフードもありますが、リガロは安全性に配慮して天然由来の酸化防止剤を使っていることも評価できます。

それだけでなく、フードの見た目をよくするための着色料も使われていません。

 

そもそもの問題として、犬は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまで色味をつける意味はありません。

そして、人工の酸化防止剤と着色料は必ずしも使う必要のない添加物ということで、安全性最優先でフードを選びたいと考えている愛犬家からは避けられがちな傾向があります。

うちの犬には合っている

そのほかに見つかった良い口コミ・評判は、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューです。

具体的には「いい便が出るようになった」、「涙やけがスッキリした」という飼い主の声が目立ちました。

この理由としてまず考えられるのは、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用していることです。

 

販売価格が安くなるほど穀物の割合が増える傾向にありますが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではなく、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

また、小麦が使われているフードも少なくないものの、穀物の中でも小麦は特にアレルギーの原因になりやすいという問題があります。

そのほかにも、特定の動物性タンパク源がアレルギーの原因になることもありますが、リガロは動物性タンパク源が1〜2種類に限定されていることから、特定の動物性タンパク源にアレルギーのある愛犬にも対応しやすいです。

 

それと、人工の酸化防止剤や着色料といった添加物もアレルギーや涙やけの原因になりえますが、先ほども触れたようにリガロにはそれらの人工添加物が使われていません。

このことから、切り替え前に与えていたフードの内容によっては、リガロに切り替えることで下痢や吐き戻しといった消化不良が減ったり、目元に変化が出る可能性はあります。

小粒で食べやすそう

良い口コミ・評判の中には、「リガロは小粒で食べやすそう」というレビューもありました。

リガロの粒の大きさは直径約8mm程度と、超小型犬やまだ体の小さい子犬、噛む力が弱くなったシニア犬にも食べやすいサイズと言えます。

ただ、大粒で噛みごたえのあるドライフードが好きな小型犬もいますし、粒の大きさに関する口コミ・評判はあまり参考にならない・・・というのが率直な感想です。

成分バランスがいい

通販サイトとSNSで口コミ・評判を調査していると、「リガロは成分バランスがいい」という内容のレビューも確認できました。

肉食傾向の雑食である犬本来の食事内容に配慮して、どのラインナップもタンパク質が37%と非常に高くなっています。

その一方で脂質とカロリーは高くはなく、室内飼いで運動量がそれほど多くない犬向けの成分バランスと言えるでしょう。

なお、シニア犬用フードは歳をとって活動量が落ちたシニア犬に配慮してか、子犬・成犬用フードよりも脂質とカロリーが控えめに調整されています。

リガロドッグフードの口コミ・評判まとめ

リガロドッグフードの悪い口コミ・評判は「継続して与えるには値段が高い」、「残念ながらあまり食べない」、「うちの犬には合わなかった」といった内容のレビューがあり、値段の高さを指摘する飼い主の声が特に多い傾向にありました。

その一方で、リガロドッグフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「原材料に安心感がある」、「うちの犬には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、リガロには良質な肉・魚が主原料として使われていることや、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないグレインフリーフードということが関係していると考えられます。

口コミ・評判一覧
  • 値段が高い
  • 食いつきはいまいち
  • うちの犬には合わなかった
  • 食いつきがいい
  • 原材料に安心感がある
  • うちの犬には合っている
  • 小粒で食べやすそう
  • 成分バランスがいい

リガロドッグフードの種類

商品名 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
エネルギー
(100gあたり)
動物性タンパク源 対象
ラム 37% 14% 350kcal ラム、サーモン 子犬・成犬用
ターキー 37% 14% 350kcal ターキー 子犬・成犬用
シニア ラム 37% 12% 340kcal ラム、サーモン 7歳以上用
シニア ターキー 37% 12% 340kcal ターキー 7歳以上用
フィッシュ 37% 14% 350kcal ホワイトフィッシュ 全年齢用

