ナチュラルバランスキャットフードと愛猫1

タンパク源の種類・割合や成分バランスの傾向が違うドライフードを取り揃えており、食の好みやアレルギー、飼育環境に配慮して選べるナチュラルバランスキャットフード。

また、主食用としての栄養基準を満たしたウェットフードのラインナップも豊富で、主食用ドライフードにトッピングして与えるだけでなく、ドライフードの代わりにそのまま与えることもできます。

今回はそんなナチュラルバランスキャットフードの口コミ・評判を103件調査し、悪いレビューと良いレビューに分けて整理してみました!

そして、原材料と成分をもとに総合的な評価もしているので、ぜひあなたの愛猫のキャットフード選びの参考にしてみてください。

ナチュラルバランス(猫用)の悪い口コミ・評判

ナチュラルバランスキャットフードの悪い口コミ・評判は「残念だけど食いつきはいまいち」、「うちの猫には合わなかったみたい」といった内容のレビューを確認できました。

このような内容のレビューが見られた理由は、ナチュラルバランスキャットフードには人工の香料が使われていないことや、タンパク源の種類が関係していると考えられます。

悪い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきはいまいち(15件)
  • うちの猫には合わなかった(3件)

という結果になっています。

なお、口コミ・評判は2023年5月にAmazon、楽天、ツイッター(現X)、インスタグラムで調査しました。

食いつきはいまいち

ナチュラルバランスキャットフードの悪い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきはいまいち」という内容のレビューでした。

この理由としてまず考えられるのは、ナチュラルバランスキャットフードは原材料そのものの香りで風味が整えられていることです。

一般的には、人工の香料を使って風味が整えられているフードの方が食いつきがいい傾向にあるので、人工の香料が使われているフードを食べ慣れている猫にとっては、ナチュラルバランスキャットフードの風味にあまり魅力を感じられない可能性はあります。

また、ナチュラルバランスキャットフードには風味や形状の違う様々なラインナップがありますが、単純に選んだフードの風味や食感が好みに合わなかった可能性も考えられますね。

うちの猫には合わなかった

そのほかに見つかったナチュラルバランスキャットフードの悪い口コミ・評判は、「うちの猫には合わなかった」という内容のレビューです。

具体的には「吐き戻しが増えた」、「軟便・下痢気味になった」という飼い主の声を確認できました。

吐き戻しや下痢の理由として考えられるのは、餌の急な切り替えや食物アレルギーです。

 

ナチュラルバランスキャットフードは小麦グルテンフリーのレシピを採用しているほか、穀物アレルギーに配慮してグレインフリーのレシピを採用したドライフードもあるものの、猫によってアレルギーの原因は様々です。

例えば、メインの動物性タンパク源として使われているチキンやサーモンが合わないこともあるので、食に敏感な愛猫にナチュラルバランスキャットフードを与えようと考えている場合には、ラインナップ別のタンパク源の種類にも注目しておくといいでしょう。

▼総合評価をチェックする
ナチュラルバランスキャットフードの総合評価

ナチュラルバランス(猫用)の良い口コミ・評判

ナチュラルバランスキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいい愛猫お気に入りのフード」、「安心して与えられるキャットフード」、「うちの猫には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ナチュラルバランスキャットフードにはメインの動物性タンパク源が違うドライフードがあることや、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

良い口コミ・評判の内容別の件数は、

  • 食いつきがいい(41件)
  • 原材料に安心感がある(15件)
  • うちの猫には合っている(14件)
  • 成分バランスがいい(9件)
  • 小粒で食べやすそう(6件)

という結果になっています。

食いつきがいい

ナチュラルバランスキャットフードの良い口コミ・評判で一番多かったのは、「食いつきがいい」という内容のレビューでした。

ただ、「食いつきはいまいち」というレビューが15件、「食いつきがいい」というレビューが41件という件数を踏まえると、ナチュラルバランスキャットフードの嗜好性は高くもなく低くもない平均レベル・・・という印象を受けました。

