[PR]

現在は何百種類ものドッグフードが販売されていますが、フードによって原材料の内容や成分バランスは様々です。

また、品質と価格が必ずしも比例するわけではなく、「愛犬にはどのフードを選んであげればいいのか分からない」と悩んでしまう飼い主は少なくありません。

この記事ではドッグフードを選ぶにあたって必ず確認しておきたいポイントと、口コミがよくておすすめできる内容のドッグフードをピックアップしているので、ぜひ愛犬のフード選びの参考にしてみてください。

ドッグフードを選ぶ上で確認しておきたいポイント

それではまずは、ドッグフードを選ぶ上で必ず確認しておきたい5つのポイントを挙げていきます。

順番に見ていきましょう。

肉・魚が主原料として使われているかを確認する

肉食傾向の雑食である犬にとって、肉・魚(動物性原材料)から摂り入れられる動物性タンパク質は大切な栄養素です。

その一方で、肉・魚ではなく穀物が主原料として使われているフードも珍しくありませんが、犬は穀物に含まれている炭水化物の消化吸収が得意ではありません。

そして、穀物の割合が多い低タンパク・高炭水化物のフードは下痢や吐き戻し、涙やけの原因になりえます。

 

このことから特別な事情がない限りは、愛犬には肉・魚が主原料として使われているフードを選んであげることをおすすめします。

原材料一覧には使われている割合が多い順に記載されているので、先頭に鶏肉や白身魚といった動物性原材料が記載されていれば、肉・魚が主原料として使われているフードということになります。

良質な原材料が使われているかを確認する

良質な原材料が使われているかも把握しておくべきです。

例えば。ドッグフードの中には“ミートミール”“家禽ミール”といった動物性原材料が使われているものがありますが、どちらも具体的に何の動物の肉が使われているのか分かりません。

また、人用の食肉としては出回らない“4Dミール(肉副産物)”が使われている可能性も否定できません。

 

対照的に、品質にこだわりを持って作られているフードは”新鮮鶏肉”、”生サーモン”といったように原材料が明記されており、「人用の食品レベル(ヒューマングレード)の原材料を使用」といったような説明がされています。

ただ、ミールミールや家禽ミールが使われているフードでも、公式サイトやパッケージに具体的に何の肉が使われているかと、品質についての補足がされていることがあるので、公開されている情報にはできる限り目を通しておくことをおすすめします。

不要な添加物が使われていないかを確認する

そのほかには、不要な添加物が使われていないかを確認すべきです。

人工の酸化防止剤・着色料といった添加物が使われているフードもありますが、これらがアレルギーや涙やけの原因になることがあります。

BHA・BHTといった人工の酸化防止剤はフードの酸化を抑えるために使われるものの、ミックストコフェロール・ローズマリー抽出物といった天然由来のもので代用することができます。

 

着色料についてはフードに色味をつけるために使われますが、犬は食べ物の見た目ではなく香りで良し悪しを判断しているので、犬の立場になって考えれば着色料を使ってまでフードに色味をつける意味はありません。

また、食いつきをよくするために人工の香料・調味料が使われているフードもありますが、原材料そのものの香りを活かして嗜好性を高めることはできます。

タンパク源の種類が愛犬に合っているかを確認する

体質によっては特定のタンパク源が合わないこともあるので、タンパク源の種類も確認しておきたいところです。

犬によってアレルギーの原因は様々ですが、穀物の中でも特に小麦はアレルギーの原因になりやすく、肉類の中では牛肉が、豆類の中では大豆がアレルギーの原因になりやすい傾向があります。

そして、小麦アレルギーの愛犬には小麦不使用(グルテンフリー)のフードを、牛肉アレルギーの愛犬には牛肉不使用のフードを・・・といったように、体質に合わせてフードを選んであげることも大切です。

 

なお、最近はグレインフリー(穀物不使用)フードに注目が集まっていますが、穀物全般にアレルギーのない愛犬にはグレインフリーは必須ではありません。

ただ、タンパク源がシンプルな方がアレルギーの原因を特定しやすいので、食に敏感でお腹が弱い愛犬の場合、グレインフリーフードのようなタンパク源の種類が少ないフードから優先してお試ししてみるのもいいでしょう。

タンパク質・脂質・カロリーのバランスを確認する

愛犬が適正な体型を維持できるように、タンパク質・脂質・カロリーのバランスに注目してフードを選ぶことも重要です。

先ほども触れましたが、肉食傾向の雑食である犬にとってタンパク質は大切な栄養素なので、これといった理由がなければ子犬と成犬には高タンパクなフードを、シニア犬には適度にタンパク質が含まれているフードをおすすめします。

