アカナキャットフードと愛猫2

厳選された良質な肉・魚が贅沢に使われていることに加えて、グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用したドライタイプのキャットフードを取り揃えているアカナ。

どのラインナップについても、高タンパク・低炭水化物ということは変わらず、肉食動物の猫本来の食事内容に配慮されたキャットフードと捉えることができます。

今回はそんなアカナキャットフードの口コミ・評判を116件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

アカナキャットフードの悪い口コミ・評判

アカナキャットフードの悪い口コミ・評判は「残念だけど食いつきはいまいち」、「値段が高くて気軽には買えない」、「粒の形が食べづらそうなドライフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、アカナキャットフードには人工の香料・調味料が使われていないことや、良質な肉・魚が贅沢に使われていることが関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(14件)
  • 値段が高い(6件)
  • 粒の形が食べづらそう(3件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2023年4月にAmazon、楽天、ツイッター(現X)、インスタグラムで調査しました。

食いつきはいまいち

アカナキャットフードの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

この理由として考えられるのは、アカナキャットフードは原材料そのものの香りで風味が整えられており、人工の香料・調味料が使われていないことです。

一般的には、人工の香料・調味料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、それらの人工添加物が使われているフードを食べ慣れている場合、アカナキャットフードの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、アカナキャットフードにはタンパク源の種類・割合が違う様々なラインナップがありますが、単純に選んだフードの風味が好みに合わなかった可能性も考えられますね。

値段が高い

次に多かった悪い口コミ・評判は、「アカナキャットフードは値段が高い」という内容のレビューです。

参考までに一例を挙げると、”ワイルドプレイリーキャットレシピ”の100gあたりの値段は約319円と、確かに店頭のペットフードコーナーでよく見かける市販の激安フードと比べるとかなり高いです。
(※1.8kgサイズの調査時点の最安値を参考にしています)

もちろん値段が高いのには理由があり、厳選された良質な肉・魚が贅沢に使われていたり、グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用している、などのこだわりがあります。

とは言え、どれだけ品質面にこだわってフードを選んでも継続できなければ意味がないので、当サイトでは品質面・安全性に気を配りつつも、無理なく購入できる価格帯のフードの中から選ぶことをおすすめしています。

粒の形が食べづらそう

そのほかに見つかったアカナキャットフードの悪い口コミ・評判は、「粒の形が食べづらそう」という内容のレビューです。

アカナキャットフードの粒はやや大きめで平ぺったい形になっているので、場合によっては食べやすい大きさに砕いてから与えたり、水かぬるま湯でふやかしてから与える必要があるかもしれません。

ただ、小柄でも大粒で噛みごたえのあるドライフードが好きな場合もありますし、粒の大きさについてのレビューはそれほど参考にはならない・・・というのが率直な感想です。

▼総合評価をチェックする
アカナキャットフードの総合評価

アカナキャットフードの良い口コミ・評判

アカナキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「安心して与えられるキャットフード」、「うちの猫には合っているみたい」という内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、アカナキャットフードにはタンパク源の種類・割合が違う様々なドライフードがあることや、猫に必要のないものが一切使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(47件)
  • 原材料に安心感がある(25件)
  • うちの猫には合っている(21件)

という結果になっています。

食いつきがいい

アカナキャットフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

「食いつきはいまいち」というレビューが14件、「食いつきがいい」というレビューが47件という件数を踏まえても、アカナキャットフードは比較的たくさんの猫たちに受け入れられている、と捉えてよさそうです。

食いつきのよさを評価する声が目立った理由として考えられるのは、アカナキャットフードには良質な肉・魚が贅沢に使われており、原材料そのものの香りを活かして風味が整えられていることです。

また、タンパク源の種類・割合が違うラインナップを取り揃えており、食の好みに合わせて選びやすくなっていることも関係していると考えられます。

原材料に安心感がある

次に多かったアカナキャットフードの良い口コミ・評判は、「原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

まず、アカナキャットフードには、厳選された良質な原材料が使われていることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、人工の香料・調味料が使われていないことや、人工のものではなく天然由来の酸化防止剤が使われていること、着色料が使われていないことも安心感に繋がります。