食いつきに関してメリットを挙げるとすれば、メインの動物性タンパク源が違うドライフードや様々なウェットフードを取り揃えており、食にこだわりのあるグルメな愛猫の好みにも合わせやすいことです。

また、ウェットフードは主食用としての栄養基準を満たしていることから、トッピング用やご褒美用としてだけでなく、主食としてそのまま与えられることも強みと言えます。

原材料に安心感がある

次に多かった良い口コミ・評判は、「ナチュラルバランスキャットフードは原材料に安心感がある」という内容のレビューです。

まず、ナチュラルバランスキャットフードには内容が不明瞭な原材料は一切使われておらず、良質な原材料が使われていることが安心できる要素と言えるでしょう。

また、香料に頼らず原材料そのものの香りを活かして風味が整えられていることや、人工のものではなく天然由来の酸化防止剤が使われていること、着色料が使われていないことも安心感に繋がります。

そもそもの問題として、猫は食べ物の見た目では良し悪しを判断していないので、猫目線で考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありませんからね。

うちの猫には合っている

そのほかに見つかったナチュラルバランスキャットフードの良い口コミ・評判は、「うちの猫には合っている」という内容のレビューです。

この理由として考えられるのは、ナチュラルバランスキャットフードは小麦グルテンフリーのレシピを採用していることです。

対照的に、安さをウリにしているフードの多くには小麦が使われていますが、穀物の中でも小麦は特にアレルギーの原因になりやすい傾向にあり、体質によっては下痢や吐き戻しといった消化不良に繋がります。

また、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用したラインナップがあるほか、アレルギーの原因になりにくい動物性タンパク源が使われているラインナップもあり、食に敏感な愛猫にも対応しやすくなっています。

成分バランスがいい

通販サイトとSNSで調査したナチュラルバランスキャットフードの口コミ・評判の中には、「成分バランスがいい」という内容のレビューもありました。

ナチュラルバランスのドライタイプのキャットフードは全体的に脂質とカロリーが控えめに調整されており、室内飼いされていることが多くて運動量が少ない傾向にある日本の飼い猫向け、と捉えることができます。

また、食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のあるある成猫向けに、脂質とカロリーが控えめに調整されたドライフードもあり、愛猫の運動量・食事量に配慮して選ぶこともできるようになっています。

小粒で食べやすそう

ナチュラルバランスキャットフードの口コミ・評判を調査していると、「小粒で食べやすそう」という内容のレビューも見つかりました。

実際、ナチュラルバランスのドライタイプのキャットフードの粒サイズは小さめで、子猫からシニア猫までの幅広い年齢で食べやすいサイズ感のドライフードと言えます。

とは言え、小柄でも大粒で噛みごたえのあるドライフードが好きなことがありますし、粒の大きさについての口コミ・評判はそれほど参考にはならない・・・というのが率直な感想です。

ナチュラルバランス(猫用)の口コミ・評判まとめ

項目 口コミ内容
悪い口コミ 食いつきはいまいち
うちの猫には合わなかった
良い口コミ 食いつきがいい
原材料に安心感がある
うちの猫には合っている
成分バランスがいい
小粒で食べやすそう

ナチュラルバランスキャットフードの悪い口コミ・評判は「残念だけど食いつきはいまいち」、「うちの猫には合わなかったみたい」といった内容のレビューを確認できました。

その一方で、ナチュラルバランスキャットフードの良い口コミ・評判は「食いつきがいい愛猫お気に入りのフード」、「安心して与えられるキャットフード」、「うちの猫には合っている」といった内容のレビューが多い傾向にありました。

このような内容のレビューが目立った理由は、ナチュラルバランスキャットフードにはメインの動物性タンパク源が違うドライフードがあることや、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われていないことが関係していると考えられます。