そして、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬には成犬時よりも高脂質・高カロリーなフードを、歳をとって活動量が落ちたシニア犬には成犬時よりも低脂質・低カロリーなフードを・・・といったように、年齢に合わせてフードを選ぶことも大切です。

 

また、運動量が少ない愛犬や食欲旺盛で食べすぎてしまう傾向のある愛犬には、脂質とカロリーが控えめなフードが向いています。

その逆に、運動量が多い活発な愛犬や食が細くてたくさんの量が食べられない愛犬には、脂質とカロリーが高めなフードを選んであげるのがおすすめです。

愛犬家の口コミ・評判がいいドッグフード30種

商品名 主原料 タンパク質 脂質 水分 カロリー
(100gあたり)
気がかりな原材料
モグワン チキン&サーモン 27%以上 10%以上 9%以下 361.5kcal
このこのごはん 鶏肉 20.9%以上 8.0%以上 10.0%以下 343kcal
ナチュラルチョイス(小型犬用[成犬用]チキン&玄米) チキン(肉) 24.0%以上 16.0%以上 10.0%以下 375kcal タンパク加水分解物
うまか 鶏肉 21.4%以上 9.5%以上 10.0%以下 350kcal
ビタワン(全成長段階用) 穀類 20.3%以上 8.0%以上 10.0%以下 350kcal チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダー、動物性油脂、香料
カナガン チキン チキン生肉 29%以上 15%以上 9%以下 376kcal
ブッチ(ブラック・レーベル) ビーフ 10.5%以上 8.0%以上 74.5%(最大) 116kcal
犬猫生活(オールステージ用 国産の生鶏肉) 生肉 28%以上 10%以上 10%以下 347kcal
ココグルメ(チキン&ベジタブル) 国産鶏肉 13.4%以上 5.5%以上 72.0%以下 121kcal
グランデリ(カリカリ仕立て 低脂肪 味わいビーフ入りセレクト) 穀類 21.0%以上 7.5%以上 13.0%以下 約340kcal チキンミール、ポークミール、ビーフミール、ササミパウダー、油脂類、プロピレングリコール、調味料、着色料、pH調整剤、エリソルビン酸Na
ミシュワン 小型犬用 肉類 21.5%以上 9.5%以上 10.0%以下 352kcal
ネルソンズ 乾燥チキン 28%以上 11%以上 12%以下 368kcal
ファインペッツ 鹿肉 27.1% 16.0% 8.0% 440kcal
シュプレモ(小型犬用 成犬用) チキン(肉) 26.0%以上 17.0%以上 10.0%以下 375kcal タンパク加水分解物
プラチナムナチュラル(成犬用) チキン フレッシュチキンミート 26.00% 16.00% 19.00% 353.50kcal
リガロ(ラム 子犬・成犬用) ラム生肉 37%以上 14%以上 10%以下 350kcal
アーテミス(アガリクス I/S) フレッシュチキン 24.0%以上 14.0%以上 10.0%以下 約358.9kcal
愛犬元気(成犬用) 穀類 22.0%以上 10.0%以上 10.0%以下 約355kcal チキンミール、ビーフパウダー、ササミパウダー、動物性油脂、着色料
ペトコトフーズ(チキン) 国産鶏肉 13.0%以上 5.2%以上 70.0%以下 148kcal
エッセンシャル 魚介類 27%以上 14%以上 9%以下 約358kcal
サイエンスダイエット(小粒 成犬用チキン) トウモロコシ 19.0%以上 13.0%以上 10.5%以下 373.3kcal 動物性油脂
アイムス(成犬用 小型犬用 チキン小粒) 肉類 26.0%以上 15.5%以上 10.0%以下 392kcal チキンミール、家禽ミール、BHA、BHT
ユーカヌバ(小型犬用 成犬用) 肉類 26.0%以上 16.0%以上 9.0%以下 405kcal 動物性脂肪
アカナ(スモールブリード 成犬用) 新鮮鶏肉 31%以上 17%以上 12%以下 351kcal
ウェルネス(穀物不使用 全犬種用 1歳以上用 白身魚) 白身魚 26.0%以上 12.0%以上 10.0%以下 約356kcal
ロイヤルカナン(ミニインドア 成犬用) 19.0%以上 12.0%以上 10.5%以下 378kcal 動物性油脂、加水分解タンパク
オリジン(オリジナル) 新鮮鶏肉 38%以上 18%以上 12%以下 386kcal
セレクトバランス(成犬用 チキン) 乾燥チキン 22.0%以上 13.0%以上 10.0%以下 350kcal
馬肉自然づくり 馬肉 27.0%以上 11.1%以上 7.0%以下 399kcal
プロフェッショナルバランス(スタンダードタイプ・1歳から) 穀類 24.0%以上 10.0%以上 10.0%以下 約365kcal チキンミール、ミートミール、チキンレバーパウダー、動物性油脂