着色料はフードの見た目を良くするために使われますが、そもそもの問題として猫は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、猫目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

うちの猫には合っている

そのほかに見つかったアカナキャットフードの良い口コミ・評判は、「うちの猫には合っている」という内容のレビューです。

この理由としてまず考えられるのは、アカナキャットフードはどのラインナップにも肉・魚が贅沢に使われており、高タンパク・低炭水化物のドライフードになっていることです。

対照的に、販売価格が安くなるにつれて肉・魚の割合が減って穀物の割合が増える傾向にありますが、肉食動物の猫は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

 

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは、下痢や吐き戻しといった消化不良の原因になりえます。

また、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、アカナキャットフードはどのラインナップにも小麦が使われていないので、小麦アレルギーの愛猫にも安心して与えられます。

アカナキャットフードの口コミ・評判まとめ

項目 口コミ内容
悪い口コミ 食いつきはいまいち
値段が高い
粒の形が食べづらそう
良い口コミ 食いつきがいい
原材料に安心感がある
うちの猫には合っている

アカナキャットフードの悪い口コミ・評判は「残念だけど食いつきはいまいち」、「値段が高くて気軽には買えない」、「粒の形が食べづらそうなドライフード」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

その一方で、アカナキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいいお気に入りのフード」、「安心して与えられるキャットフード」、「うちの猫には合っているみたい」という内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、アカナキャットフードにはタンパク源の種類・割合が違う様々なドライフードがあることや、猫に必要のないものが一切使われていないことが関係していると考えられます。

アカナキャットフードの種類

商品名 主原料 穀物 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
対象
ワイルドプレイリーキャットレシピ 新鮮鶏肉 不使用 37% 18% 10% 393kcal 全年齢
パシフィカキャット 新鮮丸ごと太平洋ニシン 不使用 37% 18% 10% 393kcal 全年齢
グラスランドキャット 新鮮鶏肉 不使用 37% 18% 10% 393kcal 全年齢
ファーストフィーストキャット 新鮮鶏肉 ホールオーツ 37% 18% 10% 385kcal 子猫
ホームステッドハーベスト 新鮮鶏肉 ホールオーツ 34% 16% 10% 376kcal 成猫・シニア猫
バウンティフルキャッチキャット 生の丸ごとサーモン ホールオーツ 34% 16% 10% 380kcal 成猫・シニア猫
インドアエントリー 新鮮鶏肉 ホールオーツ 37% 14% 10% 363kcal 成猫・シニア猫

アカナキャットフードのラインナップは7種類で、そのうちの3種類がグレインフリーのレシピを、4種類がグルテンフリーのレシピを採用しています。

また、3種類のグレインフリーフードはどれも全年齢対応の主食用ドライフードになっているのに対して、4種類のグレインフリーフードのうち1種類は子猫向けの主食用ドライフードに、3種類は成猫・シニア猫向けの主食用ドライフードになっています。

と言っても、どのラインナップも肉・魚が主原料かつ、高タンパク・低炭水化物のドライフードということは共通しています。

ただ、「インドアエントリー」については、そのほかのラインナップよりも脂質とカロリーが控えめに調整されており、愛猫の運動量・食事量に配慮して選ぶこともできます。

▼総合評価をチェックする
アカナキャットフードの総合評価

アカナキャットフードのお試しサンプルはある?

アカナキャットフードの公式通販サイトを調査してみた限りでは、お試しサンプルの無料配布は行われていませんでしたが、楽天市場では有料のお試しサンプルが販売されていることがあります。

ただ、数食分くらいの少量サンプルだけでは、愛猫の食の好みや体質に合っているかどうかの判断がきちんとできません。

このことから、当サイトでは少量サンプルだけのお試しは積極的にはおすすめしておらず、はじめから1ヶ月くらいは様子見するつもりで本商品を購入してみて、本当に愛猫に合っているのか時間をかけて確認することをおすすめしています。

アカナキャットフードをお試ししてレビュー!