ナチュラルバランスキャットフードの種類

ここまでに何度も触れているように、ナチュラルバランスにはドライタイプとウェットタイプのキャットフードがあり、特にウェットタイプの種類が豊富になっています。

ドライフード

シリーズ 商品名 主原料 穀物 タンパク質
(以上)
脂質
(以上)
水分
(以下)
エネルギー
(100gあたり)
オリジナルウルトラ ホールボディヘルス チキンミール&サーモンミールキャットドライフォーミュラ チキンミール 玄米、オート麦 34.0% 17.0% 10.0% 365kcal
ウルトラプレミアム リデュースカロリーキャットドライフォーミュラ チキンミール 玄米 34.0% 10.5% 10.0% 329kcal
グリーンピース&ダックフォーミュラ グリーンピース 不使用 30.0% 12.0% 10.0% 338kcal
サーモン&チックピーフォーミュラ サーモン 不使用 25.0% 8.0~10.0% 10.0% 337kcal
インドアキャットフォーミュラ チキンミール 玄米、オートミール 30.0% 14.0% 10.0% 357kcal
ファットキャッツ ドライキャット フォーミュラ チキンミール オートミール 35.0% 9.5% 10.0% 324kcal

ドライフードには【オリジナルウルトラ】、【ウルトラプレミアム】、【ファットキャッツ】という3つのシリーズがあり、どれも小麦グルテンフリーのレシピを採用しています。

また、「グリーンピース&ダックフォーミュラ」には豆類(グリーンピース)が主原料として使われているものの、そのほかのドライフードには肉・魚が主原料として使われています。

そして、「グリーンピース&ダックフォーミュラ」と「サーモン&チックピーフォーミュラ」はグレインフリーのレシピを採用していることから、小麦だけでなく穀物全般にアレルギーのある愛猫にも与えられます。

さらに、脂質とカロリーが控えめに調整されたドライフードが2種類あり、飼育環境やお悩み別にフードを選べます。

ウェットフード

シリーズ 商品名
ウルトラプレミアム キャット缶 インドアキャット フォーミュラ
ダック&グリーンピース フォーミュラ
ツナ&シュリンプ フォーミュラ
オーシャンフィッシュ フォーミュラ
サーモン フォーミュラ
ディレクタブルディライツ ライフズ ア ビーチ
パーフェクト パエリア
オーフィッシャリースキャンピー
キャタトゥイユ
シー ブリュレ
プレートフル レトルト サーモン・ツナ・チキン&シュリンプ
ターキー・サーモン&チキン
チキン&チキンレバー
マッカレル&サーディン
チキン&ジブレッツ
チキン&サーモン
コッド・チキン・ソール&シュリンプ
ターキー・チキン&ダック

ウェットフードについては【ウルトラプレミアム キャット缶】、【ディレクタブルディライツ】、【プレートフル レトルト】という3つのシリーズがあります。

どれも主食用としての栄養基準を満たしたウェットフードで、【ウルトラプレミアム キャット缶】は缶詰タイプに、【ディレクタブルディライツ】はトレイに入ったシチュータイプに、【プレートフル レトルト】はパウチタイプになっています。

▼総合評価をチェックする
ナチュラルバランスキャットフードの総合評価

ナチュラルバランス(猫用)のサンプルはある?

ナチュラルバランスキャットフードの販売元の公式サイトと楽天市場、Amazonを調査してみた限りでは、お試しサンプルの無料配布や有料販売は行われていませんでした。

ただ、どちらにせよ数食分くらいの少量サンプルだと、愛猫の食の好みや体質に合っているかの判断がきちんとできません。

このことから、当サイトでは少量サンプルだけのお試しは積極的にはおすすめしておらず、はじめから1ヶ月くらいは様子見するつもりで本商品を購入してみて、本当に愛猫に合っているかどうかを時間をかけて確認することをおすすめしています。

ナチュラルバランス(猫用)をお試ししてレビュー!

ナチュラルバランスキャットフードのパッケージ画像(表面1)

実際に、ナチュラルバランスのドライタイプのキャットフード、「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」をお試ししてみました!

ナチュラルバランスキャットフードはアメリカで製造されていますが、正規品は日本向けのパッケージになっており、商品情報はほとんど日本語で印字されています。

ナチュラルバランスキャットフードのパッケージ画像(裏面1)

さっそく袋を開封してみると、人間用のおつまみのような香りがほんのりと漂ってきました!