リガロドッグフードのラインナップには5種類のラインナップがあり、「ラム」と「ターキー」は子犬・成犬用、「シニア ラム」と「シニア ターキー」は7歳以上のシニア犬用、「フィッシュ」はパピー・シニアといった年齢別のくくりのない全年齢用の主食用ドライフードです。

シニア犬用フードは子犬・成犬用フードと全年齢用フードより脂質とカロリーが控えめ、という違いはありますが、どれも非常に高タンパクかつグレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用している点は変わりません。

それと、(シニア)ターキーとフィッシュの動物性タンパク源は1種類だけですが、(シニア)ラムに関しては2種類という違いもあります。

このことから愛犬の食の好みだけでなく、アレルギーに配慮して選ぶこともできますよ。

リガロドッグフードのお試しサンプルについて

リガロの公式サイトからは各種類1点ずつ合計3点まで、1袋60gの無料サンプルを申し込むことができます。

ただ、数食分くらいの量だと愛犬に合っているかどうかをしっかりと判断することができません。

このことから当サイトでは積極的にはお試しサンプルはおすすめしておらず、1ヶ月くらいは様子見できるサイズ(量)を購入して、愛犬の食いつきと変化を時間をかけて確認することをおすすめしています。

▼サンプル申し込みページはこちら
サンプルお申し込み|リガロ(RIGALO)

リガロドッグフードの原材料の評価

原材料一覧
ラム生肉、乾燥サーモン、エンドウ豆プロテイン、乾燥ラム、乾燥エンドウ豆、赤レンズ豆、乾燥ヒヨコ豆、 乾燥ジャガイモ、天然フレーバー、ヒマワリ油*、乾燥トマト繊維、乾燥サツマイモ、乾燥ビール酵母、 挽き割りフラックスシード、塩化カリウム、タウリン、乾燥チコリ根(イヌリン、フラクトオリゴ糖源)、乳酸、 加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ユッカフォーム抽出物、ミネラル類(食塩、プロテイネイテッド亜鉛、 プロテイネイテッド鉄、セレニウム酵母、プロテイネイテッド銅、プロテイネイテッドマンガン)、 ビタミン類(塩化コリン、ビタミンE補助食品、ナイアシン補助食品、ビタミンB1硝酸塩、D-パントテン酸カルシウム、 ビタミンB6、リボフラビン補助食品、ビタミンA補助食品、ビタミンD3補助食品、ビオチン、ビタミンB12補助食品、 葉酸、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源))、プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、黒麹菌、 糸状菌、枯草菌)、酸化防止剤(ミックストコフェロール) *ミックストコフェロールで保存

ここからは、リガロドッグフードの原材料を評価していきます。
(※表は「ラム」の原材料一覧です)

肉・魚が主原料のグレインフリーフード

リガロの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、肉・魚が主原料として使われているグレインフリー(穀物不使用)フードということでしょう。

安さをウリにしているフードのほとんどには穀物が主原料として使われていますが、穀物の割合が多いフードは肉食傾向の雑食である犬本来の食事内容に配慮されたフードとは言いづらいです。

また、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすく、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすいですが、リガロには小麦はもちろん大豆も使われていません。

原材料について気になることを挙げるとすれば、動物性原材料の割合までは記載されておらず、割合が明記されているフードと原材料の内容を比較しづらいことくらいです。

人工の酸化防止剤・着色料・香料・調味料は不使用

リガロには、犬にとって必要のない人工添加物が一切使われていないことも見逃せません。

BHA・BHT・没食子酸プロピルといった人工の酸化防止剤が添加されているフードも少なくない中、リガロには安全性に配慮してミックストコフェロールという天然由来の酸化防止剤が添加されています。

また、フードに色味をつけるための着色料や、風味を整えるための香料・調味料が使われていないことも評価できます。

▼総合評価をチェックする
リガロドッグフードの総合評価

リガロドッグフードの成分の評価

成分表
タンパク質 37%以上
脂質 14%以上
粗繊維 5%以下
粗灰分 8.5%以下
水分 10%以下
リン 1.6%
マグネシウム 0.17%
ナトリウム 0.5%
オメガ6脂肪酸 1.6%以上
オメガ3脂肪酸 0.6%以上
エネルギー 350kcal/100g