愛犬家の口コミ・評判のいい人気ドッグフード30種の主原料と主要な成分値、気がかりな原材料が使われていないかどうかを比較してみました。

それぞれの項目に目を通してみると、肉・魚ではなく穀物が主原料として使われているフードがあることや、タンパク質含有量に物足りなさを感じるフードがあることが分かりますね。

また、品質・内容が不明瞭な原材料が使われているフードがあることも分かります。

 

ちなみに、タンパク加水分解物と動物性油脂(脂肪)に関しては、使われているからといって必ずしも安全性に配慮されていないというわけではありません。

ただ、ここで取り上げたタンパク加水分解物は、製造工程の補足がされていないことが気がかりです。

動物性油脂については、具体的に何の動物の油が使われているのかと、添加されている酸化防止剤の種類の説明がないことが気になりました。

口コミを踏まえたおすすめドッグフード10選

愛犬家からの口コミ・評判がいい30種類のドッグフードの中から、おすすめのドッグフードを10種類ピックアップしました!

なお、販売価格や原材料、成分は調査した時点の情報を参考にしています。
(※2023年12月に公式サイトとAmazonで調査)

モグワン

モグワンドッグフードのパッケージ画像(表面1)

通常購入時の価格 5,038円/1.8kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(4袋を定期購入時)
約238円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約205円
穀物 不使用
(グレインフリー)

メインのタンパク源として良質なチキンとサーモンが使われていることに加えて、グレインフリー(穀物不使用)のレシピを採用しているモグワン。

それだけでなく、香料・着色料といった必ずしも使う必要のない添加物や、品質・内容が不明瞭な原材料は一切使われていません。

主要な成分バランスについては、高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲で、口の小さな愛犬にも食べやすい小粒サイズのドライフードになっています。

このような特性上、チワワやトイプードル、ミニチュアダックスやポメラニアンなどの(超)小型犬の主食としてぴったりです。

ネルソンズ

ネルソンズドッグフードのパッケージ(表面1)

通常購入時の価格 9,196円/5kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1〜2袋:7,816円(15%オフ)
3袋以上:7,356円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(2袋を定期購入時)
約156円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約164円
穀物 不使用
(グレインフリー)

主原料として使われているチキンの割合が全体の5割を占めているネルソンズ。

グレインフリーのレシピを採用している点や、香料・着色料といった犬にとって必要のない添加物が使われていない点、品質・内容が不明瞭な原材料が使われていない点は先に取り上げているモグワンと同じです。

また、主要な成分バランスもモグワンに似ていますが、ネルソンズは中粒サイズのドライフードで内容量は5kgと多めです。

このことから、中型犬・大型犬の愛犬を飼っていたり、小型犬を多頭飼いしている場合におすすめしています。

アカナ

アカナドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「スモールブリード 成犬用」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,950円/340g
4,820円/2kg
11,480円/6kg
100gあたりの価格
(2kgの最安値を参照)
約241円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約181円
穀物 不使用
(グレインフリー)

アカナは良質な動物性原材料が贅沢に使われているだけでなく、低GIの野菜と果物が使われており、高タンパク・低炭水化物のドライフードになっています。

また、サイズや食の好み、年齢や飼育環境に配慮して、原材料の内容と成分バランスを調整したラインナップを取り揃えているのも特徴です。

ここで取り上げている「スモールブリード 成犬用」については、高タンパク・高脂質な一方でカロリーはやや控えめになっており、平均的な運動量の小型犬向けと捉えることができます。

なお、アカナはほぼ全てのラインナップがグレインフリーのレシピを採用していますが、【クラシック】というシリーズには穀物(オーツ麦)が使われています。

カナガン

カナガンドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「チキン」のものです

通常購入時の価格 5,038円/2kg
定期購入時の価格
(1袋あたり)
1袋:4,534円(10%オフ)
2〜4袋:4,282円(15%オフ)
5袋以上:4,030円(20%オフ)
※合計金額に応じて割引率が変動
100gあたりの価格
(3袋を定期購入時)
約214円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約171円
穀物 不使用
(グレインフリー)