そこまで強めの匂いではなかったので、愛猫が気に入ってくれなかったらどうしようと少し不安になりましたが、いざ与えてみると初日からすんなりとナチュラルバランスキャットフードを受け入れてくれました。

と言っても、抜群に食いつきがいいというほどではなかったので、時間をかけてゆっくりとフードを切り替えました。

なお、今回は1kgサイズを2袋お試ししてみましたが、袋の開け口にジッパーが付いていることは好印象です。

ナチュラルバランスキャットフードの粒の大きさ

ドライフード「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」の粒の大きさには多少のバラつきはあるものの、平均すると直径7〜8mm程度の小粒サイズになっています。

厚みもそれほどなく、調査した口コミ・評判で見られた通り、子猫からシニア猫までの幅広い年齢が食べやすい粒サイズのドライフードだと感じました!

▼総合評価をチェックする
ナチュラルバランスキャットフードの総合評価

ナチュラルバランスキャットフードの原材料の評価

原材料一覧
チキンミール・玄米・鶏肉・オート麦・チキン肝臓・サーモンミール・鶏脂肪(天然混合トコフェロールで酸化防止)・ダックミール・自然風味・ニシン油・豆ファイバー・オートファイバー・ブリュワーズドライイースト・塩・塩化カリウム・DL-メチオニン・塩化コリン・亜鉛アミノ酸キレート・硫酸亜鉛・硫酸鉄・鉄アミノ酸キレート・硫酸銅・銅アミノ酸キレート・亜セレン酸ナトリウム・硫酸マンガン・マンガンアミノ酸キレート・ヨウ素酸カルシウム・タウリン・Lアスコルビン2ポリフォスフェイト(ビタミンC)・L-トリプトファン・ビタミンE・ナイアシン・一硝酸チアミン・Dカルシウムパントテン酸塩・ビタミンA・ピリドキシン塩酸塩・リボフラビン・ビオチン・ビタミンB12・葉酸(ビタミンB)・ビタミンD3・天然混合トコフェロール・乾燥クランベリー・乾燥ブルーベリー・L-リジン・乾燥ケルプ・乾燥ユッカシジゲラエキス・ローズマリーエキス

ここからは、ナチュラルバランスキャットフードの原材料を評価していきます!
(※表はドライフード「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」の原材料一覧です)

良質な原材料で作られているキャットフード

ナチュラルバランスキャットフードの特徴としてまず挙げられるのは、厳選された良質な原材料で作られていることでしょう。

原材料一覧に”チキンミール”や”ダックミール”という記載があることから、人用の食肉としては出回らない“4Dミール”を連想する方もいるかもしれませんが、ナチュラルバランスキャットフードには4Dミールは使われていません。

“◯◯ミール”というのも、”完全に乾燥させて水分を取り除き、粉末状にした肉類”という意味で使われているだけなので、原材料の品質について神経質になる必要はないでしょう。

また、「グリーンピース&ダックフォーミュラ」以外のドライフードには、肉・魚が主原料として使われていることも評価できます。

小麦グルテンフリーのレシピを採用

ナチュラルバランスキャットフードは、どのラインナップも小麦グルテンフリーのレシピを採用していることも特徴です。

口コミ・評判の項目でも触れた通り、穀物の中でも小麦は特にアレルギーの原因になりやすい傾向にありますが、ナチュラルバランスキャットフードなら小麦アレルギーの愛猫にも安心して与えられます。

さらに、「グリーンピース&ダックフォーミュラ」と「サーモン&チックピーフォーミュラ」はグレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しており、2種類のフードは動物性タンパク源も1種類だけに限定されています。

このことから、複数のタンパク源にアレルギーのある愛猫にも対応しやすくなっています。

ナチュラルバランスキャットフードの成分の評価

成分表
粗タンパク質 34.0%以上
粗脂肪 17.0%以上
粗繊維質 3.0%以下
水分 10.0%以下
オメガ6脂肪酸 2.5%以上
オメガ3脂肪酸 0.5%以上
カルシウム 1.2%以上
リン 1.0%以上
タウリン 0.15%以上
エネルギー 365kcal/100g