アカナキャットフードのパッケージ画像(表面1)

実際に、アカナキャットフード「ワイルドプレイリー」をお試ししてみました!
(※お試ししたのはリニューアル前の商品です)

アカナキャットフードのパッケージ画像(裏面1)

アカナキャットフードはカナダ産ということもあり、パッケージには英語で商品情報が印字されています。

アカナキャットフードの正規品ラベル

ただ、正規品には日本語で原材料や成分値、給餌量の目安が印字されている正規品ラベルが貼られているので、英語が読めなくても商品情報は簡単に確認できます。

アカナキャットフード「ワイルドプレイリー」の袋を開けた瞬間の率直な感想は、金魚の餌のような香り!(笑)

鶏肉が主原料のドライフードではあるものの、2種類の魚も使っているためか、私には魚の香りの方が強く感じられました。

とは言え、思わず鼻をつまみたくなるようなキツい臭いではなく、素材の香りを活かした自然な香りという印象です。

アカナキャットフードの粒の大きさ

アカナキャットフードの粒の大きさには多少のバラつきはありますが、平均すると直径は8〜9mmほどでした。

お試しした時点で生後4ヶ月だった我が家の愛猫は、少し粒サイズが大きめなことから最初は食べづらそうにしていましたが、10日ほどかけてフードを切り替え終わった頃にはスムーズに食べられるようになりました!

▼総合評価をチェックする
アカナキャットフードの総合評価

アカナキャットフードの原材料の評価

アカナキャットフードと愛猫3

原材料一覧
新鮮鶏肉(9%)、新鮮七面鳥肉(9%)、新鮮鶏レバー(9%)、ディハイドレート鶏肉(8.5%)、ディハイドレート七面鳥肉(8%)、ディハイドレートニシン(8%)、丸ごとピント豆、丸ごとエンドウ豆、鶏脂肪(6%)、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、丸ごと緑レンズ豆、巣に産み落とされた新鮮卵(4%)、生の天然白身魚(4%)、生の天然ニジマス(4%)、新鮮七面鳥内臓 (レバー、心臓)(2%)、レンズ豆繊維、ポロック油(1%)、新鮮鶏心臓(1%)、鶏軟骨(1%)、フリーズドライレバー(鶏,七面鳥)(0.5%)、乾燥ケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮カブラ菜、新鮮ニンジン、新鮮リンゴ、新鮮洋梨、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリールート、ターメリックルート、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ、酸化防止剤:天然成分から抽出したトコフェロール

ここからは、アカナキャットフードの原材料を評価していきます!
(※表は「ワイルドプレイリーキャットレシピ」の原材料一覧です)

厳選された良質な肉・魚を贅沢に使用

アカナキャットフードの原材料の特徴としてまず挙げられるのは、厳選された良質な肉・魚が贅沢に使われていることでしょう。

ラインナップによって差はあるものの、肉・魚の占める割合は全体の約65〜75%と多く、肉食動物の猫にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられます。

また、肉・魚だけでは摂り入れられない栄養を補うために、リンゴやカボチャ、ラベンダーなどのフルーツ・野菜・ハーブが使われていることも見逃せません。

それに加えて、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていないことも評価できます。

グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用

アカナキャットフードは、グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用していることも特徴です。

このことから、小麦にアレルギーのある愛猫はもちろん、グレインフリーのラインナップを選べば穀物全般にアレルギーのある愛猫にも与えられます。

さらに、「パシフィカキャット」と「バウンティフルキャッチキャット」は動物性タンパク源が魚類だけに限定されており、魚以外の複数のタンパク源にアレルギーのある愛猫にも対応しやすくなっています。

アカナキャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 37%以上
粗脂肪 18%以上
粗繊維 3%以下
粗灰分 9%以下
水分 10%以下
カルシウム 1.6%以上
リン 1.2%以上
マグネシウム 0.1%以下
タウリン 0.1%以上
オメガ6脂肪酸 3.5%以上
オメガ3脂肪酸 0.6%以上
エネルギー 393kcal/100g

原材料の次は、アカナキャットフードの成分を評価していきます!
(※表は「ワイルドプレイリーキャットレシピ」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