原材料の次は、リガロドッグフードの成分を評価していきます。
(※表は「ラム」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

リガロのタンパク質は37%と、非常に高タンパクなドライフードになっています。

その一方で、子犬・成犬用フードと全年齢用フードの脂質は14%と標準的な範囲に、カロリーは100gあたり350kcalとやや控えめに調整されており、室内飼いされていることが多くて運動量が少ない傾向にある日本の飼い犬向け、と捉えることが出来ます。

また、シニア犬用フードの脂質は12%、カロリーは100gあたり340kcalと、子犬・成犬用フードよりも控えめになっており、歳をとって活動量が落ちたシニア犬に配慮してきちんと成分バランスが調整されている印象を受けました。

 

ただ、高タンパクという性質上、「7歳以上の愛犬にタンパク質が控えめなフードを与えたい」・・・と考えている場合にはおすすめできません。

それと、子犬用・成犬用フードと全年齢用フードについては、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬用フードとしてはカロリーに物足りなさを感じました。

リガロドッグフードの給餌量

体重 〜3ヶ月 3〜6ヶ月 6〜9ヶ月 9〜12ヶ月 13ヶ月以上
1kg 57g 50g 43g 36g 29g
2kg 96g 84g 72g 60g 48g
2.5kg 114g 99g 85g 71g 57g
3kg 130g 114g 98g 81g 65g
4.5kg 177g 154g 132g 110g 88g
5kg 191g 167g 143g 119g 96g
9kg 297g 260g 223g 186g 148g
10kg 321g 281g 241g 201g 161g
15kg 436g 381g 327g 272g 218g
20kg 540g 473g 405g 338g 270g
25kg 639g 559g 479g 399g 319g
30kg 732g 641g 549g 458g 366g

リガロドッグフードの1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

ただし、この給餌量はあくまで“目安”でしかなく、実際には愛犬の体質や飼育環境によって適量が変わってきます。

そのため、愛犬の体重や便の固さを確認しながら分量を調整するようにしてください。

▼総合評価をチェックする
リガロドッグフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
900g 2,761円 2,761円 2,761円
1.8kg 5,016円 5,016円 5,016円
3.6kg 9,031円 9,031円 9,031円
5.8kg 13,794円 13,794円 13,794円

リガロの公式サイトと楽天市場、Amazonで「ラム」の販売状況を調査してみたところ、公式サイトには定価は掲載されていますが、直接購入することはできませんでした。
(※販売状況と販売価格は2022年9月に確認しました)

そして、どのサイズも楽天とAmazonの最安値は定価と同じ、という結果になりました!

リガロは店頭ではあまり販売されていないプレミアムフードなので、リガロを購入するなら販売状況もあわせて確認できる通販サイトを利用することをおすすめします。

 

通販なら重い袋を持ち運ぶ手間がありませんし、一定金額以上の購入で送料無料となる販売店も多いですからね。

もし近場でリガロを取り扱っている販売店があるかどうかを調べたい場合には、公式サイトから確認してみるといいでしょう。
販売店一覧(Store list)|リガロ(RIGALO)

リガロドッグフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.5
成分 4.5
安全性 5.0
食いつき 4.5
コスパ 2.0
総合評価 Aランク
(S〜Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
2,761円/900g
5,016円/1.8kg
9,031円/3.6kg
13,794円/5.8kg
※ラム
※2022年9月に公式サイト・楽天・Amazonで調査
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 株式会社ライトハウス

当サイトのリガロドッグフードの総合評価はAランクです。

犬にとって必要のない人工添加物が使われていないだけでなく、動物性タンパク源が1〜2種類以内に限定されたグレインフリーフードというのは魅力的です。

また、「食いつきがいい」という口コミ・評判が多かったことも評価できます。

ただ、決して安いとは言えない価格帯のプレミアムフードなので、現実的に無理なく継続購入できるかどうかということまで考えてお試しすることをおすすめします。