良質な動物性原材料が主原料、グレインフリーのレシピを採用、犬にとって必要のないものは不使用という3つの要素を満たしたドッグフードのカナガン。

また、メインのタンパク源が違うドライフードを取り揃えているほか、缶詰タイプの主食用ウェットフードも製造・販売されています。

ここで取り上げているのは「チキン」で、高タンパクかつ脂質とカロリーもやや高めなドライフードになっています。

こういった成分バランス上、育ち盛りでたくさんの栄養が必要な子犬や運動量が多い活発な成犬、食が細くてたくさんの量が食べられない成犬用フードとして特におすすめです。

オリジン

オリジンドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「オリジナル」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
1,738円/340g
6,250円/2kg
15,280円/6kg
24,640円/11.4kg
100gあたりの価格
(2kgの最安値を参照)
約313円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約234円
穀物 不使用
(グレインフリー)

オリジンは先に取り上げているアカナと同じく、チャンピオンペットフードフード社が製造・販売しているプレミアムドッグフードで、アカナ以上に動物性原材料の割合が多くて非常に高タンパクなドライフードになっています。

また、アカナとは違って全てのラインナップがグレインフリーのレシピを採用しています。

ここでは「オリジナル」というラインナップを取り上げていますが、どれについても高タンパクというだけでなく、高脂質・高カロリーな傾向があります。

こういった成分バランス上、育ち盛りの子犬や活発な成犬、少食の成犬用フードとして特におすすめです。

ミシュワン

ミシュワン・小型犬用のイメージ画像1
※各項目は「小型犬用」のものです

価格/内容量 通常購入:3,980円/1kg×1袋
定期初回:3,184円/1kg×1袋
定期購入:6,368円/1kg×2袋
※定期購入時は20%オフ
※定期2回目以降は2袋以上のまとめ買いが条件
100gあたりの価格
(定期購入時)
約318円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約392円
穀物 大麦、玄米、大麦ぬか、黒米、赤米、玄米麹、はとむぎ、あわ、きび、ひえ
(グルテンフリー)

良質な動物性原材料が主原料として使われていることに加えて、人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物が使われておらず、原材料の内容と成分バランスの傾向が違う2種類のドライフードを取り揃えているミシュワン。

ここで取り上げているのは「小型犬用」で、”小型犬用”という商品名から連想できるように、口が小さな愛犬にも食べやすい楕円形の小粒サイズになっており、関節に配慮してコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸を豊富に含む緑イ貝が配合されているのも特徴です。

主要な成分バランスについては、タンパク質・脂質・カロリーがやや控えめで、「活動量が落ちたシニア犬にタンパク質が控えめなフードを与えたい」と考えている場合に特におすすめです。

なお、小型犬用には複数の穀物が使われていますが、どれもアレルギーの原因になりにくいものなので、愛犬にこれといったアレルギーがない限りは特に気にする必要はないでしょう。

リガロ

リガロドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「ラム 子犬・成犬用」のものです

価格/内容量 3,091円/900g
5,621円/1.8kg
10,120円/3.6kg
15,455円/5.8kg
100gあたりの価格
(1.8kgの販売価格を参照)
約312円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約300円
穀物 不使用
(グレインフリー)

リガロはグレインフリーかつ高タンパクなドッグフードで「ラム」、「ターキー」、「フィッシュ」といったメインのタンパク源が違うドライフードを取り揃えています。

それに加えて、動物性タンパク源の種類がシンプルになっていることから、複数のタンパク源にアレルギーのある愛犬にも対応しやすいです。

ここで取り上げているのは「ラム」ですが、どのラインナップも適度に脂質を含みつつカロリーはやや控えめな傾向があります。

人工の酸化防止剤・香料・着色料といった添加物も使われていませんし、品質面・安全性ともにしっかりと配慮されている印象を受けました。

ウェルネス

ウェルネスドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「穀物不使用 全犬種用 1歳以上用 白身魚」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
2,354円/800g
3,756円/1.8kg
100gあたりの価格
(1.8kgの最安値を参照)
約209円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約196円
穀物 不使用
(グレインフリー)

先に取り上げたアカナと同じように、年齢や犬種(サイズ)、飼育環境や食の好みに合わせて原材料の内容と成分を調整したフードを取り揃えているウェルネス。

ただ、どのラインナップもグルテンフリーのレシピを採用していることと、人工の酸化防止剤・香料・着色料が使われていないことは変わりません。

ここで取り上げた「穀物不使用 全犬種用 1歳以上 白身魚」に関しては、しっかりとタンパク質を含みつつも脂質とカロリーはやや控えめに調整されており、室内飼いで運動量が少ない成犬に配慮して、きちんと成分バランスが調整されている印象を受けました。