アカナキャットフードのタンパク質は34〜37%以上、脂質は14〜18%以上、水分は10%以下、カロリーは100gあたり363〜393kcalと、ラインナップによって主要な成分バランスに開きがあります。

全年齢対応のグレインフリーフードと子猫用のグルテンフリーフードは、高タンパク・高脂質・高カロリーになっており、育ち盛りの子猫や運動量が多い活発な成猫の主食としてぴったりです。

成猫・シニア猫用のグルテンフリーフードは3種類ありますが、「インドアエントリー」はグレインフリーフードとタンパク質含有量は変わらない一方で、脂質とカロリーが控えめに調整されており、運動量がそれほど多くない成猫・シニア猫用フードとしておすすめです。

残りの2種類のグルテンフリーフードについては、タンパク質・脂質・カロリーが標準的な範囲になっており、適度に運動をする成猫向けと捉えることができます。

▼総合評価をチェックする
アカナキャットフードの総合評価

アカナキャットフードの給餌量

体重 成猫 ダイエット 避妊・去勢後
1~2kg 30~45g 15~30g
2~3kg 45~60g 30~40g
3~4kg 60~75g 40~45g
4~5kg 75~80g 45~60g
5~6kg 80~90g 60~75g 60~75g
6~8kg 90~105g 75~80g 75~90g
8~10kg 105~120g 80~90g 90~105g

アカナキャットフード「ワイルドプレイリーキャットレシピ」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップも公式サイトやパッケージに給餌量の目安が掲載されていますが、どれに関してもあくまで“目安”でしかありません。

実際には体質や飼育環境によって適量が変わってくるので、愛猫の体重や便の固さを確認しながら給餌量を調整するようにしましょう。

アカナキャットフードの賞味期限と保存方法

アカナキャットフードの未開封時の賞味期限はパッケージ裏面を見れば確認でき、【BB】というアルファベット以降に「日/月/年」の順で印字されています。

開封後については賞味期限にかかわらず、なるべく早めに使い切るようにしてください。

なお、当サイトではドライフードの場合、開封後は1ヶ月程度で使い切ることをおすすめしています。

保存方法については、高温多湿や直射日光・照明の当たる場所を避けた上で、できる限り空気に触れさせないことが大切になります。

▼総合評価をチェックする
アカナキャットフードの総合評価

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

アカナキャットフードと愛猫1

内容量 公式 楽天 Amazon
340g 1,848円 1,271円 1,499円
1.8kg 8,580円 5,748円 6,180円
4.5kg 17,380円 11,644円 13,170円

アカナキャットフードの公式通販サイトと楽天市場、Amazonで「ワイルドプレイリーキャットレシピ」の販売状況を調査してみたところ、どのサイズも楽天が最安値という結果になりました!
(※販売状況と販売価格は2024年6月に確認しました)

アカナキャットフードを店頭で取り扱っている販売店は多くはないので、アカナキャットフードを購入するなら販売状況もあわせて確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

通販ならわざわざ重い袋を持ち運ぶ手間がありませんし、一定金額以上の購入で送料が無料になる販売店も多いですからね。

ただ、公式以外の通販サイトでは、管理状態や賞味期限に不安のある並行輸入品・転売品も販売されているので、購入前には販売店のレビュー件数や評価、レビュー内容にも目を通しておくことをおすすめします。

アカナキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.5
成分 5.0
安全性 5.0
食いつき 4.0
コスパ 2.5
総合評価 Aランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,271円/340g
5,748円/1.8kg
11,644円/4.5kg
※ワイルドプレイリーキャットレシピ
※2024年6月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 カナダ
販売会社 株式会社トランペッツ

当サイトのアカナキャットフードの総合評価はAランクです。

厳選された良質な肉・魚が贅沢に使われていることに加えて、グルテンフリーorグレインフリーのレシピを採用している高タンパク・低炭水化物のキャットフードということは魅力的です。

また、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていないことや、動物性タンパク源の種類・割合が違うラインナップを取り揃えていることも評価できます。

「愛猫には肉食動物の猫本来の食事内容に配慮されたドライフードを与えたい」と考えているなら、アカナキャットフードを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。