原材料の次は、ナチュラルバランスキャットフードの成分を評価していきます!
(※表はドライフード「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」の成分表です)

タンパク質・脂質・カロリーのバランス

ナチュラルバランスのドライタイプのキャットフードのタンパク質は25.0〜35.0%以上、脂質は8.0〜17.0%以上、水分は10.0%以下、カロリーは100gあたり324〜365kcalと、ラインナップによって主要な成分バランスにかなりの差があります。

口コミ・評判の項目で説明したように、全体的には脂質とカロリーが控えめなドライフードが多く、室内飼いされていることが多くて運動量が少ない傾向にある日本の飼い猫向けの成分バランス、と捉えることができます。

その一方で、一部のドライフードのタンパク質含有量には若干の物足りなさを感じ、「サーモン&チックピーフォーミュラ」についてはタンパク質含有量が控えめすぎる印象を受けました。

また、高タンパク・高カロリーなラインナップがないことから、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子猫や、運動量が多い活発な成猫用フードとしてのおすすめ度は下がります。

▼総合評価をチェックする
ナチュラルバランスキャットフードの総合評価

ナチュラルバランスキャットフードの給餌量

体重 1日あたりの給餌量
1.0~2.0kg 19~30g
3.0~4.0kg 40~49g
5.0~6.0kg 56~64g
7.0~8.0kg 71~77g

ナチュラルバランスのドライタイプのキャットフード、「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」の1日あたりの給餌量の目安は表の通りです。

そのほかのラインナップも公式サイトやパッケージに給餌量の目安が掲載されていますが、どれに関してもあくまで“目安”でしかありません。

実際には体質や飼育環境によって適量が変わってくるので、愛猫の体重や便の固さを確認しながら給餌量を調整するようにしましょう。

最安値は?公式・楽天・Amazonで価格を調査

内容量 公式 楽天 Amazon
300g 995円
500g(50g×10袋) 1,551円 1,551円 1,551円
1kg 1,936円 1,936円 1,936円
2.85kg 5,401円 5,401円 5,401円

ナチュラルバランスの販売元の公式サイトと楽天市場、Amazonでドライタイプのキャットフード「オリジナルウルトラ ホールボディヘルス」の販売状況を確認してみたところ、楽天とAmazonでは300gサイズは販売されていませんでした。
(※販売状況と販売価格は2023年5月に確認しました)

そして、公式サイトの販売価格と楽天・Amazonの最安値は同じ、という結果になりました!

ナチュラルバランスキャットフードを店頭で取り扱っている販売店はそれほど多くはないので、ナチュラルバランスキャットフードを購入するなら販売状況をあわせて確認できる通販サイトを利用するのがお手軽です。

通販ならわざわざ重い袋を持ち運ぶ手間が省けますし、一定金額以上の購入で送料が無料になる販売店も多いですからね。

ナチュラルバランスキャットフードの総合評価

項目 詳細
原材料 4.0
成分 4.0
安全性 5.0
食いつき 3.5
コスパ 3.5
総合評価 Aランク
(S~Eの6段階評価)
価格/内容量 995円/300g
1,551円/500g
1,936円/1kg
5,401円/2.85kg
※オリジナルウルトラ ホールボディヘルス
※2023年5月に公式サイト・楽天・Amazonで確認
対応年齢 全年齢対応
(種類により異なる)
原産国 アメリカ
販売会社 株式会社プライム

当サイトのナチュラルバランスキャットフードの総合評価はAランクです。

ほとんどのドライフードに肉・魚が主原料として使われていることや、どのラインナップも小麦グルテンフリーのレシピを採用していること、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていないことは魅力的です。

また、グレインフリーかつ動物性タンパク源が限定されたドライフードがあることや、室内飼いされていることが多くて運動量が少ない傾向にある日本の飼い猫向けの成分バランス、ということも評価できます。

販売価格については平均的な範囲に収まっているので、「愛猫には品質と価格のバランスが取れたフード」を与えたいと考えているなら、ナチュラルバランスキャットフードを一度お試ししてみる価値はあるでしょう。