また、高脂質・高カロリーなフードも低脂質・低カロリーなフードもあり、愛犬の運動量や食事量に合わせてフードを選べます。

アーテミス

アーテミスドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「アガリクスI/S 小粒」のものです

価格/内容量 2,420円/1kg
4,950円/3kg
8,580円/6.8kg
100gあたりの価格
(3kgの販売価格を参照)
約165円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約167円
穀物 大麦、玄米、オーツ麦、黍
(グルテンフリー)

人工の酸化防止剤・香料・着色料は不使用、グルテンフリーのレシピを採用という要素を満たしつつ、ほとんど全てのラインナップに動物性タンパク源が主原料として使われているドッグフードのアーテミス。

ここで取り上げたドライフード「アガリクスI/S」には、主原料としてフレッシュチキンが使われており、タンパク質・脂質・カロリーは標準的な範囲になっています。

また、缶詰タイプの主食用ウェットフードまで取り揃えており、主食用ドライフードにトッピングして与えるだけでなく、ドライフードの代わりにそのまま与えることもできます。

気がかりな点を挙げるとすれば、低脂質・低カロリーなドライフードには穀物が主原料として使われており、タンパク質含有量がかなり控えめになっていることくらいです。

シュプレモ

シュプレモドッグフードのパッケージ画像(表面1)
※各項目は「小型犬用 成犬用」のものです

価格/内容量
(調査時点の最安値)
2,117円/1kg
4,404円/3kg
8,608円/6kg
100gあたりの価格
(1kgの最安値を参照)
約212円
1日あたりの餌代
(5kgの成犬を想定)
約191円
穀物 モロコシ、オーツ麦、玄米、粗挽き米、大麦
(グルテンフリー)

シュプレモも先に取り上げたアカナとウェルネス、アーテミスのように、原材料の内容と成分バランスを調整したドッグフードを取り揃えています。

ただ、シュプレモは(超)小型犬向けのラインナップが中心で、ここで取り上げている「小型犬用 成犬用」については、やや高タンパク・高脂質でカロリーは標準的なドライフードになっています。

そのほかのドライフードも主原料として動物性原材料が使われていることや、グルテンフリーのレシピを採用していることは同じで、それらの条件を満たしたフードの中ではお手頃な価格で販売されています。

“タンパク加水分解物”の製造工程が不明瞭なことは気になるものの、コスパ面も考慮してピックアップしました。

まとめ

モグワンドッグフードのパッケージ画像(表面2)

愛犬家の口コミ・評判がいい30種類のドッグフードの中から、おすすめできる内容のフードを10種類ピックアップしましたが、愛犬の年齢や体質、運動量や食事量によって最適なフードは変わってきます。

また、愛犬の月々の餌代にいくらかけられるかによってもフードの選択肢は変わります。

一つだけ確かなことを挙げるとすれば、最終的にどのフードを買うのかを決めるのは愛犬ではなく飼い主である私たち人間ということです。

だからこそ、愛犬のことを第一に考えた上で自分自身も納得のいくフード選びを心がけたいところですね。

 

ここまで読み進めたところで、もしもまだ愛犬のフード選びに迷っているなら、まずはモグワンをお試ししてみることをおすすめします。

当サイトが数あるドッグフードの中でも、モグワンをおすすめする理由は以下の通りです。

モグワンをおすすめする5つの理由
  • 良質なチキンとサーモンを贅沢に使用
  • 高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲
  • 犬にとって必要のないものが一切使われていない
  • 穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用
  • 無理なく続けやすい販売価格

まず言えることは、モグワンには良質なチキンとサーモンが贅沢に使われており、犬にとって大切な栄養素である動物性タンパク質をしっかりと摂り入れられることです。

また、高タンパク・低脂質かつカロリーは標準的な範囲な小粒のドライフードということから、チワワやトイプードル、ミニチュアダックスやポメラニアンなどの(超)小型犬用フードとして特におすすめです。

それに加えて、香料・着色料など犬にとって必要のないものが一切使われていないことも見逃せませんし、穀物・牛肉・大豆不使用のレシピを採用しており、食に敏感でお腹が弱い愛犬に対応しやすいことも強みです。

現在、公式サイトからは最大20%オフの価格で購入できるようになっているので、お得な価格でモグワンを手に入れたいと考えている場合には、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。